クイック スタート:データベースをマネージド インスタンスに復元するQuickstart: Restore a database to a Managed Instance

このクイック スタートでは、SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して、Azure Blob Storage から Azure SQL Database マネージド インスタンスにデータベース (Wide World Importers - 標準のバックアップ ファイル) を復元します。In this quickstart, you'll use SQL Server Management Studio (SSMS) to restore a database (the Wide World Importers - Standard backup file) from Azure Blob storage into an Azure SQL Database Managed Instance.

注意

Azure Database Migration Service (DMS) を使用した移行の詳細については、DMS を使用した Managed Instance への移行に関するページを参照してください。For more information on migration using the Azure Database Migration Service (DMS), see Managed Instance migration using DMS. 各種の移行方法の詳細については、「Azure SQL Database Managed Instance への SQL Server インスタンスの移行」を参照してください。For more information on various migration methods, see SQL Server instance migration to Azure SQL Database Managed Instance.

前提条件Prerequisites

このクイック スタート:This quickstart:

注意

Azure Blob Storage と Shared Access Signature (SAS) キーを使用した SQL Server データベースのバックアップと復元の詳細については、SQL Server Backup to URL に関するページを参照してください。For more information on backing up and restoring a SQL Server database using Azure Blob storage and a Shared Access Signature (SAS) key, see SQL Server Backup to URL.

バックアップ ファイルからデータベースを復元するRestore the database from a backup file

SSMS で、次の手順に従って、Wide World Importers データベースをマネージド インスタンスに復元します。In SSMS, follow these steps to restore the Wide World Importers database to your Managed Instance. データベース バックアップ ファイルは、事前構成済みの Azure Blob Storage アカウントに格納されています。The database backup file is stored in a pre-configured Azure Blob storage account.

  1. SMSS を開き、マネージド インスタンスに接続します。Open SMSS and connect to your Managed Instance.

  2. 左側のメニューから、マネージド インスタンスを右クリックし、[新しいクエリ] を選択して新しいクエリ ウィンドウを開きます。From the left-hand menu, right-click your Managed Instance and select New Query to open a new query window.

  3. 次の SQL スクリプトを実行します。このスクリプトでは、事前構成済みのストレージ アカウントと SAS キーを使用して、マネージド インスタンスに資格情報を作成します。Run the following SQL script, which uses a pre-configured storage account and SAS key to create a credential in your Managed Instance.

    CREATE CREDENTIAL [https://mitutorials.blob.core.windows.net/databases]
    WITH IDENTITY = 'SHARED ACCESS SIGNATURE'
    , SECRET = 'sv=2017-11-09&ss=bfqt&srt=sco&sp=rwdlacup&se=2028-09-06T02:52:55Z&st=2018-09-04T18:52:55Z&spr=https&sig=WOTiM%2FS4GVF%2FEEs9DGQR9Im0W%2BwndxW2CQ7%2B5fHd7Is%3D'
    

    資格情報を作成する

  4. 認証情報を確認するために、次のスクリプトを実行します。このスクリプトでは、コンテナーの URL を使用してバックアップ ファイルの一覧を取得します。To check your credential, run the following script, which uses a container URL to get a backup file list.

    RESTORE FILELISTONLY FROM URL =
       'https://mitutorials.blob.core.windows.net/databases/WideWorldImporters-Standard.bak'
    

    ファイル一覧

  5. 次のスクリプトを実行して、Wide World Importers データベースを復元します。Run the following script to restore the Wide World Importers database.

    RESTORE DATABASE [Wide World Importers] FROM URL =
      'https://mitutorials.blob.core.windows.net/databases/WideWorldImporters-Standard.bak'
    

    復元

  6. 次のスクリプトを実行して、復元の状態を追跡します。Run the following script to track your restore's status.

    SELECT session_id as SPID, command, a.text AS Query, start_time, percent_complete
       , dateadd(second,estimated_completion_time/1000, getdate()) as estimated_completion_time
    FROM sys.dm_exec_requests r
    CROSS APPLY sys.dm_exec_sql_text(r.sql_handle) a
    WHERE r.command in ('BACKUP DATABASE','RESTORE DATABASE')
    
  7. 復元が完了したら、オブジェクト エクスプローラーで確認します。When the restore completes, view it in Object Explorer.

次の手順Next steps