マネージド ディスクのバーストManaged disk bursting

Azure には、ディスク記憶域の IOPS と帯域幅 (MB/秒) パフォーマンスを高めるバーストと呼ばれる機能が、仮想マシン (VM) とディスクの両方に用意されています。Azure offers the ability to boost disk storage IOPS and MB/s performance, this is referred to as bursting for both virtual machines (VM) and disks. VM とディスクのバーストを効果的に活用すれば、VM とディスクの両方でバースト パフォーマンスを高めることができます。You can effectively leverage VM and disk bursting to achieve better bursting performance on both your VMs and disk.

Azure VM のバーストとディスク リソースのバーストは互いに独立しています。Bursting for Azure VMs and disk resources aren't dependent on each other. バースト対応の VM がなくても、アタッチされているバースト対応ディスクのバースト機能は利用できます。You don't need to have a burst-capable VM for an attached burst-capable disk to burst. 同様に、バースト対応の VM にバースト対応のディスクがアタッチされていなくても、その VM のバースト機能は利用できます。Similarly, you don't need to have a burst-capable disk attached to your burst-capable VM for the VM to burst.

Azure Premium SSD により、バーストの 2 つのモデルが提供されます。Azure premium SSDs offer two models of bursting:

  • オンデマンドのバースト モデル (プレビュー)。ディスクのニーズが現在の容量を超えるたびに、ディスクがバーストします。A on-demand bursting model (preview), where the disk bursts whenever its needs exceed its current capacity. このモデルでは、ディスクがバーストするたびに追加料金が発生します。This model incurs additional charges anytime the disk bursts. クレジットに含まれないバーストは、512 GiB を超えるサイズのディスクでのみ使用できます。Noncredit bursting is only available on disks greater than 512 GiB in size.
  • クレジットベース モデル。クレジット バケットにバースト クレジットが累積されている場合にのみ、ディスクがバーストします。A credit-based model, where the disk will burst only if it has burst credits accumulated in its credit bucket. このモデルでは、ディスクのバースト時に追加料金は発生しません。This model does not incur additional charges when the disk bursts. クレジットベースのバーストは、512 GiB 以下のディスクでのみ使用できます。Credit-based bursting is only available on disks 512 GiB and smaller.

さらに、マネージド ディスクのパフォーマンス レベルは変更できます。これは、そうしなければワークロードがバーストで実行される場合に最適です。Additionally, the performance tier of managed disks can be changed, which could be ideal if your workload would otherwise be running in burst.

クレジットベースのバーストCredit-based bursting オンデマンド バーストOn-demand bursting パフォーマンス レベルの変更Changing performance tier
シナリオScenarios 短期的なスケーリング (30 分以下) に最適です。Ideal for short-term scaling (30 minutes or less). 短期的なスケーリング (時間制限なし) に最適です。Ideal for short-term scaling(Not time restricted). ワークロードが継続的にバーストで実行される場合に最適です。Ideal if your workload would otherwise continually be running in burst.
コストCost FreeFree コストは変動します。詳細については、課金に関するセクションをご覧ください。Cost is variable, see the Billing section for details. 各パフォーマンス レベルのコストは固定です。詳細については、「Managed Disks の価格」をご覧ください。The cost of each performance tier is fixed, see Managed Disks pricing for details.
可用性Availability 512 GiB 以下の Premium SSD でのみ使用できます。Only available for premium SSDs 512 GiB and smaller. 512 GiB を超える Premium SSD でのみ使用できます。Only available for premium SSDs larger than 512 GiB. すべての Premium SSD サイズで使用できます。Available to all premium SSD sizes.
有効化Enablement 対象のディスクでは既定で有効になっています。Enabled by default on eligible disks. ユーザーが有効にする必要があります。Must be enabled by user. ユーザーが手動でレベルを変更する必要があります。User must manually change their tier.

一般的なシナリオCommon scenarios

バースティングから大きなメリットが得られるシナリオを次に示します。The following scenarios can benefit greatly from bursting:

  • スタートアップ時間の短縮 - バーストを使用すると、インスタンスのスタートアップ速度が大幅に向上します。Improve startup times – With bursting, your instance will startup at a significantly faster rate. たとえば、Premium が有効な VM の既定の OS ディスクは P4 ディスクです。この場合、プロビジョニングされるパフォーマンスは最大 120 IOPS および 25 MB/秒です。For example, the default OS disk for premium enabled VMs is the P4 disk, which is a provisioned performance of up to 120 IOPS and 25 MB/s. バーストを使用すると、P4 は最大 3,500 IOPS および 170 MB/s に達することができ、スタートアップを最大 6 倍に速めることができます。With bursting, the P4 can go up to 3500 IOPS and 170 MB/s allowing for startup to accelerate by up to 6X.
  • バッチ ジョブの処理 – 一部のアプリケーション ワークロードは、本質的に循環的です。Handle batch jobs – Some application workloads are cyclical in nature. これらには、ほとんどの場合のベースライン パフォーマンスと、短時間のより高いパフォーマンスが必要です。They require a baseline performance most of the time, and higher performance for short periods of time. この例としては、少量のディスク トラフィックを必要とする日々のトランザクションを処理する会計プログラムが挙げられます。An example of this is an accounting program that processes daily transactions that require a small amount of disk traffic. 月末には、はるかに大量のディスク トラフィックを必要とするレポートの調整がこのプログラムによって完了します。At the end of the month this program would complete reconciling reports that need a much higher amount of disk traffic.
  • トラフィックの急増 - Web サーバーとそのアプリケーションへのトラフィックは、いつでも急増する可能性があります。Traffic spikes – Web servers and their applications can experience traffic surges at any time. Web サーバーがバーストを使用する VM またはディスクによって支えられている場合、そのサーバーはトラフィックの急増により適切に対応できます。If your web server is backed by VMs or disks that use bursting, the servers would be better equipped to handle traffic spikes.

ディスクレベルでのバーストDisk-level bursting

オンデマンド バースト (プレビュー)On-demand bursting (preview)

ディスク バーストのオンデマンド バースト モデルを使用しているディスクなら、プロビジョニングされた元のターゲットを超えてバーストできます。最大バースト ターゲットを上限に、ワークロードに応じた必要な回数だけ、バースト可能です。Disks using the on-demand bursting model of disk bursting can burst beyond original provisioned targets, as often as needed by their workload, up to the max burst target. たとえば、1-TiB P30 ディスクでは、プロビジョニングされる IOPS は 5,000 IOPS です。For example, on a 1-TiB P30 disk, the provisioned IOPS is 5000 IOPS. このディスクでディスク バーストが有効になっている場合、ワークロードで、最大バースト パフォーマンスである 30,000 IOPS および 1,000 Mbps まで、このディスクに IO を発行できます。When disk bursting is enabled on this disk, your workloads can issue IOs to this disk up to the max burst performance of 30,000 IOPS and 1,000 MBps.

ワークロードで、プロビジョニングされたパフォーマンス ターゲットを超えて頻繁にディスク バーストが実行されると予想される場合、ディスク バーストはコスト効果が高くありません。If you expect your workloads to frequently run beyond the provisioned perf target, disk bursting won't be cost-effective. この場合は、より良いベースライン パフォーマンスのために、ディスクのパフォーマンス レベルをより高いレベルに変更することをお勧めします。In this case, we recommend that you change your disk's performance tier to a higher tier instead, for better baseline performance. 課金の詳細を確認し、ワークロードのトラフィック パターンに照らして評価してください。Review your billing details and assess that against the traffic pattern of your workloads.

オンデマンドのバーストを有効にする前に、次の点を理解しておいてください。Before you enable on-demand bursting, understand the following:

  • 512 GiB 未満の Premium SSD でオンデマンド バーストを有効にすることはできません。On-demand bursting cannot be enabled on a premium SSD that has less than 512 GiB. 512 GiB 未満の Premium SSD では、常にクレジットベースのバーストが使用されます。Premium SSDs less than 512 GiB will always use credit-based bursting.
  • オンデマンド バーストは、Premium SSD でのみサポートされています。On-demand bursting is only supported on premium SSDs. オンデマンド バーストが有効になっている Premium SSD を別のディスクの種類に切り替えた場合、ディスク バーストは無効になります。If a premium SSD with on-demand bursting enabled is switched to another disk type, then disk bursting is disabled.
  • オンデマンド バーストは、パフォーマンス レベルが変更されたときに自動的には無効になりません。On-demand bursting doesn't automatically disable itself when the performance tier is changed. パフォーマンス レベルを変更するが、ディスク バーストを維持しない場合は、無効にする必要があります。If you want to change your performance tier but do not want to keep disk bursting, you must disable it.
  • オンデマンド バーストは、ディスクが VM から切断されている場合、または VM が停止されている場合にのみ有効にできます。On-demand bursting can only be enabled when the disk is detached from a VM or when the VM is stopped. オンデマンド バーストは、有効になってから 12 時間後に無効にすることができます。On-demand bursting can be disabled 12 hours after it has been enabled.

リージョン別の提供状況Regional availability

現時点では、ディスク バーストのオンデマンド モデルは、米国中西部でのみご利用いただけます。Currently, the on-demand model for disk bursting is only available in West Central US.

課金Billing

オンデマンド バースト モデルを使用しているディスクには、バーストの有効化の定額料金が時間単位で課され、プロビジョニングされたターゲットを超えるすべてのバースト トランザクションにトランザクション コストが適用されます。Disks using the on-demand bursting model are charged an hourly burst enablement flat fee and transaction costs apply to any burst transactions beyond the provisioned target. トランザクション コストは、キャッシュされないディスク IO に基づいて、従量課金制モデルを使用して課金されます。これには、プロビジョニングされたターゲットを超える読み取りと書き込みの両方が含まれます。Transaction costs are charged using the pay-as-you go model, based on uncached disk IOs, including both reads and writes that exceed provisioned targets. 以下は、請求時間中のディスク トラフィック パターンの例です。The following is an example of disk traffic patterns over a billing hour:

ディスク構成: Premium SSD - 1 TiB (P30)、ディスク バーストが有効。Disk configuration: Premium SSD – 1 TiB (P30), Disk bursting enabled.

  • 00:00:00 – 00:10:00 ディスク IOPS が、プロビジョニングされたターゲットである 5,000 IOPS を下回っています00:00:00 – 00:10:00 Disk IOPS below provisioned target of 5,000 IOPS
  • 00:10:01 – 00:10:10 アプリケーションからバッチ ジョブが発行されたため、ディスク IOPS が 10 秒間 6,000 IOPS にバーストしました00:10:01 – 00:10:10 Application issued a batch job causing the disk IOPS to burst at 6,000 IOPS for 10 seconds
  • 00:10:11 – 00:59:00 ディスク IOPS が、プロビジョニングされたターゲットである 5,000 IOPS を下回っています00:10:11 – 00:59:00 Disk IOPS below provisioned target of 5,000 IOPS
  • 00:59:01 – 01:00:00 アプリケーションからバッチ ジョブがもう 1 件発行されたため、ディスク IOPS が 60 秒間 7,000 IOPS にバーストしました00:59:01 – 01:00:00 Application issued another batch job causing the disk IOPS to burst at 7,000 IOPS for 60 seconds

この課金時間では、バーストのコストは次の 2 つの料金で構成されています。In this billing hour, the cost of bursting consists of two charges:

1 つ目の料金は、バーストの有効化の定額料金である $X です (お客様のリージョンによって決まります)。The first charge is the burst enablement flat fee of $X (determined by your region). この定額料金は、接続状態にかかわらず、無効になるまで常にディスクに対して課金されます。This flat fee is always charged on the disk disregard of the attach status until it is disabled.

2 つ目は、バースト トランザクションのコストです。Second is the burst transaction cost. ディスク バーストは、2 つの時間帯で発生しました。Disk bursting occurred in two time slots. 00:10:01 – 00:10:10 では、累積バースト トランザクションは (6,000 – 5,000) X 10 = 10,000 です。From 00:10:01 – 00:10:10, the accumulated burst transaction is (6,000 – 5,000) X 10 = 10,000. 00:59:01 – 01:00:00 では、累積バースト トランザクションは (7,000 – 5,000) X 60 = 120,000 です。From 00:59:01 – 01:00:00, the accumulated burst transaction is (7,000 – 5,000) X 60 = 120,000. バースト トランザクションの合計は、10,000 + 120,000 = 130,000 です。The total burst transactions are 10,000 + 120,000 = 130,000. バースト トランザクションのコストは、10,000 トランザクションの 13 ユニットに基づいて、(リージョン別の価格に基づいて) $Y として課金されます。Burst transaction cost will be charged at $Y based on 13 units of 10,000 transactions (based on regional pricing).

このようにして、この課金時間のディスク バーストに関する総コストは、$X + $Y になります。With that, the total cost on disk bursting of this billing hour equals to $X + $Y. 同じ計算が、Mbps 単位でプロビジョニングされたターゲットを超えるバーストにも適用されます。The same calculation would apply for bursting over provisioned target of MBps. 超過分の MB は、IO サイズが 256 KB のトランザクションに変換されます。We translate the overage of MB to transactions with IO size of 256KB. ディスク トラフィックが、プロビジョニングされた IOPS と Mbps の両方のターゲットを超える場合は、次の例を参考にバースト トランザクションを計算できます。If your disk traffic exceed both provisioned IOPS and MBps target, you can refer to the example below to calculate the burst transactions.

ディスク構成: Premium SSD - 1 TB (P30)、ディスク バーストが有効。Disk configuration: Premium SSD – 1 TB (P30), Disk bursting enabled.

  • 00:00:01 – 00:00:05 アプリケーションがバッチ ジョブを発行したため、ディスク IOPS が 5 秒間 10,000 IOPS および 300 Mbps にバーストしました。00:00:01 – 00:00:05 Application issued a batch job causing the disk IOPS to burst at 10,000 IOPS and 300 MBps for five seconds.
  • 00:00:06 – 00:00:10 アプリケーションが回復ジョブを発行したため、ディスク IOPS が 5 秒間 6,000 IOPS および 600 Mbps にバーストしました。00:00:06 – 00:00:10 Application issued a recovery job causing the disk IOPS to burst at 6,000 IOPS and 600 MBps for five seconds.

バースト トランザクションは、IOPS または Mbps のバーストによるトランザクションの最大数と見なされます。The burst transaction is accounted as the max number of transactions from either IOPS or MBps bursting. 00:00:01 – 00:00:05 では、累積バースト トランザクションは max ((10,000 – 5,000), (300 - 200) * 1024 / 256)) * 5 = 25,000 トランザクションです。From 00:00:01 – 00:00:05, the accumulated burst transaction is max ((10,000 – 5,000), (300 - 200) * 1024 / 256)) * 5 = 25,000 transactions. 00:00:06 – 00:00:10 では、累積バースト トランザクションは max ((6,000 – 5,000), (600 - 200) * 1024 / 256)) * 5 = 8,000 トランザクションです。From 00:00:06 – 00:00:10, the accumulated burst transaction is max ((6,000 – 5,000), (600 - 200) * 1024 / 256)) * 5 = 8,000 transactions. そのほかに、オンデマンド ベースのディスク バーストを有効にするための総コストを明らかにするために、バーストの有効化の定額料金を含めます。On top of that, you include the burst enablement flat fee to get the total cost for enabling on-demand based disk bursting.

価格の詳細については、Managed Disks の価格のページを参照してください。また、ワークロードの評価を行うために、Azure 料金計算ツールを使用できます。You can refer to the Managed Disks pricing page for details on pricing and use Azure Pricing Calculator to make the assessment for your workload.

クレジットベースのバーストCredit-based bursting

クレジットベースのバーストは、Azure パブリック クラウド、Azure Government クラウド、および Azure China クラウドのすべてのリージョンで、ディスク サイズ P20 以下で利用できます。Credit-based bursting is available for disk sizes P20 and smaller in all regions in Azure Public, Government, and China Clouds. 既定では、ディスク バーストは、サポートされているディスク サイズの新しいデプロイと既存のデプロイすべてで有効になっています。By default, disk bursting is enabled on all new and existing deployments of supported disk sizes. VM レベルのバーストでは、クレジットベースのバーストだけが使用されます。VM-level bursting only uses credit-based bursting.

仮想マシンレベルのバーストVirtual machine-level bursting

VM レベルのバーストでは、バーストのクレジットベース モデルのみが使用され、これをサポートするすべての VM で既定で有効になっています。VM-level bursting only uses the credit-based model for bursting, it is enabled by default for all VMs that support it.

サポートされている次のサイズでは、Azure パブリック クラウド内のすべてのリージョンで、VM レベルでのバーストが有効になっています。VM-level bursting is enabled in all regions in the Azure Public Cloud on these supported sizes:

バースティングのフローBursting flow

バーストのクレジット システムは、VM レベルとディスク レベルの両方で同様に適用されます。The bursting credit system applies in the same manner at both the VM level and disk level. リソース (VM またはディスク) は、それ自体のバースト バケット内にクレジットがフルにストックされた状態で開始されます。Your resource, either a VM or disk, will start with fully stocked credits in its own burst bucket. これらのクレジットを使用すると、最大バースト率で最長 30 分のバーストが可能です。These credits allow you to burst for up to 30 minutes at the maximum burst rate. リソースで使用されている IOPS または MB/秒がそのリソースのパフォーマンス ターゲットを下回っている場合は、常にクレジットが蓄積されます。You accumulate credits whenever the resource's IOPS or MB/s are being utilized below the resource's performance target. リソースでバースト クレジットが蓄積されている場合に、ワークロードで追加のパフォーマンスが必要になったら、リソースはそれらのクレジットを使用し、パフォーマンスの制限を超えて、ワークロードの需要を満たすためにパフォーマンスを高めることができます。If your resource has accrued bursting credits and your workload needs the extra performance, your resource can use those credits to go above its performance limits and increase its performance to meet the workload demands.

バースト バケットの図。

利用可能なクレジットの使い方は任意です。How you spend your available credits is up to you. 30 分のバースト クレジットを連続で使用することも、1 日を通して散発的に使用することもできます。You can use your 30 minutes of burst credits consecutively or sporadically throughout the day. リソースがデプロイされると、クレジットがフルに割り当てられます。When resources are deployed they come with a full allocation of credits. これらを使い切ると、補充には 1 日未満の時間がかかります。When those deplete, it takes less than a day to restock. クレジットは自由に使用できます。リソースをバーストするために、バースト バケットをフルにする必要はありません。Credits can be spent at your discretion, the burst bucket does not need to be full in order for resources to burst. バーストの蓄積はリソースごとに異なったものとなります。これは、パフォーマンス ターゲットを下回る未使用の IOPS と MB/秒に基づくためです。Burst accumulation varies depending on each resource, since it is based on unused IOPS and MB/s below their performance targets. ベースライン パフォーマンスが高いリソースの方が、ベースライン パフォーマンスが低いリソースよりも早くバースト クレジットを蓄積できます。Higher baseline performance resources can accrue their bursting credits faster than lower baseline performing resources. たとえば、アイドル状態の P1 ディスクでは、1 秒に 120 IOPS が蓄積されます。一方、アイドル状態の P20 ディスクでは、1 秒に 2,300 IOPS が蓄積されます。For example, a P1 disk idling will accrue 120 IOPS per second, whereas an idling P20 disk would accrue 2,300 IOPS per second.

バースティングの状態Bursting states

バースティングが有効になっているリソースには、3 つの状態があります。There are three states your resource can be in with bursting enabled:

  • 蓄積中 - リソースの IO トラフィックの使用量がパフォーマンス ターゲットを下回っています。Accruing – The resource’s IO traffic is using less than the performance target. IOPS と MB/秒のバースティング クレジットの累積は、別々に行われます。Accumulating bursting credits for IOPS and MB/s are done separate from one another. リソースでは、IOPS クレジットを蓄積しながら MB/秒クレジットを消費したり、またはその逆を行ったりできます。Your resource can be accruing IOPS credits and spending MB/s credits or vice versa.
  • バースティング中 - リソースのトラフィックの使用量がパフォーマンス ターゲットを上回っています。Bursting – The resource’s traffic is using more than the performance target. バースト トラフィックは、IOPS または帯域幅から別々にクレジットを消費します。The burst traffic will independently consume credits from IOPS or bandwidth.
  • 一定 - リソースのトラフィックがパフォーマンス ターゲットと正確に一致しています。Constant – The resource’s traffic is exactly at the performance target.

バーストの例Bursting examples

次の例では、さまざまな VM とディスクの組み合わせでバーストがどのように機能するかを示しています。The following examples show how bursting works with various VM and disk combinations. 例を理解しやすいように、MB/秒に焦点を当てていますが、同じロジックが IOPS に別途適用されます。To make the examples easy to follow, we will focus on MB/s, but the same logic is applied independently to IOPS.

バースト可能なディスクを備えたバースト不可能な仮想マシンNon-burstable virtual machine with burstable disks

VM とディスクの組み合わせ:VM and disk combination:

  • Standard_D8as_v4Standard_D8as_v4
    • キャッシュなしの MB/秒:192Uncached MB/s: 192
  • P4 OS ディスクP4 OS Disk
    • プロビジョニングされる MB/秒:25Provisioned MB/s: 25
    • 最大バースト MB/秒:170Max burst MB/s: 170
  • 2 つの P10 データ ディスク2 P10 Data Disks
    • プロビジョニングされる MB/秒:100Provisioned MB/s: 100
    • 最大バースト MB/秒:170Max burst MB/s: 170

VM が起動すると、OS ディスクからデータが取得されます。When the VM boots up it retrieves data from the OS disk. OS ディスクは起動されている VM の一部であるため、この OS ディスクのバースト クレジットはいっぱいになります。Since the OS disk is part of a VM that is booting, the OS disk will be full of bursting credits. これらのクレジットを使用して、170 MB/秒で OS ディスクの起動をバーストできます。These credits will allow the OS disk burst its startup at 170 MB/s second.

VM は 192 MB のスループットの要求を OS ディスクに送信し、OS ディスクは 170 MB/秒のデータで応答します。

起動が完了すると、VM 上でアプリケーションが実行され、重要度の低いワークロードが発生します。After the boot up is complete, an application is then run on the VM and has a non-critical workload. このワークロードでは、すべてのディスクに均等に分散される 15 MB/秒が必要です。This workload requires 15 MB/S that gets spread evenly across all the disks.

アプリケーションは 15 MB/秒のスループットの要求を VM に送信し、VM は要求を受け取り、各ディスクに 5 MB/秒の要求を送信します。各ディスクは 5 MB/秒を返し、VM は 15 MB/秒をアプリケーションに返します。

その後、アプリケーションは 192 MB/秒を必要とするバッチ ジョブを処理する必要があります。Then the application needs to process a batched job that requires 192 MB/s. 2 MB/秒が OS ディスクによって使用され、残りはデータ ディスク間で均等に分割されます。2 MB/s are used by the OS disk and the rest are evenly split between the data disks.

アプリケーションは 192 MB/秒のスループットの要求を VM に送信し、VM は要求を受け取り、要求を一括でデータ ディスクに送信し (それぞれ 95 MB/秒)、2 MB/秒を OS ディスクに送信します。データ ディスクは需要を満たすためにバーストし、すべてのディスクが要求されたスループットを VM に返し、そこからアプリケーションに返されます。

バースト不可能なディスクを備えたバースト可能な仮想マシンBurstable virtual machine with non-burstable disks

VM とディスクの組み合わせ:VM and disk combination:

  • Standard_L8s_v2Standard_L8s_v2
    • キャッシュなしの MB/秒:160Uncached MB/s: 160
    • 最大バースト MB/秒:1,280Max burst MB/s: 1,280
  • P50 OS ディスクP50 OS Disk
    • プロビジョニングされる MB/秒:250Provisioned MB/s: 250
  • 2 つの P10 データ ディスク2 P10 Data Disks
    • プロビジョニングされる MB/秒:250Provisioned MB/s: 250

最初の起動の後、VM 上でアプリケーションが実行され、重要度の低いワークロードが発生します。After the initial boot up, an application is run on the VM and has a non-critical workload. このワークロードでは、すべてのディスクに均等に分散される 30 MB/秒が必要です。This workload requires 30 MB/s that gets spread evenly across all the disks. アプリケーションは 30 MB/秒のスループットの要求を VM に送信し、VM は要求を受け取り、各ディスクに 10 MB/秒の要求を送信します。各ディスクは 10 MB/秒を返し、VM は 30 MB/秒をアプリケーションに返します。Application sends request for 30 MB/s of throughput to VM, VM takes request and sends each of its disks a request for 10 MB/s, each disk returns 10 MB/s, VM returns 30 MB/s to application.

その後、アプリケーションは 600 MB/秒を必要とするバッチ ジョブを処理する必要があります。Then the application needs to process a batched job that requires 600 MB/s. この需要を満たすために Standard_L8s_v2 によってバーストが行われ、そのディスクへの要求が P50 ディスクに均等に分散されます。The Standard_L8s_v2 bursts to meet this demand and then requests to the disks get evenly spread out to P50 disks.

アプリケーションは 600 MB/秒のスループットの要求を VM に送信し、VM はバーストを受けて要求を受け取り、各ディスクに 200 MB/秒の要求を送信します。各ディスクは 200 MB/秒を返し、VM はバーストを実行して 600 MB/秒をアプリケーションに返します。

バースト可能なディスクを備えたバースト可能な仮想マシンBurstable virtual machine with burstable disks

VM とディスクの組み合わせ:VM and disk combination:

  • Standard_L8s_v2Standard_L8s_v2
    • キャッシュなしの MB/秒:160Uncached MB/s: 160
    • 最大バースト MB/秒:1,280Max burst MB/s: 1,280
  • P4 OS ディスクP4 OS Disk
    • プロビジョニングされる MB/秒:25Provisioned MB/s: 25
    • 最大バースト MB/秒:170Max burst MB/s: 170
  • 2 つの P4 データ ディスク2 P4 Data Disks
    • プロビジョニングされる MB/秒:25Provisioned MB/s: 25
    • 最大バースト MB/秒:170Max burst MB/s: 170

VM が起動すると、バーストが実行されて OS ディスクに対して 1,280 MB/秒のバースト制限が要求され、OS ディスクは 170 MB/秒のバースト パフォーマンスで応答します。When the VM starts, it will burst to request its burst limit of 1,280 MB/s from the OS disk and the OS disk will respond with its burst performance of 170 MB/s.

VM は起動時にバーストを実行して 1280 MB/秒の要求を OS ディスクに送信し、OS ディスクはバーストを実行して 1280 MB/秒を返します。

起動後に、重要度の低いワークロードを持つアプリケーションを起動してください。After startup, you start an application that has a non-critical workload. このアプリケーションでは、すべてのディスクに均等に分散される 15 MB/秒が必要です。This application requires 15 MB/s that gets spread evenly across all the disks.

アプリケーションは 15 MB/s のスループットの要求を VM に送信し、VM は要求を受け取り、各ディスクに 5 MB/s の要求を送信します。各ディスクは 5 MB/s の応答を返し、VM は 15 MB/s をアプリケーションに返します。

その後、アプリケーションは 360 MB/秒を必要とするバッチ ジョブを処理する必要があります。Then the application needs to process a batched job that requires 360 MB/s. この需要を満たすために Standard_L8s_v2 によってバーストが行われて、要求が行われます。The Standard_L8s_v2 bursts to meet this demand and then requests. OS ディスクに必要とされるのは 20 MB/秒のみです。Only 20 MB/s are needed by the OS disk. 残りの 340 MB/秒は、バーストする P4 データ ディスクによって処理されます。The remaining 340 MB/s are handled by the bursting P4 data disks.

アプリケーションは 360 MB/秒のスループットの要求を VM に送信し、VM はバーストを受けて要求を取得し、各データ ディスクに 170 MB/秒と 20 MB/秒の要求を OS ディスクから送信します。各ディスクは、要求された MB/秒を返し、VM はバーストを実行して 360 MB/秒をアプリケーションに返します。

次のステップNext steps

オンデマンド バーストを有効にするには、「オンデマンド バーストを有効にする」をご覧ください。To enable on-demand bursting, see Enable on-demand bursting. バースト リソースに関する分析情報を得る方法については、ディスク バーストのメトリックに関する記事をご覧ください。To learn how to gain insight into your bursting resources, see Disk bursting metrics.