Azure で利用できるディスクの種類What disk types are available in Azure?

現在、Azure マネージド ディスクには 4 種類のディスクがあり、それぞれの種類は特定の顧客シナリオを対象としています。Azure managed disks currently offers four disk types, each type is aimed towards specific customer scenarios.

ディスクの比較Disk comparison

次の表では、使用するものを決定するときの参考に、マネージド ディスクの Ultra Disk、Premium ソリッド ステート ドライブ (SSD)、Standard SSD、Standard HDD (ハード ディスク ドライブ) を比較します。The following table provides a comparison of ultra disks, premium solid-state drives (SSD), standard SSD, and standard hard disk drives (HDD) for managed disks to help you decide what to use.

Ultra DiskUltra disk Premium SSDPremium SSD Standard SSDStandard SSD Standard HDDStandard HDD
ディスクの種類Disk type SSDSSD SSDSSD SSDSSD HDDHDD
シナリオScenario SAP HANA やトップ レベルのデータベース (たとえば SQL や Oracle) などの I/O 集約型のワークロードと、その他のトランザクションが多いワークロード。IO-intensive workloads such as SAP HANA, top tier databases (for example, SQL, Oracle), and other transaction-heavy workloads. 運用環境のワークロードやパフォーマンスに影響されやすいワークロードProduction and performance sensitive workloads Web サーバー、あまり使用されていないエンタープライズ アプリケーション、および開発/テストWeb servers, lightly used enterprise applications and dev/test バックアップ、重要ではない、不定期に起こるアクセスBackup, non-critical, infrequent access
最大ディスク サイズMax disk size 65,536 ギビバイト (GiB)65,536 gibibyte (GiB) 32,767 GiB32,767 GiB 32,767 GiB32,767 GiB 32,767 GiB32,767 GiB
最大スループットMax throughput 2,000 MiB/秒2,000 MiB/s 900 MiB/秒900 MiB/s 750 MiB/秒750 MiB/s 500 MiB/秒500 MiB/s
最大 IOPSMax IOPS 160,000160,000 20,00020,000 6,0006,000 2,0002,000

Ultra DiskUltra disk

Azure Ultra Disk では、Azure IaaS VM 用に高スループット、高 IOPS、一貫性のある低待機時間のディスク ストレージが提供されます。Azure ultra disks deliver high throughput, high IOPS, and consistent low latency disk storage for Azure IaaS VMs. Ultra Disk のその他のメリットとして、仮想マシン (VM) を再起動する必要なしに、ワークロードに合わせてディスクのパフォーマンスを動的に変更できます。Some additional benefits of ultra disks include the ability to dynamically change the performance of the disk, along with your workloads, without the need to restart your virtual machines (VM). Ultra ディスクは、SAP HANA、最上位層のデータベース、トランザクションの多いワークロードなどのデータ集中型のワークロードに適しています。Ultra disks are suited for data-intensive workloads such as SAP HANA, top tier databases, and transaction-heavy workloads. Ultra Disk は、データ ディスクとしてのみ使用できます。Ultra disks can only be used as data disks. OS ディスクとしては Premium SSD を使用することをお勧めします。We recommend using premium SSDs as OS disks.

パフォーマンスPerformance

Ultra ディスクをプロビジョニングするときは、ディスクの容量とパフォーマンスを個別に構成することができます。When you provision an ultra disk, you can independently configure the capacity and the performance of the disk. Ultra Disk は、4 GiB から最大 64 TiB までの複数の固定されたサイズで提供されます。IOPS とスループットを個別に構成できる柔軟なパフォーマンス構成モデルであることが特徴です。Ultra disks come in several fixed sizes, ranging from 4 GiB up to 64 TiB, and feature a flexible performance configuration model that allows you to independently configure IOPS and throughput.

Ultra Disk の主な機能は次のとおりです。Some key capabilities of ultra disks are:

  • ディスク容量:Ultra Disk の容量の範囲は 4 GiB から最大 64 TiB です。Disk capacity: Ultra disks capacity ranges from 4 GiB up to 64 TiB.
  • ディスク IOPS: Ultra Disk は、300 IOPS/GiB の IOPS 制限をサポートし、ディスクあたり最大 160 K の IOPS をサポートします。Disk IOPS: Ultra disks support IOPS limits of 300 IOPS/GiB, up to a maximum of 160 K IOPS per disk. プロビジョニングした IOPS を達成するには、選択したディスクの IOPS が VM の IOPS 制限未満であることを確認してください。To achieve the IOPS that you provisioned, ensure that the selected Disk IOPS are less than the VM IOPS limit. ディスクあたりに保証されている最小 IOPS は 2 IOPS/GiB で、全体のベースラインの最小値は 100 IOPS です。The minimum guaranteed IOPS per disk is 2 IOPS/GiB, with an overall baseline minimum of 100 IOPS. たとえば、4 GiB の Ultra Disk が 1 つある場合、最小値は 8 IOPS ではなく 100 IOPS になります。For example, if you had a 4 GiB ultra disk, you will have a minimum of 100 IOPS, instead of eight IOPS.
  • ディスク スループット: Ultra Disk では、1 つのディスクのスループットは、プロビジョニングされた IOPS ごとに 256 KiB/秒に制限され、ディスクあたり最大 2000 MBps に制限されます (MBps = 秒あたり 10^6 バイト)。Disk throughput: With ultra disks, the throughput limit of a single disk is 256 KiB/s for each provisioned IOPS, up to a maximum of 2000 MBps per disk (where MBps = 10^6 Bytes per second). 各ディスクで保証されている最小スループットは、プロビジョニングされた IOPS ごとに 4 KiB/秒で、全体のベースラインの最小値は 1 MBps です。The minimum guaranteed throughput per disk is 4KiB/s for each provisioned IOPS, with an overall baseline minimum of 1 MBps.
  • Ultra Disk では、実行時に、ディスクをデタッチすることなく、仮想マシンから、ディスク パフォーマンス属性 (IOPS とスループット) を調整できます。Ultra disks support adjusting the disk performance attributes (IOPS and throughput) at runtime without detaching the disk from the virtual machine. ディスクでディスク パフォーマンス サイズ変更操作を実行した場合、変更が実際に有効になるまでに最大で 1 時間かかることがあります。Once a disk performance resize operation has been issued on a disk, it can take up to an hour for the change to actually take effect. パフォーマンス サイズ変更操作は、24 時間で 4 回に制限されています。There is a limit of four performance resize operations during a 24 hour window. パフォーマンス帯域幅の容量が不足しているために、パフォーマンス サイズ変更操作が失敗する可能性があります。It is possible for a performance resize operation to fail due to a lack of performance bandwidth capacity.

ディスク サイズDisk size

ディスク サイズ (GiB)Disk Size (GiB) IOPS の上限IOPS Cap スループットの上限 (MBps)Throughput Cap (MBps)
44 1,2001,200 該当なし300
88 2,4002,400 600600
1616 4,8004,800 1,2001,200
3232 9,6009,600 2,0002,000
6464 19,20019,200 2,0002,000
128128 38,40038,400 2,0002,000
256256 76,80076,800 2,0002,000
512512 80,00080,000 2,0002,000
1,024 - 65,536 (この範囲内のサイズは 1 TiB ずつ増えます)1,024-65,536 (sizes in this range increasing in increments of 1 TiB) 160,000160,000 2,0002,000

GA の範囲と制限事項GA scope and limitations

現時点では、Ultra Disk には次のような追加の制限があります。For now, ultra disks have additional limitations, they are as follows:

Ultra ディスクで現在利用できる結い位置のインフラストラクチャ冗長オプションは可用性ゾーンです。The only infrastructure redundancy options currently available to ultra disks are availability zones. 他の冗長オプションを使用している VM では、Ultra ディスクを接続できません。VMs using any other redundancy options cannot attach an ultra disk.

Ultra ディスクが利用できるリージョンとそれに該当する可用性オプションをまとめたものが次の表です。The following table outlines the regions ultra disks are available in, as well as their corresponding availability options:

注意

これらのリージョンに含まれる一部の可用性ゾーンでは、Ultra ディスクが提供されていません。Some availability zone within these regions do not offer ultra disks.

リージョンRegions インフラストラクチャの冗長性なしNo infrastructure redundancy 可用性ゾーンAvailability zones
米国西部West US はいYes いいえNo
米国西部 2West US 2 いいえNo はいYes
米国東部East US いいえNo はいYes
米国東部 2East US 2 いいえNo はいYes
東南アジアSouthEast Asia いいえNo はいYes
北ヨーロッパNorth Europe いいえNo はいYes
西ヨーロッパWest Europe いいえNo はいYes
英国南部UK South いいえNo はいYes
  • 次の VM シリーズでのみサポートされています。Are only supported on the following VM series:
  • Ultra Disk がサポートされているすべてのリージョンで、すべての VM サイズを使用できるわけではありませんNot every VM size is available in every supported region with ultra disks
  • データ ディスクとしてのみ使用可能であり、4k 物理セクター サイズのみをサポートしています。Are only available as data disks and only support 4k physical sector size. Ultra Disk の 4K ネイティブ セクター サイズのために、Ultra Disk と互換性のないアプリケーションがいくつかあります。Due to the 4K native sector size of Ultra Disk, there are some applications that won't be compatible with ultra disks. 1 つの例が、Oracle Database です。この場合、Ultra Disk をサポートするには、リリース 12.2 以降が必要です。One example would be Oracle Database, which requires release 12.2 or later in order to support ultra disks.
  • 空のディスクとしてのみ作成できますCan only be created as empty disks
  • ディスク スナップショット、VM イメージ、可用性セット、Azure 専用ホスト、Azure Disk Encryption は現在のところサポートされていませんDoesn't currently support disk snapshots, VM images, availability sets, Azure Dedicated Hosts, or Azure disk encryption
  • Azure Backup または Azure Site Recovery との統合は現在のところサポートされていませんDoesn't currently support integration with Azure Backup or Azure Site Recovery
  • GA VM での IOPS の現在の上限は 80,000 です。The current maximum limit for IOPS on GA VMs is 80,000.

Azure Ultra ディスクからは、既定でサブスクリプション別にリージョンあたり最大 16 TiB が提供されますが、Ultra ディスクでは要求があればそれを超える容量が提供されます。Azure ultra disks offer up to 16 TiB per region per subscription by default, but ultra disks support higher capacity by request. 容量の増加を依頼するには、Azure サポートにお問い合わせください。To request an increase in capacity, contact Azure Support.

Ultra ディスクの使用を開始したい場合は、この件に関する記事「Azure Ultra ディスクの使用」を参照してください。If you would like to start using ultra disks, see our article on the subject: Using Azure ultra disks.

Premium SSDPremium SSD

Azure Premium SSD では、IO (入出力) を集中的に行うワークロードが存在する仮想マシン (VM) 向けに、高パフォーマンスで待ち時間の少ないディスク サポートが提供されます。Azure premium SSDs deliver high-performance and low-latency disk support for virtual machines (VMs) with input/output (IO)-intensive workloads. Premium Storage ディスクの速度とパフォーマンスを活用するために、既存の VM ディスクを Premium SSD に移行することができます。To take advantage of the speed and performance of premium storage disks, you can migrate existing VM disks to Premium SSDs. Premium SSD は、ミッション クリティカルな運用アプリケーションに適しています。Premium SSDs are suitable for mission-critical production applications. Premium SSD は、Premium Storage に互換性のある VM シリーズでのみ使用できます。Premium SSDs can only be used with VM series that are premium storage-compatible.

Premium Storage に互換性のあるサイズなど、Windows 用の Azure 内の個別の VM の種類とサイズについて詳しくは、Windows VM のサイズに関するページを参照してください。To learn more about individual VM types and sizes in Azure for Windows, including which sizes are premium storage-compatible, see Windows VM sizes. Premium Storage に互換性のあるサイズなど、Linux 用の Azure 内の個別の VM の種類とサイズについて詳しくは、Linux VM のサイズに関するページを参照してください。To learn more about individual VM types and sizes in Azure for Linux, including which sizes are premium storage-compatible, see Linux VM sizes. これらのいずれかの記事から、個々の VM サイズの記事を確認し、Premium ストレージと互換性があるかどうかを判断する必要があります。From either of those articles, you need to check each individual VM size article to determine if it is premium storage-compatible.

ディスク サイズDisk size

Premium SSD のサイズPremium SSD sizes  P1P1 P2P2 P3P3 P4P4 P6P6 P10P10 P15P15 P20P20 P30P30 P40P40 P50P50 P60P60 P70P70 P80P80
ディスク サイズ (GiB)Disk size in GiB 44 88 1616 3232 6464 128128 256256 512512 1,0241,024 2,0482,048 4,0964,096 8,1928,192 16,38416,384 32,76732,767
ディスクあたりのプロビジョニング済み IOPSProvisioned IOPS per disk 120120 120120 120120 120120 240240 500500 1,1001,100 2,3002,300 5,0005,000 7,5007,500 7,5007,500 16,00016,000 18,00018,000 20,00020,000
ディスクあたりのプロビジョニング済みスループットProvisioned Throughput per disk 25 MiB/秒25 MiB/sec 25 MiB/秒25 MiB/sec 25 MiB/秒25 MiB/sec 25 MiB/秒25 MiB/sec 50 MiB/秒50 MiB/sec 100 MiB/秒100 MiB/sec 125 MiB/秒125 MiB/sec 150 MiB/秒150 MiB/sec 200 MiB/秒200 MiB/sec 250 MiB/秒250 MiB/sec 250 MiB/秒250 MiB/sec 500 MiB/秒500 MiB/sec 750 MiB/秒750 MiB/sec 900 MiB/秒900 MiB/sec
ディスクあたりの最大バースト IOPSMax burst IOPS per disk 3,5003,500 3,5003,500 3,5003,500 3,5003,500 3,5003,500 3,5003,500 3,5003,500 3,5003,500
ディスクあたりの最大バースト スループットMax burst throughput per disk 170 MiB/秒170 MiB/sec 170 MiB/秒170 MiB/sec 170 MiB/秒170 MiB/sec 170 MiB/秒170 MiB/sec 170 MiB/秒170 MiB/sec 170 MiB/秒170 MiB/sec 170 MiB/秒170 MiB/sec 170 MiB/秒170 MiB/sec
最大バースト時間Max burst duration 30 分30 min 30 分30 min 30 分30 min 30 分30 min 30 分30 min 30 分30 min 30 分30 min 30 分30 min
予約対象Eligible for reservation いいえNo いいえNo いいえNo いいえNo いいえNo いいえNo いいえNo いいえNo はい (最長 1 年)Yes, up to one year はい (最長 1 年)Yes, up to one year はい (最長 1 年)Yes, up to one year はい (最長 1 年)Yes, up to one year はい (最長 1 年)Yes, up to one year はい (最長 1 年)Yes, up to one year

Premium Storage ディスクをプロビジョニングすると、Standard Storage とは異なり、対象のディスクの容量、IOPS、スループットが保証されます。When you provision a premium storage disk, unlike standard storage, you are guaranteed the capacity, IOPS, and throughput of that disk. たとえば、P50 ディスクを作成した場合、対象のディスクに 4,095 GB のストレージ容量、7,500 IOPS、および 250 MB/秒のスループットがプロビジョニングされます。For example, if you create a P50 disk, Azure provisions 4,095-GB storage capacity, 7,500 IOPS, and 250-MB/s throughput for that disk. アプリケーションでは、容量とパフォーマンスのすべてまたは一部を使用できます。Your application can use all or part of the capacity and performance. Premium SSD ディスクは、1 桁のミリ秒の低遅延と、前出の表に示した目標 IOPS とスループットを 99.9% の時間で提供するように設計されています。Premium SSD disks are designed to provide low single-digit millisecond latencies and target IOPS and throughput described in the preceding table 99.9% of the time.

バーストBursting

P30 より小さいサイズの Premium SSD では、ディスクのバーストを提供しており、ディスクあたり IOPS を最高 3500 まで、帯域幅を最高 170 Mbps までバーストできます。Premium SSD sizes smaller than P30 now offer disk bursting and can burst their IOPS per disk up to 3,500 and their bandwidth up to 170 Mbps. バーストは自動化され、クレジット システムに基づいて動作します。Bursting is automated and operates based on a credit system. ディスク トラフィックがプロビジョニングされたパフォーマンス ターゲットを下回る場合、クレジットはバースト バケットに自動的に蓄積されます。また、トラフィック バーストがターゲットを超えた場合、最大バースト制限まで自動的にクレジットが消費されます。Credits are automatically accumulated in a burst bucket when disk traffic is below the provisioned performance target and credits are automatically consumed when traffic bursts beyond the target, up to the max burst limit. 最大バースト制限は、消費されるバースト クレジットがある場合でも、ディスク IOPS および帯域幅の上限を定義します。The max burst limit defines the ceiling of disk IOPS & Bandwidth even if you have burst credits to consume from. ディスク バースティングは、IO パターンの予測できない変更に対して優れた耐性を示します。Disk bursting provides better tolerance on unpredictable changes of IO patterns. これは、OS ディスクの起動や激しいトラフィックを含むアプリケーションにおいて、最大限に活用できます。You can best leverage it for OS disk boot and applications with spiky traffic.

既定では、ディスク バースティング サポートは適用可能なディスク サイズを新しくデプロイする際に有効になります。ユーザーの操作は必要ありません。Disks bursting support will be enabled on new deployments of applicable disk sizes by default, with no user action required. 既存の適用可能なサイズのディスクの場合、ディスクのデタッチと再アタッチまたは接続済み VM の停止と再起動という、2 つのオプションのいずれかを使用してバースティングを有効にすることができます。For existing disks of the applicable sizes, you can enable bursting with either of two the options: detach and reattach the disk or stop and restart the attached VM. バーストが適用可能なすべてのディスク サイズは、ディスクが 30 分のピーク バースト制限での最大期間をサポートする仮想マシンに接続されている場合、最大のバースト クレジット バケットを使用して起動されます。All burst applicable disk sizes will start with a full burst credit bucket when the disk is attached to a Virtual Machine that supports a max duration at peak burst limit of 30 mins. Azure ディスクでのバースティングの動作の詳細については、Premium SSD バースティングに関する記事を参照してください。To learn more about how bursting work on Azure Disks, see Premium SSD bursting.

トランザクションTransactions

Premium SSD では、スループットが 256 KiB 以下の I/O 操作は、それぞれ単一の I/O 操作とみなされます。For premium SSDs, each I/O operation less than or equal to 256 KiB of throughput is considered a single I/O operation. スループットが 256 KiB を超える I/O 操作は、サイズが 256 KiB の複数の I/O とみなされます。I/O operations larger than 256 KiB of throughput are considered multiple I/Os of size 256 KiB.

Standard SSDStandard SSD

Azure Standard SSD は、比較的低い IOPS レベルで一貫したパフォーマンスを必要とするワークロード向けに最適化された、コスト効果に優れたストレージ オプションです。Azure standard SSDs are a cost-effective storage option optimized for workloads that need consistent performance at lower IOPS levels. Standard SSD は、クラウドへの移行を希望している方、特にオンプレミスの HDD ソリューションで実行されているワークロードのばらつきによって問題が発生している場合に、エントリ レベルの優れたエクスペリエンスを提供します。Standard SSD offers a good entry level experience for those who wish to move to the cloud, especially if you experience issues with the variance of workloads running on your HDD solutions on premises. Standard HDD に比べて、Standard SSD は、可用性、一貫性、信頼性、遅延が優れています。Compared to standard HDDs, standard SSDs deliver better availability, consistency, reliability, and latency. Standard SSD は、Web サーバー、低い IOPS のアプリケーション サーバー、使用の少ないエンタープライズ アプリケーション、開発/テストのワークロードに適しています。Standard SSDs are suitable for Web servers, low IOPS application servers, lightly used enterprise applications, and Dev/Test workloads. Standard HDD のように、Standard SSD はすべての Azure VM で使用できます。Like standard HDDs, standard SSDs are available on all Azure VMs.

ディスク サイズDisk size

Standard SSD のサイズStandard SSD sizes E1E1 E2E2 E3E3 E4E4 E6E6 E10E10 E15E15 E20E20 E30E30 E40E40 E50E50 E60E60 E70E70 E80E80
ディスク サイズ (GiB)Disk size in GiB 44 88 1616 3232 6464 128128 256256 512512 1,0241,024 2,0482,048 4,0964,096 8,1928,192 16,38416,384 32,76732,767
ディスクあたりの IOPSIOPS per disk 最大 120Up to 120 最大 120Up to 120 最大 120Up to 120 最大 120Up to 120 最大 240Up to 240 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 2,000Up to 2,000 最大 4,000Up to 4,000 最大 6,000Up to 6,000
ディスクあたりのスループットThroughput per disk 最大 25 MiB/秒Up to 25 MiB/sec 最大 25 MiB/秒Up to 25 MiB/sec 最大 25 MiB/秒Up to 25 MiB/sec 最大 25 MiB/秒Up to 25 MiB/sec 最大 50 MiB/秒Up to 50 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 400 MiB/秒Up to 400 MiB/sec 最大 600 MiB/秒Up to 600 MiB/sec 最大 750 MiB/秒Up to 750 MiB/sec

Standard SSD は、1 桁のミリ秒の遅延と、前出の表に示されている上限までの IOPS とスループットを 99% の時間で提供するように設計されています。Standard SSDs are designed to provide single-digit millisecond latencies and the IOPS and throughput up to the limits described in the preceding table 99% of the time. 実際の IOPS とスループットは、トラフィック パターンによって異なる場合があります。Actual IOPS and throughput may vary sometimes depending on the traffic patterns. Standard SSD は、HDD ディスクよりも一貫したパフォーマンスを提供し、遅延が少なくなります。Standard SSDs will provide more consistent performance than the HDD disks with the lower latency.

トランザクションTransactions

Standard SSD では、スループットが 256 KiB 以下の I/O 操作は、それぞれ単一の I/O 操作とみなされます。For standard SSDs, each I/O operation less than or equal to 256 KiB of throughput is considered a single I/O operation. スループットが 256 KiB を超える I/O 操作は、サイズが 256 KiB の複数の I/O とみなされます。I/O operations larger than 256 KiB of throughput are considered multiple I/Os of size 256 KiB. これらのトランザクションは、課金への影響があります。These transactions have a billing impact.

Standard HDDStandard HDD

Azure Standard HDD では、遅延の影響を受けないワークロードを実行する VM 向けの信頼性の高い低コストのディスク サポートが提供されます。Azure standard HDDs deliver reliable, low-cost disk support for VMs running latency-insensitive workloads. Standard Storage では、データはハード ディスク ドライブ (HDD) に格納されます。With standard storage, the data is stored on hard disk drives (HDDs). Standard HDD ディスクの遅延、IOPS、およびスループットは、SSD ベースのディスクと比較してより大きく異なる可能性があります。Latency, IOPS, and Throughput of Standard HDD disks may vary more widely as compared to SSD-based disks. Standard HDD ディスクは、ほとんどの IO 操作で 10 ミリ秒未満の書き込み待機時間と 20 ミリ秒未満の読み取り待機時間を実現するように設計されていますが、実際のパフォーマンスは IO サイズやワークロードのパターンによって異なる可能性があります。Standard HDD Disks are designed to deliver write latencies under 10ms and read latencies under 20ms for most IO operations, however the actual performance may vary depending on the IO size and workload pattern. VM を使用するとき、開発/テスト シナリオや重要度の低いワークロードには Standard HDD ディスクを使用できます。When working with VMs, you can use standard HDD disks for dev/test scenarios and less critical workloads. Standard HDD はすべての Azure リージョンで使用可能であり、すべての Azure VM で使用できます。Standard HDDs are available in all Azure regions and can be used with all Azure VMs.

ディスク サイズDisk size

Standard ディスクの種類Standard Disk Type S4S4 S6S6 S10S10 S15S15 S20S20 S30S30 S40S40 S50S50 S60S60 S70S70 S80S80
ディスク サイズ (GiB)Disk size in GiB 3232 6464 128128 256256 512512 1,0241,024 2,0482,048 4,0964,096 8,1928,192 16,38416,384 32,76732,767
ディスクあたりの IOPSIOPS per disk 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 500Up to 500 最大 1,300Up to 1,300 最大 2,000Up to 2,000 最大 2,000Up to 2,000
ディスクあたりのスループットThroughput per disk 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec 最大 300 MiB/秒Up to 300 MiB/sec 最大 500 MiB/秒Up to 500 MiB/sec 最大 500 MiB/秒Up to 500 MiB/sec

トランザクションTransactions

Standard HDD では、各 IO 操作は、I/O サイズに関係なく、単一のトランザクションとみなされます。For Standard HDDs, each IO operation is considered as a single transaction, regardless of the I/O size. これらのトランザクションは、課金への影響があります。These transactions have a billing impact.

課金Billing

マネージド ディスクを使用するときには、課金に関する次の考慮事項が適用されます。When using managed disks, the following billing considerations apply:

  • ディスクの種類Disk type
  • マネージド ディスクのサイズmanaged disk Size
  • スナップショットSnapshots
  • 送信データ転送Outbound data transfers
  • トランザクション数Number of transactions

マネージド ディスクのサイズ: マネージド ディスクは、プロビジョニング済みサイズに対して課金されます。Managed disk size: managed disks are billed on the provisioned size. Azure では、プロビジョニング済みサイズ (切り上げたもの) は、提供される最も近いディスク サイズにマップされます。Azure maps the provisioned size (rounded up) to the nearest offered disk size. 提供されるディスク サイズの詳細については、前の表を参照してください。For details of the disk sizes offered, see the previous tables. 各ディスクは、サポートされているプロビジョニング済みディスク サイズのオファリングにマップされ、それに応じて課金されます。Each disk maps to a supported provisioned disk size offering and is billed accordingly. たとえば、200 GiB の Standard SSD をプロビジョニングした場合、E15 (256 GiB) のディスク サイズのプランにマップされます。For example, if you provisioned a 200 GiB Standard SSD, it maps to the disk size offer of E15 (256 GiB). プロビジョニングされたディスクには、Premium Storage プランの月額料金を使用して、時間割りで計算して課金されます。Billing for any provisioned disk is prorated hourly by using the monthly price for the Premium Storage offer. たとえば、E10 ディスクをプロビジョニングし、20 時間後にそのディスクを削除した場合は、E10 製品の 20 時間分に対して課金されます。For example, if you provisioned an E10 disk and deleted it after 20 hours, you're billed for the E10 offering prorated to 20 hours. ディスクに書き込まれた実際のデータ量には関係ありません。This is regardless of the amount of actual data written to the disk.

スナップショット: スナップショットは、使用されているサイズに基づいて請求されます。Snapshots: Snapshots are billed based on the size used. たとえば、64 GiB のプロビジョニング済み容量でマネージド ディスクのスナップショットを作成し、実際に使用されたデータ サイズが 10 GiB である場合、スナップショットは使用されたデータ サイズである 10 GiB 分のみ課金されます。For example, if you create a snapshot of a managed disk with provisioned capacity of 64 GiB and actual used data size of 10 GiB, the snapshot is billed only for the used data size of 10 GiB.

スナップショットの詳細については、マネージド ディスクの概要に関するページのスナップショットのセクションを参照してください。For more information on snapshots, see the section on snapshots in the managed disk overview.

送信データ転送: 送信データ転送 (Azure データ センターから送信されるデータ) では、帯域幅の使用量に対して課金されます。Outbound data transfers: Outbound data transfers (data going out of Azure data centers) incur billing for bandwidth usage.

トランザクション:Standard マネージド ディスクで実行されるトランザクションの数に対して課金されます。Transactions: You're billed for the number of transactions that you perform on a standard managed disk. Standard SSD では、スループットが 256 KiB 以下の I/O 操作は、それぞれ単一の I/O 操作とみなされます。For standard SSDs, each I/O operation less than or equal to 256 KiB of throughput is considered a single I/O operation. スループットが 256 KiB を超える I/O 操作は、サイズが 256 KiB の複数の I/O とみなされます。I/O operations larger than 256 KiB of throughput are considered multiple I/Os of size 256 KiB. Standard HDD では、各 IO 操作は、I/O サイズに関係なく、単一のトランザクションとみなされます。For Standard HDDs, each IO operation is considered as a single transaction, regardless of the I/O size.

トランザクション コストを含め、Managed Disks の価格の詳細については、「Managed Disks の価格」をご覧ください。For detailed information on pricing for Managed Disks, including transaction costs, see Managed Disks Pricing.

Ultra Disk VM 予約料金Ultra disk VM reservation fee

Azure VM には、Ultra Disk と互換性があるかどうかを示す機能があります。Azure VMs have the capability to indicate if they are compatible with ultra disks. Ultra ディスク互換 VM では、コンピューティング VM インスタンスとブロック ストレージ スケール ユニット間に専用の帯域幅キャパシティが割り当てられてパフォーマンスが最適化され、待機時間が減少します。An ultra disk compatible VM allocates dedicated bandwidth capacity between the compute VM instance and the block storage scale unit to optimize the performance and reduce latency. このキャパシティを VM に追加すると、Ultra ディスクがアタッチされていない VM 上で Ultra ディスク キャパシティを有効にした場合にのみ、予約料金がかかります。Adding this capability on the VM results in a reservation charge that is only imposed if you enabled ultra disk capability on the VM without attaching an ultra disk to it. Ultra ディスク互換の VM に Ultra ディスクがアタッチされている場合、この料金は適用されません。When an ultra disk is attached to the ultra disk compatible VM, this charge would not be applied. この料金は、VM 上にプロビジョニングされている vCPU ごとにかかります。This charge is per vCPU provisioned on the VM.

注意

制約付きコア VM サイズの場合、予約料金は、制限付きコアではなく実際の vCPU 数に基づいています。For constrained core VM sizes, the reservation fee is based on the actual number of vCPUs and not the constrained cores. Standard_E32-8s_v3 の場合、予約料金は 32 コアに基づきます。For Standard_E32-8s_v3, the reservation fee will be based on 32 cores.

Ultra Disk の価格について詳しくは、Azure ディスクの価格に関するページをご覧ください。Refer to the Azure Disks pricing page for ultra disk pricing details.

Azure ディスク予約Azure disk reservation

ディスク予約は、1 年分のディスク ストレージを割引価格で事前に購入して、総コストを削減するオプションです。Disk reservation is the option to purchase one year of disk storage in advance at a discount, reducing your total cost. ディスク予約を購入する場合は、ターゲット リージョンの特定のディスク SKU を選択します。たとえば、1 年間の米国東部 2 リージョンの 10 P30 (1TiB) プレミアム SSD を選択します。When purchasing a disk reservation, you select a specific Disk SKU in a target region, for example, 10 P30 (1TiB) premium SSDs in East US 2 region for a one year term. 予約エクスペリエンスは、予約済みの仮想マシン (VM) インスタンスに似ています。The reservation experience is similar to reserved virtual machine (VM) instances. VM 予約とディスク予約をバンドルすると、最大限に節約できます。You can bundle VM and Disk reservations to maximize your savings. 現時点で、Azure ディスク予約には、すべての運用リージョンで P30 (1 TiB) から P80 (32 TiB) までの Premium SSD SKU の 1 年間のコミットメント プランが用意されています。For now, Azure Disks Reservation offers one year commitment plan for premium SSD SKUs from P30 (1TiB) to P80 (32 TiB) in all production regions. 予約済みディスクの価格の詳細については、Azure ディスクの価格のページを参照してください。For more details on the Reserved Disks pricing, see Azure Disks pricing page.