Microsoft Azure SQL Database の接続に関する問題のトラブルシューティングTroubleshooting connectivity issues with Microsoft Azure SQL Database

Azure SQL Database への接続に失敗すると、エラー メッセージが表示されます。You receive error messages when the connection to Azure SQL Database fails. 接続の問題は、SQL Azure データベースの再構成、ファイアウォールの設定、接続タイムアウト、または間違ったログイン情報によって発生する場合があります。The connection problems can be caused by SQL Azure database reconfiguration, firewall settings, connection time-out, or incorrect login information. また、一部の Azure SQL Database リソースの上限に達すると、Azure SQL Database に接続できなくなります。Additionally, if the maximum limit on some Azure SQL Database resources is reached, you cannot connect to Azure SQL Database.

エラー 40613: サーバー < y > のデータベース < x > は現在使用できませんError 40613: Database < x > on server < y > is not currently available

詳細なエラーDetailed Error

40613: Database <DBname> on server <server name> is not currently available. Please retry the connection later. If the problem persists, contact customer support, and provide them the session tracing ID of '<Tracing ID>'.

この問題を解決するには:To resolve this issue:

  1. 既知の障害について、Microsoft Azure サービスのダッシュボードを確認してください。Check the Microsoft Azure Service Dashboard for any known outages.
  2. 既知の障害がない場合は、Microsoft Azure のサポート Web サイトを参照して、サポート ケースを開きます。If there are no known outages go to the Microsoft Azure Support website to open a support case.

詳細については、"サーバーのデータベースが現在利用できない" エラーのトラブルシューティングに関する記事を参照してください。For more information, see Troubleshoot "Database on server is not currently available" error.

この問題は、アプリケーションがサーバーに接続できないために発生します。The issue occurs because the application is not able to connect to the server.

この問題を解決するには、以下のセクションにある、「一般的な接続に関する問題を修正するための手順」というタイトルの手順を (順番に) 試してください。To resolve this issue, try the steps (in order) in the section below, titled Steps to fix common connection issues.

サーバーが見つからなかったか、サーバーにアクセスできませんでした (エラー26、40、10053)The server was not found or was not accessible (Errors 26, 40, 10053)

エラー 26:指定されたサーバーまたはインスタンスの位置を特定しているときにエラーが発生しましたError 26: Error Locating Server/Instance Specified

詳細なエラーDetailed Error

System.Data.SqlClient.SqlException: A network-related or instance-specific error occurred while establishing a connection to SQL Server. The server was not found or was not accessible. Verify that the instance name is correct and that SQL Server is configured to allow remote connections.(provider: SQL Network Interfaces, error: 26 – Error Locating Server/Instance Specified)

エラー 40:SQL Server への接続を開けませんでしたError 40: Could not open a connection to SQL Server

詳細なエラーDetailed Error

A network-related or instance-specific error occurred while establishing a connection to SQL Server. The server was not found or was not accessible. Verify that the instance name is correct and that SQL Server is configured to allow remote connections. (provider: Named Pipes Provider, error: 40 - Could not open a connection to SQL Server)

エラー 10053:サーバーから結果を受信しているときに、トランスポート レベルのエラーが発生しました。Error 10053: A transport-level error has occurred when receiving results from the server.

詳細なエラーDetailed Error

10053: A transport-level error has occurred when receiving results from the server. (Provider: TCP Provider, error: 0 - An established connection was aborted by the software in your host machine)

これらの問題は、アプリケーションがサーバーに接続できないために発生します。These issues occur because the application is not able to connect to the server.

この問題を解決するには、以下のセクションにある、「一般的な接続に関する問題を修正するための手順」というタイトルの手順を (順番に) 試してください。To resolve this issue, try the steps (in order) in the section below, titled Steps to fix common connection issues.

ファイアウォールの問題のため < servername > に接続できませんCannot connect to < servername > due to firewall issues

エラー 40615: < servername > に接続できませんError 40615: Cannot connect to < servername >

この問題を解決するには、Azure portal を使用して SQL Database のファイアウォール設定を構成します。To resolve this issue, configure firewall settings on SQL Database using the Azure portal.

エラー 5:< servername > に接続できませんError 5: Cannot connect to < servername >

この問題を解決するには、クライアントとインターネット間のすべてのファイアウォールで、送信接続用にポート1433 が開いていることを確認します。To resolve this issue, make sure that port 1433 is open for outbound connections on all firewalls between the client and the Internet.

詳細については、SQL Server アクセスを許可するための Windows ファイアウォールの構成に関する記事を参照してください。For more information, see Configure the Windows Firewall to Allow SQL Server Access.

サーバーにログインできません (エラー18456、40531)Unable to login to the server (Errors 18456, 40531)

ユーザー '< User name >' はログインできませんでしたLogin failed for user '< User name >'

詳細なエラーDetailed Error

Login failed for user '<User name>'.This session has been assigned a tracing ID of '<Tracing ID>'. Provide this tracing ID to customer support when you need assistance. (Microsoft SQL Server, Error: 18456)

この問題を解決するには、サービス管理者に連絡し、有効な SQL ユーザー名とパスワードを提供するよう依頼してください。To resolve this issue, contact your service administrator to provide you with a valid SQL user name and password.

通常、サービス管理者は、次の手順を使用してログインを追加します。Typically, the service administrator can use the following steps to add the login:

  1. SQL Server Management Studio (SSMS) を使用してサーバーにログインします。Log in to the server using SQL Server Management Studio (SSMS).

  2. 次の SQL クエリを使用して、ログイン名が無効になっていないかどうかを確認します。Check whether the login name is disabled by using the following SQL query:

    SELECT name, is_disabled FROM sys.sql_logins
    
  3. 対応する名前が無効になっている場合は、次のステートメントを使用して有効にします。If the corresponding name is disabled, enable it by using the following statement:

    Alter login <User name> enable
    
  4. SQL ログイン ユーザー名が存在しない場合は、SSMS を使用して作成します。If the SQL login user name does not exist, create it by using SSMS:

    1. [セキュリティ] をダブルクリックして展開します。Double-click Security to expand it.
    2. [ログイン] を右クリックし、 [新しいログイン] を選択します。Right-click Logins, and then select New login.
    3. プレースホルダーを含む生成されたスクリプトでは、次の SQL クエリを編集して、実行できます。In the generated script with placeholders, you can edit and run the following SQL query:
    CREATE LOGIN <SQL_login_name, sysname, login_name>
    WITH PASSWORD = ‘<password, sysname, Change_Password>’
    GO
    
  5. [データベース] をダブルクリックします。Double-click Database.

  6. ユーザーにアクセス許可を付与する対象のデータベースを選択します。Select the database to which you want to grant user the permission.

  7. [セキュリティ] をダブルクリックします。Double-click Security.

  8. [ユーザー] を右クリックし、 [新しいユーザー] を選択します。Right-click Users, and then select New User.

  9. プレースホルダーを含む生成されたスクリプトでは、次の SQL クエリを編集して、実行できます。In the generated script with placeholders, you can edit and run the following SQL query:

    CREATE USER <user_name, sysname, user_name>          
    FOR LOGIN <login_name, sysname, login_name>
    WITH DEFAULT_SCHEMA = <default_schema, sysname, dbo>
    GO
    
    -- Add user to the database owner role
    
    EXEC sp_addrolemember N’db_owner’, N’<user_name, sysname, user_name>’
    GO
    

    注意

    sp_addrolemember を使用して、特定のユーザーを特定のデータベース ロールにマップすることもできます。You can also use sp_addrolemember to map specific users to specific database roles.

詳細については、Azure SQL Database におけるデータベースとログインの管理に関するページを参照してください。For more information, see Managing Databases and Logins in Azure SQL Database.

接続のタイムアウト エラーConnection timeout expired errors

System.Data.SqlClient.SqlException (0x80131904):接続がタイムアウトしました。System.Data.SqlClient.SqlException (0x80131904): Connection Timeout Expired.

詳細なエラーDetailed Error

System.Data.SqlClient.SqlException (0x80131904): Connection Timeout Expired. The timeout period elapsed while attempting to consume the pre-login handshake acknowledgement. This could be because the pre-login handshake failed or the server was unable to respond back in time. The duration spent while attempting to connect to this server was - [Pre-Login] initialization=3; handshake=29995;

System.Data.SqlClient.SqlException (0x80131904):タイムアウトに達しました。System.Data.SqlClient.SqlException (0x80131904): Timeout expired.

詳細なエラーDetailed Error

System.Data.SqlClient.SqlException (0x80131904): Timeout expired. The timeout period elapsed prior to completion of the operation or the server is not responding.

System.Data.Entity.Core.EntityException:基になるプロバイダーがオープンで失敗しました。System.Data.Entity.Core.EntityException: The underlying provider failed on Open.

詳細なエラーDetailed Error

System.Data.Entity.Core.EntityException: The underlying provider failed on Open. -> System.Data.SqlClient.SqlException: Timeout expired. The timeout period elapsed prior to completion of the operation or the server is not responding. -> System.ComponentModel.Win32Exception: The wait operation timed out

< server name > に接続できません。Cannot connect to < server name >.``

詳細なエラーDetailed Error

Cannot connect to <server name>.ADDITIONAL INFORMATION:Connection Timeout Expired. The timeout period elapsed during the post-login phase. The connection could have timed out while waiting for server to complete the login process and respond; Or it could have timed out while attempting to create multiple active connections. The duration spent while attempting to connect to this server was - [Pre-Login] initialization=231; handshake=983; [Login] initialization=0; authentication=0; [Post-Login] complete=13000; (Microsoft SQL Server, Error: -2) For help, click: http://go.microsoft.com/fwlink?ProdName=Microsoft%20SQL%20Server&EvtSrc=MSSQLServer&EvtID=-2&LinkId=20476 The wait operation timed out

これらの例外は、接続またはクエリの問題が原因で発生する可能性があります。These exceptions can occur either because of connection or query issues. このエラーが接続の問題によるものであることを確認するには、「エラーの原因が接続の問題かどうかを確認する」というタイトルの以下のセクションを確認してください。To confirm this error is because of connectivity issues, check the section below titled Confirm whether the error is due to a connectivity issue:

接続のタイムアウトは、アプリケーションがサーバーに接続できないために発生します。Connection timeouts occur because the application is not able to connect to the server. この問題を解決するには、以下のセクションにある、「一般的な接続に関する問題を修正するための手順」というタイトルの手順を (順番に) 試してください。To resolve this issue, try the steps (in order) in the section below, titled Steps to fix common connection issues.

一時的なエラー (エラー40197、40545)Transient errors (Errors 40197, 40545)

エラー 40197:要求の処理中にサービスでエラーが発生しました。Error 40197: The service has encountered an error processing your request. もう一度実行してください。Please try again. エラー コード < code >Error code < code >

この問題は、バックエンドでの再構成またはフェールオーバー中に発生した一時的なエラーが原因で起こります。This issue occurs because of a transient error encountered during a reconfiguration/failover on the backend.

この問題を解決するには、しばらく待ってから再試行してください。To resolve this issue, wait a short period and retry. 問題が継続する場合を除き、サポート ケースは必要ありません。No support case is required unless the issue remains persistent.

ベスト プラクティスとして、再試行ロジックが実施されていることを確認します。As a best practice, ensure retry logic is in place. 再試行ロジックの詳細については、SQL Database への一時的な障害および接続エラーのトラブルシューティングに関する記事を参照してください。For more information about the retry logic, see Troubleshoot transient faults and connection errors to SQL Database.

システム定義の制限に達したため、接続が切断されましたConnection Terminated due to hitting some system-defined limit

エラー 10928: リソース ID: %d。Error 10928: Resource ID: %d.

詳細なエラーDetailed Error

10928: Resource ID: %d. The %s limit for the database is %d and has been reached. See http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=267637 for assistance. The Resource ID value in error message indicates the resource for which limit has been reached. For sessions, Resource ID = 2.

この問題に対処するには、次のいずれかの方法を試してみてください。To work around this issue, try one of the following methods:

  • 実行時間の長いクエリがあるかどうかを確認します。Verify whether there are long-running queries:

    注意

    これは、必ずしも問題を解決するとは限らない、最小限のアプローチです。This is a minimalist approach that may not necessarily resolve the issue.

    1. 次の SQL クエリを実行することにより、sys.dm_exec_requests ビューをチェックして、ブロックしている要求がないか確認します。Check the sys.dm_exec_requests view to see any blocking requests, by executing the following SQL query:

      SELECT * FROM dm_exec_requests
      
    2. ヘッド ブロッカーの入力バッファーを特定します。Determine the input buffer for the head blocker.

    3. ヘッド ブロッカー クエリを調整します。Tune the head blocker query.

    詳細なトラブルシューティング手順については、「クラウドでクエリが正常に実行されているか」を参照してください。For an in-depth troubleshooting procedure, see Is my query running fine in the cloud?.

  • ブロックしているクエリや実行時間の長いクエリに対応しているにもかかわらず、データベースが常に制限に達する場合は、新しいプレビュー エディション (Standard エディションや Premium エディションなど) にアップグレードすることを検討してください。If the database consistently reaches its limit despite addressing blocking and long-running queries, consider upgrading to one of the new Preview editions (such as Standard or Premium editions).

SQL Database 価格オプションの詳細については、「Azure SQL Database の価格」を参照してください。For more information about SQL Database pricing options review Azure SQL Database Pricing.

動的管理ビューの詳細については、「システム動的管理ビュー」をご覧ください。For more information about dynamic management views, see System Dynamic Management Views.

このエラー メッセージの詳細については、「Azure SQL Database サーバーの SQL Database リソース制限」を参照してください。For more information about this error message, see SQL Database resource limits for Azure SQL Database server.

エラー 10929:リソース ID:1.Error 10929: Resource ID: 1.

詳細なエラーDetailed Error

10929: Resource ID: 1. The %s minimum guarantee is %d, maximum limit is %d and the current usage for the database is %d. However, the server is currently too busy to support requests greater than %d for this database. See http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=267637 for assistance. Otherwise, please try again later.

このエラーの詳細については、「SQL Database クライアント プログラムのエラー メッセージ」を参照してください。For more information about this error, see Error messages for SQL Database client programs

エラー 40501:サービスは現在ビジー状態ですError 40501: The service is currently busy

詳細なエラーDetailed Error

40501: The service is currently busy. Retry the request after 10 seconds. Incident ID: %ls. Code: %d.

これは、リソースの制限を超えていることを示すエンジン調整エラーです。This is an engine throttling error, an indication that resource limits are being exceeded.

リソース制限の詳細については、Database サーバーのリソース制限に関する記事を参照してください。For more information about resource limits, see Database server resource limits.

エラー 40544 :データベースのサイズ クォータに達しましたError 40544 : The database has reached its size quota

詳細なエラーDetailed Error

40544: The database has reached its size quota. Partition or delete data, drop indexes, or consult the documentation for possible resolutions. Incident ID: <ID>. Code: <code>.

このエラーは、データベースのサイズ クォータに達したときに発生します。This error occurs when the database has reached its size quota.

次の手順を使用すると、問題を回避したり、検討可能な追加オプションを選択したりすることができます。The following steps can help you with either working around the problem or provide you with additional options that you can consider.

  1. Azure portal のダッシュボードを使用して、データベースの現在のサイズを確認します。Check the current size of the database by using the dashboard in the Azure portal.

    注意

    最も多くの領域を消費しているテーブルとクリーンアップの候補となるテーブルを特定するには、次の SQL クエリを使用できます。To identify which tables are consuming the most space and potential candidates for cleanup, you can use the following SQL query:

    SELECT o.name,
     a.SUM(p.row_count) AS 'Row Count',
     b.SUM(p.reserved_page_count) * 8.0 / 1024 AS 'Table Size (MB)'
    FROM sys.objects o
    JOIN sys.dm_db_partition_stats p on p.object_id = o.object_id
    GROUP BY o.name
    ORDER BY [Table Size (MB)] DESC
    
  2. 現在のサイズが、使用しているエディションでサポートされている最大サイズを超えていない場合は、ALTER DATABASE を使用して MAXSIZE の設定を増やすことができます。If the current size does not exceed the maximum size supported for your edition, you can use ALTER DATABASE to increase the MAXSIZE setting.

  3. データベースのサイズが、使用しているエディションでサポートされている最大サイズを既に超えている場合は、次のいずれかの手順を実行できます。If the database size is already past the maximum supported size for your edition, you can take one of the following steps:

    1. 通常のデータベース クリーンアップ アクティビティを実行します (truncate/delete などを使用して不要なデータをクリーンアップしたり、SSIS や bcp などを使用してデータを外に移動します)。Perform normal database cleanup activities (cleaning up the unwanted data by using truncate/delete etc. or move data out using SSIS, bcp etc.)
    2. データをパーティション分割するか、データを削除するか、インデックスを削除してください。その他の解決方法についてはドキュメントを参照してください。Partition or delete data, drop indexes, or consult the documentation for possible resolutions.

エラー 40549:トランザクションが長時間実行されているため、セッションを終了しました。Error 40549: Session is terminated because you have a long-running transaction.

詳細なエラーDetailed Error

40549: Session is terminated because you have a long-running transaction. Try shortening your transaction.

このエラー メッセージが繰り返し表示される場合は、次の手順を実行してこの問題を解決してください。If you repeatedly encounter this error message, try these steps to resolve this issue:

  1. 次の SQL スクリプトを実行することにより、_exec_requests ビューをチェックして、開いているセッションで total_elapsed_time 列の値が大きいものがないか確認します。Check the sys.dm_exec_requests view to see any open sessions that have a high value for the total_elapsed_time column by executing the following SQL Script:

    SELECT * FROM dm_exec_requests
    
  2. 長時間実行されているクエリの入力バッファーを特定します。Determine the input buffer for the query that is long running.

  3. クエリを調整します。Tune the query.

また、クエリのバッチ処理も検討してください。Also consider batching your queries. バッチ処理については、「バッチ処理を使用して SQL Database アプリケーションのパフォーマンスを強化する方法」を参照してください。For information on batching, see How to use batching to improve SQL Database application performance.

詳細なトラブルシューティング手順については、「クラウドでクエリが正常に実行されているか」を参照してください。For an in-depth troubleshooting procedure, see Is my query running fine in the cloud?.

エラー 40551:TEMPDB の使用量が多すぎるため、セッションを終了しました。Error 40551: The session has been terminated because of excessive TEMPDB usage.

詳細なエラーDetailed Error

40551: The session has been terminated because of excessive TEMPDB usage. Try modifying your query to reduce the temporary table space usage.

この問題を回避するには、次の手順に従ってください。To work around this issue, follow these steps:

  1. クエリを変更して、一時テーブル領域の使用量を減らします。Change the queries to reduce the temporary table space usage.
  2. 不要になった一時オブジェクトを削除します。Drop temporary objects after they are no longer needed.
  3. テーブルを切り捨てるか、使用されていないテーブルを削除します。Truncate tables or remove unused tables.

エラー 40552:トランザクション ログの使用領域が多すぎるため、セッションを終了しました。Error 40552: The session has been terminated because of excessive transaction log space usage.

詳細なエラーDetailed Error

40552: The session has been terminated because of excessive transaction log space usage. Try modifying fewer rows in a single transaction.

この問題を解決するには、次の方法に従ってください。To resolve this issue, follow these methods:

  • この問題は、挿入、更新、または削除の各操作が原因で発生します。The issue occurs because of insert, update, or delete operations. バッチ処理を実装したり、複数の小さなトランザクションに分割したりして、すぐに操作される行の数を減らしてみてください。Try to reduce the number of rows that are operated on immediately by implementing batching or splitting into multiple smaller transactions.

  • この問題は、インデックスの再構築操作によって発生します。The issue occurs because of the index rebuild operations. 必ず次の式に従うようにしてください: テーブル内で影響を受ける行の数 * (更新されるフィールドの平均サイズ (バイト単位) + 80) < 2 GBMake sure that you adhere to the following formula: number of rows that are affected in table * (average size of field that is updated in bytes + 80) < 2 GB

    注意

    インデックスの再構築の場合は、更新されるフィールドの平均サイズを、平均インデックス サイズに置き換えてください。For index rebuild, the average size of the field that is updated should be substituted by average index size.

エラー 40553:メモリの使用量が多すぎるため、セッションを終了しました。Error 40553: The session has been terminated because of excessive memory usage.

詳細なエラーDetailed Error

40553 : The session has been terminated because of excessive memory usage. Try modifying your query to process fewer rows.

この問題を回避するには、クエリを最適化してみてください。To work around this issue, try to optimize the query.

詳細なトラブルシューティング手順については、「クラウドでクエリが正常に実行されているか」を参照してください。For an in-depth troubleshooting procedure, see Is my query running fine in the cloud?.

このログインで要求されたデータベース "master" を開けません。Cannot open database "master" requested by the login. ログインに失敗しました。The login failed.

この問題は、アカウントに master データベースへのアクセス権限がないために発生します。This issue occurs because the account does not have access permission to the master database. ただし、既定では、SQL Server Management Studio (SSMS) は master データベースへの接続を試みます。However, by default, SQL Server Management Studio (SSMS) tries to connect to the master database.

この問題を解決するには、次の手順に従ってください。To resolve this issue, follow these steps:

  1. SSMS のログイン画面で [オプション] をクリックし、次に [接続プロパティ] をクリックします。On the login screen of SSMS, click Options, then click Connection Properties.

  2. [データベースに接続] で、既定のログイン データベースとしてユーザーの既定のデータベース名を入力し、 [接続] をクリックします。In Connect to database, type the user’s default database name as the default login database, then click Connect.

    cannot-open-database-master.png

エラーの原因が接続の問題かどうかを確認するConfirm whether an error is due to a connectivity issue

接続の問題が原因でエラーが発生しているかどうかを確認するには、次のような接続を開くための呼び出しを示すフレームのスタック トレースを確認します (SqlConnection クラスへの参照に注意)。To confirm whether an error is due to a connectivity issue, review the stack trace for frames that show calls to open a connection like the following ones (Note the reference to the SqlConnection class):

System.Data.SqlClient.SqlConnection.TryOpen(TaskCompletionSource`1 retry)
 at System.Data.SqlClient.SqlConnection.Open()
 at AzureConnectionTest.Program.Main(String[] args)
ClientConnectionId:<Client connection ID>

クエリの問題が原因で例外が発生した場合、次のような呼び出し履歴が表示されます (SqlCommand クラスへの参照に注意)。When the exception happens due to query issues, you will notice a call stack that is similar to the following ones (Note the reference to the SqlCommand class). これらのシナリオでは、クエリを調整しますIn these scenarios, tune your queries.

  at System.Data.SqlClient.SqlCommand.ExecuteReader()
  at AzureConnectionTest.Program.Main(String[] args)
  ClientConnectionId:<Client ID>

パフォーマンスの細かい調整に関する詳細なガイダンスについては、以下を参照してください。For additional guidance on fine tuning performance, please see the following:

一般的な接続に関する問題を修正するための手順Steps to fix common connection issues

  1. アプリケーション サーバーで TCP IP がクライアント プロトコルとして有効になっていることを確認します。Make sure that TCP IP is enabled as a client protocol on the application server. 詳細については、「クライアント プロトコルの構成」を参照してください。For more information, see Configure client protocols. SQL Server ツールがインストールされていないアプリケーション サーバーでは、cliconfg.exe (SQL Server クライアント ネットワーク ユーティリティ) を実行して、TCP IP が有効になっていることを確認します。On application servers where you do not have SQL Server tools installed, check that TCP IP is enabled by running cliconfg.exe (SQL Server Client Network Utility).

  2. アプリケーションの接続文字列を確認して、正しく構成されていることを確認します。Check the application’s connection string to make sure that it is correctly configured. たとえば、接続文字列で正しいポート (1433) と完全修飾サーバー名が指定されていることを確認します。For example, make sure that the connection string specifies the correct port (1433) and the fully qualified server name. SQL Server の接続情報を取得する」を参照してください。See Get SQL Server connection information.

  3. 接続タイムアウトを増やしてみます。Try increasing the connection timeout. Microsoft では、30 秒以上の接続タイムアウトを使用することをお勧めしています。Microsoft recommends using a connection timeout of at least 30 seconds.

  4. SQL Server Management Studio (SSMS)、UDL ファイル、ping、および telnet を使用して、アプリケーション サーバーと Azure SQL データベース間の接続をテストします。Test the connectivity between the application server and the Azure SQL database by using SQL Server management Studio (SSMS), a UDL file, ping, and telnet. 詳細については、SQL Server の接続問題のトラブルシューティング接続問題の診断に関する記事を参照してください。For more information, see Troubleshooting SQL Server connectivity issues and Diagnostics for connectivity issues.

    注意

    トラブルシューティングの手順として、別のクライアント コンピューターでの接続をテストしてみることもできます。As a troubleshooting step, you can also try to test the connectivity on a different client computer.

  5. ベスト プラクティスとして、再試行ロジックが実施されていることを確認します。As a best practice, ensure retry logic is in place. 再試行ロジックの詳細については、SQL Database への一時的な障害および接続エラーのトラブルシューティングに関する記事を参照してください。For more information about the retry logic, see Troubleshoot transient faults and connection errors to SQL Database.

前の手順で問題が解決しない場合は、さらに多くのデータを収集して、サポートに連絡してください。If the previous steps do not resolve your problem, try to collect more data and contact support. アプリケーションがクラウド サービスの場合は、ログ記録を有効にします。If your application is a cloud service, enable the logging. この手順により、エラーの UTC タイムスタンプが返されます。This step returns a UTC time stamp of the failure. さらに、SQL Azure によりトレース ID が返されます。Additionally, SQL Azure returns the tracing ID. Microsoft カスタマー サポート サービスはこの情報を使用できます。Microsoft Customer Support Services can use this information.

ログ記録を有効にする方法の詳細については、Azure App Service での Web アプリの診断ログの有効化に関する記事を参照してください。For more information about how to enable the logging, see Enable diagnostics logging for web apps in Azure App Service.

関連ドキュメントRelated documents