SQL Database サーバーレス (プレビュー)SQL Database serverless (preview)

サーバーレス コンピューティング レベルとはWhat is the serverless compute tier

SQL Database サーバーレス (プレビュー) は、1 つのデータベースによって 1 秒間に使用されたコンピューティングの量に対して請求されるコンピューティング レベルです。SQL Database serverless (preview) is a compute tier that bills for the amount of compute used by a single database on a per second basis. サーバーレスは、アイドル使用期間後のコンピューティング ウォームアップにおいてある程度の遅延を許容できる一時的な予測できない使用パターンの単一データベースに対して価格とパフォーマンスが最適化されています。Serverless is price-performance optimized for single databases with intermittent, unpredictable usage patterns that can afford some delay in compute warm-up after idle usage periods.

サーバーレス コンピューティング レベルのデータベースは、使用できるコンピューティング範囲と自動一時停止遅延でパラメーター化されます。A database in the serverless compute tier is parameterized by the compute range it can use and an autopause delay.

サーバーレスの請求

パフォーマンスPerformance

  • MinVcoreMaxVcore は、データベースに使用可能なコンピューティング キャパシティの範囲を定義する構成可能なパラメーターです。MinVcore and MaxVcore are configurable parameters that define the range of compute capacity available for the database. メモリと IO の上限は、指定された仮想コアの範囲に比例します。Memory and IO limits are proportional to the vCore range specified.
  • 自動一時停止遅延は、データベースが自動的に一時停止するために必要な非アクティブ期間を定義する構成可能なパラメーターです。The autopause delay is a configurable parameter that defines the period of time the database must be inactive before it is automatically paused. 次のログインが発生すると、データベースは自動的に再開されます。The database is automatically resumed when the next login occurs.

価格Pricing

  • サーバーレス データベースの合計請求額は、コンピューティング料金とストレージ料金の合計です。The total bill for a serverless database is the summation of the compute bill and storage bill. コンピューティングの料金は、使用された仮想コアの量と、1 秒間に使用されたメモリの量に基づきます。Billing for compute is based on the amount of vCores used and memory used per second.
  • コンピューティングの最小請求額は、最小の仮想コア数と最小のメモリに基づきます。The minimum compute billed is based on min vCores and min memory.
  • データベースが一時停止している間は、ストレージのみが課金されます。While the database is paused, only storage is billed.

シナリオScenarios

サーバーレスは、アイドル使用期間後のコンピューティング ウォームアップにおいてある程度の遅延を許容できる一時的な予測できない使用パターンの単一データベースに対して価格とパフォーマンスが最適化されています。Serverless is price-performance optimized for single databases with intermittent, unpredictable usage patterns that can afford some delay in compute warm-up after idle usage periods. これに対し、プロビジョニング済みコンピューティング レベルは、コンピューティング ウォームアップの遅延を許容できない平均的に使用量が多い単一データベースまたはプールされたデータベースに対して価格とパフォーマンスが最適化されています。In contrast, the provisioned compute tier is price-performance optimized for single or pooled databases with higher average usage that cannot afford any delay in compute warm-up.

サーバーレス コンピューティングに最適なシナリオScenarios well-suited for serverless compute

  • 一時的な予測できない使用パターンと非アクティブな期間が混在する単一データベースは、コンピューティングの使用量に対する 1 秒あたりの課金に基づく価格の節約によるメリットがある可能性があります。Single databases with intermittent, unpredictable usage patterns interspersed with periods of inactivity can benefit from price savings based on billing per second for the amount of compute used.
  • リソース需要の予測が難しく、顧客がサイズ計算をサービスに委任することを好む、単一データベース。Single databases with resource demand that is difficult to predict and customers who prefer to delegate compute sizing to the service.
  • パフォーマンス レベルが頻繁に変更されるプロビジョニング済みコンピューティング レベルの単一データベース。Single databases in the provisioned compute tier that frequently change performance levels.

プロビジョニング済みコンピューティングに最適なシナリオScenarios well-suited for provisioned compute

  • コンピューティングの使用量が多く、時間による変動が少ない単一データベース。Single databases with more regular and more substantial compute utilization over time.
  • 頻繁なメモリ トリミングまたは一時停止状態からの自動再開での遅延によるパフォーマンスのトレードオフを許容できないデータベース。Databases that cannot tolerate performance trade-offs resulting from more frequent memory trimming or delay in autoresuming from a paused state.
  • 価格の最適化向上のために 1 台のサーバーに統合してエラスティック プールを使用できる一時的な予測できない使用パターンの複数のデータベース。Multiple databases with intermittent, unpredictable usage patterns that can be consolidated into a single server and use elastic pools for better price optimization.

プロビジョニング済みコンピューティング レベルとの比較Comparison with provisioned compute tier

次の表は、サーバーレス コンピューティング レベルとプロビジョニング済みコンピューティング レベル間の違いをまとめたものです。The following table summarizes distinctions between the serverless compute tier and the provisioned compute tier:

サーバーレス コンピューティングServerless compute プロビジョニング済みコンピューティングProvisioned compute
一般的な使用シナリオTypical usage scenario 断続的な予測できない使用状況と非アクティブな期間が混在しているデータベースDatabases with intermittent, unpredictable usage interspersed with inactive periods. 使用状況がより一定のデータベースまたはエラスティック プールDatabases or elastic pools with more regular usage.
パフォーマンス管理作業Performance management effort Lower Higher
コンピューティングのスケーリングCompute scaling 自動Automatic マニュアルManual
コンピューティングの応答性Compute responsiveness 非アクティブな期間の後は低いLower after inactive periods 即時Immediate
請求の最小単位Billing granularity 1 秒あたりPer second 1 時間あたりPer hour

購入モデルとサービス レベルPurchasing model and service tier

SQL Database サーバーレスは、現在、仮想コア購入モデルの第 5 世代ハードウェアの General Purpose レベルでのみサポートされます。SQL Database serverless is currently only supported in the General Purpose tier on Generation 5 hardware in the vCore purchasing model.

自動スケールAutoscaling

スケーリング応答性Scaling responsiveness

一般に、データベースは、リソースの需要を満たすために十分な容量を備え、maxVcores 値によって設定される制限内で要求されたどのようなコンピューティング量に対しても中断することのない、コンピューターで実行されます。In general, databases are run on a machine with sufficient capacity to satisfy resource demand without interruption for any amount of compute requested within limits set by the maxVcores value. 場合によっては、コンピューターが数分以内にリソースの需要を満たすことができない場合、自動的に負荷分散が行われることがあります。Occasionally, load balancing automatically occurs if the machine is unable to satisfy resource demand within a few minutes. データベースは、接続が切断されるときの操作の最後の短時間を除き、負荷分散の間オンライン状態を維持します。The database remains online during load balancing except for a brief period at the end of the operation when connections are dropped.

メモリ管理Memory management

サーバーレス データベースのメモリは、プロビジョニング済みデータベースより頻繁に回収されます。Memory for serverless databases is reclaimed more frequently than for provisioned databases. この動作は、サーバーレスでのコストを管理するために重要です。This behavior is important to control costs in serverless. プロビジョニング済みコンピューティングとは異なり、CPU またはキャッシュの使用率が低いとき、SQL キャッシュからのメモリはサーバーレス データベースから回収されます。Unlike provisioned compute, memory from the SQL cache is reclaimed from a serverless database when CPU or cache utilization is low.

自動一時停止と自動再開Autopause and autoresume

自動一時停止Autopause

自動一時停止遅延の期間を通して次のすべての条件が満たされた場合、自動一時停止がトリガーされます。Autopause is triggered if all of the following conditions are true for the duration of the autopause delay:

  • セッション数 = 0Number sessions = 0
  • CPU = 0 (ユーザー プールで実行されているユーザー ワークロードの場合)CPU = 0 (for user workload running in the user pool)

必要な場合に自動一時停止を無効にするオプションが提供されています。An option is provided to disable autopause if desired.

自動再開Autoresume

いつでも次の条件のいずれかに該当した場合は、自動再開がトリガーされます。Autoresume is triggered if any of the following conditions are true at any time:

機能Feature 自動再開トリガーAutoresume trigger
認証と権限承認Authentication and authorization ログインLogin
脅威の検出Threat detection データベース レベルまたはサーバー レベルでの脅威検出の設定の有効化/無効化Enabling/disabling threat detection settings at the database or server level
データベース レベルまたはサーバー レベルでの脅威検出の設定の変更Modifying threat detection settings at the database or server level
データの検出と分類Data discovery and classification 機密ラベルの追加、変更、削除、表示Adding, modifying, deleting, or viewing sensitivity labels
監査Auditing 監査レコードの表示。Viewing auditing records.
監査ポリシーの更新または表示Updating or viewing auditing policy
データ マスクData masking データ マスク ルールの追加、変更、削除、表示Adding, modifying, deleting, or viewing data masking rules
透過的なデータ暗号化Transparent data encryption 透過的データ暗号化の状態またはステータスの表示View state or status of transparent data encryption
クエリ (パフォーマンス) データ ストアQuery (performance) data store クエリ ストアの設定の変更または表示、自動チューニングModifying or viewing query store settings; automatic tuning
自動調整Autotuning 自動インデックス作成などの自動調整の推奨事項の適用と検証Application and verification of autotuning recommendations such as auto-indexing
データベースのコピーDatabase copying コピーとしてのデータベースの作成Create database as copy
BACPAC ファイルへのエクスポートExport to a BACPAC file
SQL データ同期SQL data sync 構成可能なスケジュールまたは手動で実行される、ハブとメンバー データベースの間の同期Synchronization between hub and member databases that run on a configurable schedule or are performed manually
特定のデータベース メタデータの変更Modifying certain database metadata 新しいデータベース タグの追加Adding new database tags
最大仮想コア数、最小仮想コア数、自動一時停止遅延の変更Changing max vCores, min vCores, autopause delay
SQL Server Management Studio (SSMS)SQL Server Management Studio (SSMS) SSMS バージョン 18 を使用し、サーバーでデータベースの新しいクエリ ウィンドウを開くと、同じサーバーで自動一時停止されていたデータベースが再開します。Using SSMS version 18 and opening a new query window for any database in the server will resume any auto-paused database in the same server. この動作は、IntelliSense をオフにした SSMS バージョン 17.9.1 を使用している場合は発生しません。This behavior does not occur if using SSMS version 17.9.1 with IntelliSense turned-off.

接続Connectivity

サーバーレス データベースが一時停止された場合、最初のログインでデータベースは再開され、データベースが使用できないことを示すエラーがエラー コード 40613 で返されます。If a serverless databases is paused, then the first login will resume the database and return an error stating that the database is unavailable with error code 40613. データベースが再開され後、ログインを再試行して接続を確立する必要があります。Once the database is resumed, the login must be retried to establish connectivity. 接続再試行ロジックを備えたデータベース クライアントは、変更する必要はありません。Database clients with connection retry logic should not need to be modified.

LatencyLatency

サーバーレス データベースの自動一時停止または自動再開に対する待ち時間は、通常はおよそ 1 分です。The latency to autopause or autoresume a serverless database is generally on the order of 1 minute.

機能のサポートFeature support

次の機能では、自動一時停止と自動再開はサポートされません。The following features do not support autopausing and autoresuming. つまり、次の機能のいずれかを使用する場合、データベースの非アクティブな期間に関係なくデータベースはオンラインのままになります。That is, if any of the following features are used, then the database remains online regardless of duration of database inactivity:

  • geo レプリケーション (アクティブ geo レプリケーションと自動フェールオーバー グループ)Geo-replication (active geo-replication and auto failover groups)
  • 長期的なバックアップ保有期間 (LTR)Long-term backup retention (LTR)
  • SQL データ同期で使用される同期データベース。The sync database used in SQL data sync.

サーバーレス コンピューティング レベルへのオンボーディングOn-boarding into the serverless compute tier

サーバーレス コンピューティング レベルでの新しいデータベースの作成または既存のデータベースの移動は、プロビジョニング済みコンピューティング レベルでの新規データベースの作成と同じパターンに従い、次の 2 つのステップが含まれます。Creating a new database or moving an existing database into a serverless compute tier follows the same pattern as creating a new database in provisioned compute tier and involves the following two steps:

  1. サービス目標名を指定します。Specify the service objective name. サービス目標では、サービス レベル、ハードウェアの世代、および最大仮想コア数が規定されます。The service objective prescribes the service tier, hardware generation, and maximum vCores. 次の表にサービス目標のオプションを示します。The following table shows the service objective options:

    サービス目標名Service objective name サービス階層Service tier ハードウェアの世代Hardware generation 最大仮想コア数Max vCores
    GP_S_Gen5_1GP_S_Gen5_1 汎用General Purpose 第 5 世代Gen5 11
    GP_S_Gen5_2GP_S_Gen5_2 汎用General Purpose 第 5 世代Gen5 22
    GP_S_Gen5_4GP_S_Gen5_4 汎用General Purpose 第 5 世代Gen5 44
  2. 必要に応じて、最小仮想コア数と自動一時停止遅延を指定して、既定値を変更します。Optionally, specify the minimum vCores and autopause delay to change their default values. これらのパラメーターに対して使用可能な値を次の表に示します。The following table shows the available values for these parameters.

    パラメーターParameter 値の選択肢Value choices Default valueDefault value
    最小仮想コア数Minimum vCores 最大仮想コア数を超えない {0.5、1、2、4} のいずれかAny of {0.5, 1, 2, 4} not exceeding max vCores 0.5 仮想コア0.5 vCores
    自動一時停止遅延Autopause delay 最小:360 分 (6 時間)Min: 360 minutes (6 hours)
    最大:10080 分 (7 日)Max: 10080 minutes (7 days)
    増分: 約 60 分Increments: 60 minutes
    自動一時停止の無効化: -1Disable autopause: -1
    360 分360 minutes

注意

T-SQL を使用して、サーバーレスに既存データベースを移動すること、またはコンピューティング サイズを変更することは、現在はサポートされていませんが、Azure portal または PowerShell を使用して行うことができます。Using T-SQL to move an existing database into serverless or change its compute size is not currently supported but can be done via the Azure portal or PowerShell.

Azure portal を使用して新しいデータベースを作成するCreate new database using the Azure portal

クイック スタート:Azure portal を使用して Azure SQL Database で単一データベースを作成する」をご覧ください。See Quickstart: Create a single database in Azure SQL Database using the Azure portal.

PowerShell を使用して新しいデータベースを作成するCreate new database using PowerShell

次の例では、サービス目標名 GP_S_Gen5_4、最小仮想コア数と自動一時停止遅延は既定値で定義されているサーバーレス コンピューティング レベルに、新しいデータベースを作成します。The following example creates a new database in the serverless compute tier defined by service objective named GP_S_Gen5_4 with default values for the min vCores and autopause delay.

サーバーレスでは、現在ギャラリーにあるものより新しいバージョンの PowerShell が必要なので、Update-Module Az.Sql を実行してサーバーレスが有効な最新のコマンドレットを取得します。Serverless requires a newer version of PowerShell than is currently in the gallery, so run Update-Module Az.Sql to get the latest serverless-enabled cmdlets.

New-AzSqlDatabase `
  -ResourceGroupName $resourceGroupName `
  -ServerName $serverName `
  -DatabaseName $databaseName `
  -ComputeModel Serverless `
  -Edition GeneralPurpose `
  -ComputeGeneration Gen5 `
  -MinVcore 0.5 `
  -MaxVcore 2 `
  -AutoPauseDelay 720

サーバーレス コンピューティング レベルに既存のデータベースを移動するMove existing database into the serverless compute tier

次の例では、既存の単一データベースを、プロビジョニング済みコンピューティング レベルからサーバーレス コンピューティング レベルに移動します。The following example moves an existing single database from the provisioned compute tier into the serverless compute tier. この例では、最小仮想コア数、最大仮想コア数、および自動一時停止遅延を明示的に指定します。This example explicitly specifies the min vCores, max vCores, and autopause delay.

Set-AzSqlDatabase
  -ResourceGroupName $resourceGroupName `
  -ServerName $serverName `
  -DatabaseName $databaseName `
  -Edition GeneralPurpose `
  -ComputeModel Serverless `
  -ComputeGeneration Gen5 `
  -MinVcore 1 `
  -MaxVcore 4 `
  -AutoPauseDelay 1440

サーバーレス コンピューティング レベルからデータベースを移動するMove a database out of the serverless compute tier

プロビジョニング済みコンピューティング データベースをサーバーレス コンピューティング レベルに移動するのと同じ方法で、サーバーレス データベースをプロビジョニング済みコンピューティング レベルに移動できます。A serverless database can be moved into a provisioned compute tier in the same way as moving a provisioned compute database into a serverless compute tier.

サーバーレスの構成パラメーターを変更するModify serverless configuration parameters

最大仮想コア数Maximum vCores

最大仮想コア数の変更は、PowerShell の Set-AzSqlDatabase コマンドと MaxVcore 引数を使用して実行します。Modifying the maximum vCores is performed by using the Set-AzSqlDatabase command in PowerShell using the MaxVcore argument.

最小仮想コア数Minimum vCores

最大仮想コア数の変更は、PowerShell の Set-AzSqlDatabase コマンドと MinVcore 引数を使用して実行します。Modifying the maximum vCores is performed by using the Set-AzSqlDatabase command in PowerShell using the MinVcore argument.

自動一時停止遅延Autopause delay

自動一時停止遅延の変更は、PowerShell の Set-AzSqlDatabase コマンドと AutoPauseDelay 引数を使用して実行します。Modifying the maximum vCores is performed by using the Set-AzSqlDatabase command in PowerShell using the AutoPauseDelay argument.

サーバーレス データベースを監視するMonitor serverless database

使用済みおよび請求対象のリソースResources used and billed

サーバーレス データベースのリソースは、次のエンティティにカプセル化されています。The resources of a serverless database are encapsulated by the following entities:

アプリ パッケージApp package

アプリ パッケージは、データベースがサーバーレスまたはプロビジョニング済みのどちらのコンピューティング レベルであるかに関係なく、データベースに対する最も外側のリソース管理境界です。The app package is the outer most resource management boundary for a database, regardless of whether the database is in a serverless or provisioned compute tier. アプリ パッケージには SQL インスタンスと外部サービスが含まれ、両者によって SQL Database のデータベースによって使用されるすべてのユーザー リソースとシステム リソースのスコープが決まります。The app package contains the SQL instance and external services that together scope all user and system resources used by a database in SQL Database. 外部サービスの例としては、R やフルテキスト検索などがあります。Examples of external services include R and full-text search. 一般に、アプリ パッケージでの全体的なリソース使用量より、SQL インスタンスの方が優位です。The SQL instance generally dominates the overall resource utilization across the app package.

ユーザー リソース プールUser resource pool

ユーザー リソース プールは、データベースがサーバーレスまたはプロビジョニング済みのどちらのコンピューティング レベルであるかに関係なく、データベースに対する最も内側のリソース管理境界です。The user resource pool is the inner most resource management boundary for a database, regardless of whether the database is in a serverless or provisioned compute tier. ユーザー リソース プールのスコープは、DDL クエリ (CREATE、ALTER など) および DML クエリ (SELECT、INSERT、UPDATE、DELETE など) によって生成されるユーザー ワークロードに対する CPU と IO です。The user resource pool scopes CPU and IO for user workload generated by DDL queries (for example, CREATE, ALTER, etc.) and DML queries (for example, SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, etc.). これらのクエリは、一般に、アプリ パッケージでの使用量の最も大きな割合を表します。These queries generally represent the most substantial proportion of utilization within the app package.

メトリックMetrics

エンティティEntity メトリックMetric 説明Description UnitsUnits
アプリ パッケージApp package app_cpu_percentapp_cpu_percent アプリに許可されている最大仮想コア数に対する、アプリによって使用された仮想コア数の割合。Percentage of vCores used by the app relative to max vCores allowed for the app. 割合Percentage
アプリ パッケージApp package app_cpu_billedapp_cpu_billed レポート期間中にアプリに対して請求されるコンピューティングの量。The amount of compute billed for the app during the reporting period. この期間中に支払われる金額は、このメトリックと仮想コアの単位価格の積です。The amount paid during this period is the product of this metric and the vCore unit price.

このメトリックの値は、1 秒ごとに使用された CPU とメモリの最大値を時間で集計することによって決定されます。Values of this metric are determined by aggregating over time the maximum of CPU used and memory used each second. 使用された金額が、最小仮想コア数と最小メモリによって設定されるプロビジョニング済みの最低額より少ない場合、プロビジョニング済みの最低額が請求されます。If the amount used is less than the minimum amount provisioned as set by the min vCores and min memory, then the minimum amount provisioned is billed. 請求のために CPU とメモリを比較するため、メモリは GB 単位のメモリ量を仮想コアあたり 3 GB で再スケーリングすることによって、仮想コアの単位に正規化されます。 In order to compare CPU with memory for billing purposes, memory is normalized into units of vCores by rescaling the amount of memory in GB by 3 GB per vCore.
仮想コア秒数vCore seconds
アプリ パッケージApp package app_memory_percentapp_memory_percent アプリに許可されている最大メモリに対する、アプリによって使用されたメモリの割合。Percentage of memory used by the app relative to max memory allowed for the app. 割合Percentage
ユーザー プールUser pool cpu_percentcpu_percent ユーザー ワークロードに許可されている最大仮想コア数に対する、ユーザー ワークロードによって使用された仮想コア数の割合。Percentage of vCores used by user workload relative to max vCores allowed for user workload. 割合Percentage
ユーザー プールUser pool data_IO_percentdata_IO_percent ユーザー ワークロードに許可されている最大データ IOPS に対する、ユーザー ワークロードによって使用されたデータ IOPS の割合。Percentage of data IOPS used by user workload relative to max data IOPS allowed for user workload. 割合Percentage
ユーザー プールUser pool log_IO_percentlog_IO_percent ユーザー ワークロードに許可されている最大ログ MB/秒に対する、ユーザー ワークロードによって使用されたログ MB/秒の割合。Percentage of log MB/s used by user workload relative to max log MB/s allowed for user workload. 割合Percentage
ユーザー プールUser pool workers_percentworkers_percent ユーザー ワークロードに許可されている最大ワーカー数に対する、ユーザー ワークロードによって使用されたワーカー数の割合。Percentage of workers used by user workload relative to max workers allowed for user workload. 割合Percentage
ユーザー プールUser pool sessions_percentsessions_percent ユーザー ワークロードに許可されている最大セッション数に対する、ユーザー ワークロードによって使用されたセッション数の割合。Percentage of sessions used by user workload relative to max sessions allowed for user workload. 割合Percentage

注意

Azure portal でのメトリックは、単一データベースのデータベース ウィンドウの [監視] で見ることができます。Metrics in the Azure portal are available in the database pane for a single database under Monitoring.

一時停止と再開の状態Pause and resume status

Azure portal では、データベースの状態は、サーバーに含まれるデータベースの一覧が表示される概要ウィンドウで示されます。In the Azure portal, the database status is displayed in the overview pane of the server that lists the databases it contains. データベースの状態は、データベースの概要ウィンドウにも表示されます。The database status is also displayed in the overview pane for the database.

データベースの一時停止と再開の状態を照会するには、次の PowerShell コマンドを使用します。Using the following PowerShell command to query the pause and resume status of a database:

Get-AzSqlDatabase `
  -ResourceGroupName $resourcegroupname `
  -ServerName $servername `
  -DatabaseName $databasename `
  | Select -ExpandProperty "Status"

リソース制限Resource limits

リソースの制限については、サーバーレス コンピューティング レベルに関する記事をご覧くださいFor resource limits, see Serverless compute tier

課金Billing

コンピューティング請求金額は、各秒に使用された CPU およびメモリの最大量です。The amount of compute billed is the maximum of CPU used and memory used each second. CPU とメモリの使用量がそれぞれのプロビジョニング済みの最小量より少ない場合、プロビジョニング済みの量が請求されます。If the amount of CPU used and memory used is less than the minimum amount provisioned for each, then the provisioned amount is billed. 請求のために CPU とメモリを比較するため、メモリは GB 単位のメモリ量を仮想コアあたり 3 GB で再スケーリングすることによって、仮想コアの単位に正規化されます。In order to compare CPU with memory for billing purposes, memory is normalized into units of vCores by rescaling the amount of memory in GB by 3 GB per vCore.

  • 請求されるリソース: CPU とメモリResource billed: CPU and memory
  • 請求される金額 ($): 仮想コア単位価格 * (最小仮想コア数、使用された仮想コア数、最小メモリ GB * 1/3、使用されたメモリ GB * 1/3) のうち最大の値Amount billed ($): vCore unit price * max (min vCores, vCores used, min memory GB * 1/3, memory GB used * 1/3)
  • 請求頻度: 1 秒あたりBilling frequency: Per second

1 秒あたり、仮想コアあたりのコストの仮想コア単位価格。The vcore unit price in the cost per vcore per second. 特定のリージョンの特定の単位価格については、Azure SQL Database の価格に関するページをご覧ください。Refer to the Azure SQL Database pricing page for specific unit prices in a given region.

請求されるコンピューティングの金額は、次のメトリックで示されます。The amount of compute billed is exposed by the following metric:

  • メトリック: app_cpu_billed (仮想コア秒数)Metric: app_cpu_billed (vCore seconds)
  • 定義: (最小仮想コア数、使用された仮想コア数、最小メモリ GB * 1/3、使用されたメモリ GB * 1/3) のうち最大の値Definition: max (min vCores, vCores used, min memory GB * 1/3, memory GB used * 1/3)
  • レポート頻度: 1 分あたりReporting frequency: Per minute

この量が 1 秒ごとに計算され、1 分間について集計されます。This quantity is calculated each second and aggregated over 1 minute.

:GP_S_Gen5_4 を使用するデータベースで、1 時間の使用量が次のような場合について考えます。Example: Consider a database using GP_S_Gen5_4 with the following usage over a one hour period:

時間 (時:分)Time (hours:minutes) app_cpu_billed (仮想コア秒数)app_cpu_billed (vCore seconds)
0:010:01 6363
0:020:02 123123
0:030:03 9595
0:040:04 5454
0:050:05 4141
0:06 - 1:000:06 - 1:00 12551255
合計: 1631Total: 1631

コンピューティングの単位価格は $0.000073/仮想コア/秒とします。Suppose the compute unit price is $0.000073/vCore/second. この場合、この 1 時間に対して請求されるコンピューティングは、次の式を使用して決定されます: $0.000073/仮想コア/秒 * 1631 仮想コア秒数 = $0.1191Then the compute billed for this one hour period is determined using the following formula: $0.000073/vCore/second * 1631 vCore seconds = $0.1191

対応リージョンAvailable regions

サーバーレス コンピューティング レベルは、次のリージョンを除くすべてのリージョンで利用できます: オーストラリア中部、中国東部、中国北部、フランス南部、ドイツ中部、ドイツ北東部、インド西部、韓国南部、南アフリカ西部、英国北部、英国南部、英国西部、および米国中西部The serverless compute tier is available in all regions except the following regions: Australia Central, China East, China North, France South, Germany Central, Germany Northeast, India West, Korea South, South Africa West, UK North, UK South, UK West, and West Central US

次の手順Next steps