Azure Resource Manager テンプレートを使用して Linux 仮想マシンを作成する方法

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ フレキシブルなスケール セット

Azure Resource Manager テンプレートと、Azure Cloud シェルの Azure CLI を使用して、Linux 仮想マシン (VM) を作成する方法を説明します。 Windows 仮想マシンを作成するには、「Resource Manager テンプレートから Windows 仮想マシンを作成する」を参照してください。

別の方法としては、Azure portal からテンプレートをデプロイする方法があります。 ポータルでテンプレートを開くには、 [Azure に配置する] ボタンを選択します。

Deploy to Azure

テンプレートの概要

Azure Resource Manager テンプレートとは、Azure ソリューションのインフラストラクチャと構成を定義する JSON ファイルです。 テンプレートを使えば、ソリューションをそのライフサイクル全体で繰り返しデプロイできます。また、常にリソースが一貫した状態でデプロイされます。 テンプレートの形式とその構築方法の詳細については、「クイック スタート:Azure portal を使用した Azure Resource Manager テンプレートの作成とデプロイ」を参照してください。 リソースの種類に関して JSON 構文を確認するには、「Define resources in Azure Resource Manager templates (Azure Resource Manager テンプレートのリソースの定義)」を参照してください。

仮想マシンの作成

通常、Azure 仮想マシンの作成には、次の 2 つの手順が含まれます。

  1. リソース グループを作成します。 Azure リソース グループとは、Azure リソースのデプロイと管理に使用する論理コンテナーです。 仮想マシンの前にリソース グループを作成する必要があります。
  2. 仮想マシンを作成します。

次の例では、Azure クイック スタート テンプレートから VM を作成します。 このテンプレートによって、Azure 第 2 世代 VM が既定で作成されます。 Azure の第 2 世代 VM の詳細については、「Azure での第 2 世代 VM のサポート」を参照してください。 このデプロイでは、SSH 認証のみが許可されます。 値を求められたら、自らの SSH 公開キーの値 (~/.ssh/id_rsa.pub の内容など) を指定します。 SSH キー ペアを短時間で作成する必要がある場合は、Azure に Linux VM 用の SSH キー ペアを作成して使用する方法に関する記事をご覧ください。 テンプレートのコピーを次に示します。

{
  "$schema": "https://schema.management.azure.com/schemas/2019-04-01/deploymentTemplate.json#",
  "contentVersion": "1.0.0.0",
  "parameters": {
    "projectName": {
      "type": "string",
      "metadata": {
        "description": "Specifies a name for generating resource names."
      }
    },
    "location": {
      "type": "string",
      "defaultValue": "[resourceGroup().location]",
      "metadata": {
        "description": "Specifies the location for all resources."
      }
    },
    "adminUsername": {
      "type": "string",
      "metadata": {
        "description": "Specifies a username for the Virtual Machine."
      }
    },
    "adminPublicKey": {
      "type": "string",
      "metadata": {
        "description": "Specifies the SSH rsa public key file as a string. Use \"ssh-keygen -t rsa -b 2048\" to generate your SSH key pairs."
      }
    },
    "vmSize": {
      "type": "string",
      "defaultValue": "Standard_D2s_v3",
      "metadata": {
        "description": "description"
      }
    }
  },
  "variables": {
    "vNetName": "[concat(parameters('projectName'), '-vnet')]",
    "vNetAddressPrefixes": "10.0.0.0/16",
    "vNetSubnetName": "default",
    "vNetSubnetAddressPrefix": "10.0.0.0/24",
    "vmName": "[concat(parameters('projectName'), '-vm')]",
    "publicIPAddressName": "[concat(parameters('projectName'), '-ip')]",
    "networkInterfaceName": "[concat(parameters('projectName'), '-nic')]",
    "networkSecurityGroupName": "[concat(parameters('projectName'), '-nsg')]",
    "networkSecurityGroupName2": "[concat(variables('vNetSubnetName'), '-nsg')]"
  },
  "resources": [
    {
      "type": "Microsoft.Network/networkSecurityGroups",
      "apiVersion": "2020-05-01",
      "name": "[variables('networkSecurityGroupName')]",
      "location": "[parameters('location')]",
      "properties": {
        "securityRules": [
          {
            "name": "ssh_rule",
            "properties": {
              "description": "Locks inbound down to ssh default port 22.",
              "protocol": "Tcp",
              "sourcePortRange": "*",
              "destinationPortRange": "22",
              "sourceAddressPrefix": "*",
              "destinationAddressPrefix": "*",
              "access": "Allow",
              "priority": 123,
              "direction": "Inbound"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "type": "Microsoft.Network/publicIPAddresses",
      "apiVersion": "2020-05-01",
      "name": "[variables('publicIPAddressName')]",
      "location": "[parameters('location')]",
      "properties": {
        "publicIPAllocationMethod": "Dynamic"
      },
      "sku": {
        "name": "Basic"
      }
    },
    {
      "comments": "Simple Network Security Group for subnet [variables('vNetSubnetName')]",
      "type": "Microsoft.Network/networkSecurityGroups",
      "apiVersion": "2020-05-01",
      "name": "[variables('networkSecurityGroupName2')]",
      "location": "[parameters('location')]",
      "properties": {
        "securityRules": [
          {
            "name": "default-allow-22",
            "properties": {
              "priority": 1000,
              "access": "Allow",
              "direction": "Inbound",
              "destinationPortRange": "22",
              "protocol": "Tcp",
              "sourceAddressPrefix": "*",
              "sourcePortRange": "*",
              "destinationAddressPrefix": "*"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "type": "Microsoft.Network/virtualNetworks",
      "apiVersion": "2020-05-01",
      "name": "[variables('vNetName')]",
      "location": "[parameters('location')]",
      "dependsOn": [
        "[resourceId('Microsoft.Network/networkSecurityGroups', variables('networkSecurityGroupName2'))]"
      ],
      "properties": {
        "addressSpace": {
          "addressPrefixes": [
            "[variables('vNetAddressPrefixes')]"
          ]
        },
        "subnets": [
          {
            "name": "[variables('vNetSubnetName')]",
            "properties": {
              "addressPrefix": "[variables('vNetSubnetAddressPrefix')]",
              "networkSecurityGroup": {
                "id": "[resourceId('Microsoft.Network/networkSecurityGroups', variables('networkSecurityGroupName2'))]"
              }
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "type": "Microsoft.Network/networkInterfaces",
      "apiVersion": "2020-05-01",
      "name": "[variables('networkInterfaceName')]",
      "location": "[parameters('location')]",
      "dependsOn": [
        "[resourceId('Microsoft.Network/publicIPAddresses', variables('publicIPAddressName'))]",
        "[resourceId('Microsoft.Network/virtualNetworks', variables('vNetName'))]",
        "[resourceId('Microsoft.Network/networkSecurityGroups', variables('networkSecurityGroupName'))]"
      ],
      "properties": {
        "ipConfigurations": [
          {
            "name": "ipconfig1",
            "properties": {
              "privateIPAllocationMethod": "Dynamic",
              "publicIPAddress": {
                "id": "[resourceId('Microsoft.Network/publicIPAddresses', variables('publicIPAddressName'))]"
              },
              "subnet": {
                "id": "[resourceId('Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets', variables('vNetName'), variables('vNetSubnetName'))]"
              }
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "type": "Microsoft.Compute/virtualMachines",
      "apiVersion": "2021-11-01",
      "name": "[variables('vmName')]",
      "location": "[parameters('location')]",
      "dependsOn": [
        "[resourceId('Microsoft.Network/networkInterfaces', variables('networkInterfaceName'))]"
      ],
      "properties": {
        "hardwareProfile": {
          "vmSize": "[parameters('vmSize')]"
        },
        "osProfile": {
          "computerName": "[variables('vmName')]",
          "adminUsername": "[parameters('adminUsername')]",
          "linuxConfiguration": {
            "disablePasswordAuthentication": true,
            "ssh": {
              "publicKeys": [
                {
                  "path": "[concat('/home/', parameters('adminUsername'), '/.ssh/authorized_keys')]",
                  "keyData": "[parameters('adminPublicKey')]"
                }
              ]
            }
          }
        },
        "storageProfile": {
          "imageReference": {
            "publisher": "Canonical",
            "offer": "UbuntuServer",
            "sku": "18_04-lts-gen2",
            "version": "latest"
          },
          "osDisk": {
            "createOption": "fromImage"
          }
        },
        "networkProfile": {
          "networkInterfaces": [
            {
              "id": "[resourceId('Microsoft.Network/networkInterfaces', variables('networkInterfaceName'))]"
            }
          ]
        }
      }
    }
  ]
}

CLI スクリプトを実行するには、[使ってみる] を選択して Azure Cloud Shell を開きます。 スクリプトを貼り付けるには、シェルを右クリックし、 [貼り付け] を選択します。

echo "Enter the Resource Group name:" &&
read resourceGroupName &&
echo "Enter the location (i.e. centralus):" &&
read location &&
echo "Enter the project name (used for generating resource names):" &&
read projectName &&
echo "Enter the administrator username:" &&
read username &&
echo "Enter the SSH public key:" &&
read key &&
az group create --name $resourceGroupName --location "$location" &&
az deployment group create --resource-group $resourceGroupName --template-uri https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/quickstarts/microsoft.compute/vm-sshkey/azuredeploy.json --parameters projectName=$projectName adminUsername=$username adminPublicKey="$key" &&
az vm show --resource-group $resourceGroupName --name "$projectName-vm" --show-details --query publicIps --output tsv

最後の Azure CLI コマンドは、新しく作成された VM のパブリック IP アドレスを示しています。 仮想マシンに接続するには、このパブリック IP アドレスが必要です。 この記事の次のセクションを参照してください。

前の例では、GitHub に格納されているテンプレートが指定されています。 テンプレートをダウンロードまたは作成し、--template-file パラメーターを使用してローカル パスを指定することもできます。

次にその他のリソースを示します。

仮想マシンへの接続

通常どおりに、ご使用の VM に SSH 接続できます。 上記のコマンドで取得した独自のパブリック IP アドレスを指定します。

ssh <adminUsername>@<ipAddress>

次のステップ

この例では、基本的な Linux VM を作成しました。 アプリケーション フレームワークを含むその他の Resource Manager テンプレートについて、またはさらに複雑な環境の作成方法については、「Azure クイック スタート テンプレート」をご覧ください。

テンプレートの作成に関する詳細については、JSON 構文とデプロイしたリソースの種類のプロパティを参照してください。