チュートリアル:DMS を使用してオフラインで SQL Server を Azure SQL Managed Instance に移行するTutorial: Migrate SQL Server to an Azure SQL Managed Instance offline using DMS

Azure Database Migration Service を使用して、SQL Server インスタンスから Azure SQL Managed Instance にデータベースを移行することができます。You can use Azure Database Migration Service to migrate the databases from a SQL Server instance to an Azure SQL Managed Instance. 一定の手作業が必要になる可能性のあるその他の方法については、SQL Managed Instance への SQL Server インスタンスの移行に関する記事を参照してください。For additional methods that may require some manual effort, see the article SQL Server instance migration to SQL Managed Instance.

このチュートリアルでは、Azure Database Migration Service を使用して、SQL Server のオンプレミスのインスタンスから SQL Managed Instance に Adventureworks2012 データベースを移行します。In this tutorial, you migrate the Adventureworks2012 database from an on-premises instance of SQL Server to a SQL Managed Instance by using Azure Database Migration Service.

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • Azure Database Migration Service のインスタンスを作成する。Create an instance of Azure Database Migration Service.
  • Azure Database Migration Service を使用して移行プロジェクトを作成する。Create a migration project by using Azure Database Migration Service.
  • 移行を実行する。Run the migration.
  • 移行を監視する。Monitor the migration.
  • 移行レポートをダウンロードする。Download a migration report.

重要

SQL Server から SQL Managed Instance へのオフライン移行では、Azure Database Migration Service によって自動でバックアップ ファイルを作成できます。For offline migrations from SQL Server to SQL Managed Instance, Azure Database Migration Service can create the backup files for you. または、サービスがデータベースの移行に使用する SMB ネットワーク共有に、データベースの最新の完全バックアップを提供することもできます。Alternately, you can provide the latest full database backup in the SMB network share that the service will use to migrate your databases. 単一のバックアップ メディアに複数のバックアップを追加しないでください。各バックアップを別々のバックアップ ファイルに作成します。Do not append multiple backups into a single backup media; take each backup on a separate backup file. なお、圧縮されたバックアップを使用して、大規模なバックアップの移行に関する潜在的な問題が発生する可能性を低減させることもできます。Note that you can use compressed backups as well, to reduce the likelihood of experiencing potential issues with migrating large backups.

ヒント

Azure Database Migration Service を使用してデータベースを Azure に移行する場合、オフラインまたはオンライン移行を実行できます。When you migrate databases to Azure by using Azure Database Migration Service, you can do an offline or an online migration. オフライン移行では、アプリケーションのダウンタイムが、移行の開始時に開始されます。With an offline migration, application downtime starts when the migration starts. オンライン移行では、ダウンタイムが移行の最後の切り替え時だけに限定されます。With an online migration, downtime is limited to the time to cut over at the end of migration. オフライン移行をテストして、ダウンタイムが許容可能かどうかを判断することをお勧めします。許容できない場合は、オンライン移行を行います。We suggest that you test an offline migration to determine whether the downtime is acceptable; if not, do an online migration.

この記事では、SQL Server から SQL Managed Instance へのオフライン移行について説明します。This article describes an offline migration from SQL Server to a SQL Managed Instance. オンライン移行については、DMS を使用してオンラインで SQL Server を Azure SQL Managed Instance に移行する方法に関するページを参照してください。For an online migration, see Migrate SQL Server to an SQL Managed Instance online using DMS.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、以下を実行する必要があります。To complete this tutorial, you need to:

  • Azure Resource Manager デプロイ モデルを使用して、Azure Database Migration Service 用の Microsoft Azure 仮想ネットワークを作成します。これで、ExpressRoute または VPN を使用したオンプレミスのソース サーバーとのサイト間接続を確立します。Create a Microsoft Azure Virtual Network for Azure Database Migration Service by using the Azure Resource Manager deployment model, which provides site-to-site connectivity to your on-premises source servers by using either ExpressRoute or VPN. Azure Database Migration Service を使用した SQL Managed Instance の移行のネットワーク トポロジについて学習してくださいLearn network topologies for SQL Managed Instance migrations using Azure Database Migration Service. 仮想ネットワークの作成方法の詳細については、Virtual Network のドキュメントを参照してください。特に、詳細な手順が記載されたクイックスタートの記事を参照してください。For more information about creating a virtual network, see the Virtual Network Documentation, and especially the quickstart articles with step-by-step details.

    注意

    仮想ネットワークのセットアップ中、Microsoft へのネットワーク ピアリングに ExpressRoute を使用する場合は、サービスのプロビジョニング先となるサブネットに、次のサービス エンドポイントを追加してください。During virtual network setup, if you use ExpressRoute with network peering to Microsoft, add the following service endpoints to the subnet in which the service will be provisioned:

    • ターゲット データベース エンドポイント (SQL エンドポイント、Cosmos DB エンドポイントなど)Target database endpoint (for example, SQL endpoint, Cosmos DB endpoint, and so on)
    • ストレージ エンドポイントStorage endpoint
    • サービス バス エンドポイントService bus endpoint

    Azure Database Migration Service にはインターネット接続がないため、この構成が必要となります。This configuration is necessary because Azure Database Migration Service lacks internet connectivity.

  • 仮想ネットワークのネットワーク セキュリティ グループの規則によって、Azure Database Migration Service への以下のインバウンド通信ポートが確実にブロックされないようにします:443、53、9354、445、12000。Ensure that your virtual network Network Security Group rules don't block the following inbound communication ports to Azure Database Migration Service: 443, 53, 9354, 445, 12000. 仮想ネットワークの NSG トラフィックのフィルター処理の詳細については、ネットワーク セキュリティ グループによるネットワーク トラフィックのフィルター処理に関する記事を参照してください。For more detail on virtual network NSG traffic filtering, see the article Filter network traffic with network security groups.

  • ソース データベース エンジンへのアクセスのために Windows ファイアウォールを構成します。Configure your Windows Firewall for source database engine access.

  • Azure Database Migration Service でソース SQL Server にアクセスできるように Windows ファイアウォールを開放します。既定では TCP ポート 1433 が使用されます。Open your Windows Firewall to allow Azure Database Migration Service to access the source SQL Server, which by default is TCP port 1433.

  • 動的ポートを使用して複数の名前付き SQL Server インスタンスを実行している場合は、SQL Browser サービスを有効にし、ファイアウォール経由の UDP ポート 1434 へのアクセスを許可することをお勧めします。これにより、Azure Database Migration Service はソース サーバー上の名前付きインスタンスに接続できるようになります。If you're running multiple named SQL Server instances using dynamic ports, you may wish to enable the SQL Browser Service and allow access to UDP port 1434 through your firewalls so that Azure Database Migration Service can connect to a named instance on your source server.

  • ソース データベースの前でファイアウォール アプライアンスを使用する場合は、Azure Database Migration Service が移行のためにソース データベースにアクセスし、SMB ポート 445 経由でファイルにアクセスできるように、ファイアウォール規則を追加することが必要な場合があります。If you're using a firewall appliance in front of your source databases, you may need to add firewall rules to allow Azure Database Migration Service to access the source database(s) for migration, as well as files via SMB port 445.

  • SQL マネージド インスタンスを作成します。手順の詳細については、Azure portal で SQL マネージド インスタンスを作成する方法に関する記事を参照してください。Create a SQL Managed Instance by following the detail in the article Create a SQL Managed Instance in the Azure portal.

  • ソース SQL Server への接続と、ターゲットのマネージド インスタンスに使用するログインが、sysadmin サーバー ロールのメンバーであることを確認します。Ensure that the logins used to connect the source SQL Server and target managed instance are members of the sysadmin server role.

    注意

    既定では Azure Database Migration Service でサポートされているのは、SQL ログインの移行のみです。By default, Azure Database Migration Service only supports migrating SQL logins. ただし、次の方法により Windows ログインを移行する機能を有効にすることができます。However, you can enable the ability to migrate Windows logins by:

    • ターゲット SQL マネージド インスタンスに AAD 読み取りアクセス権が付与されていることを確認します。これは、会社の管理者またはグローバル管理者のロールを持つユーザーが Azure portal を介して構成できます。Ensuring that the target SQL Managed Instance has AAD read access, which can be configured via the Azure portal by a user with the Company Administratoror a Global Administrator" role.
    • Azure portal ([構成] ページ) を介して設定された Windows ユーザーまたはグループのログイン移行を有効にするように、ご利用の Azure Database Migration Service インスタンスを構成します。Configuring your Azure Database Migration Service instance to enable Windows user/group login migrations, which is set up via the Azure portal, on the Configuration page. この設定を有効にしたら、サービスを再起動して変更を有効にします。After enabling this setting, restart the service for the changes to take effect.

    サービスを再起動すると、Windows ユーザーまたはグループのログインが、移行可能なログインの一覧に表示されます。After restarting the service, Windows user/group logins appear in the list of logins available for migration. 移行する Windows ユーザーまたはグループのログインについては、関連付けられているドメイン名を指定するように求められます。For any Windows user/group logins you migrate, you are prompted to provide the associated domain name. サービス ユーザー アカウント (ドメイン名 NT AUTHORITY を含むアカウント) と仮想ユーザー アカウント (ドメイン名 NT SERVICE を含むアカウント名) はサポートされていません。Service user accounts (account with domain name NT AUTHORITY) and virtual user accounts (account name with domain name NT SERVICE) are not supported.

  • Azure Database Migration Service がソース データベースのバックアップに使用できるネットワーク共有を作成します。Create a network share that Azure Database Migration Service can use to back up the source database.

  • 作成したネットワーク共有に対して、ソース SQL Server インスタンスを実行しているサービス アカウントが書き込み特権を持っていること、およびソース サーバーのコンピューター アカウントが読み取り/書き込みアクセス権を持っていることを確認します。Ensure that the service account running the source SQL Server instance has write privileges on the network share that you created and that the computer account for the source server has read/write access to the same share.

  • 作成したネットワーク共有に対するフル コントロール権限を持つ Windows ユーザー (とパスワード) をメモしておきます。Make a note of a Windows user (and password) that has full control privilege on the network share that you previously created. Azure Database Migration Service は、ユーザーの資格情報を借用して、復元操作のために、Azure Storage コンテナーにバックアップ ファイルをアップロードします。Azure Database Migration Service impersonates the user credential to upload the backup files to Azure Storage container for restore operation.

  • Blob コンテナーを作成して、ストレージ エクスプローラーを使用した Azure Blob Storage リソースの管理に関するページの手順に従って、SAS URI を取得します。SAS URI の作成時には、必ずポリシー ウィンドウに表示されるすべてのアクセス許可 (読み取り、書き込み、削除、一覧表示) を選択してください。Create a blob container and retrieve its SAS URI by using the steps in the article Manage Azure Blob Storage resources with Storage Explorer, be sure to select all permissions (Read, Write, Delete, List) on the policy window while creating the SAS URI. この詳細情報により、Azure Database Migration Service は、対象のストレージ アカウント コンテナーにアクセスし、SQL Managed Instance にデータベースを移行するために使用されるバックアップ ファイルをアップロードできます。This detail provides Azure Database Migration Service with access to your storage account container for uploading the backup files used for migrating databases to SQL Managed Instance.

    注意

    Azure Database Migration Service では、移行の設定の構成ステップでストレージ アカウント設定を構成するときに、アカウント レベルの SAS トークンの使用がサポートされていません。Azure Database Migration Service does not support using an account level SAS token when configuring the Storage Account settings during the Configure Migration Settings step.

Microsoft.DataMigration リソース プロバイダーを登録するRegister the Microsoft.DataMigration resource provider

  1. Azure portal にサインインし、 [すべてのサービス] を選択し、 [サブスクリプション] を選択します。Sign in to the Azure portal, select All services, and then select Subscriptions.

    ポータルのサブスクリプションの表示

  2. Azure Database Migration Service のインスタンスを作成するサブスクリプションを選択してから、 [リソース プロバイダー] を選びます。Select the subscription in which you want to create the instance of Azure Database Migration Service, and then select Resource providers.

    リソース プロバイダーの表示

  3. 移行を検索し、Microsoft.DataMigration の右側にある [登録] を選択します。Search for migration, and then to the right of Microsoft.DataMigration, select Register.

    リソース プロバイダーの登録

Azure Database Migration Service インスタンスを作成するCreate an Azure Database Migration Service instance

  1. Azure portal で [+ リソースの作成] を選択し、Azure Database Migration Service を検索して、ドロップダウン リストから [Azure Database Migration Service] を選択します。In the Azure portal, select + Create a resource, search for Azure Database Migration Service, and then select Azure Database Migration Service from the drop-down list.

    Azure Marketplace

  2. [Azure Database Migration Service] 画面で、 [作成] を選択します。On the Azure Database Migration Service screen, select Create.

    Azure Database Migration Service インスタンスを作成する

  3. [移行サービスの作成] 画面で、サービスの名前、サブスクリプション、新規または既存のリソース グループを指定します。On the Create Migration Service screen, specify a name for the service, the subscription, and a new or existing resource group.

  4. DMS のインスタンスの作成先となる場所を選択します。Select the location in which you want to create the instance of DMS.

  5. 既存の仮想ネットワークを選択するか、新たに作成します。Select an existing virtual network or create one.

    この仮想ネットワークによって、Azure Database Migration Service に、ソース SQL Server とターゲット SQL マネージド インスタンスへのアクセスが提供されます。The virtual network provides Azure Database Migration Service with access to the source SQL Server and target SQL Managed Instance.

    Azure portal で仮想ネットワークを作成する方法の詳細については、Azure portal を使用した仮想ネットワークの作成に関する記事を参照してください。For more information on how to create a virtual network in Azure portal, see the article Create a virtual network using the Azure portal.

    その他の詳細については、記事「Azure Database Migration Service を使用して Azure SQL DB Managed Instance を移行するためのネットワーク トポロジ」を参照してください。For additional detail, see the article Network topologies for Azure SQL DB managed instance migrations using Azure Database Migration Service.

  6. 価格レベルを選択します。Select a pricing tier.

    コストと価格レベルの詳細については、価格に関するページを参照してください。For more information on costs and pricing tiers, see the pricing page.

    DMS サービスを作成する

  7. [作成] を選択して、サービスを作成します。Select Create to create the service.

移行プロジェクトを作成するCreate a migration project

サービスのインスタンスが作成されたら、Azure portal 内でそのサービスを探して開き、新しい移行プロジェクトを作成します。After an instance of the service is created, locate it within the Azure portal, open it, and then create a new migration project.

  1. Azure ポータルで、 [All services](すべてのサービス) を選択し、Azure Database Migration Service を検索して、Azure Database Migration Service を選択します。In the Azure portal, select All services, search for Azure Database Migration Service, and then select Azure Database Migration Services.

    Azure Database Migration Service のすべてのインスタンスを検索する

  2. [Azure Database Migration Service] 画面で、作成したインスタンスの名前を検索して、そのインスタンスを選択します。On the Azure Database Migration Service screen, search for the name of the instance that you created, and then select the instance.

  3. [+ 新しい移行プロジェクト] を選択します。Select + New Migration Project.

  4. [新しい移行プロジェクト] 画面で、プロジェクトの名前を指定します。 [ソース サーバーの種類] ボックスで [SQL Server] を選択し、 [ターゲット サーバーの種類] ボックスで [Azure SQL Managed Instance] を選択します。次に、 [アクティビティの種類を選択します][オフライン データの移行] を選択します。On the New migration project screen, specify a name for the project, in the Source server type text box, select SQL Server, in the Target server type text box, select Azure SQL Managed Instance, and then for Choose type of activity, select Offline data migration.

    DMS のプロジェクトを作成する

  5. [作成] を選択してプロジェクトを作成します。Select Create to create the project.

ソース詳細を指定するSpecify source details

  1. [移行ソースの詳細] 画面で、ソース SQL Server の接続の詳細を指定します。On the Migration source detail screen, specify the connection details for the source SQL Server.

  2. 信頼できる証明書をサーバーにインストールしていない場合は、 [サーバー証明書を信頼する] チェック ボックスをオンにします。If you haven't installed a trusted certificate on your server, select the Trust server certificate check box.

    信頼できる証明書がインストールされていない場合、SQL Server はインスタンスの開始時に自己署名証明書を生成します。When a trusted certificate isn't installed, SQL Server generates a self-signed certificate when the instance is started. この証明書は、クライアント接続の資格情報の暗号化に使用されます。This certificate is used to encrypt the credentials for client connections.

    注意事項

    自己署名証明書で暗号化されている TLS 接続のセキュリティは強力ではありません。TLS connections that are encrypted using a self-signed certificate does not provide strong security. man-in-the-middle (中間者) 攻撃を受ける可能性が高くなります。They are susceptible to man-in-the-middle attacks. 実稼働環境やインターネットに接続しているサーバーでは、自己署名証明書を使用した TLS 接続は使用しないでください。You should not rely on TLS using self-signed certificates in a production environment or on servers that are connected to the internet.

    ソースの詳細

  3. [保存] を選択します。Select Save.

  4. [ソース データベースの選択] 画面で、移行する Adventureworks2012 データベースを選択します。On the Select source databases screen, select the Adventureworks2012 database for migration.

    ソース データベースを選択する

    重要

    SQL Server Integration Services (SSIS) を使用する場合、DMS では現在、SQL Server から SQL Managed Instance への SSIS プロジェクトまたはパッケージ (SSISDB) 用のカタログ データベースの移行がサポートされていません。If you use SQL Server Integration Services (SSIS), DMS does not currently support migrating the catalog database for your SSIS projects/packages (SSISDB) from SQL Server to SQL Managed Instance. ただし、Azure Data Factory (ADF) に SSIS をプロビジョニングした後、SQL Managed Instance によってホストされている移行先 SSISDB に SSIS プロジェクトまたはパッケージを再デプロイすることはできます。However, you can provision SSIS in Azure Data Factory (ADF) and redeploy your SSIS projects/packages to the destination SSISDB hosted by SQL Managed Instance. SSIS パッケージの移行の詳細については、記事「SQL Server Integration Services パッケージを Azure に移行する」を参照してください。For more information about migrating SSIS packages, see the article Migrate SQL Server Integration Services packages to Azure.

  5. [保存] を選択します。Select Save.

ターゲット詳細を指定するSpecify target details

  1. [移行のターゲットの詳細] 画面で、ターゲットの接続の詳細を指定します。このターゲットは、AdventureWorks2012 データベースの移行先である、事前プロビジョニング済みの SQL Managed Instance です。On the Migration target details screen, specify the connection details for the target, which is the pre-provisioned SQL Managed Instance to which you're migrating the AdventureWorks2012 database.

    SQL Managed Instance のプロビジョニングがまだ済んでいない場合は、インスタンスのプロビジョニングに役立つリンクを選択します。If you haven't already provisioned the SQL Managed Instance, select the link to help you provision the instance. そのままプロジェクトの作成を続行し、SQL Managed Instance の準備ができたら、この特定のプロジェクトに戻って移行を実行できます。You can still continue with project creation and then, when the SQL Managed Instance is ready, return to this specific project to execute the migration.

    ターゲットを選択する

  2. [保存] を選択します。Select Save.

ソース データベースを選択するSelect source databases

  1. [ソース データベースの選択] 画面で、移行するソース データベースを選択します。On the Select source databases screen, select the source database that you want to migrate.

    ソース データベースを選択する

  2. [保存] を選択します。Select Save.

ログインを選択するSelect logins

  1. [ログインの選択] 画面で、移行するログインを選択します。On the Select logins screen, select the logins that you want to migrate.

    注意

    既定では Azure Database Migration Service でサポートされているのは、SQL ログインの移行のみです。By default, Azure Database Migration Service only supports migrating SQL logins. Windows ログインの移行に対するサポートを有効にするには、このチュートリアルの「前提条件」セクションを参照してください。To enable support for migrating Windows logins, see the Prerequisites section of this tutorial.

    ログインを選択する

  2. [保存] を選択します。Select Save.

移行の設定の構成Configure migration settings

  1. [移行の設定の構成] 画面で、次の情報を入力します。On the Configure migration settings screen, provide the following detail:

    ソースのバックアップ オプションを選択しますChoose source backup option DMS がデータベースの移行に使用できる完全バックアップ ファイルが既に存在する場合は、 [最新のバックアップ ファイルを自分で用意する] オプションを選択します。Choose the option I will provide latest backup files when you already have full backup files available for DMS to use for database migration. ソース データベースの完全バックアップを最初に DMS で作成し、それを移行に使用する場合は、 [I will let Azure Database Migration Service create backup files](バックアップ ファイルを Azure Database Migration Service で作成する) を選択します。Choose the option I will let Azure Database Migration Service create backup files when you want DMS to take the source database full backup at first and use it for migration.
    ネットワーク共有の場所Network location share Azure Database Migration Service がソース データベース バックアップを移行できるローカル SMB ネットワーク共有です。The local SMB network share that Azure Database Migration Service can take the source database backups to. ソースの SQL Server インスタンスを実行しているサービス アカウントには、このネットワーク共有に対する書き込み権限が必要です。The service account running source SQL Server instance must have write privileges on this network share. たとえば、ネットワーク共有のサーバーの FQDN または IP アドレスを "\\servername.domainname.com\backupfolder" または "\\IP address\backupfolder" と指定します。Provide an FQDN or IP addresses of the server in the network share, for example, '\\servername.domainname.com\backupfolder' or '\\IP address\backupfolder'.
    ユーザー名User name 上で指定したネットワーク共有に対するフル コントロール権限が Windows ユーザーにあることを確認してください。Make sure that the Windows user has full control privilege on the network share that you provided above. Azure Database Migration Service により、ユーザーの資格情報を借用することで、復元操作のために、Azure Storage コンテナーにバックアップ ファイルがアップロードされます。Azure Database Migration Service will impersonate the user credential to upload the backup files to Azure Storage container for restore operation. TDE 対応データベースが選択されている場合、Azure Database Migration Service で証明書ファイルをアップロードしたり削除したりするために、上記の Windows ユーザーはビルトイン Administrator アカウントでなければならず、ユーザー アカウント制御は無効にする必要があります。If TDE-enabled databases are selected for migration, the above windows user must be the built-in administrator account and User Account Control must be disabled for Azure Database Migration Service to upload and delete the certificates files.)
    パスワードPassword ユーザーのパスワード。Password for the user.
    ストレージ アカウントの設定Storage account settings サービスがバックアップ ファイルをアップロードするストレージ アカウント コンテナーへのアクセスを Azure Database Migration Service に提供する SAS URI。これが、データベースを SQL Managed Instance に移行するために使用されます。The SAS URI that provides Azure Database Migration Service with access to your storage account container to which the service uploads the backup files and that is used for migrating databases to SQL Managed Instance. Blob コンテナーの SAS URI を取得する方法について説明しますLearn how to get the SAS URI for blob container. この SAS URI は、ストレージ アカウントではなく、BLOB コンテナー用である必要があります。This SAS URI must be for the blob container, not for the storage account.
    TDE の設定TDE Settings Transparent Data Encryption (TDE) が有効になっているソース データベースを移行する場合は、ターゲット SQL マネージド インスタンスに対する書き込み特権が必要です。If you're migrating the source databases with Transparent Data Encryption (TDE) enabled, you need to have write privileges on the target SQL Managed Instance. SQL Managed Instance がプロビジョニングされているサブスクリプションをドロップダウン メニューから選択します。Select the subscription in which the SQL Managed Instance provisioned from the drop-down menu. ドロップダウン メニューでターゲットの [Azure SQL Database Managed Instance] を選択します。Select the target Azure SQL Database Managed Instance in the drop-down menu.

    移行設定の構成

  2. [保存] を選択します。Select Save.

移行の概要を確認するReview the migration summary

  1. [Migration summary](移行の概要) 画面の [アクティビティ名] ボックスに移行アクティビティの名前を指定します。On the Migration summary screen, in the Activity name text box, specify a name for the migration activity.

  2. [検証オプション] セクションを展開して [検証オプションの選択] 画面を表示し、移行したデータベースでクエリの正確さを検証するかどうかを指定して、 [保存] を選択します。Expand the Validation option section to display the Choose validation option screen, specify whether to validate the migrated database for query correctness, and then select Save.

  3. 移行プロジェクトに関連付けられた詳細を確認します。Review and verify the details associated with the migration project.

    移行プロジェクトの概要

  4. [保存] を選択します。Select Save.

移行を実行するRun the migration

  • [移行の実行] を選択します。Select Run migration.

    移行アクティビティ ウィンドウが表示され、アクティビティの [状態] は [Pending](保留) になっています。The migration activity window appears, and the status of the activity is Pending.

移行を監視するMonitor the migration

  1. 移行アクティビティ画面で、 [更新] を選択して表示を更新します。In the migration activity screen, select Refresh to update the display.

    進行中の移行アクティビティ

    データベースとログインのカテゴリを展開して、該当するサーバー オブジェクトの移行状態を監視できます。You can further expand the databases and logins categories to monitor the migration status of the respective server objects.

    進行中の移行アクティビティ

  2. 移行が完了したら、 [レポートのダウンロード] を選択して、移行プロセスに関連する詳細情報を一覧表示したレポートを取得します。After the migration completes, select Download report to get a report listing the details associated with the migration process.

  3. ターゲットの SQL マネージド インスタンス環境のターゲット データベースを確認します。Verify that the target database on the target SQL Managed Instance environment.

次のステップNext steps