共有イメージ ギャラリーの概要Shared Image Gallery overview

Shared Image Gallery は、イメージに関連する構造および組織を構築できるサービスです。Shared Image Gallery is a service that helps you build structure and organization around your images. 共有イメージ ギャラリーでは以下のことが提供されます。Shared Image Galleries provide:

  • イメージのグローバル レプリケーション。Global replication of images.
  • 容易な管理のためのバージョン管理とグループ化。Versioning and grouping of images for easier management.
  • Availability Zones がサポートされるリージョンでのゾーン冗長ストレージ (ZRS) アカウントによる高可用性イメージ。Highly available images with Zone Redundant Storage (ZRS) accounts in regions that support Availability Zones. ZRS では、ゾーンの障害に対する回復性の向上が提供されます。ZRS offers better resilience against zonal failures.
  • Premium Storage のサポート (Premium_LRS)。Premium storage support (Premium_LRS).
  • RBAC を使用したサブスクリプションとの間、および Active Directory (AD) テナント間の共有。Sharing across subscriptions, and even between Active Directory (AD) tenants, using RBAC.
  • 各リージョン内のイメージ レプリカを使用したデプロイのスケーリング。Scaling your deployments with image replicas in each region.

共有イメージ ギャラリーを使用すると、組織内のさまざまなユーザー、サービス プリンシパル、AD グループに対してイメージを共有できます。Using a Shared Image Gallery you can share your images to different users, service principals, or AD groups within your organization. 共有イメージを複数のリージョンにレプリケートすることで、デプロイのスケーリングにかかる時間を短縮することができます。Shared images can be replicated to multiple regions, for quicker scaling of your deployments.

イメージは、作成方法に応じて、完全な VM (アタッチされた任意のデータ ディスクを含む) または OS ディスク単独のどちらかのコピーです。An image is a copy of either a full VM (including any attached data disks) or just the OS disk, depending on how it is created. イメージから VM を作成するときに、新しい VM のディスクを作成するために、イメージ内の VHD のコピーが使用されます。When you create a VM from the image, a copy of the VHDs in the image are used to create the disks for the new VM. イメージはストレージ内に残り、繰り返し使用して新しい VM を作成できます。The image remains in storage and can be used over and over again to create new VMs.

メンテナンスが必要なイメージや社内全体で利用可能にしたいイメージが多数ある場合は、共有イメージ ギャラリーをリポジトリとして使用できます。If you have a large number of images that you need to maintain, and would like to make them available throughout your company, you can use a Shared Image Gallery as a repository.

共有イメージ ギャラリー機能には、次のような複数のリソースの種類があります。The Shared Image Gallery feature has multiple resource types:

リソースResource 説明Description
イメージのソースImage source これは、イメージ ギャラリーにイメージ バージョンを作成するために使用できるリソースです。This is a resource that can be used to create an image version in an image gallery. イメージのソースには、一般化または特殊化された既存の Azure VM、マネージド イメージ、スナップショット、VHD、または別のイメージ ギャラリー内のイメージ バージョンを使用できます。An image source can be an existing Azure VM that is either generalized or specialized, a managed image, a snapshot, a VHD or an image version in another image gallery.
イメージ ギャラリーImage gallery Azure Marketplace などの イメージ ギャラリーは、イメージを管理して共有するためのリポジトリです。ただし、アクセス権の所有者を制御します。Like the Azure Marketplace, an image gallery is a repository for managing and sharing images, but you control who has access.
イメージ定義Image definition イメージ定義はギャラリー内に作成され、内部で使用するためにイメージと要件に関する情報を伝達します。Image definitions are created within a gallery and carry information about the image and requirements for using it internally. この情報には、イメージが Windows または Linux のどちらか、リリース ノート、および最小と最大のメモリ要件が含まれます。This includes whether the image is Windows or Linux, release notes, and minimum and maximum memory requirements. これは、イメージの種類の定義です。It is a definition of a type of image.
イメージ バージョンImage version イメージ バージョンは、ギャラリーを利用している場合に、VM の作成に使用します。An image version is what you use to create a VM when using a gallery. お使いの環境に必要な複数のイメージ バージョンを保持できます。You can have multiple versions of an image as needed for your environment. マネージド イメージのように、イメージ バージョンを使用して VM を作成する場合、イメージ バージョンは VM 用の新しいディスクを作成するために使用されます。Like a managed image, when you use an image version to create a VM, the image version is used to create new disks for the VM. イメージ バージョンは複数回、使用できます。Image versions can be used multiple times.

ギャラリー内に複数のイメージ バージョンを保持できる仕組みを示した図

イメージ定義Image definitions

イメージ定義は、イメージのバージョンの論理的なグループです。Image definitions are a logical grouping for versions of an image. イメージ定義では、イメージが作成された理由、対象の OS、イメージの使用に関するその他の情報などが保持されます。The image definition holds information about why the image was created, what OS it is for, and other information about using the image. イメージ定義は、特定のイメージの作成に関するすべての詳細情についてのプランのようなものです。An image definition is like a plan for all of the details around creating a specific image. VM のデプロイは、イメージ定義からではなく、定義から作成されたイメージ バージョンから行います。You don't deploy a VM from an image definition, but from the image versions created from the definition.

各イメージ定義には、パブリッシャーオファーSKU という 3 つのパラメーターがあり、これらを組み合わせて使います。There are three parameters for each image definition that are used in combination - Publisher, Offer and SKU. これらは、特定のイメージ定義の検索に使われます。These are used to find a specific image definition. 3 つの値のうち 1 つまたは 2 つを共有するイメージ バージョンを保有することはできますが、3 つ全部を共有するイメージ バージョンを保有することはできません。You can have image versions that share one or two, but not all three values. たとえば、以下に示したのは 3 つのイメージ定義とその値です。For example, here are three image definitions and their values:

イメージの定義Image Definition PublisherPublisher プランOffer SkuSku
myImage1myImage1 ContosoContoso FinanceFinance バックエンドBackend
myImage2myImage2 ContosoContoso FinanceFinance フロントエンドFrontend
myImage3myImage3 テストTesting FinanceFinance フロントエンドFrontend

この 3 つは、それぞれ固有の値を有しています。All three of these have unique sets of values. 形式は、現在 Azure PowerShell で Azure Marketplace イメージのパブリッシャー、オファー、SKU を指定して最新バージョンの Marketplace イメージを取得する方法に似ています。The format is similar to how you can currently specify publisher, offer, and SKU for Azure Marketplace images in Azure PowerShell to get the latest version of a Marketplace image. イメージ定義ごとに、これらの値の組み合わせが一意になる必要があります。Each image definition needs to have a unique set of these values.

イメージ定義により、それに含めることができるイメージ バージョンの種類を決定する次のパラメーターを定義する必要があります。Image definitions must define the following parameters that determine which types of image versions they can contain:

  • オペレーティング システムの状態 - OS の状態を一般化または特殊化に設定できます。Operating system state - You can set the OS state to generalized or specialized.
  • オペレーティング システム - Windows または Linux にすることができます。Operating system - can be either Windows or Linux.

以下は、リソースをより簡単に追跡できるようにイメージ定義で設定できる他のパラメーターです。The following are other parameters that can be set on your image definition so that you can more easily track your resources:

  • 説明 - そのイメージ定義が存在する理由についての詳細な情報を提供するために使います。Description - use description to give more detailed information on why the image definition exists. たとえば、アプリケーションがプレインストールされているフロントエンド サーバー用のイメージ定義などです。For example, you might have an image definition for your front-end server that has the application pre-installed.
  • Eula - イメージ定義に固有のエンド ユーザー ライセンス契約を示すために使うことができます。Eula - can be used to point to an end-user license agreement specific to the image definition.
  • プライバシーに関する声明およびリリース ノート - リリース ノートとプライバシーに関する声明を Azure Storage に格納し、イメージ定義の一部としてそれらにアクセスするための URI を提供します。Privacy Statement and Release notes - store release notes and privacy statements in Azure storage and provide a URI for accessing them as part of the image definition.
  • 終了日 - オートメーションを使って古いイメージ定義を削除できるように、終了日をイメージ定義にアタッチします。End-of-life date - attach an end-of-life date to your image definition to be able to use automation to delete old image definitions.
  • タグ - イメージ定義を作成するときに、タグを追加することができます。Tag - you can add tags when you create your image definition. タグについて詳しくは、タグを使用したリソースの整理に関する記事をご覧くださいFor more information about tags, see Using tags to organize your resources
  • vCPU とメモリの最小値と最大値の推奨 - イメージに vCPU とメモリの推奨値がある場合は、その情報をイメージ定義に添付できます。Minimum and maximum vCPU and memory recommendations - if your image has vCPU and memory recommendations, you can attach that information to your image definition.
  • 許可されないディスクの種類 - VM に対するストレージ ニーズに関する情報を提供することができます。Disallowed disk types - you can provide information about the storage needs for your VM. たとえば、イメージが Standard HDD ディスクに適さない場合は、禁止リストにそれを追加します。For example, if the image isn't suited for standard HDD disks, you add them to the disallow list.
  • Hyper-V の世代 - イメージが第 1 世代または第 2 世代 Hyper-V VHD から作成されたことを指定します。Hyper-V generation - specify whether the image was created from a generation 1 or generation 2 Hyper-V VHD. 既定値は第 1 世代です。Default is generation 1.
  • Marketplace イメージの購入プラン情報 - -PurchasePlanPublisher-PurchasePlanName、および -PurchasePlanProductPurchase plan information for Marketplace images - -PurchasePlanPublisher, -PurchasePlanName, and -PurchasePlanProduct. 購入プラン情報の詳細については、Azure Marketplace でのイメージの検索に関するページおよび「Supply Azure Marketplace purchase plan information when creating images (イメージの作成時に Azure Marketplace 購入プラン情報を指定する)」を参照してください。For more information about purchase plan information, see Find images in the Azure Marketplace and Supply Azure Marketplace purchase plan information when creating images.

イメージ バージョンImage versions

イメージ バージョンは VM の作成に使用します。An image version is what you use to create a VM. お使いの環境に必要な複数のイメージ バージョンを保持できます。You can have multiple versions of an image as needed for your environment. イメージ バージョンを使用して VM を作成する場合、イメージ バージョンは VM 用の新しいディスクを作成するために使用されます。When you use an image version to create a VM, the image version is used to create new disks for the VM. イメージ バージョンは複数回、使用できます。Image versions can be used multiple times.

イメージ バージョンのプロパティは次のようになります。The properties of an image version are:

  • バージョン番号。Version number. これはイメージ バージョンの名前として使用されます。This is used as the name of the image version. これは常に次の形式になります。MajorVersion.MinorVersion.PatchIt is always in the format: MajorVersion.MinorVersion.Patch. VM の作成時に最新イメージの使用を指定するとき、最新イメージの選択基準は最高の MajorVersion、MinorVersion、Patch の順になります。When you specify to use latest when creating a VM, the latest image is chosen based on the highest MajorVersion, then MinorVersion, then Patch.
  • ソース。Source. ソースには、VM、マネージド ディスク、スナップショット、マネージド イメージ、その他のイメージ バージョンを指定できます。The source can be a VM, managed disk, snapshot, managed image, or another image version.
  • 最新から除外。Exclude from latest. あるバージョンを最新イメージ バージョンとして使用しないようにできます。You can keep a version from being used as the latest image version.
  • 有効期限の終了日。End of life date. この日付を経過すると、このイメージから VM を作成できなくなります。Date after which VMs can't be created from this image.

一般化されたイメージと特殊化されたイメージGeneralized and specialized images

共有イメージ ギャラリーでは、2 つのオペレーティング システムの状態がサポートされています。There are two operating system states supported by Shared Image Gallery. 通常は、イメージを作成するために使用される VM は、イメージの取得前に一般化されている必要があります。Typically images require that the VM used to create the image has been generalized before taking the image. 一般化は、マシンとユーザーに固有の情報を VM から削除するプロセスです。Generalizing is a process that removes machine and user specific information from the VM. Windows の場合、Sysprep ツールが使用されます。For Windows, the Sysprep tool is used. Linux の場合は、waagent -deprovision または -deprovision+user パラメーターを使用できます。For Linux, you can use waagent -deprovision or -deprovision+user parameters.

特殊化された VM は、マシン固有の情報やアカウントを削除するプロセスを済ませていません。Specialized VMs have not been through a process to remove machine specific information and accounts. さらに、特殊化されたイメージから作成された VM には、osProfile が関連付けられていません。Also, VMs created from specialized images do not have an osProfile associated with them. これは、特殊化されたイメージには、いくつかの利点に加えていくつかの制限があることを意味します。This means that specialized images will have some limitations in addition to some benefits.

  • 特殊化されたイメージから作成された VM とスケール セットは、短時間で起動して実行できます。VMs and scale sets created from specialized images can be up and running quicker. 既に最初のブートを完了したソースから作成されるため、これらのイメージから作成された VM の起動は高速になります。Because they are created from a source that has already been through first boot, VMs created from these images boot faster.
  • VM へのログインに使用できるアカウントは、その VM から作成された特殊化されたイメージを使用して作成された任意の VM で使用することもできます。Accounts that could be used to log into the VM can also be used on any VM created using the specialized image that is created from that VM.
  • VM には、イメージが取得された VM の コンピューター名が割り当てられます。VMs will have the Computer name of the VM the image was taken from. 競合を回避するには、コンピューター名を変更する必要があります。You should change the computer name to avoid collisions.
  • osProfile は、secrets を使用して、何らかの秘匿性の高い情報を VM に渡す方法です。The osProfile is how some sensitive information is passed to the VM, using secrets. これにより、osProfilesecrets を使用する KeyVault、WinRM、およびその他の機能を使用すると、問題が発生する可能性があります。This may cause issues using KeyVault, WinRM and other functionality that uses secrets in the osProfile. 場合によっては、マネージド サービス ID (MSI) を使用して、これらの制限を回避できます。In some cases, you can use managed service identities (MSI) to work around these limitations.

リージョン サポートRegional Support

すべてのパブリック リージョンをターゲット リージョンにできますが、オーストラリア中部およびオーストラリア中部 2 にレプリケートするには、サブスクリプションが許可リストに追加されている必要があります。All public regions can be target regions, but to replicate to Australia Central and Australia Central 2 you need to have your subscription added to the allow list. 許可リストへのサブスクリプションの追加を要求するには、 https://azure.microsoft.com/global-infrastructure/australia/contact/ にアクセスしてください。To request that a subscriptions is added to the allow list, go to: https://azure.microsoft.com/global-infrastructure/australia/contact/

制限Limits

共有イメージ ギャラリーを使用したリソースのデプロイに対しては、サブスクリプションあたりの制限があります。There are limits, per subscription, for deploying resources using Shared Image Galleries:

  • 100 個の共有イメージ ギャラリー (サブスクリプション別、リージョン別)100 shared image galleries, per subscription, per region
  • 1,000 個のイメージ定義 (サブスクリプション別、リージョン別)1,000 image definitions, per subscription, per region
  • 10,000 個のイメージ バージョン (サブスクリプション別、リージョン別)10,000 image versions, per subscription, per region
  • 10 個のイメージ バージョンのレプリカ (サブスクリプション別、リージョン別)10 image version replicas, per subscription, per region
  • イメージに接続されるディスクは、サイズが 1 TB 以下であることAny disk attached to the image must be less than or equal to 1TB in size

現在の使用量を確認する方法など、詳細については、「制限に照らしたリソース使用量の確認」をご覧ください。For more information, see Check resource usage against limits for examples on how to check your current usage.

ScalingScaling

共有イメージ ギャラリーを使用して、Azure で保持したいイメージのレプリカ数を指定できます。Shared Image Gallery allows you to specify the number of replicas you want Azure to keep of the images. これにより、単一レプリカのオーバーロードが原因でインスタンス作成処理の機会が減少しているさまざまなレプリカに対して、VM のデプロイを拡大できるので、マルチ VM デプロイのシナリオに役立ちます。This helps in multi-VM deployment scenarios as the VM deployments can be spread to different replicas reducing the chance of instance creation processing being throttled due to overloading of a single replica.

共有イメージ ギャラリーを使用すると、仮想マシン スケール セットで最大 1,000 個の VM インスタンスをデプロイできます (マネージド イメージでの 600 個から増加)。With Shared Image Gallery, you can now deploy up to a 1,000 VM instances in a virtual machine scale set (up from 600 with managed images). イメージ レプリカでは、より優れたデプロイのパフォーマンス、信頼性、一貫性を提供します。Image replicas provide for better deployment performance, reliability and consistency.  そのリージョンでのスケールのニーズに基づいて、各ターゲット リージョンで異なるレプリカ数を設定できます。 You can set a different replica count in each target region, based on the scale needs for the region. 各レプリカはご利用のイメージの詳細コピーであるため、これによりそれぞれの追加のレプリカで線形的にデプロイをスケーリングできます。Since each replica is a deep copy of your image, this helps scale your deployments linearly with each extra replica. 2 つのイメージまたはリージョンが同じではないことは理解していますが、1 つのリージョンで複数のレプリカを使用する方法についての一般的なガイドラインを次に示します。While we understand no two images or regions are the same, here’s our general guideline on how to use replicas in a region:

  • Virtual Machine Scale Set (VMSS) デプロイ以外の場合 - 同時に作成する 20 個の VM ごとに、1 つのレプリカを保持することをお勧めします。For non-Virtual Machine Scale Set (VMSS) Deployments - For every 20 VMs that you create concurrently, we recommend you keep one replica. たとえば、1 つのリージョンの同じイメージを使用して同時に 120 個の VM を作成している場合、自分のイメージの少なくとも 6 個のレプリカを保持することをお勧めします。For example, if you are creating 120 VMs concurrently using the same image in a region, we suggest you keep at least 6 replicas of your image.
  • Virtual Machine Scale Set (VMSS) デプロイの場合 - 最大 600 個のインスタンスを含むスケール セットのデプロイごとに、少なくとも 1 つのレプリカを保持することをお勧めします。For Virtual Machine Scale Set (VMSS) deployments - For every scale set deployment with up to 600 instances, we recommend you keep at least one replica. たとえば、それぞれが 1 つのリージョンの同じイメージを使用する 600 個の VM インスタンスを含む、5 個のスケール セットを同時に作成している場合、自分のイメージの少なくとも 5 個のレプリカを保持することをお勧めします。For example, if you are creating 5 scale sets concurrently, each with 600 VM instances using the same image in a single region, we suggest you keep at least 5 replicas of your image.

常に、イメージ サイズ、コンテンツ、OS の種類などの要因で、レプリカの数を過剰プロビジョニングすることをお勧めします。We always recommend you to overprovision the number of replicas due to factors like image size, content and OS type.

イメージをスケーリングできる仕組みを示した図

イメージの高可用性化Make your images highly available

Azure ゾーン冗長ストレージ (ZRS) では、リージョンの可用性ゾーンのエラー発生時に復元することができます。Azure Zone Redundant Storage (ZRS) provides resilience against an Availability Zone failure in the region. 共有イメージ ギャラリーの一般的な可用性では、Availability Zones でリージョン内の ZRS アカウントに自分のイメージを格納することを選択できます。With the general availability of Shared Image Gallery, you can choose to store your images in ZRS accounts in regions with Availability Zones.

また、ターゲット リージョンごとにアカウントの種類を選ぶこともできます。You can also choose the account type for each of the target regions. 既定のストレージ アカウントの種類は Standard_LRS ですが、Availability Zones でリージョンに Standard_ZRS を選ぶことができます。The default storage account type is Standard_LRS, but you can choose Standard_ZRS for regions with Availability Zones. ここで ZRS の利用可能なリージョンを確認します。Check the regional availability of ZRS here.

ZRS を示すグラフィック

レプリケーションReplication

共有イメージ ギャラリーでは、他の Azure リージョンにイメージを自動的にレプリケートすることもできます。Shared Image Gallery also allows you to replicate your images to other Azure regions automatically. 各共有イメージ バージョンは、組織の目的に応じて、さまざまなリージョンにレプリケートできます。Each Shared Image version can be replicated to different regions depending on what makes sense for your organization. たとえば、古いバージョンをすべて 1 つのリージョン内のみで利用可能にし、その一方で、複数のリージョンに最新のイメージを常にレプリケートするとします。One example is to always replicate the latest image in multi-regions while all older versions are only available in 1 region. これにより、共有イメージ バージョンのストレージに対するコストが節約できます。This can help save on storage costs for Shared Image versions.

共有イメージ バージョンのレプリケート先のリージョンは、作成時刻より後に更新できます。The regions a Shared Image version is replicated to can be updated after creation time. さまざまなリージョンへのレプリケートにかかる時間は、コピーされるデータ量と、バージョンのレプリケート先となるリージョン数に応じて変わります。The time it takes to replicate to different regions depends on the amount of data being copied and the number of regions the version is replicated to. 場合によっては、これに 2 ~ 3 時間かかることがあります。This can take a few hours in some cases. レプリケーションが行われている間は、リージョンごとのレプリケーション ステータスを確認できます。While the replication is happening, you can view the status of replication per region. リージョンでイメージのレプリケーションが完了すると、以降はリージョン内でそのイメージ バージョンを使って、VM またはスケール セットをデプロイできます。Once the image replication is complete in a region, you can then deploy a VM or scale-set using that image version in the region.

イメージをレプリケートできる仕組みを示した図

アクセスAccess

共有イメージ ギャラリー、イメージ定義、イメージ バージョンはすべてリソースなので、組み込みのネイティブ Azure RBAC コントロールを使用して共有できます。As the Shared Image Gallery, Image Definition, and Image version are all resources, they can be shared using the built-in native Azure RBAC controls. RBAC を使用して、他のユーザー、サービス プリンシパル、およびグループに、これらのリソースを共有できます。Using RBAC you can share these resources to other users, service principals, and groups. それらが作成されたテナントの外部の個人とアクセスを共有することもできます。You can even share access to individuals outside of the tenant they were created within. 共有されたイメージ バージョンにアクセスできるユーザーは、VM または仮想マシン スケール セットをデプロイできます。Once a user has access to the Shared Image version, they can deploy a VM or a Virtual Machine Scale Set. ユーザーが取得するアクセスを理解するための共有マトリックスを次に示します。Here is the sharing matrix that helps understand what the user gets access to:

ユーザーによる共有Shared with User 共有イメージ ギャラリーShared Image Gallery イメージの定義Image Definition イメージ バージョンImage version
共有イメージ ギャラリーShared Image Gallery はいYes はいYes はいYes
イメージの定義Image Definition いいえNo はいYes はいYes

最良のエクスペリエンスのため、ギャラリー レベルで共有することをお勧めします。We recommend sharing at the Gallery level for the best experience. 個別のイメージ バージョンの共有はお勧めできません。We do not recommend sharing individual image versions. RBAC について詳しくは、RBAC を使用した Azure リソースへのアクセスの管理に関する記事をご覧ください。For more information about RBAC, see Manage access to Azure resources using RBAC.

マルチテナント アプリ登録を使って、テナント間で大規模にイメージを共有することもできます。Images can also be shared, at scale, even across tenants using a multi-tenant app registration. テナント間でのイメージの共有について詳しくは、「Azure テナント間でギャラリー VM イメージを共有する」をご覧ください。For more information about sharing images across tenants, see Share gallery VM images across Azure tenants.

課金Billing

共有イメージ ギャラリー サービスを使用するための追加料金はかかりません。There is no extra charge for using the Shared Image Gallery service. 次のリソースに対しては、課金されます。You will be charged for the following resources:

  • 共有イメージ バージョンを格納するためのストレージ コスト。Storage costs of storing the Shared Image versions. コストは、イメージ バージョンのレプリカ数と、そのバージョンのレプリケート先となるリージョン数に応じて変わります。Cost depends on the number of replicas of the image version and the number of regions the version is replicated to. たとえば、2 つのイメージがあり、どちらも 3 つのリージョンにレプリケートされる場合、それらのサイズに基づいて 6 つのマネージド ディスクについて請求されます。For example, if you have 2 images and both are replicated to 3 regions, then you will be charged for 6 managed disks based on their size. 詳細については、「Managed Disks の価格」を参照してください。For more information, see Managed Disks pricing.
  • ソース リージョンからレプリケート先のリージョンに最初のイメージ バージョンをレプリケートするための、ネットワーク エグレスの料金。Network egress charges for replication of the first image version from the source region to the replicated regions. 後続のレプリカはリージョン内で処理されるので、追加料金は発生しません。Subsequent replicas are handled within the region, so there are no additional charges.

リソースの更新Updating resources

作成されたイメージ ギャラリー リソースを変更することができます。Once created, you can make some changes to the image gallery resources. 以下に制限されています。These are limited to:

共有イメージ ギャラリー:Shared image gallery:

  • 説明Description

イメージ定義:Image definition:

  • 推奨される vCPU:Recommended vCPUs
  • 推奨されるメモリRecommended memory
  • 説明Description
  • 有効期限の終了日End of life date

イメージ バージョン:Image version:

  • リージョンのレプリカ数Regional replica count
  • ターゲット リージョンTarget regions
  • 最新から除外Exclude from latest
  • 有効期限の終了日End of life date

SDK のサポートSDK support

共有イメージ ギャラリーの作成は、次の SDK でサポートされます。The following SDKs support creating Shared Image Galleries:

テンプレートTemplates

共有イメージ ギャラリー リソースは、テンプレートを使用して作成できます。You can create Shared Image Gallery resource using templates. いくつかの Azure クイック スタート テンプレートが用意されています。There are several Azure Quickstart Templates available:

よく寄せられる質問Frequently asked questions

アクセス可能なサブスクリプション全体での Shared Image Gallery リソースをAzure Portal 上にすべて一覧表示するには、次の手順に従います。To list all the Shared Image Gallery resources across subscriptions that you have access to on the Azure portal, follow the steps below:

  1. Azure Portalを開きます。Open the Azure portal.
  2. ページを下にスクロールし、 [すべてのリソース] を選択します。Scroll down the page and select All resources.
  3. 全リソースを一覧表示するサブスクリプションを、すべて選択します。Select all the subscriptions under which you’d like to list all the resources.
  4. リソースの種類の [共有イメージ ギャラリー] を探します。Look for resources of type Shared image gallery, .

アクセス可能なサブスクリプション全体の共有イメージ ギャラリー リソースをすべて一覧表示するために、Azure CLI で次のコマンドを使用します。To list all the Shared Image Gallery resources across subscriptions that you have permissions to, use the following command in the Azure CLI:

   az account list -otsv --query "[].id" | xargs -n 1 az sig list --subscription

詳細については、Azure CLI または PowerShell を使用したギャラリー リソースの管理に関する記事を参照してください。For more information, see Manage gallery resources using the Azure CLI or PowerShell.

はい。Yes. イメージの種類に基づいて、次の 3 つのシナリオが考えられます。There are 3 scenarios based on the types of images you may have.

シナリオ 1:マネージド イメージがある場合は、イメージ定義を作成して、その定義からイメージ バージョンを作成できる。Scenario 1: If you have a managed image, then you can create an image definition and image version from it. 詳細については、Azure CLI または PowerShell を使用したマネージド イメージからイメージ バージョンへの移行に関する記事を参照してください。For more information, see Migrate from a managed image to an image version using the Azure CLI or PowerShell.

シナリオ 2: アンマネージド イメージがある場合、そこからマネージド イメージを作成した後、イメージ定義とイメージ バージョンを作成できる。Scenario 2: If you have an unmanaged image, you can create a managed image from it, and then create an image definition and image version from it.

シナリオ 3: ローカル ファイル システムに VHD がある場合、VHD をマネージド イメージにアップロードする必要がある。その後、イメージ定義とイメージ バージョンを作成できる。Scenario 3: If you have a VHD in your local file system, then you need to upload the VHD to a managed image, then you can create an image definition and image version from it.

特殊なディスクからイメージ バージョンを作成できますか?Can I create an image version from a specialized disk?

特殊化されたイメージからの VM の作成は、CLIPowerShell、または API を使用して実行できます。Yes, can create a VM from a specialized image using the CLI, PowerShell, or API.

いいえ、別のサブスクリプションに共有イメージ ギャラリー リソースを移動することはできません。No, you can't move the shared image gallery resource to a different subscription. Azure CLI または PowerShell を使用して、ギャラリー内のイメージ バージョンを他のリージョンにレプリケートしたり、別のギャラリーからイメージをコピーしたりすることはできます。You can replicate the image versions in the gallery to other regions or copy an image from another gallery using the Azure CLI or PowerShell.

Azure China 21Vianet、Azure Germany、または Azure Government クラウドなどの複数のクラウドとの間で、自分のイメージ バージョンをレプリケートできますか?Can I replicate my image versions across clouds such as Azure China 21Vianet or Azure Germany or Azure Government Cloud?

いいえ、クラウド間でイメージのバージョンをレプリケートすることはできません。No, you cannot replicate image versions across clouds.

サブスクリプション間で自分のイメージ バージョンをレプリケートできますか?Can I replicate my image versions across subscriptions?

いいえ、1 つのサブスクリプション内にあるリージョン全体にイメージ バージョンをレプリケートして、RBAC 経由で他のサブスクリプションでこれを使用できます。No, you may replicate the image versions across regions in a subscription and use it in other subscriptions through RBAC.

Azure AD のテナント間でイメージ バージョンを共有できますか?Can I share image versions across Azure AD tenants?

はい、RBAC を使用して、別のテナントのユーザーと共有することができます。Yes, you can use RBAC to share to individuals across tenants. ただし、大規模に共有するには、PowerShell または CLI を使用する "Azure テナント間のイメージ ギャラリーの共有" を参照してください。But, to share at scale, see "Share gallery images across Azure tenants" using PowerShell or CLI.

ターゲット リージョン全体にイメージ バージョンをレプリケートするには、どのくらいの時間がかかりますか?How long does it take to replicate image versions across the target regions?

イメージ バージョンのレプリケート時間は、イメージのサイズとレプリケートされるリージョン数に完全に依存します。The image version replication time is entirely dependent on the size of the image and the number of regions it is being replicated to. ただし、最短時間にするには、ベスト プラクティスとして、イメージを小規模なままにして、ソースとターゲットのリージョンを近接させることをお勧めします。However, as a best practice, it is recommended that you keep the image small, and the source and target regions close for best results. -ReplicationStatus フラグを使用して、レプリケーション ステータスをチェックできます。You can check the status of the replication using the -ReplicationStatus flag.

ソース リージョンとターゲット リージョンの違いは何ですか?What is the difference between source region and target region?

ソース リージョンとは、イメージ バージョンが作成されるリージョンであり、ターゲット リージョンとは、イメージ バージョンのコピーが保管されるリージョンです。Source region is the region in which your image version will be created, and target regions are the regions in which a copy of your image version will be stored. イメージ バージョンごとに、ソース リージョンは 1 つだけです。For each image version, you can only have one source region. また、イメージ バージョンを作成するときに、必ずソース リージョンの場所をターゲット リージョンの 1 つとして渡すようにします。Also, make sure that you pass the source region location as one of the target regions when you create an image version.

イメージ バージョンの作成時にソース リージョンを指定する方法を教えてください。How do I specify the source region while creating the image version?

イメージ バージョンの作成時は、CLI の場合 -location タグ、PowerShell の場合 -Location タグを使用して、ソース リージョンを指定できます。While creating an image version, you can use the --location tag in CLI and the -Location tag in PowerShell to specify the source region. イメージ バージョンを作成するための基本イメージとして使用しているマネージド イメージが、イメージ バージョンの作成を予定している場所と同じ場所にあることを確認してください。Please ensure the managed image that you are using as the base image to create the image version is in the same location as the location in which you intend to create the image version. また、イメージ バージョンを作成するときに、必ずソース リージョンの場所をターゲット リージョンの 1 つとして渡すようにします。Also, make sure that you pass the source region location as one of the target regions when you create an image version.

各リージョンで作成されるイメージ バージョンのレプリカ数を指定する方法を教えてください。How do I specify the number of image version replicas to be created in each region?

各リージョンで作成されるイメージ バージョンのレプリカ数は、次の 2 つの方法で指定できます。There are two ways you can specify the number of image version replicas to be created in each region:

  1. リージョン レプリカ数。リージョンごとに作成したいレプリカ数を指定します。The regional replica count which specifies the number of replicas you want to create per region.
  2. リージョン レプリカ数が指定されない場合、リージョンごとの既定値となる共通レプリカ数。The common replica count which is the default per region count in case regional replica count is not specified.

リージョン レプリカ数を指定するには、そのリージョンで作成するレプリカの数と場所を渡します (例: "South Central US=2")。To specify the regional replica count, pass the location along with the number of replicas you want to create in that region: “South Central US=2”.

各場所のリージョン レプリカ数が指定されない場合は、指定した共通レプリカ数が、レプリカの既定の数になります。If regional replica count is not specified with each location, then the default number of replicas will be the common replica count that you specified.

CLI で共通レプリカ数を指定するには、az sig image-version create コマンドで -replica-count 引数を使用します。To specify the common replica count in CLI, use the --replica-count argument in the az sig image-version create command.

はい、できます。Yes, it is possible. ただし、ベスト プラクティスとしては、リソース グループ、共有イメージ ギャラリー、イメージ定義、およびイメージ バージョンを同じ場所に保持することをお勧めします。But, as a best practice, we encourage you to keep the resource group, shared image gallery, image definition, and image version in the same location.

イメージ バージョンを格納するためのストレージの料金、ソース リージョンからターゲット リージョンへイメージ バージョンをレプリケートするためのネットワーク エグレスの料金を除いて、共有イメージ ギャラリー サービスの使用料金はかかりません。There are no charges for using the Shared Image Gallery service, except the storage charges for storing the image versions and network egress charges for replicating the image versions from source region to target regions.

共有イメージ ギャラリー、イメージ定義、およびイメージ バージョンを操作するには、API バージョン 2018-06-01 を使用することをお勧めします。To work with shared image galleries, image definitions, and image versions, we recommend you use API version 2018-06-01. ゾーン冗長ストレージ (ZRS) には、バージョン 2019-03-01 以降が必要です。Zone Redundant Storage (ZRS) requires version 2019-03-01 or later.

イメージ バージョンから共有 VM または仮想マシン スケール セットを作成するには、どの API バージョンを使用する必要がありますか?What API version should I use to create Shared VM or Virtual Machine Scale Set out of the Image Version?

イメージ バージョンを使用する VM と仮想マシン スケール セットのデプロイには、API バージョン 2018-04-01 以上を使用することをお勧めします。For VM and Virtual Machine Scale Set deployments using an image version, we recommend you use API version 2018-04-01 or higher.

はい。OS の種類、Hyper-V の世代、およびデータ ディスク レイアウトがイメージ間で一致している限り、マネージド イメージから共有イメージ ギャラリーのイメージにスケール セット イメージ参照を更新できます。Yes, you can update the scale set image reference from a managed image to a shared image gallery image, as long as the the OS type, Hyper-V generation, and the data disk layout matches between the images.

次のステップNext steps

Azure PowerShell を使用して共有イメージをデプロイする方法を学習します。Learn how to deploy shared images using Azure PowerShell.