SQL Data Warehouse をアップグレードしてパフォーマンスを最適化するOptimize performance by upgrading SQL Data Warehouse

Azure SQL Data Warehouse を最新世代の Azure ハードウェアとストレージ アーキテクチャにアップグレードします。Upgrade Azure SQL Data Warehouse to latest generation of Azure hardware and storage architecture.

アップグレードする理由Why upgrade?

サポートされるリージョンの Azure portal で SQL Data Warehouse のコンピューティング最適化 Gen2 階層にシームレスにアップグレードできるようになりました。You can now seamlessly upgrade to the SQL Data Warehouse Compute Optimized Gen2 tier in the Azure portal for supported regions. セルフアップグレードがサポートされていないリージョンの場合は、サポートされているリージョンにアップグレードするか、またはそのリージョンでセルフアップグレードが利用できるようになるまで待つことができます。If your region does not support self-upgrade, you can upgrade to a supported region or wait for self-upgrade to be available in your region. 今すぐアップグレードして、最新世代の Azure ハードウェアと、高パフォーマンス、高スケーラビリティ、無制限の列指向ストレージなどの拡張されたストレージ アーキテクチャを利用してください。Upgrade now to take advantage of the latest generation of Azure hardware and enhanced storage architecture including faster performance, higher scalability, and unlimited columnar storage.

適用対象Applies to

このアップグレードは、サポートされるリージョンの、コンピューティング最適化 Gen1 階層のデータ ウェアハウスに適用されます。This upgrade applies to Compute Optimized Gen1 tier data warehouses in supported regions.

開始する前にBefore you begin

  1. ご自分のリージョンで GEN1 から GEN2 への移行がサポートされているかどうかをチェックしてください。Check if your region is supported for GEN1 to GEN2 migration. 自動移行の日付に注意してください。Note the automatic migration dates. 自動化されたプロセスとの競合を避けるため、自動化されたプロセスの開始日より前に手動移行を計画します。To avoid conflicts with the automated process, plan your manual migration prior to the automated process start date.

  2. まだサポートされていないリージョンの場合は、リージョンが追加されるまで引き続きチェックするか、またはサポートされているリージョンに復元を使用してアップグレードしてください。If you are in a region that is not yet supported, continue to check for your region to be added or upgrade using restore to a supported region.

  3. サポートされているリージョンの場合は、Azure portal でアップグレードしますIf your region is supported, upgrade through the Azure portal

  4. 次のマッピングを使用して、コンピューティング最適化 Gen1 階層の現在のパフォーマンス レベルに基づいて、データ ウェアハウスの推奨パフォーマンス レベルを選択します。Select the suggested performance level for the data warehouse based on your current performance level on Compute Optimized Gen1 tier by using the mapping below:

    コンピューティング最適化 Gen1 階層Compute Optimized Gen1 tier コンピューティング最適化 Gen2 階層Compute Optimized Gen2 tier
    DW100DW100 DW100cDW100c
    DW200DW200 DW200cDW200c
    DW300DW300 DW300cDW300c
    DW400DW400 DW400cDW400c
    DW500DW500 DW500cDW500c
    DW600DW600 DW500cDW500c
    DW1000DW1000 DW1000cDW1000c
    DW1200DW1200 DW1000cDW1000c
    DW1500DW1500 DW1500cDW1500c
    DW2000DW2000 DW2000cDW2000c
    DW3000DW3000 DW3000cDW3000c
    DW6000DW6000 DW6000cDW6000c

注意

推奨されるパフォーマンス レベルは、直接変換ではありません。Suggested performance levels are not a direct conversion. たとえば、DW600 から DW500c に移行することをお勧めします。For example, we recommend going from DW600 to DW500c.

サポートされているリージョンで Azure portal を使用してアップグレードするUpgrade in a supported region using the Azure portal

開始する前にBefore you begin

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. インストール手順については、Azure PowerShell のインストール を参照してください。For installation instructions, see Install Azure PowerShell.

注意

Azure portal による Gen1 から Gen2 への移行は永続的です。Migration from Gen1 to Gen2 through the Azure portal is permanent. Gen1 に戻るプロセスはありません。There is not a process for returning to Gen1.

Azure portal にサインインしますSign in to the Azure portal

Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  1. アップグレードするコンピューティング最適化 Gen1 階層のデータ ウェアハウスが一時停止している場合は、データ ウェアハウスを再開します。If the Compute Optimized Gen1 tier data warehouse to be upgraded is paused, resume the data warehouse.

    注意

    Gen2 に移行するには、Azure SQL Data Warehouse が実行されている必要があります。Azure SQL Data Warehouse must be running to migrate to Gen2.

  2. 数分間のダウンタイムに備えます。Be prepared for a few minutes of downtime.

  3. コンピューティング最適化 Gen1 パフォーマンス レベルに対するすべてのコード参照を識別し、同等のコンピューティング最適化 Gen2 パフォーマンス レベルに変更します。Identify any code references to Compute Optimized Gen1 performance levels and modify them to their equivalent Compute Optimized Gen2 performance level. アップグレードする前にコード参照を更新する必要がある 2 つの例を以下に示します。Below are two examples of where you should update code references before upgrading:

    元の Gen1 PowerShell コマンド:Original Gen1 PowerShell command:

    Set-AzSqlDatabase -ResourceGroupName "myResourceGroup" -DatabaseName "mySampleDataWarehouse" -ServerName "mynewserver-20171113" -RequestedServiceObjectiveName "DW300"
    

    変更後:Modified to:

    Set-AzSqlDatabase -ResourceGroupName "myResourceGroup" -DatabaseName "mySampleDataWarehouse" -ServerName "mynewserver-20171113" -RequestedServiceObjectiveName "DW300c"
    

    注意

    -RequestedServiceObjectiveName "DW300" が -RequestedServiceObjectiveName "DW300c" に変更されています-RequestedServiceObjectiveName "DW300" is changed to - RequestedServiceObjectiveName "DW300c"

    元の Gen1 T-SQL コマンド:Original Gen1 T-SQL command:

    ALTER DATABASE mySampleDataWarehouse MODIFY (SERVICE_OBJECTIVE = 'DW300') ;
    

    変更後:Modified to:

    ALTER DATABASE mySampleDataWarehouse MODIFY (SERVICE_OBJECTIVE = 'DW300c') ; 
    

    注意

    SERVICE_OBJECTIVE = 'DW300' が SERVICE_OBJECTIVE = 'DW300c' に変更されていますSERVICE_OBJECTIVE = 'DW300' is changed to SERVICE_OBJECTIVE = 'DW300c'

アップグレードを開始するStart the upgrade

  1. Azure portal でコンピューティング最適化 Gen1 階層のデータ ウェアハウスに移動します。Go to your Compute Optimized Gen1 tier data warehouse in the Azure portal. アップグレードするコンピューティング最適化 Gen1 階層のデータ ウェアハウスが一時停止している場合は、データ ウェアハウスを再開します。If the Compute Optimized Gen1 tier data warehouse to be upgraded is paused, resume the data warehouse.

  2. [タスク] タブで [Gen2 にアップグレードします] カードを選択します。Upgrade_1Select Upgrade to Gen2 card under the Tasks tab: Upgrade_1

    注意

    [タスク] タブに [Gen2 にアップグレードします] カードが表示されない場合は、お使いのサブスクリプションの種類が現在のリージョンで制限されています。If you do not see the Upgrade to Gen2 card under the Tasks tab, your subscription type is limited in the current region. サポート チケットを提出し、サブスクリプションをホワイトリストに登録してもらってください。Submit a support ticket to get your subscription whitelisted.

  3. アップグレードの前に、ワークロードの実行が完了し、休止していることを確認します。Ensure your workload has completed running and quiesced before upgrading. データ ウェアハウスがコンピューティング最適化 Gen2 階層のデータ ウェアハウスとしてオンラインに戻る前に、数分間のダウンタイムが発生します。You'll experience downtime for a few minutes before your data warehouse is back online as a Compute Optimized Gen2 tier data warehouse. [アップグレード] を選択しますSelect Upgrade:

    Upgrade_2

  4. Azure Portal で状態を確認してアップグレードを監視します。Monitor your upgrade by checking the status in the Azure portal:

    Upgrade3

    アップグレード プロセスの最初の手順では、すべてのセッションが強制終了されるスケール操作 ("アップグレード中 - オフライン") が実行され、接続が切断されます。The first step of the upgrade process goes through the scale operation ("Upgrading - Offline") where all sessions will be killed, and connections will be dropped.

    アップグレード プロセスの 2 番目の手順は、データの移行 ("アップグレード中 - オンライン") です。The second step of the upgrade process is data migration ("Upgrading - Online"). データの移行は、少量のオンライン バックグラウンド プロセスです。Data migration is an online trickle background process. このプロセスでは、列指向のデータが、以前のストレージ アーキテクチャから、ローカル SSD キャッシュを使用して、新しいストレージ アーキテクチャにゆっくり移行されます。This process slowly moves columnar data from the old storage architecture to the new storage architecture using a local SSD cache. この期間中、データ ウェアハウスはクエリと読み込みを行うためにオンラインになります。During this time, your data warehouse will be online for querying and loading. 移行されたかどうかに関係なく、データをクエリに使用できます。Your data will be available to query regardless of whether it has been migrated or not. データの移行速度は、データ サイズ、パフォーマンス レベル、列ストア セグメントの数に応じて変化します。The data migration happens at varying rates depending on your data size, your performance level, and the number of your columnstore segments.

  5. オプションの推奨事項: スケーリング操作が完了すると、データ移行バックグラウンド プロセスの速度を上げることができます。Optional Recommendation: Once the scaling operation is complete, you can speed up the data migration background process. 大規模な SLO とリソース クラスにあるクエリ対象のすべてのプライマリ列ストア テーブルに対して Alter Index rebuild を実行して、データ移動を強制実行できます。You can force data movement by running Alter Index rebuild on all primary columnstore tables you'd be querying at a larger SLO and resource class. この操作は、少量のバックグラウンド プロセスに比べてオフラインであり、テーブルのサイズと数によっては完了に何時間もかかることがあります。This operation is offline compared to the trickle background process, which can take hours to complete depending on the number and sizes of your tables. ただし、完了した後は、高品質の行グループを含む新しい拡張ストレージ アーキテクチャのため、データの移行ははるかに速くなります。However, once complete, data migration will be much quicker due to the new enhanced storage architecture with high-quality rowgroups.

注意

Alter Index rebuild はオフライン操作であり、再構築が完了するまでテーブルは使用できなくなります。Alter Index rebuild is an offline operation and the tables will not be available until the rebuild completes.

次のクエリでは、データの移行を短縮するために必要な Alter Index Rebuild コマンドが生成されます。The following query generates the required Alter Index Rebuild commands to expedite data migration:

SELECT 'ALTER INDEX [' + idx.NAME + '] ON [' 
       + Schema_name(tbl.schema_id) + '].[' 
       + Object_name(idx.object_id) + '] REBUILD ' + ( CASE 
                                                         WHEN ( 
                                                     (SELECT Count(*) 
                                                      FROM   sys.partitions 
                                                             part2 
                                                      WHERE  part2.index_id 
                                                             = idx.index_id 
                                                             AND 
                                                     idx.object_id = 
                                                     part2.object_id) 
                                                     > 1 ) THEN 
              ' PARTITION = ' 
              + Cast(part.partition_number AS NVARCHAR(256)) 
              ELSE '' 
                                                       END ) + '; SELECT ''[' + 
              idx.NAME + '] ON [' + Schema_name(tbl.schema_id) + '].[' + 
              Object_name(idx.object_id) + '] ' + ( 
              CASE 
                WHEN ( (SELECT Count(*) 
                        FROM   sys.partitions 
                               part2 
                        WHERE 
                     part2.index_id = 
                     idx.index_id 
                     AND idx.object_id 
                         = part2.object_id) > 1 ) THEN 
              ' PARTITION = ' 
              + Cast(part.partition_number AS NVARCHAR(256)) 
              + ' completed'';' 
              ELSE ' completed'';' 
                                                    END ) 
FROM   sys.indexes idx 
       INNER JOIN sys.tables tbl 
               ON idx.object_id = tbl.object_id 
       LEFT OUTER JOIN sys.partitions part 
                    ON idx.index_id = part.index_id 
                       AND idx.object_id = part.object_id 
WHERE  idx.type_desc = 'CLUSTERED COLUMNSTORE'; 

Azure portal で復元を使用して Azure の地理的リージョンからアップグレードするUpgrade from an Azure geographical region using restore through the Azure portal

Azure portal を使用してユーザー定義の復元ポイントを作成するCreate a user-defined restore point using the Azure portal

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 復元ポイントを作成する対象の SQL データ ウェアハウスに移動します。Navigate to the SQL data warehouse that you want to create a restore point for.

  3. [概要] セクションの上部にある [+ 新しい復元ポイント] を選択します。At the top of the Overview section, select +New Restore Point.

    新しい復元ポイント

  4. 復元ポイントの名前を指定します。Specify a name for your restore point.

    復元ポイントの名前

Azure portal を使用してアクティブまたは一時停止中のデータベースを復元するRestore an active or paused database using the Azure portal

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 復元元の SQL データ ウェアハウスに移動します。Navigate to the SQL data warehouse that you want to restore from.

  3. [概要] セクションの上部にある [復元] を選択します。At the top of the Overview section, select Restore.

     復元の概要Restore Overview

  4. [自動復元ポイント] または [ユーザー定義の復元ポイント] を選択します。Select either Automatic Restore Points or User-Defined Restore Points.

    自動復元ポイント

  5. ユーザー定義の復元ポイントの場合は、復元ポイントを選択するか、または新しいユーザー定義の復元ポイントを作成します。For User-Defined Restore Points, select a Restore point or Create a new user-defined restore point. Gen2 でサポートされている地理的リージョンで、サーバーを選択します。Choose a server in a Gen2 supported geographic region.

    ユーザー定義の復元ポイント

PowerShell を使用して Azure 地理的リージョンから復元するRestore from an Azure geographical region using PowerShell

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. インストール手順については、Azure PowerShell のインストール を参照してください。For installation instructions, see Install Azure PowerShell.

データベースを復旧するには、Restore-AzSqlDatabase コマンドレットを使用します。To recover a database, use the Restore-AzSqlDatabase cmdlet.

注意

Gen2 への geo リストアを行うことができます。You can perform a geo-restore to Gen2! そのためには、省略可能なパラメーターとして Gen2 の ServiceObjectiveName (例: DW1000c) を指定します。To do so, specify an Gen2 ServiceObjectiveName (e.g. DW1000c) as an optional parameter.

  1. Windows PowerShell を開きます。Open Windows PowerShell.
  2. Azure アカウントに接続して、アカウントに関連付けられているすべてのサブスクリプションを一覧表示します。Connect to your Azure account and list all the subscriptions associated with your account.
  3. 復元するデータベースを含むサブスクリプションを選択します。Select the subscription that contains the database to be restored.
  4. 復旧するデータベースを取得します。Get the database you want to recover.
  5. Gen2 ServiceObjectiveName を指定して、データベースの復旧要求を作成します。Create the recovery request for the database, specifying a Gen2 ServiceObjectiveName.
  6. geo リストアされたデータベースの状態を確認します。Verify the status of the geo-restored database.
Connect-AzAccount
Get-AzSubscription
Select-AzSubscription -SubscriptionName "<Subscription_name>"

# Get the database you want to recover
$GeoBackup = Get-AzSqlDatabaseGeoBackup -ResourceGroupName "<YourResourceGroupName>" -ServerName "<YourServerName>" -DatabaseName "<YourDatabaseName>"

# Recover database
$GeoRestoredDatabase = Restore-AzSqlDatabase –FromGeoBackup -ResourceGroupName "<YourResourceGroupName>" -ServerName "<YourTargetServer>" -TargetDatabaseName "<NewDatabaseName>" –ResourceId $GeoBackup.ResourceID -ServiceObjectiveName "<YourTargetServiceLevel>" -RequestedServiceObjectiveName "DW300c"

# Verify that the geo-restored database is online
$GeoRestoredDatabase.status

注意

復元が完了した後にデータベースを構成する方法については、「 復旧後のデータベースの構成」を参照してください。To configure your database after the restore has completed, see Configure your database after recovery.

ソース データベースの TDE が有効な場合、復旧したデータベースも TDE が有効になります。The recovered database will be TDE-enabled if the source database is TDE-enabled.

データ ウェアハウスで問題が発生した場合は、サポート リクエストを作成し、考えられる原因を "Gen2 アップグレード" としてください。If you experience any issues with your data warehouse, create a support request and reference “Gen2 upgrade” as the possible cause.

次の手順Next steps

アップグレードしたデータ ウェアハウスはオンラインです。Your upgraded data warehouse is online. 拡張アーキテクチャを利用するには、ワークロード管理のためのリソース クラスに関する記事をご覧ください。To take advantage of the enhanced architecture, see Resource classes for Workload Management.