Azure と LinuxAzure and Linux

Microsoft Azure は、分析、仮想マシン、データベース、モバイル、ネットワーク、ストレージ、Web など、多様なパブリック クラウド サービスを一元化した集合体として成長し続け、さまざまなソリューションのホストとして理想的な形態となっています。Microsoft Azure is a growing collection of integrated public cloud services including analytics, virtual machines, databases, mobile, networking, storage, and web—ideal for hosting your solutions. Microsoft Azure のスケーラブルなコンピューティング プラットフォームによって、必要なときに使用した分だけを支払う料金体系が実現され、オンプレミスのハードウェアに投資する必要がありません。Microsoft Azure provides a scalable computing platform that allows you to only pay for what you use, when you want it - without having to invest in on-premises hardware. 貴社の顧客のニーズに応えるうえで必要なレベルにまでソリューションをいつでもスケールアップまたはスケールアウトできる柔軟性が Azure にはあります。Azure is ready when you are to scale your solutions up and out to whatever scale you require to service the needs of your clients.

Amazon の AWS のさまざまな機能を使い慣れている場合は、Azure と AWS の 定義マッピング ドキュメントを調べることができます。If you are familiar with the various features of Amazon's AWS, you can examine the Azure vs AWS definition mapping document.

リージョンRegions

Microsoft Azure のリソースは、世界各国複数の地理的リージョンに分散されます。Microsoft Azure resources are distributed across multiple geographical regions around the world. "リージョン" とは、1 つの地域に存在する複数のデータ センターを表します。A "region" represents multiple data centers in a single geographical area. 現時点 (2018 年 8 月現在) で、Azure には一般公開されているリージョンが世界各地に 42 個あり、さらに 12 リージョンの追加が発表されています。これは他のクラウド プロバイダーよりも多いグローバル リージョン数です。Azure currently (as of August 2018) has 42 regions generally available around the world with an additional 12 regions announced - more global regions than any other cloud provider. 既存のリージョンと新しく発表されたリージョンの最新の一覧は次のページで確認できます。An updated list of existing and newly announced regions can be found in the following page:

可用性Availability

Azure は、単一インスタンス仮想マシン向けに、業界をリードする 99.9% というサービス レベル アグリーメントを発表しました。ただし、すべてのディスクに Premium Storage を使用した VM をデプロイすることが条件となります。Azure announced an industry leading single instance virtual machine Service Level Agreement of 99.9% provided you deploy the VM with premium storage for all disks. デプロイが、VM に適用される 99.95% という標準のサービス レベル アグリーメントの要件を満たすためには、可用性セット内でワークロードを実行する複数の VM をデプロイする必要があります。In order for your deployment to qualify for the standard 99.95% VM Service Level Agreement, you still need to deploy two or more VMs running your workload inside of an availability set. 可用性セットにより、Azure データ センターにある複数の障害ドメインに VM を分散すると共に、メンテナンス期間の異なるホストにデプロイすることができます。An availability set ensures that your VMs are distributed across multiple fault domains in the Azure data centers as well as deployed onto hosts with different maintenance windows. 完全な Azure SLA では、全体としての Azure の可用性の確保について説明します。The full Azure SLA explains the guaranteed availability of Azure as a whole.

Managed DisksManaged Disks

Managed Disks により、Azure Storage アカウントの作成および管理はバックグラウンドで処理されるため、ストレージ アカウントのスケーラビリティの制限について心配する必要がありません。Managed Disks handles Azure Storage account creation and management in the background for you, and ensures that you do not have to worry about the scalability limits of the storage account. ディスク サイズとパフォーマンス レベル (Standard または Premium) を指定すると、Azure によってディスクが作成および管理されます。You specify the disk size and the performance tier (Standard or Premium), and Azure creates and manages the disk. ディスクの追加や VM のスケールアップとスケールダウンを行うときに、使用されているストレージについて心配する必要はありません。As you add disks or scale the VM up and down, you don't have to worry about the storage being used. 新しい VM を作成する場合は、Azure CLI または Azure portal を使用して、管理 OS とデータ ディスクで VM を作成します。If you're creating new VMs, use the Azure CLI or the Azure portal to create VMs with Managed OS and data disks. VM に非管理対象ディスクがある場合は、VM を変換して Managed Disks でバックアップできます。If you have VMs with unmanaged disks, you can convert your VMs to be backed with Managed Disks.

また、Azure リージョンごとに 1 つのストレージ アカウントでカスタム イメージを管理することができます。このカスタム イメージを使用すると、同じサブスクリプション内で何百もの VM を作成することができます。You can also manage your custom images in one storage account per Azure region, and use them to create hundreds of VMs in the same subscription. Managed Disks の詳細については、Managed Disks の概要に関するページをご覧ください。For more information about Managed Disks, see the Managed Disks Overview.

Azure Virtual Machines とインスタンスAzure Virtual Machines & Instances

Microsoft Azure は、現在普及しているさまざまな Linux ディストリビューションに対応します。Microsoft の多数のパートナーが、それらのディストリビューションを提供、管理しています。Microsoft Azure supports running a number of popular Linux distributions provided and maintained by a number of partners. Azure Marketplace には、Red Hat Enterprise、CentOS、SUSE Linux Enterprise、Debian、Ubuntu、CoreOS、RancherOS、FreeBSD などのディストリビューションがあります。You can find distributions such as Red Hat Enterprise, CentOS, SUSE Linux Enterprise, Debian, Ubuntu, CoreOS, RancherOS, FreeBSD, and more in the Azure Marketplace. Microsoft はさまざまな Linux コミュニティと積極的に連携し、Azure 動作保証済み Linux ディストリビューション リストを拡充しています。Microsoft actively works with various Linux communities to add even more flavors to the Azure endorsed Linux Distros list.

必要な Linux ディストリビューションが現時点でギャラリーに存在しない場合は、Azure で Linux VHD を作成およびアップロードすることで、必要とする Linux の VM を導入できます。If your preferred Linux distro of choice is not currently present in the gallery, you can "Bring your own Linux" VM by creating and uploading a Linux VHD in Azure.

Azure Virtual Machines を使用すると、さまざまなコンピューティング ソリューションを俊敏にデプロイできます。Azure virtual machines allow you to deploy a wide range of computing solutions in an agile way. 事実上、すべてのワークロードをすべての言語でほぼすべてのオペレーティング システム上 (Windows、Linux、または増え続けるパートナー各社でカスタム作成されたもの) にデプロイできます。You can deploy virtually any workload and any language on nearly any operating system - Windows, Linux, or a custom created one from any one of the growing list of partners. たとえ目的に合った仮想マシンが見つからなくても、 ご安心ください。Still don't see what you are looking for? オンプレミスからカスタム イメージを取り込むことができます。Don't worry - you can also bring your own images from on-premises.

VM サイズVM Sizes

使用する VM のサイズは、実行するワークロードによって決まります。The size of the VM that you use is determined by the workload that you want to run. さらに、選択したサイズによって、処理能力、メモリ、ストレージの容量などの要素が決まります。The size that you choose then determines factors such as processing power, memory, and storage capacity. Azure では、さまざまな種類の使用をサポートするために、さまざまなサイズを用意しています。Azure offers a wide variety of sizes to support many types of uses.

Azure では、VM のサイズおよびオペレーティング システムに基づいて時間単位の料金が請求されます。Azure charges an hourly price based on the VM’s size and operating system. 時間単位を満たさない場合は、分単位でのみ請求されます。For partial hours, Azure charges only for the minutes used. ストレージは別料金で、別個に請求されます。Storage is priced and charged separately.

AutomationAutomation

適切な DevOps カルチャを実現するには、すべてのインフラストラクチャがコードである必要があります。To achieve a proper DevOps culture, all infrastructure must be code. すべてのインフラストラクチャがコードである場合、簡単に再作成できます (Phoenix サーバー)。When all the infrastructure lives in code it can easily be recreated (Phoenix Servers). Azure は、Ansible、Chef、SaltStack、Puppet などのすべての主要なオートメーション ツールと連携します。Azure works with all the major automation tooling like Ansible, Chef, SaltStack, and Puppet. Azure には、自動化のための独自のツールもあります。Azure also has its own tooling for automation:

Azure は Linux ディストリビューションの多くで、 cloud-init のサポートを展開しています。Azure is rolling out support for cloud-init across most Linux Distros that support it. 現在、既定で有効になっている cloud-init で、Canonical の Ubuntu VM がデプロイされています。Currently Canonical's Ubuntu VMs are deployed with cloud-init enabled by default. RedHat の RHEL、CentOS、Fedora は cloud-init をサポートしますが、現在、RedHat で保持される Azure のイメージに cloud-init はインストールされていません。Red Hat's RHEL, CentOS, and Fedora support cloud-init, however the Azure images maintained by Red Hat do not currently have cloud-init installed. RedHat family OS で cloud-init を使用するには、インストールされている cloud-init でカスタム イメージを作成する必要があります。To use cloud-init on a Red Hat family OS, you must create a custom image with cloud-init installed.

Quotas (クォータ)Quotas

Azure サブスクリプションにはそれぞれ既定のクォータ制限が設けられており、プロジェクトで多数の VM をデプロイする場合に、その点が影響する可能性があります。Each Azure Subscription has default quota limits in place that could impact the deployment of a large number of VMs for your project. 現在は、リージョンあたり 20 VM の制限がサブスクリプションごとに設けられています。The current limit on a per subscription basis is 20 VMs per region. クォータ制限は、制限の引き上げを要求するサポート チケットを申請することで、迅速かつ簡単に引き上げることができます。Quota limits can be raised quickly and easily by filing a support ticket requesting a limit increase. クォータ制限の詳細については、次を参照してください。For more details on quota limits:

パートナーPartners

Microsoft はパートナーと連携し、利用可能なイメージが Azure ランタイム用に更新、最適化されたことを確認します。Microsoft works closely with partners to ensure the images available are updated and optimized for an Azure runtime. Azure パートナーの詳細については、次のリンクを参照してください。For more information on Azure partners, see the following links:

Microsoft Azure における Linux の概要Getting started with Linux on Azure

Azure の使用を開始するには、Azure アカウント、Azure CLI のインストール、および SSH 公開キーと秘密キーのペアが必要です。To begin using Azure, you need an Azure account, the Azure CLI installed, and a pair of SSH public and private keys.

アカウントにサインアップするSign up for an account

Azure クラウドを使用する最初の手順は、Azure アカウントにサインアップすることです。The first step in using the Azure Cloud is to sign up for an Azure account. 開始するには、 Azure アカウントのサインアップ ページに移動します。Go to the Azure Account Signup page to get started.

CLI をインストールするInstall the CLI

新しい Azure アカウントを使用すると、Web ベースの管理パネルである Azure Portal の使用を直ちに開始することができます。With your new Azure account, you can get started immediately using the Azure portal, which is a web-based admin panel. コマンド ラインから Azure クラウドを管理するには、azure-cli をインストールします。To manage the Azure Cloud via the command line, you install the azure-cli. Mac または Linux ワークステーションに Azure CLI をインストールします。Install the Azure CLI on your Mac or Linux workstation.

SSH キー ペアの作成Create an SSH key pair

これで Azure アカウント、Azure Web Portal、Azure CLI の準備ができました。Now you have an Azure account, the Azure web portal, and the Azure CLI. 次の手順では、パスワードを使用せずに Linux で SSH を使用するための SSH キー ペアを作成します。The next step is to create an SSH key pair that is used to SSH into Linux without using a password. Linux および Mac で SSH キーを作成 し、パスワードのないログインとセキュリティの強化を実現します。Create SSH keys on Linux and Mac to enable password-less logins and better security.

CLI を使用して VM を作成するCreate a VM using the CLI

CLI を使用して Linux VM を作成すると、作業中のターミナルを離れることなく、すばやく VM をデプロイできます。Creating a Linux VM using the CLI is a quick way to deploy a VM without leaving the terminal you are working in. Web Portal で指定できるものは、コマンド ライン フラグまたはスイッチからも使用できます。Everything you can specify on the web portal is available via a command-line flag or switch.

ポータルで VM を作成するCreate a VM in the portal

Azure Web ポータルで Linux VM を作成すると、デプロイのためのさまざまなオプションから簡単にポイントおよびクリックすることができます。Creating a Linux VM in the Azure web portal is a way to easily point and click through the various options to get to a deployment. コマンド ライン フラグまたはスイッチを使用する代わりに、さまざまなオプションと設定の Web レイアウトを表示できます。Instead of using command-line flags or switches, you are able to view a nice web layout of various options and settings. コマンド ライン インターフェイスから使用できるものは、ポータルでも使用可能です。Everything available via the command-line interface is also available in the portal.

パスワードを使わずに SSH を使用してログインするLog in using SSH without a password

これで VM が Azure 上で実行され、ログインする準備ができました。The VM is now running on Azure and you are ready to log in. パスワードを使用して SSH からログインする方法は、安全ではなく、時間がかかります。Using passwords to log in via SSH is insecure and time consuming. ログインの手段として最も安全性が高く、かつすばやい方法は、SSH キーを使用することです。Using SSH keys is the most secure way and also the quickest way to log in. ポータルまたは CLI から Linux VM を作成する場合、認証の選択肢が 2 つあります。When you create you Linux VM via the portal or the CLI, you have two authentication choices. SSH のパスワードを選択した場合、Azure はパスワードによるログインを許可するように VM を構成します。If you choose a password for SSH, Azure configures the VM to allow logins via passwords. SSH 公開キーを選択した場合、Azure は SSH キーを使用したログインのみを許可するように VM を構成し、パスワードのログインは無効になります。If you chose to use an SSH public key, Azure configures the VM to only allow logins via SSH keys and disables password logins. SSH キーのログインのみを許可することにより Linux VM をセキュリティで保護するには、Portal または CLI で VM を作成するときに SSH 公開キーのオプションを使用します。To secure your Linux VM by only allowing SSH key logins, use the SSH public key option during the VM creation in the portal or CLI.

StorageStorage

ネットワークNetworking

ContainersContainers

次の手順Next steps

これで、Azure での Linux の概要の説明が終わりました。You now have an overview of Linux on Azure. 次の手順では、VM の作成について詳しく説明します。The next step is to dive in and create a few VMs!