Azure portal を使用して Azure Resource Manager リソース グループを管理する

Azure portalAzure Resource Manager を使用して Azure リソース グループを管理する方法について説明します。 Azure リソースの管理については、「Manage Azure resources by using Azure portal」(Azure portal を使用して Azure リソースを管理する) を参照してください。

リソース グループの管理に関するその他の記事は次のとおりです。

注意

この記事は、デバイスまたはサービスから個人データを削除する手順について説明しており、GDPR の下で義務を果たすために使用できます。 GDPR に関する一般情報については、Microsoft Trust Center の GDPR に関するセクションおよび Service Trust Portal の GDPR に関するセクションをご覧ください。

リソース グループとは

リソース グループは、Azure ソリューションの関連するリソースを保持するコンテナーです。 リソース グループには、ソリューションのすべてのリソースか、グループとして管理したいリソースのみを含めることができます。 組織のニーズに合わせてリソースをリソース グループに割り当てる方法を指定してください。 通常は、同じライフサイクルを共有するリソースを同じリソース グループに追加して、グループとして簡単にデプロイ、更新、および削除できるようにします。

リソース グループには、リソースについてのメタデータが格納されます。 そのため、リソース グループの場所を指定するとき、このメタデータが格納される場所を指定することになります。 コンプライアンス上の理由から、データは特定のリージョンに格納されるようにする必要があります。

リソース グループを作成する

  1. Azure portal にサインインします。

  2. [リソース グループ] を選択します

    add resource group

  3. [追加] を選択します。

  4. 次の値を入力します。

    • サブスクリプション:Azure サブスクリプションを選択します。

    • [リソース グループ] :新しいリソース グループの名前を入力します。

    • [リージョン] : [米国中部] など、Azure の場所を選択します。

      リソース グループの作成

  5. [確認と作成] を選択します

  6. [作成] を選択します リソース グループの作成には数秒かかります。

  7. 上部のメニューにある [最新の情報に更新] を選択してリソース グループの一覧を最新の状態に更新し、新しく作成されたリソース グループを選択してこれを開きます。 または、上部にある [通知] (ベルのアイコン) をクリックしてから、 [リソース グループに移動] を選択して、新しく作成されたリソース グループを開きます

    リソース グループに移動

リソース グループの一覧を表示する

  1. Azure portal にサインインします。

  2. リソース グループを表示するには、 [リソース グループ] を選択します

    リソース グループの参照

  3. リソース グループについて表示される情報をカスタマイズするには、 [列の編集] を選択します。 次のスクリーンショットは、表示に追加できる追加列を示しています。

リソース グループを開く

  1. Azure portal にサインインします。
  2. [リソース グループ] を選択します。
  3. 開くリソース グループを選択します。

リソース グループを削除する

  1. 削除するリソース グループを開きます。 「リソース グループを開く」を参照してください。

  2. [リソース グループの削除] を選択します。

    Azure リソース グループを削除する

Azure Resource Manager によってリソースの削除の順序が決定される方法の詳細については、「Azure Resource Manager によるリソース グループの削除」を参照してください。

リソースをリソース グループにデプロイする

Resource Manager テンプレートを作成した後に、Azure portal を使用して Azure リソースをデプロイできます。 テンプレートの作成については、「クイック スタート:Azure portal を使用した Azure Resource Manager テンプレートの作成とデプロイ」を参照してください。 テンプレートのデプロイについては、「Resource Manager テンプレートと Azure portal を使用したリソースのデプロイ」を参照してください。

別のリソース グループまたはサブスクリプションに移動する

グループ内のリソースを別のリソース グループに移動できます。 詳細については、「 新しいリソース グループまたはサブスクリプションへのリソースの移動」を参照してください。

リソース グループをロックする

ロックすることで、組織内の他のユーザーが重要なリソース (Azure サブスクリプション、リソース グループ、リソースなど) を誤って削除または変更することを防ぎます。

  1. ロックするリソース グループを開きます。 「リソース グループを開く」を参照してください。

  2. 左側のウィンドウで、 [ロック] を選択します。

  3. ロックをリソース グループに追加するには、 [追加] を選択します。

  4. [ロック名][ロックの種類][メモ] を入力します。 ロックの種類には、 [読み取り専用] および [削除] が含まれます。

    Azure リソース グループをロックする

詳細については、「リソースのロックによる予期せぬ変更の防止」を参照してください。

リソース グループにタグを適用する

リソース グループやリソースにタグを適用して、アセットを論理的に整理できます。 詳細については、タグを使用した Azure リソースの整理 に関する記事をご覧ください。

リソース グループをテンプレートにエクスポートする

テンプレートをエクスポートする方法の詳細については、テンプレートへの単一および複数のリソースのエクスポート - ポータルに関するページを参照してください。

リソース グループへのアクセスを管理する

Azure ロールベースのアクセス制御 (Azure RBAC) は、Azure のリソースへのアクセスを管理する方法です。 詳細については、Azure portal を使用して Azure ロールを割り当てる方法に関するページを参照してください。

次のステップ