クイック スタート:PowerShell を使用して Azure に Windows 仮想マシンを作成する

適用対象: ✔️ Windows VM

Azure PowerShell モジュールは、PowerShell コマンド ラインやスクリプトで Azure リソースを作成および管理するために使用します。 このクイック スタートでは、Azure PowerShell モジュールを使って、Windows Server 2016 を実行する仮想マシン (VM) を Azure に展開する方法を示します。 また、VM に RDP 接続し、IIS Web サーバーをインストールして、動作中の VM を表示します。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。

Azure Cloud Shell を起動する

Azure Cloud Shell は無料のインタラクティブ シェルです。この記事の手順は、Azure Cloud Shell を使って実行することができます。 一般的な Azure ツールが事前にインストールされており、アカウントで使用できるように構成されています。

Cloud Shell を開くには、コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。 https://shell.azure.com/powershell に移動して、別のブラウザー タブで Cloud Shell を起動することもできます。 [コピー] を選択してコードのブロックをコピーし、Cloud Shell に貼り付けてから、Enter キーを押して実行します。

リソース グループの作成

New-AzResourceGroup を使用して Azure リソース グループを作成します。 リソース グループとは、Azure リソースのデプロイと管理に使用する論理コンテナーです。

New-AzResourceGroup -Name myResourceGroup -Location 'EastUS'

仮想マシンの作成

New-AzVM を使用して VM を作成します。 各リソースの名前を指定すると、それらがまだ存在していない場合は、New-AzVM コマンドレットによって作成されます。

メッセージが表示されたら、VM のサインイン資格情報として使用するユーザー名とパスワードを入力します。

New-AzVm `
    -ResourceGroupName 'myResourceGroup' `
    -Name 'myVM' `
    -Location 'East US' `
    -VirtualNetworkName 'myVnet' `
    -SubnetName 'mySubnet' `
    -SecurityGroupName 'myNetworkSecurityGroup' `
    -PublicIpAddressName 'myPublicIpAddress' `
    -OpenPorts 80,3389

仮想マシンへの接続

展開が完了した後、RDP で VM に接続します。 VM の動作を確認するために、IIS Web サーバーがインストールされます。

VM のパブリック IP アドレスを確認するには、Get-AzPublicIpAddress コマンドレットを使用します。

Get-AzPublicIpAddress -ResourceGroupName 'myResourceGroup' | Select-Object -Property  'IpAddress'

次のコマンドを使って、お使いのローカル コンピューターからリモート デスクトップ セッションを作成します。 publicIpAddress を VM のパブリック IP アドレスに置き換えます。

mstsc /v:publicIpAddress

[Windows セキュリティ] ウィンドウで、 [その他][別のアカウントを使用する] の順に選択します。 ユーザー名として「localhost\username」と入力し、仮想マシン用に作成したパスワードを入力して、 [OK] をクリックします。

サインイン処理中に証明書の警告が表示される場合があります。 [はい] または [続行] をクリックして接続を作成します。

Web サーバーのインストール

VM の動作を確認するために、IIS Web サーバーをインストールします。 VM で PowerShell プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

Install-WindowsFeature -Name Web-Server -IncludeManagementTools

終了したら、VM への RDP 接続を閉じます。

動作中の Web サーバーを表示する

IIS をインストールし、VM のポート 80 をインターネットから開いたら、任意の Web ブラウザーを使用して IIS の既定のウェルカム ページを表示することができます。 前の手順で取得した VM のパブリック IP アドレスを使用します。 次の例は、既定の IIS Web サイトを示しています。

IIS default site

リソースをクリーンアップする

必要がなくなったら、Remove-AzResourceGroup コマンドレットを使用して、リソース グループ、VM、およびすべての関連リソースを削除できます。

Remove-AzResourceGroup -Name myResourceGroup

次のステップ

このクイック スタートでは、単純な仮想マシンをデプロイし、Web トラフィック用のネットワーク ポートを開き、基本的な Web サーバーをインストールしました。 Azure 仮想マシンの詳細については、Windows VM のチュートリアルを参照してください。