SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines のデプロイAzure Virtual Machines deployment for SAP NetWeaver

注意

Azure には、リソースの作成と操作に使用できるデプロイメント モデルが 2 種類あります。Azure Resource Manager とクラシックですAzure has two different deployment models you can use to create and work with resources: Azure Resource Manager and classic. この記事では、Resource Manager デプロイ モデルの使用について説明します。This article covers the use of the Resource Manager deployment model. 新しいデプロイには、クラシック デプロイ モデルではなく、Resource Manager デプロイ モデルをお勧めします。We recommend the Resource Manager deployment model for new deployments instead of the classic deployment model.

Azure Virtual Machines は、時間のかかる調達サイクルなしに、最短時間でコンピューティング リソースとストレージ リソースを必要とする組織向けのソリューションです。Azure Virtual Machines is the solution for organizations that need compute and storage resources, in minimal time, and without lengthy procurement cycles. Azure Virtual Machines を使用して、SAP NetWeaver ベースのアプリケーションなど、従来のアプリケーションを Azure にデプロイできます。You can use Azure Virtual Machines to deploy classical applications, like SAP NetWeaver-based applications, in Azure. オンプレミスのリソースを追加せずに、アプリケーションの信頼性と可用性を高めます。Extend an application's reliability and availability without additional on-premises resources. Azure Virtual Machines はクロスプレミス接続をサポートしているので、Azure Virtual Machines を組織のオンプレミスのドメイン、プライベート クラウド、SAP システム ランドスケープに統合できます。Azure Virtual Machines supports cross-premises connectivity, so you can integrate Azure Virtual Machines into your organization's on-premises domains, private clouds, and SAP system landscape.

この記事では、代替のデプロイ方法やトラブルシューティングも含め、Azure の仮想マシン (VM) に SAP アプリケーションをデプロイする手順について説明します。In this article, we cover the steps to deploy SAP applications on virtual machines (VMs) in Azure, including alternate deployment options and troubleshooting. この記事は、「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」の情報に基づいています。This article builds on the information in Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver. また、この記事は、SAP ソフトウェアをインストールしてデプロイするときの主要リソースである SAP インストール ドキュメントと SAP Note を補完するものです。It also complements SAP installation documentation and SAP Notes, which are the primary resources for installing and deploying SAP software.

前提条件Prerequisites

注意

この記事は、Azure Az PowerShell モジュールを使用するように更新されています。This article has been updated to use the Azure Az PowerShell module. Az PowerShell モジュールは、Azure と対話するために推奨される PowerShell モジュールです。The Az PowerShell module is the recommended PowerShell module for interacting with Azure. Az PowerShell モジュールの使用を開始するには、「Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。To get started with the Az PowerShell module, see Install Azure PowerShell. Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。To learn how to migrate to the Az PowerShell module, see Migrate Azure PowerShell from AzureRM to Az.

SAP ソフトウェアのデプロイ用の Azure 仮想マシンをセットアップするには、複数の手順とリソースが必要となります。Setting up an Azure virtual machine for SAP software deployment involves multiple steps and resources. 作業を開始する前に、Azure の仮想マシンにSAP ソフトウェアをインストールするための前提条件を満たしていることを確認してください。Before you start, make sure that you meet the prerequisites for installing SAP software on virtual machines in Azure.

ローカル コンピューターLocal computer

Windows VM または Linux VM を管理するには、PowerShell スクリプトと Azure Portal を使用します。To manage Windows or Linux VMs, you can use a PowerShell script and the Azure portal. どちらのツールも、Windows 7 以降のバージョンの Windows を実行しているローカル コンピューターが必要です。For both tools, you need a local computer running Windows 7 or a later version of Windows. Linux VM だけを管理し、この作業に Linux コンピューターを使用する場合は、Azure CLI を使用できます。If you want to manage only Linux VMs and you want to use a Linux computer for this task, you can use Azure CLI.

インターネット接続Internet connection

SAP ソフトウェアのデプロイに必要なツールとスクリプトをダウンロードして実行するには、インターネットに接続している必要があります。To download and run the tools and scripts that are required for SAP software deployment, you must be connected to the Internet. また、Azure Extension for SAP が実行されている Azure VM でも、インターネットへのアクセスが必要です。The Azure VM that is running the Azure Extension for SAP also needs access to the Internet. Azure VM が Azure 仮想ネットワークまたはオンプレミス ドメインに属している場合は、「プロキシの構成」の説明に従って関連するプロキシ設定が構成されていることを確認してください。If the Azure VM is part of an Azure virtual network or on-premises domain, make sure that the relevant proxy settings are set, as described in Configure the proxy.

Microsoft Azure サブスクリプションMicrosoft Azure subscription

アクティブな Azure アカウントが必要です。You need an active Azure account.

トポロジとネットワークTopology and networking

Azure における SAP デプロイのトポロジとアーキテクチャを定義する必要があります。You need to define the topology and architecture of the SAP deployment in Azure:

  • 使用する Azure ストレージ アカウントAzure storage accounts to be used
  • SAP システムをデプロイする仮想ネットワークVirtual network where you want to deploy the SAP system
  • SAP システムをデプロイするリソース グループResource group to which you want to deploy the SAP system
  • SAP システムをデプロイする Azure リージョンAzure region where you want to deploy the SAP system
  • SAP 構成 (2 層または 3 層)SAP configuration (two-tier or three-tier)
  • VM サイズと、VM にマウントする追加データ ディスクの数VM sizes and the number of additional data disks to be mounted to the VMs
  • SAP 移送/修正システム (CTS) 構成SAP Correction and Transport System (CTS) configuration

SAP ソフトウェア デプロイ プロセスを開始する前に、Azure ストレージ アカウントまたは Azure 仮想ネットワークを作成し、構成します (必要な場合)。Create and configure Azure storage accounts (if required) or Azure virtual networks before you begin the SAP software deployment process. これらのリソースを作成し、構成する方法については、「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」をご覧ください。For information about how to create and configure these resources, see Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver.

SAP のサイズ設定SAP sizing

SAP のサイズ設定を行うために、次の情報を把握しておきます。Know the following information, for SAP sizing:

  • 予想される SAP ワークロード (たとえば、SAP Quick Sizer ツールを使用して予想) と SAPS (SAP Application Performance Standard) 番号Projected SAP workload, for example, by using the SAP Quick Sizer tool, and the SAP Application Performance Standard (SAPS) number
  • SAP システムの必要な CPU リソースとメモリ使用量Required CPU resource and memory consumption of the SAP system
  • 1 秒あたりの必要な入出力 (I/O) 操作Required input/output (I/O) operations per second
  • Azure の VM 間での最終的な通信に必要なネットワーク帯域幅Required network bandwidth of eventual communication between VMs in Azure
  • オンプレミス資産と Azure にデプロイされた SAP システム間に必要なネットワーク帯域幅Required network bandwidth between on-premises assets and the Azure-deployed SAP system

リソース グループResource groups

Azure Resource Manager では、リソース グループを使用して Azure サブスクリプション内のすべてのアプリケーション リソースを管理できます。In Azure Resource Manager, you can use resource groups to manage all the application resources in your Azure subscription. 詳細については、「Azure Resource Manager の概要」を参照してください。For more information, see Azure Resource Manager overview.

リソースResources

SAP リソースSAP resources

SAP ソフトウェア デプロイをセットアップするときには、次の SAP リソースが必要です。When you are setting up your SAP software deployment, you need the following SAP resources:

  • SAP Note 1928533: 次の情報が含まれています。SAP Note 1928533, which has:

    • SAP ソフトウェアのデプロイでサポートされる Azure VM サイズの一覧List of Azure VM sizes that are supported for the deployment of SAP software
    • Azure VM サイズの容量に関する重要な情報Important capacity information for Azure VM sizes
    • サポートされる SAP ソフトウェア、およびオペレーティング システム (OS) とデータベースの組み合わせSupported SAP software, and operating system (OS) and database combinations
    • Microsoft Azure 上の Windows と Linux に必要な SAP カーネル バージョンRequired SAP kernel version for Windows and Linux on Microsoft Azure
  • SAP Note 2015553: SAP でサポートされる Azure 上の SAP ソフトウェア デプロイの前提条件が記載されています。SAP Note 2015553 lists prerequisites for SAP-supported SAP software deployments in Azure.

  • SAP Note 2178632: Azure 上の SAP について報告されるすべての監視メトリックに関する詳細情報が記載されています。SAP Note 2178632 has detailed information about all monitoring metrics reported for SAP in Azure.

  • SAP Note 1409604: Azure 上の Windows に必要な SAP Host Agent のバージョンが記載されています。SAP Note 1409604 has the required SAP Host Agent version for Windows in Azure.

  • SAP Note 2191498: Azure 上の Linux に必要な SAP Host Agent のバージョンが記載されています。SAP Note 2191498 has the required SAP Host Agent version for Linux in Azure.

  • SAP Note 2243692: Azure 上の Linux で動作する SAP のライセンスに関する情報が記載されています。SAP Note 2243692 has information about SAP licensing on Linux in Azure.

  • SAP Note 1984787: SUSE Linux Enterprise Server 12 に関する一般情報が記載されています。SAP Note 1984787 has general information about SUSE Linux Enterprise Server 12.

  • SAP Note 2002167: Red Hat Enterprise Linux 7.x に関する一般情報が記載されています。SAP Note 2002167 has general information about Red Hat Enterprise Linux 7.x.

  • SAP Note 2069760: Oracle Linux 7.x に関する一般情報が記載されています。SAP Note 2069760 has general information about Oracle Linux 7.x.

  • SAP Note 1999351: Azure Extension for SAP に関するその他のトラブルシューティング情報が記載されています。SAP Note 1999351 has additional troubleshooting information for the Azure Extension for SAP.

  • SAP Note 1597355: Linux のスワップ領域に関する一般情報が記載されています。SAP Note 1597355 has general information about swap-space for Linux.

  • SAP on Azure SCN ページ: ニュースと便利なリソースのコレクションです。SAP on Azure SCN page has news and a collection of useful resources.

  • SAP Community WIKI: Linux に必要なすべての SAP Note を参照できます。SAP Community WIKI has all required SAP Notes for Linux.

  • Azure PowerShell の一部である SAP 固有の PowerShell コマンドレット。SAP-specific PowerShell cmdlets that are part of Azure PowerShell.

  • Azure CLI の一部である SAP 固有の Azure CLI コマンド。SAP-specific Azure CLI commands that are part of Azure CLI.

Windows リソースWindows resources

Microsoft の次の記事では、Azure 上の SAP デプロイについて説明しています。These Microsoft articles cover SAP deployments in Azure:

Azure VM での SAP ソフトウェアのデプロイ シナリオDeployment scenarios for SAP software on Azure VMs

VM および関連付けられているディスクを Azure にデプロイする方法が複数用意されています。You have multiple options for deploying VMs and associated disks in Azure. 選択したデプロイの種類によって、デプロイする VM を準備する手順が異なる場合があるため、デプロイ方法の違いを理解しておくことが重要です。It's important to understand the differences between deployment options, because you might take different steps to prepare your VMs for deployment based on the deployment type you choose.

シナリオ 1:SAP 用 Azure Marketplace から VM をデプロイするScenario 1: Deploying a VM from the Azure Marketplace for SAP

Azure Marketplace で Microsoft またはサード パーティが提供するイメージを使用して VM をデプロイできます。You can use an image provided by Microsoft or by a third party in the Azure Marketplace to deploy your VM. Marketplace には、Windows Server とさまざまな Linux ディストリビューションの標準 OS イメージが用意されています。The Marketplace offers some standard OS images of Windows Server and different Linux distributions. Microsoft SQL Server などのデータベース管理システム (DBMS) SKU を含むイメージをデプロイすることもできます。You also can deploy an image that includes database management system (DBMS) SKUs, for example, Microsoft SQL Server. DBMS SKU を含むイメージの使用方法の詳細については、「Azure Virtual Machines 上の SAP NetWeaver – DBMS デプロイ ガイド」をご覧ください。For more information about using images with DBMS SKUs, see Azure Virtual Machines DBMS deployment for SAP NetWeaver.

次のフローチャートは、Azure Marketplace から VM をデプロイする際の SAP 固有の一連の手順を示しています。The following flowchart shows the SAP-specific sequence of steps for deploying a VM from the Azure Marketplace:

Azure Marketplace の VM イメージを使用した SAP システム用 VM のデプロイのフローチャート

Azure Portal を使用した仮想マシンの作成Create a virtual machine by using the Azure portal

Azure Marketplace のイメージを使用して新しい仮想マシンを作成する最も簡単な方法は、Azure Portal を使用することです。The easiest way to create a new virtual machine with an image from the Azure Marketplace is by using the Azure portal.

  1. https://portal.azure.com/#create/hub にアクセスします。Go to https://portal.azure.com/#create/hub. または、Azure Portal のメニューの [+ 新規] をクリックします。Or, in the Azure portal menu, select + New.
  2. [コンピューティング] を選択し、デプロイするオペレーティング システムの種類Select Compute, and then select the type of operating system you want to deploy. (Windows Server 2012 R2、SUSE Linux Enterprise Server 12 (SLES 12)、Red Hat Enterprise Linux 7.2 (RHEL 7.2)、Oracle Linux 7.2 など) を選びます。For example, Windows Server 2012 R2, SUSE Linux Enterprise Server 12 (SLES 12), Red Hat Enterprise Linux 7.2 (RHEL 7.2), or Oracle Linux 7.2. 既定のリスト ビューには、サポートされているオペレーティング システムがすべて表示されるわけではありません。The default list view does not show all supported operating systems. 完全な一覧を表示するには、 [すべて表示] を選択します。Select see all for a full list. SAP ソフトウェア デプロイのサポートされているオペレーティング システムの詳細については、SAP Note 1928533 を参照してください。For more information about supported operating systems for SAP software deployment, see SAP Note 1928533.
  3. 次のページで使用条件を確認します。On the next page, review terms and conditions.
  4. [デプロイ モデルの選択][Resource Manager] を選択します。In the Select a deployment model box, select Resource Manager.
  5. [作成] を選択しますSelect Create.

ウィザードの指示に従って、必要なすべてのリソース (ネットワーク インターフェイスやストレージ アカウントなど) だけでなく、仮想マシンを作成するために必要なパラメーターも設定します。The wizard guides you through setting the required parameters to create the virtual machine, in addition to all required resources, like network interfaces and storage accounts. 次のようなパラメーターがあります。Some of these parameters are:

  1. [基本] :Basics:

    • Name:リソースの名前 (仮想マシン名)。Name: The name of the resource (the virtual machine name).
    • VM ディスクの種類: OS ディスクのディスクの種類を選択します。VM disk type: Select the disk type of the OS disk. データ ディスクに Premium Storage を使いたい場合は、OS ディスクにも Premium Storage を使うことをお勧めします。If you want to use Premium Storage for your data disks, we recommend using Premium Storage for the OS disk as well.
    • [ユーザー名とパスワード] または [SSH 公開キー] : プロビジョニング中に作成されるユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。Username and password or SSH public key: Enter the username and password of the user that is created during the provisioning. Linux 仮想マシンの場合、マシンへのサインインに使用する Secure Shell (SSH) 公開キーを入力できます。For a Linux virtual machine, you can enter the public Secure Shell (SSH) key that you use to sign in to the machine.
    • サブスクリプション:新しい仮想マシンをプロビジョニングするために使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription that you want to use to provision the new virtual machine.
    • [リソース グループ] :VM のリソース グループの名前。Resource group: The name of the resource group for the VM. 新しいリソース グループの名前を入力することも、既存のリソース グループの名前を入力することもできます。You can enter either the name of a new resource group or the name of a resource group that already exists.
    • [場所] :新しい仮想マシンをデプロイする場所。Location: Where to deploy the new virtual machine. 仮想マシンをオンプレミス ネットワークに接続する場合は、Azure をオンプレミス ネットワークに接続する仮想ネットワークの場所を必ず選択します。If you want to connect the virtual machine to your on-premises network, make sure you select the location of the virtual network that connects Azure to your on-premises network. 詳しくは、「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」の「Microsoft Azure のネットワーク」をご覧ください。For more information, see Microsoft Azure networking in Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver.
  2. Size:Size:

    サポートされている VM の種類の一覧については、SAP Note 1928533 を参照してください。For a list of supported VM types, see SAP Note 1928533. Azure Premium Storage を使用する場合は、適切な VM の種類を選択してください。Be sure you select the correct VM type if you want to use Azure Premium Storage. Premium Storage ではすべての VM の種類はサポートしていません。Not all VM types support Premium Storage. 詳細については、「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」の「ストレージ: Microsoft Azure Storage とデータ ディスク」と SAP ワークロード用の Azure Storage に関する記事をご覧ください。For more information, see Storage: Microsoft Azure Storage and data disks and Azure storage for SAP workloads in Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver.

  3. 設定:Settings:

    • StorageStorage
      • ディスクの種類: OS ディスクのディスクの種類を選択します。Disk Type: Select the disk type of the OS disk. データ ディスクに Premium Storage を使いたい場合は、OS ディスクにも Premium Storage を使うことをお勧めします。If you want to use Premium Storage for your data disks, we recommend using Premium Storage for the OS disk as well.
      • [マネージド ディスクの使用] : Managed Disks を使用する場合は、[はい] を選択します。Use managed disks: If you want to use Managed Disks, select Yes. Managed Disks について詳しくは、計画ガイドの Managed Disks の章をご覧ください。For more information about Managed Disks, see chapter Managed Disks in the planning guide.
      • ストレージ アカウント: 既存のストレージ アカウントを選択するか、または新しいアカウントを作成します。Storage account: Select an existing storage account or create a new one. すべてのストレージの種類が SAP アプリケーションの実行に対応しているわけではありません。Not all storage types work for running SAP applications. ストレージの種類の詳細については、「RDBMS デプロイの VM のストレージの構造」を参照してください。For more information about storage types, see Storage structure of a VM for RDBMS Deployments.
    • NetworkNetwork
      • [仮想ネットワーク][サブネット] : 仮想マシンをイントラネットと統合するには、オンプレミスのネットワークに接続されている仮想ネットワークを選択します。Virtual network and Subnet: To integrate the virtual machine with your intranet, select the virtual network that is connected to your on-premises network.
      • [パブリック IP アドレス] : 使用するパブリック IP アドレスを選択するか、または新しいパブリック IP アドレスを作成するためのパラメーターを入力します。Public IP address: Select the public IP address that you want to use, or enter parameters to create a new public IP address. パブリック IP アドレスを使用して、インターネット経由で仮想マシンにアクセスできます。You can use a public IP address to access your virtual machine over the Internet. 仮想マシンへのアクセスをセキュリティで保護するために、ネットワーク セキュリティ グループも作成してください。Make sure that you also create a network security group to help secure access to your virtual machine.
      • [ネットワーク セキュリティ グループ] : 詳細については、ネットワーク セキュリティ グループを使用したネットワーク トラフィック フローの制御に関するページを参照してください。Network security group: For more information, see Control network traffic flow with network security groups.
    • [拡張機能] : デプロイに追加することによって、仮想マシン拡張機能をインストールできます。Extensions: You can install virtual machine extensions by adding them to the deployment. この手順では、拡張機能を追加する必要はありません。You do not need to add extensions in this step. SAP サポートに必要な拡張機能は、後でインストールします。The extensions required for SAP support are installed later. このガイドの「Azure Extension for SAP を構成する」の章をご覧ください。See chapter Configure the Azure Extension for SAP in this guide.
    • 高可用性: 可用性セットを選択するか、または新しい可用性セットを作成するためのパラメーターを入力します。High Availability: Select an availability set, or enter the parameters to create a new availability set. 詳細については、「Azure の可用性セット」をご覧ください。For more information, see Azure availability sets.
    • MonitoringMonitoring
      • [ブート診断] : ブート診断には [無効] を選択できます。Boot diagnostics: You can select Disable for boot diagnostics.
      • [ゲスト OS の診断] : 監視診断には [無効] を選択できます。Guest OS diagnostics: You can select Disable for monitoring diagnostics.
  4. 概要:Summary:

    選択内容を確認し、 [OK] をクリックします。Review your selections, and then select OK.

選択したリソース グループに仮想マシンがデプロイされます。Your virtual machine is deployed in the resource group you selected.

テンプレートを使用した仮想マシンの作成Create a virtual machine by using a template

azure-quickstart-templates GitHub リポジトリで公開されている SAP テンプレートのいずれかを使用して仮想マシンを作成できます。You can create a virtual machine by using one of the SAP templates published in the azure-quickstart-templates GitHub repository. また、Azure portalPowerShell、または Azure CLI を使用して、仮想マシンを手動で作成することもできます。You also can manually create a virtual machine by using the Azure portal, PowerShell, or Azure CLI.

Azure Portal で、テンプレートの次のパラメーターを入力します。In the Azure portal, enter the following parameters for the template:

  1. [基本] :Basics:

    • サブスクリプション:テンプレートをデプロイするために使用するサブスクリプション。Subscription: The subscription to use to deploy the template.
    • [リソース グループ] :テンプレートをデプロイするために使用するリソース グループ。Resource group: The resource group to use to deploy the template. 新しいリソース グループを作成することも、サブスクリプション内の既存のリソース グループを選択することもできます。You can create a new resource group, or you can select an existing resource group in the subscription.
    • [場所] :テンプレートをデプロイする場所。Location: Where to deploy the template. 既存のリソース グループを選択した場合は、そのリソース グループの場所が使用されます。If you selected an existing resource group, the location of that resource group is used.
  2. 設定:Settings:

    • [SAP System ID] (SAP システム ID) : SAP システム ID (SID)。SAP System ID: The SAP System ID (SID).

    • [OS の種類] : デプロイするオペレーティング システム (Windows Server 2012 R2、SUSE Linux Enterprise Server 12 (SLES 12)、Red Hat Enterprise Linux 7.2 (RHEL 7.2)、Oracle Linux 7.2 など)。OS type: The operating system you want to deploy, for example, Windows Server 2012 R2, SUSE Linux Enterprise Server 12 (SLES 12), Red Hat Enterprise Linux 7.2 (RHEL 7.2), or Oracle Linux 7.2.

      リスト ビューには、サポートされているオペレーティング システムがすべて表示されるわけではありません。The list view does not show all supported operating systems. SAP ソフトウェア デプロイのサポートされているオペレーティング システムの詳細については、SAP Note 1928533 を参照してください。For more information about supported operating systems for SAP software deployment, see SAP Note 1928533.

    • [SAP system size] (SAP システムのサイズ) : SAP システムのサイズ。SAP system size: The size of the SAP system.

      新しいシステムで提供する SAPS の数です。The number of SAPS the new system provides. システムに必要な SAPS の数がわからない場合は、SAP のテクノロジ パートナーまたはシステム インテグレーターにお問い合わせください。If you are not sure how many SAPS the system requires, ask your SAP Technology Partner or System Integrator.

    • [System availability] (システムの可用性) (3 層テンプレートのみ): システムの可用性。System availability (three-tier template only): The system availability.

      高可用性インストールに適した構成用の HA を選択します。Select HA for a configuration that is suitable for a high-availability installation. ABAP SAP Central Services (ASCS) 用の 2 つのデータベース サーバーと 2 つのサーバーが作成されます。Two database servers and two servers for ABAP SAP Central Services (ASCS) are created.

    • [ストレージの種類] (2 層テンプレートのみ): 使用するストレージの種類。Storage type (two-tier template only): The type of storage to use.

      大規模なシステムの場合、Azure Premium Storage を使用することを強くお勧めします。For larger systems, we highly recommend using Azure Premium Storage. ストレージの種類の詳細については、次のリソースを参照してください。For more information about storage types, see these resources:

    • [管理ユーザー名][管理パスワード] : ユーザー名とパスワード。Admin username and Admin password: A username and password. 仮想マシンへのサインインに使用する新しいユーザーが作成されます。A new user is created, for signing in to the virtual machine.

    • [New or existing subnet] (新規または既存のサブネット) : 新しい仮想ネットワークとサブネットを作成するか、または既存のサブネットを使用するかを決定します。New or existing subnet: Determines whether a new virtual network and subnet are created or an existing subnet is used. オンプレミス ネットワークに接続されている仮想ネットワークが既にある場合は、 [Existing (既存)] を選択します。If you already have a virtual network that is connected to your on-premises network, select Existing.

    • [Subnet ID](サブネット ID) :VM を既存の VNet にデプロイする場合、その VNet で VM の割り当て先サブネットが定義されているときは、その特定のサブネットの ID を指定します。Subnet ID: If you want to deploy the VM into an existing VNet where you have a subnet defined the VM should be assigned to, name the ID of that specific subnet. 通常、ID は /subscriptions/<サブスクリプション ID>/resourceGroups/<リソース グループ名>/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/<仮想ネットワーク名>/subnets/<サブネット名> のようになります。The ID usually looks like this: /subscriptions/<subscription id>/resourceGroups/<resource group name>/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/<virtual network name>/subnets/<subnet name>

  3. 使用条件:Terms and conditions:
    法律条項を確認し、同意します。Review and accept the legal terms.

  4. [購入] を選択します。Select Purchase.

Azure Marketplace のイメージを使用すると、Azure VM エージェントが既定でデプロイされます。The Azure VM Agent is deployed by default when you use an image from the Azure Marketplace.

プロキシ設定の構成Configure proxy settings

オンプレミス ネットワークの構成方法によっては、VM でプロキシを設定することが必要な場合があります。Depending on how your on-premises network is configured, you might need to set up the proxy on your VM. VM が VPN または ExpressRoute 経由でオンプレミス ネットワークに接続されている場合、インターネットにアクセスできないことがあります。この場合、VM では、必要な VM 拡張機能をダウンロードしたり、Azure 用 SAP 拡張機能を介して SAP Host Agent 用の Azure インフラストラクチャ情報を収集したりすることができません。If your VM is connected to your on-premises network via VPN or ExpressRoute, the VM might not be able to access the Internet, and won't be able to download the required VM extensions or collect Azure infrastructure information for the SAP Host agent via the SAP extension for Azure. 詳細については、「プロキシの構成」をご覧ください。For more information, see Configure the proxy.

ドメインへの参加 (Windows のみ)Join a domain (Windows only)

Azure デプロイが Azure サイト間 VPN 接続または ExpressRoute 経由でオンプレミスの Active Directory または DNS インスタンスに接続されている場合 (「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」では、これを "クロスプレミス" と呼んでいます)、VM がオンプレミス ドメインに参加している必要があります。If your Azure deployment is connected to an on-premises Active Directory or DNS instance via an Azure site-to-site VPN connection or ExpressRoute (this is called cross-premises in Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver), it is expected that the VM is joining an on-premises domain. この作業に関する考慮事項の詳細については、「オンプレミス ドメインへの VM の参加 (Windows のみ)」をご覧ください。For more information about considerations for this task, see Join a VM to an on-premises domain (Windows only).

VM 拡張機能を構成するConfigure VM Extension

SAP で現在の環境がサポートされるように、「Azure Extension for SAP を構成する」の説明に従って、Azure Extension for SAP を設定します。To be sure SAP supports your environment, set up the Azure Extension for SAP as described in Configure the Azure Extension for SAP. SAP リソース」で示されているリソースの一覧で、SAP の前提条件と、SAP カーネルおよび SAP Host Agent の必要最小バージョンを確認してください。Check the prerequisites for SAP, and required minimum versions of SAP Kernel and SAP Host Agent, in the resources listed in SAP resources.

SAP 用 VM 拡張機能のチェックVM extension for SAP check

確認とトラブルシューティング」の説明に従って、SAP 用 VM 拡張機能が動作しているかどうかをチェックします。Check whether the VM Extension for SAP is working, as described in Checks and Troubleshooting.

デプロイ後の手順Post-deployment steps

VM を作成してデプロイしたら、必要なソフトウェア コンポーネントを VM にインストールする必要があります。After you create the VM and the VM is deployed, you need to install the required software components in the VM. VM のこの種のデプロイでは、デプロイ後にソフトウェアをインストールすることになるため、インストールするソフトウェアが Azure 内または別の VM 上で既に使用可能であるか、接続可能なディスクとして提供できる必要があります。Because of the deployment/software installation sequence in this type of VM deployment, the software to be installed must already be available, either in Azure, on another VM, or as a disk that can be attached. または、オンプレミスの資産 (インストール共有) への接続を提供するクロスプレミス シナリオを使用することを検討します。Or, consider using a cross-premises scenario, in which connectivity to the on-premises assets (installation shares) is given.

Azure に VM をデプロイしたら、オンプレミス環境の場合と同じガイドラインとツールに従って VM に SAP ソフトウェアをインストールします。After you deploy your VM in Azure, follow the same guidelines and tools to install the SAP software on your VM as you would in an on-premises environment. Azure VM に SAP ソフトウェアをインストールする場合、SAP と Microsoft では、SAP インストール メディアを Azure VHD または Managed Disks にアップロードして保存するか、必要なすべての SAP インストール メディアを格納したファイル サーバーとして機能する Azure VM を作成することを推奨しています。To install SAP software on an Azure VM, both SAP and Microsoft recommend that you upload and store the SAP installation media on Azure VHDs or Managed Disks, or that you create an Azure VM that works as a file server that has all the required SAP installation media.

シナリオ 2:SAP のカスタム イメージを使用して VM をデプロイするScenario 2: Deploying a VM with a custom image for SAP

オペレーティング システムまたは DBMS のバージョンによってパッチ要件がそれぞれ異なるため、Azure Marketplace で提供されるイメージがニーズに合わない場合があります。Because different versions of an operating system or DBMS have different patch requirements, the images you find in the Azure Marketplace might not meet your needs. このような場合、後で再度デプロイできるように、独自の OS/DBMS の VM イメージを使用して VM を作成できます。You might instead want to create a VM by using your own OS/DBMS VM image, which you can deploy again later. プライベート イメージを作成する手順は、Windows と Linux で異なります。You use different steps to create a private image for Linux than to create one for Windows.


Windows ロゴ。 WindowsWindows

複数の仮想マシンをデプロイするために使用できる Windows イメージを準備するには、オンプレミス VM で Windows 設定 (Windows SID やホスト名など) を抽象化または汎用化する必要があります。To prepare a Windows image that you can use to deploy multiple virtual machines, the Windows settings (like Windows SID and hostname) must be abstracted or generalized on the on-premises VM. これを行うには、sysprep を使用します。You can use sysprep to do this.

Linux ロゴ。 LinuxLinux

複数の仮想マシンをデプロイするために使用できる Linux イメージを準備するには、オンプレミス VM で一部の Linux 設定を抽象化または汎用化する必要があります。To prepare a Linux image that you can use to deploy multiple virtual machines, some Linux settings must be abstracted or generalized on the on-premises VM. これを行うには、waagent -deprovision を使用します。You can use waagent -deprovision to do this. 詳細については、Azure で実行されている Linux 仮想マシンのキャプチャに関する記事、および「Azure Linux エージェント ユーザー ガイド」をご覧ください。For more information, see Capture a Linux virtual machine running on Azure and the Azure Linux agent user guide.


カスタム イメージを作成し、そのイメージを使用して複数の新しい VM を作成できます。You can prepare and create a custom image, and then use it to create multiple new VMs. 方法については、「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」をご覧ください。This is described in Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver. SAP Software Provisioning Manager を使って新しい SAP システムをインストールし、仮想マシンに接続されているディスクからデータベース バックアップを復元するか、Azure Storage からデータベース バックアップを直接復元して (DBMS でサポートされている場合)、データベース コンテンツを設定します。Set up your database content either by using SAP Software Provisioning Manager to install a new SAP system (restores a database backup from a disk that's attached to the virtual machine) or by directly restoring a database backup from Azure storage, if your DBMS supports it. 詳細については、「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines DBMS のデプロイ」を参照してください。For more information, see Azure Virtual Machines DBMS deployment for SAP NetWeaver. オンプレミス VM (特に 2 層システム) に SAP システムが既にインストールされている場合は、SAP Software Provisioning Manager でサポートされているシステムの名前変更手順に従って、Azure VM のデプロイ後に SAP システム設定を調整できます (SAP Note 1619720)。If you have already installed an SAP system on your on-premises VM (especially for two-tier systems), you can adapt the SAP system settings after the deployment of the Azure VM by using the System Rename procedure supported by SAP Software Provisioning Manager (SAP Note 1619720). それ以外の場合は、Azure VM のデプロイ後に SAP ソフトウェアをインストールできます。Otherwise, you can install the SAP software after you deploy the Azure VM.

次のフローチャートは、カスタム イメージから VM をデプロイする際の SAP 固有の一連の手順を示しています。The following flowchart shows the SAP-specific sequence of steps for deploying a VM from a custom image:

Private Marketplace の VM イメージを使用した SAP システム用 VM のデプロイのフローチャート

Azure Portal を使用した仮想マシンの作成Create a virtual machine by using the Azure portal

管理ディスクのイメージから新しい仮想マシンを作成する最も簡単な方法は、Azure Portal を使うことです。The easiest way to create a new virtual machine from a Managed Disk image is by using the Azure portal. 管理ディスクイメージを作成する方法について詳しくは、「Azure で一般化された VM の管理対象イメージをキャプチャする」をご覧くださいFor more information on how to create a Manage Disk Image, read Capture a managed image of a generalized VM in Azure

  1. https://ms.portal.azure.com/#blade/HubsExtension/Resources/resourceType/Microsoft.Compute%2Fimages にアクセスします。Go to https://ms.portal.azure.com/#blade/HubsExtension/Resources/resourceType/Microsoft.Compute%2Fimages. または、Azure Portal のメニューで [イメージ] を選びます。Or, in the Azure portal menu, select Images.
  2. デプロイする管理ディスク イメージを選び、 [VM の作成] をクリックしますSelect the Managed Disk image you want to deploy and click on Create VM

ウィザードの指示に従って、必要なすべてのリソース (ネットワーク インターフェイスやストレージ アカウントなど) だけでなく、仮想マシンを作成するために必要なパラメーターも設定します。The wizard guides you through setting the required parameters to create the virtual machine, in addition to all required resources, like network interfaces and storage accounts. 次のようなパラメーターがあります。Some of these parameters are:

  1. [基本] :Basics:

    • Name:リソースの名前 (仮想マシン名)。Name: The name of the resource (the virtual machine name).
    • VM ディスクの種類: OS ディスクのディスクの種類を選択します。VM disk type: Select the disk type of the OS disk. データ ディスクに Premium Storage を使いたい場合は、OS ディスクにも Premium Storage を使うことをお勧めします。If you want to use Premium Storage for your data disks, we recommend using Premium Storage for the OS disk as well.
    • [ユーザー名とパスワード] または [SSH 公開キー] : プロビジョニング中に作成されるユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。Username and password or SSH public key: Enter the username and password of the user that is created during the provisioning. Linux 仮想マシンの場合、マシンへのサインインに使用する Secure Shell (SSH) 公開キーを入力できます。For a Linux virtual machine, you can enter the public Secure Shell (SSH) key that you use to sign in to the machine.
    • サブスクリプション:新しい仮想マシンをプロビジョニングするために使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription that you want to use to provision the new virtual machine.
    • [リソース グループ] :VM のリソース グループの名前。Resource group: The name of the resource group for the VM. 新しいリソース グループの名前を入力することも、既存のリソース グループの名前を入力することもできます。You can enter either the name of a new resource group or the name of a resource group that already exists.
    • [場所] :新しい仮想マシンをデプロイする場所。Location: Where to deploy the new virtual machine. 仮想マシンをオンプレミス ネットワークに接続する場合は、Azure をオンプレミス ネットワークに接続する仮想ネットワークの場所を必ず選択します。If you want to connect the virtual machine to your on-premises network, make sure you select the location of the virtual network that connects Azure to your on-premises network. 詳しくは、「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」の「Microsoft Azure のネットワーク」をご覧ください。For more information, see Microsoft Azure networking in Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver.
  2. Size:Size:

    サポートされている VM の種類の一覧については、SAP Note 1928533 を参照してください。For a list of supported VM types, see SAP Note 1928533. Azure Premium Storage を使用する場合は、適切な VM の種類を選択してください。Be sure you select the correct VM type if you want to use Azure Premium Storage. Premium Storage ではすべての VM の種類はサポートしていません。Not all VM types support Premium Storage. 詳細については、「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」の「ストレージ: Microsoft Azure Storage とデータ ディスク」と SAP ワークロード用の Azure Storage に関する記事をご覧ください。For more information, see Storage: Microsoft Azure Storage and data disks and Azure storage for SAP workloads in Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver.

  3. 設定:Settings:

    • StorageStorage
      • ディスクの種類: OS ディスクのディスクの種類を選択します。Disk Type: Select the disk type of the OS disk. データ ディスクに Premium Storage を使いたい場合は、OS ディスクにも Premium Storage を使うことをお勧めします。If you want to use Premium Storage for your data disks, we recommend using Premium Storage for the OS disk as well.
      • [マネージド ディスクの使用] : Managed Disks を使用する場合は、[はい] を選択します。Use managed disks: If you want to use Managed Disks, select Yes. Managed Disks について詳しくは、計画ガイドの Managed Disks の章をご覧ください。For more information about Managed Disks, see chapter Managed Disks in the planning guide.
    • NetworkNetwork
      • [仮想ネットワーク][サブネット] : 仮想マシンをイントラネットと統合するには、オンプレミスのネットワークに接続されている仮想ネットワークを選択します。Virtual network and Subnet: To integrate the virtual machine with your intranet, select the virtual network that is connected to your on-premises network.
      • [パブリック IP アドレス] : 使用するパブリック IP アドレスを選択するか、または新しいパブリック IP アドレスを作成するためのパラメーターを入力します。Public IP address: Select the public IP address that you want to use, or enter parameters to create a new public IP address. パブリック IP アドレスを使用して、インターネット経由で仮想マシンにアクセスできます。You can use a public IP address to access your virtual machine over the Internet. 仮想マシンへのアクセスをセキュリティで保護するために、ネットワーク セキュリティ グループも作成してください。Make sure that you also create a network security group to help secure access to your virtual machine.
      • [ネットワーク セキュリティ グループ] : 詳細については、ネットワーク セキュリティ グループを使用したネットワーク トラフィック フローの制御に関するページを参照してください。Network security group: For more information, see Control network traffic flow with network security groups.
    • [拡張機能] : デプロイに追加することによって、仮想マシン拡張機能をインストールできます。Extensions: You can install virtual machine extensions by adding them to the deployment. この手順では、拡張機能を追加する必要はありません。You do not need to add extension in this step. SAP サポートに必要な拡張機能は、後でインストールします。The extensions required for SAP support are installed later. このガイドの「Azure Extension for SAP を構成する」の章をご覧ください。See chapter Configure the Azure Extension for SAP in this guide.
    • 高可用性: 可用性セットを選択するか、または新しい可用性セットを作成するためのパラメーターを入力します。High Availability: Select an availability set, or enter the parameters to create a new availability set. 詳細については、「Azure の可用性セット」をご覧ください。For more information, see Azure availability sets.
    • MonitoringMonitoring
      • [ブート診断] : ブート診断には [無効] を選択できます。Boot diagnostics: You can select Disable for boot diagnostics.
      • [ゲスト OS の診断] : 監視診断には [無効] を選択できます。Guest OS diagnostics: You can select Disable for monitoring diagnostics.
  4. 概要:Summary:

    選択内容を確認し、 [OK] をクリックします。Review your selections, and then select OK.

選択したリソース グループに仮想マシンがデプロイされます。Your virtual machine is deployed in the resource group you selected.

テンプレートを使用した仮想マシンの作成Create a virtual machine by using a template

Azure Portal からプライベート OS イメージを使用してデプロイを作成するには、次のいずれかの SAP テンプレートを使用します。To create a deployment by using a private OS image from the Azure portal, use one of the following SAP templates. これらのテンプレートは、azure-quickstart-templates GitHub リポジトリで公開されています。These templates are published in the azure-quickstart-templates GitHub repository. また、PowerShell を使用して仮想マシンを手動で作成することもできます。You also can manually create a virtual machine, by using PowerShell.

Azure Portal で、テンプレートの次のパラメーターを入力します。In the Azure portal, enter the following parameters for the template:

  1. [基本] :Basics:

    • サブスクリプション:テンプレートをデプロイするために使用するサブスクリプション。Subscription: The subscription to use to deploy the template.
    • [リソース グループ] :テンプレートをデプロイするために使用するリソース グループ。Resource group: The resource group to use to deploy the template. 新しいリソース グループを作成することも、サブスクリプション内の既存のリソース グループを選択することもできます。You can create a new resource group or select an existing resource group in the subscription.
    • [場所] :テンプレートをデプロイする場所。Location: Where to deploy the template. 既存のリソース グループを選択した場合は、そのリソース グループの場所が使用されます。If you selected an existing resource group, the location of that resource group is used.
  2. 設定:Settings:

    • [SAP System ID] (SAP システム ID) : SAP システム ID。SAP System ID: The SAP System ID.

    • [OS の種類] : デプロイするオペレーティング システムの種類 (Windows または Linux)。OS type: The operating system type you want to deploy (Windows or Linux).

    • [SAP system size] (SAP システムのサイズ) : SAP システムのサイズ。SAP system size: The size of the SAP system.

      新しいシステムで提供する SAPS の数です。The number of SAPS the new system provides. システムに必要な SAPS の数がわからない場合は、SAP のテクノロジ パートナーまたはシステム インテグレーターにお問い合わせください。If you are not sure how many SAPS the system requires, ask your SAP Technology Partner or System Integrator.

    • [System availability] (システムの可用性) (3 層テンプレートのみ): システムの可用性。System availability (three-tier template only): The system availability.

      高可用性インストールに適した構成用の HA を選択します。Select HA for a configuration that is suitable for a high-availability installation. ASCS 用の 2 つのデータベース サーバーと 2 つのサーバーが作成されます。Two database servers and two servers for ASCS are created.

    • [ストレージの種類] (2 層テンプレートのみ): 使用するストレージの種類。Storage type (two-tier template only): The type of storage to use.

      大規模なシステムの場合、Azure Premium Storage を使用することを強くお勧めします。For larger systems, we highly recommend using Azure Premium Storage. ストレージの種類の詳細については、次のリソースを参照してください。For more information about storage types, see the following resources:

    • [User image VHD URI] (ユーザー イメージ VHD の URI) (非管理ディスク イメージ テンプレートのみ): プライベート OS イメージ VHD の URI (https://<アカウント名>.blob.core.windows.net/vhds/userimage.vhd など)。User image VHD URI (unmanaged disk image template only): The URI of the private OS image VHD, for example, https://<accountname>.blob.core.windows.net/vhds/userimage.vhd.

    • [User image storage account] (ユーザー イメージのストレージ アカウント) (非管理ディスク イメージ テンプレートのみ): プライベート OS イメージが格納されるストレージ アカウントの名前 (https://<アカウント名>.blob.core.windows.net/vhds/userimage.vhd の <アカウント名> など)。User image storage account (unmanaged disk image template only): The name of the storage account where the private OS image is stored, for example, <accountname> in https://<accountname>.blob.core.windows.net/vhds/userimage.vhd.

    • [userImageId] (ユーザー イメージ ID) (マネージド ディスク イメージ テンプレートのみ): 使用するマネージド ディスク イメージの IDuserImageId (managed disk image template only): ID of the Managed Disk image you want to use

    • [管理ユーザー名][管理パスワード] : ユーザー名とパスワード。Admin username and Admin password: The username and password.

      仮想マシンへのサインインに使用する新しいユーザーが作成されます。A new user is created, for signing in to the virtual machine.

    • [New or existing subnet] (新規または既存のサブネット) : 新しい仮想ネットワークとサブネットを作成するか、または既存のサブネットを使用するかを決定します。New or existing subnet: Determines whether a new virtual network and subnet is created or an existing subnet is used. オンプレミス ネットワークに接続されている仮想ネットワークが既にある場合は、 [Existing (既存)] を選択します。If you already have a virtual network that is connected to your on-premises network, select Existing.

    • [Subnet ID](サブネット ID) :VM を既存の VNet にデプロイする場合、その VNet で VM の割り当て先サブネットが定義されているときは、その特定のサブネットの ID を指定します。Subnet ID: If you want to deploy the VM into an existing VNet where you have a subnet defined the VM should be assigned to, name the ID of that specific subnet. 通常、ID は /subscriptions/<サブスクリプション ID>/resourceGroups/<リソース グループ名>/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/<仮想ネットワーク名>/subnets/<サブネット名> のようになります。The ID usually looks like this: /subscriptions/<subscription id>/resourceGroups/<resource group name>/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/<virtual network name>/subnets/<subnet name>

  3. 使用条件:Terms and conditions:
    法律条項を確認し、同意します。Review and accept the legal terms.

  4. [購入] を選択します。Select Purchase.

VM エージェントのインストール (Linux のみ)Install the VM Agent (Linux only)

前のセクションで説明したテンプレートを使用するには、ユーザー イメージに Linux エージェントが既にインストールされている必要があります。インストールされていない場合、デプロイは失敗します。To use the templates described in the preceding section, the Linux Agent must already be installed in the user image, or the deployment will fail. Azure VM エージェントのダウンロード、インストール、有効化」の説明に従って、VM エージェントをダウンロードし、ユーザー イメージにインストールします。Download and install the VM Agent in the user image as described in Download, install, and enable the Azure VM Agent. テンプレートを使用しない場合は、VM エージェントを後でインストールすることもできます。If you don't use the templates, you also can install the VM Agent later.

ドメインへの参加 (Windows のみ)Join a domain (Windows only)

Azure デプロイが Azure サイト間 VPN 接続または Azure ExpressRoute 経由でオンプレミスの Active Directory または DNS インスタンスに接続されている場合 (「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」では、これを "クロスプレミス" と呼んでいます)、VM がオンプレミス ドメインに参加している必要があります。If your Azure deployment is connected to an on-premises Active Directory or DNS instance via an Azure site-to-site VPN connection or Azure ExpressRoute (this is called cross-premises in Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver), it is expected that the VM is joining an on-premises domain. この手順に関する考慮事項の詳細については、「オンプレミス ドメインへの VM の参加 (Windows のみ)」をご覧ください。For more information about considerations for this step, see Join a VM to an on-premises domain (Windows only).

プロキシ設定の構成Configure proxy settings

オンプレミス ネットワークの構成方法によっては、VM でプロキシを設定することが必要な場合があります。Depending on how your on-premises network is configured, you might need to set up the proxy on your VM. VM が VPN または ExpressRoute 経由でオンプレミス ネットワークに接続されている場合、インターネットにアクセスできないことがあります。この場合、VM では、必要な VM 拡張機能をダウンロードしたり、Azure 用 SAP 拡張機能を介して SAP Host Agent 用の Azure インフラストラクチャ情報を収集したりすることができません。「プロキシの構成」を参照してください。If your VM is connected to your on-premises network via VPN or ExpressRoute, the VM might not be able to access the Internet, and won't be able to download the required VM extensions or collect Azure infrastructure information for the SAP Host agent via the SAP extension for Azure, see Configure the proxy.

Azure VM Extension for SAP を構成するConfigure Azure VM Extension for SAP

SAP で現在の環境がサポートされるように、「Azure Extension for SAP を構成する」の説明に従って、Azure Extension for SAP を設定します。To be sure SAP supports your environment, set up the Azure Extension for SAP as described in Configure the Azure Extension for SAP. SAP リソース」で示されているリソースの一覧で、SAP の前提条件と、SAP カーネルおよび SAP Host Agent の必要最小バージョンを確認してください。Check the prerequisites for SAP, and required minimum versions of SAP Kernel and SAP Host Agent, in the resources listed in SAP resources.

SAP VM 拡張機能のチェックSAP VM Extension check

確認とトラブルシューティング」の説明に従って、SAP 用 VM 拡張機能が動作しているかどうかをチェックします。Check whether the VM Extension for SAP is working, as described in Checks and Troubleshooting.

シナリオ 3:SAP を含む汎用化されていない Azure VHD を使用してオンプレミス VM を移動するScenario 3: Moving an on-premises VM by using a non-generalized Azure VHD with SAP

このシナリオでは、特定の SAP システムをオンプレミス環境から Azure に移行します。In this scenario, you plan to move a specific SAP system from an on-premises environment to Azure. これを行うには、OS、SAP バイナリ、最終的な DBMS バイナリを格納している VHD と、DBMS のデータ ファイルとログ ファイルを格納している VHD を Azure にアップロードします。You can do this by uploading the VHD that has the OS, the SAP binaries, and eventually the DBMS binaries, plus the VHDs with the data and log files of the DBMS, to Azure. シナリオ 2: SAP のカスタム イメージを使用して VM をデプロイする」で説明されたシナリオとは異なり、この場合は、ホスト名、SAP SID、および SAP ユーザー アカウントがオンプレミスの環境で構成されたため、これらを Azure VM に保持します。Unlike the scenario described in Scenario 2: Deploying a VM with a custom image for SAP, in this case, you keep the hostname, SAP SID, and SAP user accounts in the Azure VM, because they were configured in the on-premises environment. OS を汎用化する必要はありません。You do not need to generalize the OS. ほとんどの場合、このシナリオは、SAP ランドスケープの一部がオンプレミスで実行され、一部が Azure で実行されるクロスプレミス シナリオに適用されます。This scenario applies most often to cross-premises scenarios where part of the SAP landscape runs on-premises and part of it runs on Azure.

このシナリオでは、VM エージェントはデプロイ時に自動的にインストール されませんIn this scenario, the VM Agent is not automatically installed during deployment. Azure で SAP NetWeaver を実行するには VM エージェントと Azure Extension for SAP が必要であるため、仮想マシンの作成後に両方のコンポーネントを手動でダウンロードしてインストールし、有効にする必要があります。Because the VM Agent and the Azure Extension for SAP are required to run SAP NetWeaver on Azure, you need to download, install, and enable both components manually after you create the virtual machine.

Azure VM エージェントの詳細については、次のリソースを参照してください。For more information about the Azure VM Agent, see the following resources.


Windows ロゴ。 WindowsWindows

Azure 仮想マシン エージェントの概要Azure Virtual Machine Agent overview

Linux ロゴ。 LinuxLinux

Azure Linux エージェント ユーザー ガイドAzure Linux Agent User Guide


次のフローチャートは、汎用化されていない Azure VHD を使用してオンプレミス VM を移行する際の一連の手順を示しています。The following flowchart shows the sequence of steps for moving an on-premises VM by using a non-generalized Azure VHD:

VM ディスクを使用した SAP システム用 VM のデプロイのフローチャート

ディスクが既にアップロードされ、Azure で定義されている場合 (「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」を参照)、以下のセクションで説明する作業を行います。If the disk is already uploaded and defined in Azure (see Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver), do the tasks described in the next few sections.

仮想マシンの作成Create a virtual machine

Azure portal からプライベート OS ディスクを使用してデプロイを作成する場合、azure-quickstart-templates GitHub リポジトリで公開されている SAP テンプレートを使用します。To create a deployment by using a private OS disk through the Azure portal, use the SAP template published in the azure-quickstart-templates GitHub repository. また、PowerShell を使用して仮想マシンを手動で作成することもできます。You also can manually create a virtual machine, by using PowerShell.

Azure Portal で、テンプレートの次のパラメーターを入力します。In the Azure portal, enter the following parameters for the template:

  1. [基本] :Basics:

    • サブスクリプション:テンプレートをデプロイするために使用するサブスクリプション。Subscription: The subscription to use to deploy the template.
    • [リソース グループ] :テンプレートをデプロイするために使用するリソース グループ。Resource group: The resource group to use to deploy the template. 新しいリソース グループを作成することも、サブスクリプション内の既存のリソース グループを選択することもできます。You can create a new resource group or select an existing resource group in the subscription.
    • [場所] :テンプレートをデプロイする場所。Location: Where to deploy the template. 既存のリソース グループを選択した場合は、そのリソース グループの場所が使用されます。If you selected an existing resource group, the location of that resource group is used.
  2. 設定:Settings:

    • [SAP System ID] (SAP システム ID) : SAP システム ID。SAP System ID: The SAP System ID.

    • [OS の種類] : デプロイするオペレーティング システムの種類 (Windows または Linux)。OS type: The operating system type you want to deploy (Windows or Linux).

    • [SAP system size] (SAP システムのサイズ) : SAP システムのサイズ。SAP system size: The size of the SAP system.

      新しいシステムで提供する SAPS の数です。The number of SAPS the new system provides. システムに必要な SAPS の数がわからない場合は、SAP のテクノロジ パートナーまたはシステム インテグレーターにお問い合わせください。If you are not sure how many SAPS the system requires, ask your SAP Technology Partner or System Integrator.

    • [ストレージの種類] (2 層テンプレートのみ): 使用するストレージの種類。Storage type (two-tier template only): The type of storage to use.

      大規模なシステムの場合、Azure Premium Storage を使用することを強くお勧めします。For larger systems, we highly recommend using Azure Premium Storage. ストレージの種類の詳細については、次のリソースを参照してください。For more information about storage types, see the following resources:

    • [OS disk VHD URI] (OS ディスク VHD の URI) (非管理ディスク テンプレートのみ): プライベート OS ディスクの URI (https://< アカウント名>.blob.core.windows.net/vhds/osdisk.vhd など)。OS disk VHD URI (unmanaged disk template only): The URI of the private OS disk, for example, https://<accountname>.blob.core.windows.net/vhds/osdisk.vhd.

    • [OS disk Managed Disk ID](OS ディスクのマネージド ディスク ID) (マネージド ディスク テンプレートのみ):マネージド ディスクの OS ディスクの ID (/subscriptions/92d102f7-81a5-4df7-9877-54987ba97dd9/resourceGroups/group/providers/Microsoft.Compute/disks/WIN)OS disk Managed Disk ID (managed disk template only): The ID of the Managed Disk OS disk, /subscriptions/92d102f7-81a5-4df7-9877-54987ba97dd9/resourceGroups/group/providers/Microsoft.Compute/disks/WIN

    • [New or existing subnet] (新規または既存のサブネット) : 新しい仮想ネットワークとサブネットを作成するか、または既存のサブネットを使用するかを決定します。New or existing subnet: Determines whether a new virtual network and subnet are created, or an existing subnet is used. オンプレミス ネットワークに接続されている仮想ネットワークが既にある場合は、 [Existing (既存)] を選択します。If you already have a virtual network that is connected to your on-premises network, select Existing.

    • [Subnet ID](サブネット ID) :VM を既存の VNet にデプロイする場合、その VNet で VM の割り当て先サブネットが定義されているときは、その特定のサブネットの ID を指定します。Subnet ID: If you want to deploy the VM into an existing VNet where you have a subnet defined the VM should be assigned to, name the ID of that specific subnet. 通常、ID は /subscriptions/<サブスクリプション ID>/resourceGroups/<リソース グループ名>/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/<仮想ネットワーク名>/subnets/<サブネット名> のようになります。The ID usually looks like this: /subscriptions/<subscription id>/resourceGroups/<resource group name>/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/<virtual network name>/subnets/<subnet name>

  3. 使用条件:Terms and conditions:
    法律条項を確認し、同意します。Review and accept the legal terms.

  4. [購入] を選択します。Select Purchase.

VM エージェントのインストールInstall the VM Agent

前のセクションで説明したテンプレートを使用するには、VM エージェントを OS ディスクにインストールする必要があります。インストールしていない場合、デプロイは失敗します。To use the templates described in the preceding section, the VM Agent must be installed on the OS disk, or the deployment will fail. Azure VM エージェントのダウンロード、インストール、有効化」の説明に従って、VM エージェントをダウンロードし、VM にインストールします。Download and install the VM Agent in the VM, as described in Download, install, and enable the Azure VM Agent.

前のセクションで説明したテンプレートを使わない場合は、VM エージェントを後でインストールすることもできます。If you don't use the templates described in the preceding section, you can also install the VM Agent afterwards.

ドメインへの参加 (Windows のみ)Join a domain (Windows only)

Azure デプロイが Azure サイト間 VPN 接続または ExpressRoute 経由でオンプレミスの Active Directory または DNS インスタンスに接続されている場合 (「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」では、これを "クロスプレミス" と呼んでいます)、VM がオンプレミス ドメインに参加している必要があります。If your Azure deployment is connected to an on-premises Active Directory or DNS instance via an Azure site-to-site VPN connection or ExpressRoute (this is called cross-premises in Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver), it is expected that the VM is joining an on-premises domain. この作業に関する考慮事項の詳細については、「オンプレミス ドメインへの VM の参加 (Windows のみ)」をご覧ください。For more information about considerations for this task, see Join a VM to an on-premises domain (Windows only).

プロキシ設定の構成Configure proxy settings

オンプレミス ネットワークの構成方法によっては、VM でプロキシを設定することが必要な場合があります。Depending on how your on-premises network is configured, you might need to set up the proxy on your VM. VM が VPN または ExpressRoute 経由でオンプレミス ネットワークに接続されている場合、インターネットにアクセスできないことがあります。この場合、VM では、必要な VM 拡張機能をダウンロードしたり、Azure 用 SAP 拡張機能を介して SAP Host Agent 用の Azure インフラストラクチャ情報を収集したりすることができません。「プロキシの構成」を参照してください。If your VM is connected to your on-premises network via VPN or ExpressRoute, the VM might not be able to access the Internet, and won't be able to download the required VM extensions or collect Azure infrastructure information for the SAP Host agent via the SAP extension for Azure, see Configure the proxy.

Azure VM Extension for SAP を構成するConfigure Azure VM Extension for SAP

SAP で現在の環境がサポートされるように、「Azure Extension for SAP を構成する」の説明に従って、Azure Extension for SAP を設定します。To be sure SAP supports your environment, set up the Azure Extension for SAP as described in Configure the Azure Extension for SAP. SAP リソース」で示されているリソースの一覧で、SAP の前提条件と、SAP カーネルおよび SAP Host Agent の必要最小バージョンを確認してください。Check the prerequisites for SAP, and required minimum versions of SAP Kernel and SAP Host Agent, in the resources listed in SAP resources.

SAP VM のチェックSAP VM check

確認とトラブルシューティング」の説明に従って、SAP 用 VM 拡張機能が動作しているかどうかをチェックします。Check whether the VM extension for SAP is working, as described in Checks and Troubleshooting.

Azure Extension for SAP の構成を更新するUpdate the configuration of Azure Extension for SAP

次のいずれかのシナリオで、Azure Extension for SAP の構成を更新します。Update the configuration of Azure Extension for SAP in any of the following scenarios:

  • Microsoft と SAP の共同チームによって VM 拡張機能が拡張され、カウンターの増減が要求されている場合。The joint Microsoft/SAP team extends the capabilities of the VM extension and requests more or fewer counters.
  • Microsoft によって、データを提供する基になる Azure インフラストラクチャの新しいバージョンが導入され、Azure Extension for SAP を変更に適応させる必要がある場合。Microsoft introduces a new version of the underlying Azure infrastructure that delivers the data, and the Azure Extension for SAP needs to be adapted to those changes.
  • Azure VM に追加のデータ ディスクをマウントするか、データ ディスクを削除します。You mount additional data disks to your Azure VM or you remove a data disk. このシナリオでは、ストレージ関連のデータのコレクションを更新します。In this scenario, update the collection of storage-related data. エンドポイントを追加または削除することで、または VM に IP アドレスを割り当てることで構成を変更しても、拡張機能の構成には影響しません。Changing your configuration by adding or deleting endpoints or by assigning IP addresses to a VM does not affect the extension configuration.
  • A5 から他の VM サイズへの変更など、Azure VM のサイズを変更した場合。You change the size of your Azure VM, for example, from size A5 to any other VM size.
  • Azure VM に新しいネットワーク インターフェイスを追加した場合。You add new network interfaces to your Azure VM.

設定を更新するには、「Azure Extension for SAP を構成する」の手順に従って、Azure Extension for SAP の構成を更新します。To update settings, update configuration of Azure Extension for SAP by following the steps in Configure the Azure Extension for SAP.

SAP ソフトウェアをデプロイするための作業の詳細Detailed tasks for SAP software deployment

このセクションでは、構成およびデプロイ プロセスで個々の作業を実行する手順について詳しく説明します。This section has detailed steps for doing specific tasks in the configuration and deployment process.

Azure PowerShell コマンドレットのデプロイDeploy Azure PowerShell cmdlets

Azure PowerShell モジュールのインストールに関する記事で説明されている手順に従ってくださいFollow the steps described in the article Install the Azure PowerShell module

PowerShell コマンドレットの更新プログラムがあるかどうかをこまめに確認してください。通常は毎月更新されます。Check frequently for updates to the PowerShell cmdlets, which usually are updated monthly. こちらの記事で説明されている手順に従ってください。Follow the steps described in this article. SAP Note 1928533 または 2015553 に特に記載されていない限り、最新バージョンの Azure PowerShell コマンドレットを使用することをお勧めします。Unless stated otherwise in SAP Note 1928533 or SAP Note 2015553, we recommend that you work with the latest version of Azure PowerShell cmdlets.

コンピューターにインストールされている Azure PowerShell コマンドレットのバージョンを確認するには、次の PowerShell コマンドを実行します。To check the version of the Azure PowerShell cmdlets that are installed on your computer, run this PowerShell command:

(Get-Module Az.Compute).Version

Azure CLI のデプロイDeploy Azure CLI

記事「Azure CLI のインストール」で説明されている手順に従ってくださいFollow the steps described in the article Install the Azure CLI

Azure CLI の更新プログラムがあるかどうかをこまめに確認してください。通常は毎月更新されます。Check frequently for updates to Azure CLI, which usually is updated monthly.

コンピューターにインストールされている Azure CLI のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。To check the version of Azure CLI that is installed on your computer, run this command:

az --version

オンプレミス ドメインへの VM の参加 (Windows のみ)Join a VM to an on-premises domain (Windows only)

オンプレミスの Active Directory と DNS が Azure に拡張されるクロスプレミス シナリオで SAP VM をデプロイする場合、VM がオンプレミス ドメインに参加している必要があります。If you deploy SAP VMs in a cross-premises scenario, where on-premises Active Directory and DNS are extended in Azure, it is expected that the VMs are joining an on-premises domain. オンプレミス ドメインに VM を参加させるための詳細な手順と、オンプレミス ドメインのメンバーになるために必要な追加ソフトウェアは、お客様によって異なります。The detailed steps you take to join a VM to an on-premises domain, and the additional software required to be a member of an on-premises domain, varies by customer. 通常、オンプレミス ドメインに VM を参加させるには、マルウェア対策ソフトウェアや、バックアップまたは監視ソフトウェアなどの追加ソフトウェアをインストールする必要があります。Usually, to join a VM to an on-premises domain, you need to install additional software, like antimalware software, and backup or monitoring software.

このシナリオでは、VM が環境内のドメインに参加したときにインターネット プロキシ設定が適用されている場合に、ゲスト VM の Windows ローカル システム アカウント (S-1-5-18) にも同じプロキシ設定が適用されていることを確認する必要があります。In this scenario, you also need to make sure that if Internet proxy settings are forced when a VM joins a domain in your environment, the Windows Local System Account (S-1-5-18) in the Guest VM has the same proxy settings. 最も簡単な方法は、ドメイン内のシステムに適用されるドメイン グループ ポリシーを使用してプロキシを適用することです。The easiest option is to force the proxy by using a domain Group Policy, which applies to systems in the domain.

Azure VM エージェントのダウンロード、インストール、有効化Download, install, and enable the Azure VM Agent

汎用化されていない OS イメージ (Windows System Preparation (sysprep ) ツールで作成されていないイメージなど) からデプロイされた仮想マシンの場合、Azure VM エージェントを手動でダウンロードしてインストールし、有効にする必要があります。For virtual machines that are deployed from an OS image that is not generalized (for example, an image that doesn't originate in the Windows System Preparation, or sysprep, tool), you need to manually download, install, and enable the Azure VM Agent.

Azure Marketplace から VM をデプロイした場合には、この手順は不要です。If you deploy a VM from the Azure Marketplace, this step is not required. Azure Marketplace のイメージには、Azure VM エージェントが既に含まれています。Images from the Azure Marketplace already have the Azure VM Agent.

WindowsWindows

  1. Azure VM エージェントのダウンロード:Download the Azure VM Agent:
    1. Azure VM エージェント インストーラー パッケージをダウンロードします。Download the Azure VM Agent installer package.
    2. パーソナル コンピューターまたはサーバーで、VM エージェント MSI パッケージをローカルに保存します。Store the VM Agent MSI package locally on a personal computer or server.
  2. Azure VM エージェントのインストール:Install the Azure VM Agent:
    1. リモート デスクトップ プロトコル (RDP) を使用して、デプロイした Azure VM に接続します。Connect to the deployed Azure VM by using Remote Desktop Protocol (RDP).
    2. VM で Windows エクスプローラー ウィンドウを開き、VM エージェントの MSI ファイルのターゲット ディレクトリを選択します。Open a Windows Explorer window on the VM and select the target directory for the MSI file of the VM Agent.
    3. Azure VM エージェント インストーラー MSI ファイルを、ローカル コンピューター/サーバーから VM 上の VM エージェントのターゲット ディレクトリにドラッグします。Drag the Azure VM Agent Installer MSI file from your local computer/server to the target directory of the VM Agent on the VM.
    4. VM 上の MSI ファイルをダブルクリックします。Double-click the MSI file on the VM.
  3. オンプレミス ドメインに参加している VM の場合、「プロキシの構成」で説明するように、最終的なインターネット プロキシ設定が VM の Windows ローカル システム アカウント (S-1-5-18) にも適用されていることを確認します。For VMs that are joined to on-premises domains, make sure that eventual Internet proxy settings also apply to the Windows Local System account (S-1-5-18) in the VM, as described in Configure the proxy. VM エージェントはこのコンテキストで実行されるので、Azure に接続できる必要があります。The VM Agent runs in this context and needs to be able to connect to Azure.

Azure VM エージェントを更新する際にユーザーの操作は不要です。No user interaction is required to update the Azure VM Agent. VM エージェントは自動的に更新され、VM の再起動を必要としません。The VM Agent is automatically updated, and does not require a VM restart.

LinuxLinux

次のコマンドを使用して、Linux の VM エージェントをインストールします。Use the following commands to install the VM Agent for Linux:

  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES)SUSE Linux Enterprise Server (SLES)

    sudo zypper install WALinuxAgent
    
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) または Oracle LinuxRed Hat Enterprise Linux (RHEL) or Oracle Linux

    sudo yum install WALinuxAgent
    

エージェントが既にインストールされている場合、Azure Linux エージェントを更新するには、VM 上の Azure Linux エージェントを GitHub で最新バージョンに更新する方法に関する記事に記載されている手順を実行します。If the agent is already installed, to update the Azure Linux Agent, do the steps described in Update the Azure Linux Agent on a VM to the latest version from GitHub.

プロキシの構成Configure the proxy

プロキシを構成する手順は、Windows と Linux で異なります。The steps you take to configure the proxy in Windows are different from the way you configure the proxy in Linux.

WindowsWindows

インターネットにアクセスするには、ローカル システム アカウントのプロキシ設定を適切に設定する必要があります。Proxy settings must be set up correctly for the Local System account to access the Internet. プロキシ設定がグループ ポリシーで設定されていない場合は、ローカル システム アカウントのプロキシ設定を構成できます。If your proxy settings are not set by Group Policy, you can configure the settings for the Local System account.

  1. [スタート] メニューで「gpedit.msc」と入力し、Enter キーを押します。Go to Start, enter gpedit.msc, and then select Enter.
  2. [コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [Windows コンポーネント] > [Internet Explorer] を選択します。Select Computer Configuration > Administrative Templates > Windows Components > Internet Explorer. [コンピューター別にプロキシを設定する (ユーザー別ではなく)] が無効になっているか、構成されていないことを確認します。Make sure that the setting Make proxy settings per-machine (rather than per-user) is disabled or not configured.
  3. コントロール パネル で、 [ネットワークと共有センター] > [インターネット オプション] に移動します。In Control Panel, go to Network and Sharing Center > Internet Options.
  4. [接続] タブの [LAN の設定] をクリックします。On the Connections tab, select the LAN settings button.
  5. [設定を自動的に検出する] チェック ボックスをオフにします。Clear the Automatically detect settings check box.
  6. [LAN にプロキシ サーバーを使用する] チェック ボックスをオンにし、プロキシのアドレストとポートを入力します。Select the Use a proxy server for your LAN check box, and then enter the proxy address and port.
  7. [Advanced] (詳細設定) ボタンを選択します。Select the Advanced button.
  8. [例外] ボックスに、IP アドレスとして「168.63.129.16」と入力します。In the Exceptions box, enter the IP address 168.63.129.16. [OK] を選択します。Select OK.

LinuxLinux

Microsoft Azure ゲスト エージェントの構成ファイル (\etc\waagent.conf) で適切なプロキシを構成します。Configure the correct proxy in the configuration file of the Microsoft Azure Guest Agent, which is located at \etc\waagent.conf.

次のパラメーターを設定します。Set the following parameters:

  1. HTTP プロキシ ホストHTTP proxy host. たとえば、proxy.corp.local に設定します。For example, set it to proxy.corp.local.

    HttpProxy.Host=<proxy host>
    
    
  2. HTTP プロキシ ポートHTTP proxy port. たとえば、80 に設定します。For example, set it to 80.

    HttpProxy.Port=<port of the proxy host>
    
    
  3. エージェントを再起動します。Restart the agent.

    sudo service waagent restart
    

\etc\waagent.conf のプロキシ設定は、必要な VM 拡張機能にも適用されます。The proxy settings in \etc\waagent.conf also apply to the required VM extensions. Azure リポジトリを使用する場合は、これらのリポジトリへのトラフィックがオンプレミスのイントラネットを経由しないようにしてください。If you want to use the Azure repositories, make sure that the traffic to these repositories is not going through your on-premises intranet. 強制トンネリングを有効にするためにユーザー定義ルートを作成した場合は、サイト間 VPN 接続を介さずに、リポジトリへのトラフィックをインターネットに直接ルーティングするルートを追加する必要があります。If you created user-defined routes to enable forced tunneling, make sure that you add a route that routes traffic to the repositories directly to the Internet, and not through your site-to-site VPN connection.

  • SLESSLES

    \etc\regionserverclnt.cfg に示されている IP アドレスのルートも追加する必要があります。You also need to add routes for the IP addresses listed in \etc\regionserverclnt.cfg. 次の図は例を示しています。The following figure shows an example:

    強制トンネリング

  • RHELRHEL

    \etc\yum.repos.d\rhui-load-balancers に示されているホストの IP アドレスのルートも追加する必要があります。You also need to add routes for the IP addresses of the hosts listed in \etc\yum.repos.d\rhui-load-balancers. 例については、前の図を参照してください。For an example, see the preceding figure.

  • Oracle LinuxOracle Linux

    Azure には Oracle Linux 用のリポジトリはありません。There are no repositories for Oracle Linux on Azure. Oracle Linux 用に独自のリポジトリを構成するか、パブリック リポジトリを使う必要があります。You need to configure your own repositories for Oracle Linux or use the public repositories.

ユーザー定義ルートの詳細については、ユーザー定義ルートと IP 転送に関する記事をご覧ください。For more information about user-defined routes, see User-defined routes and IP forwarding.

Azure Extension for SAP を構成するConfigure the Azure Extension for SAP

注意

一般的なサポートに関する声明:General Support Statement:
Azure Extension for SAP のサポートは、SAP のサポート チャネルを通じて提供されます。Support for the Azure Extension for SAP is provided through SAP support channels. Azure Extension for SAP に関するサポートが必要な場合は、SAP サポートでサポート ケースをオープンしてください。If you need assistance with the Azure Extension for SAP, please open a support case with SAP Support.

Azure 上の SAP 用 VM のデプロイ シナリオに関するセクションの説明に従って VM を準備すると、Azure VM エージェントが仮想マシンにインストールされます。When you've prepared the VM as described in Deployment scenarios of VMs for SAP on Azure, the Azure VM Agent is installed on the virtual machine. 次に、Azure グローバル データセンターの Azure 拡張リポジトリで入手できる Azure Extension for SAP をデプロイします。The next step is to deploy the Azure Extension for SAP, which is available in the Azure Extension Repository in the global Azure datacenters. 詳しくは、「SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装」をご覧ください。For more information, see Azure Virtual Machines planning and implementation for SAP NetWeaver.

私たちは、新しいバージョンの Azure Extension for SAP のリリースに向けて作業を行っています。We are in the process of releasing a new version of the Azure Extension for SAP. 新しい拡張機能では、仮想マシンのシステム割り当て ID を使用して、接続されているディスク、ネットワーク インターフェイス、および仮想マシン自体に関する情報が取得されます。The new extension uses the system assigned identity of the virtual machine to get information about the attached disks, network interfaces and the virtual machine itself. これらのリソースにアクセスできるようにするには、仮想マシンのシステム ID に、仮想マシン、OS ディスク、データ ディスク、およびネットワーク インターフェイスに対する閲覧者アクセス許可が必要です。To be able to access these resources, the system identity of the virtual machine needs Reader permission for the virtual machine, OS disk, data disks and network interfaces. 現在、次のシナリオでは新しい拡張機能のみをインストールすることをお勧めします。We currently recommend to only install the new extension in the following scenarios:

  1. Terraform、Azure Resource Manager テンプレート、または Azure CLI、Azure PowerShell 以外のその他の方法を使用して拡張機能をインストールする場合You want to install the extension with Terraform, Azure Resource Manager Templates or with other means than Azure CLI or Azure PowerShell
  2. SUSE SLES 15 以降に拡張機能をインストールする場合。You want to install the extension on SUSE SLES 15 or higher.
  3. Microsoft または SAP サポートから新しい拡張機能をインストールするように求められた場合Microsoft or SAP support asks you to install the new extension
  4. Azure Ultra Disk または Standard Managed Disks を使用する場合You want to use Azure Ultra Disk or Standard Managed Disks

これらのシナリオについては、章「Azure PowerShell を使用して新しい Azure Extension for SAP を構成する」(Azure PowerShell の場合) または「Azure CLI を使用して新しい Azure Extension for SAP を構成する」(Azure CLI の場合) に記載されている手順に従ってください。For these scenarios, follow the steps in chapter Configure the new Azure Extension for SAP with Azure PowerShell for Azure PowerShell or Configure the new Azure Extension for SAP with Azure CLI for Azure CLI.

標準バージョンの Azure Extension for SAP をインストールして構成する場合は、Azure PowerShell または Azure CLI の章に従ってください。Follow Azure PowerShell or Azure CLI to install and configure the standard version of the Azure Extension for SAP.

Linux VM および Windows VM の Azure PowerShellAzure PowerShell for Linux and Windows VMs

PowerShell を使用して Azure Extension for SAP をインストールするには:To install the Azure Extension for SAP by using PowerShell:

  1. 最新バージョンの Azure PowerShell コマンドレットがインストールされていることを確認します。Make sure that you have installed the latest version of the Azure PowerShell cmdlet. 詳細については、「Azure PowerShell コマンドレットのデプロイ」をご覧ください。For more information, see Deploying Azure PowerShell cmdlets.

  2. 次の PowerShell コマンドレットを実行します。Run the following PowerShell cmdlet. 使用可能な環境の一覧を表示するには、コマンドレット Get-AzEnvironment を実行します。For a list of available environments, run cmdlet Get-AzEnvironment. グローバル Azure を使う場合の環境は AzureCloud です。If you want to use global Azure, your environment is AzureCloud. Azure China 21Vianet の場合は、AzureChinaCloud を選択します。For Azure China 21Vianet, select AzureChinaCloud.

    $env = Get-AzEnvironment -Name <name of the environment>
    Connect-AzAccount -Environment $env
    Set-AzContext -SubscriptionName <subscription name>
    
    Set-AzVMAEMExtension -ResourceGroupName <resource group name> -VMName <virtual machine name>
    

アカウント データを入力すると、スクリプトによって必要な拡張機能がデプロイされ、必要な機能が有効化されます。After you enter your account data, the script deploys the required extensions and enables the required features. これには数分かかる場合があります。This can take several minutes. Set-AzVMAEMExtension の詳細については、「Set-AzVMAEMExtension」を参照してください。For more information about Set-AzVMAEMExtension, see Set-AzVMAEMExtension.

SAP 固有の Azure コマンドレット Set-AzVMAEMExtension の正常な実行

Set-AzVMAEMExtension の構成では、SAP 用のホスト データ収集を構成するためのすべての手順が実行されます。The Set-AzVMAEMExtension configuration does all the steps to configure host data collection for SAP.

スクリプトの出力には次の情報が含まれています。The script output includes the following information:

  • OS ディスクとすべての追加データ ディスクのデータ収集が構成されていることの確認。Confirmation that data collection for the OS disk and all additional data disks has been configured.
  • 次の 2 つのメッセージで、特定のストレージ アカウントのストレージ メトリックの構成が確認されます。The next two messages confirm the configuration of Storage Metrics for a specific storage account.
  • 出力の 1 つの行に、VM Extension for SAP の構成に関する実際の更新の状態が示されます。One line of output gives the status of the actual update of the VM Extension for SAP configuration.
  • 出力の別の行で、構成がデプロイまたは更新されたことが確認されます。Another line of output confirms that the configuration has been deployed or updated.
  • 出力の最後の行は情報提供です。The last line of output is informational. この行には、VM Extension for SAP の構成をテストするためのオプションが示されます。It shows your options for testing the VM Extension for SAP configuration.
  • Azure VM Extension for SAP のすべての手順が正常に実行されたこと、および Azure インフラストラクチャから必要なデータが提供されていることを確認するには、「Azure Extension for SAP の適合性チェック」の説明に従って、Azure Extension for SAP の適合性チェックを実行します。To check that all steps of Azure VM Extension for SAP configuration have been executed successfully, and that the Azure Infrastructure provides the necessary data, proceed with the readiness check for the Azure Extension for SAP, as described in Readiness check for Azure Extension for SAP.
  • Azure Diagnostics が関連データを収集するまで 15 ~ 30 分待ちます。Wait 15-30 minutes for Azure Diagnostics to collect the relevant data.

Linux VM 向け Azure CLIAzure CLI for Linux VMs

Azure CLI を使用して Azure Extension for SAP をインストールするには:To install the Azure Extension for SAP by using Azure CLI:

  1. Azure クラシック CLI のインストール」の説明に従って、Azure クラシック CLI をインストールします。Install Azure classic CLI, as described in Install the Azure classic CLI.

  2. Azure アカウントでサインインします。Sign in with your Azure account:

    azure login
    
  3. Azure Resource Manager モードに切り替えます。Switch to Azure Resource Manager mode:

    azure config mode arm
    
  4. Azure Extension for SAP を有効にします。Enable Azure Extension for SAP:

    azure vm enable-aem <resource-group-name> <vm-name>
    
  5. Azure CLI 2.0 を使用してインストールするInstall using Azure CLI 2.0

    1. Azure CLI 2.0 のインストール」の説明に従って、Azure CLI 2.0 をインストールします。Install Azure CLI 2.0, as described in Install Azure CLI 2.0.

    2. Azure アカウントでサインインします。Sign in with your Azure account:

      az login
      
    3. Azure CLI AEM Extension をインストールします。Install Azure CLI AEM Extension

      az extension add --name aem
      
    4. 次のように、拡張機能をインストールします。Install the extension with

      az vm aem set -g <resource-group-name> -n <vm name>
      
  6. Azure Extension for SAP が Azure Linux VM 上で有効になっていることを確認します。Verify that the Azure Extension for SAP is active on the Azure Linux VM. \var\lib\AzureEnhancedMonitor\PerfCounters ファイルが存在するかどうかを確認します。Check whether the file \var\lib\AzureEnhancedMonitor\PerfCounters exists. 存在する場合は、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行して、Azure Extension for SAP によって収集された情報を表示します。If it exists, at a command prompt, run this command to display information collected by the Azure Extension for SAP:

    cat /var/lib/AzureEnhancedMonitor/PerfCounters
    

    出力は次のようになります。The output looks like this:

    ...
    2;cpu;Current Hw Frequency;;0;2194.659;MHz;60;1444036656;saplnxmon;
    2;cpu;Max Hw Frequency;;0;2194.659;MHz;0;1444036656;saplnxmon;
    ...
    

Azure PowerShell を使用して新しい Azure Extension for SAP を構成するConfigure the new Azure Extension for SAP with Azure PowerShell

SAP 用の新しい VM 拡張機能では、VM の監視データと構成データにアクセスするために、VM に割り当てられたマネージド ID が使用されます。The new VM Extension for SAP uses a Managed Identity assigned to the VM to access monitoring and configuration data of the VM. PowerShell を使用して新しい Azure Extension for SAP をインストールするには、まずそのような ID を VM に割り当ててから、その VM で使用されているすべてのリソース (ディスクやネットワーク インターフェイスなど) に対するアクセス権をその ID に付与する必要があります。To install the new Azure Extension for SAP by using PowerShell, you first have to assign such an identity to the VM and grant that identity access to all resources that are in use by that VM, for example disks and network interfaces.

注意

次の手順では、リソース グループまたは個々のリソース (仮想マシン、データ ディスクなど) に対する所有者特権が必要です。The following steps require Owner privileges over the resource group or individual resources (virtual machine, data disks etc.)

  1. 必ず SAP Host Agent 7.21 PL 47 以上を使用してください。Make sure to use SAP Host Agent 7.21 PL 47 or higher.

  2. 必ず現在のバージョンの SAP 用 VM 拡張機能をアンインストールしてください。Make sure to uninstall the current version of the VM Extension for SAP. 同じ仮想マシンに両方のバージョンの SAP 用 VM 拡張機能をインストールすることはサポートされていません。It is not supported to install both versions of the VM Extension for SAP on the same virtual machine.

  3. 最新バージョンの Azure PowerShell コマンドレット (4.3.0 以上) がインストールされていることを確認します。Make sure that you have installed the latest version of the Azure PowerShell cmdlet (at least 4.3.0). 詳細については、「Azure PowerShell コマンドレットのデプロイ」をご覧ください。For more information, see Deploying Azure PowerShell cmdlets.

  4. 次の PowerShell コマンドレットを実行します。Run the following PowerShell cmdlet. 使用可能な環境の一覧を表示するには、コマンドレット Get-AzEnvironment を実行します。For a list of available environments, run cmdlet Get-AzEnvironment. グローバル Azure を使う場合の環境は AzureCloud です。If you want to use global Azure, your environment is AzureCloud. Azure China 21Vianet の場合は、AzureChinaCloud を選択します。For Azure China 21Vianet, select AzureChinaCloud.

    $env = Get-AzEnvironment -Name <name of the environment>
    Connect-AzAccount -Environment $env
    Set-AzContext -SubscriptionName <subscription name>
    
    Set-AzVMAEMExtension -ResourceGroupName <resource group name> -VMName <virtual machine name> -InstallNewExtension
    

Azure CLI を使用して新しい Azure Extension for SAP を構成するConfigure the new Azure Extension for SAP with Azure CLI

SAP 用の新しい VM 拡張機能では、VM の監視データと構成データにアクセスするために、VM に割り当てられたマネージド ID が使用されます。The new VM Extension for SAP uses a Managed Identity assigned to the VM to access monitoring and configuration data of the VM. Azure CLI を使用して新しい Azure Extension for SAP をインストールするには、まずそのような ID を VM に割り当ててから、その VM で使用されているすべてのリソース (ディスクやネットワーク インターフェイスなど) に対するアクセス権をその ID に付与する必要があります。To install the new Azure Extension for SAP by using Azure CLI, you first have to assign such an identity to the VM and grant that identity access to all resources that are in use by that VM, for example disks and network interfaces.

注意

次の手順では、リソース グループまたは個々のリソース (仮想マシン、データ ディスクなど) に対する所有者特権が必要です。The following steps require Owner privileges over the resource group or individual resources (virtual machine, data disks etc.)

  1. 必ず SAP Host Agent 7.21 PL 47 以上を使用してください。Make sure to use SAP Host Agent 7.21 PL 47 or higher.

  2. 必ず現在のバージョンの SAP 用 VM 拡張機能をアンインストールしてください。Make sure to uninstall the current version of the VM Extension for SAP. 同じ仮想マシンに両方のバージョンの SAP 用 VM 拡張機能をインストールすることはサポートされていません。It is not supported to install both versions of the VM Extension for SAP on the same virtual machine.

  3. Azure CLI 2.0 のインストール」の説明に従って、Azure CLI 2.0 をインストールします。Install Azure CLI 2.0, as described in Install Azure CLI 2.0.

  4. Azure アカウントでサインインします。Sign in with your Azure account:

    az login
    
  5. Azure CLI AEM Extension をインストールします。Install Azure CLI AEM Extension. 必ずバージョン 0.2.0 以上を使用してください。Make sure to use at least version 0.2.0 or higher.

    az extension add --name aem
    
  6. 次のように、新しい拡張機能をインストールします。Install the new extension with

    az vm aem set -g <resource-group-name> -n <vm name> --install-new-extension
    

確認とトラブルシューティングChecks and Troubleshooting

Azure VM をデプロイし、関連する Azure Extension for SAP を設定した後は、拡張機能のすべてのコンポーネントが意図したとおりに機能していることを確認します。After you have deployed your Azure VM and set up the relevant Azure Extension for SAP, check whether all the components of the extension are working as expected.

Azure Extension for SAP の適合性チェック」の説明に従って、Azure Extension for SAP の適合性チェックを実行します。Run the readiness check for the Azure Extension for SAP as described in Readiness check for the Azure Extension for SAP. 適合性チェックのすべての結果が良好であり、関連するすべてのパフォーマンス カウンターで OK と示されていれば、Azure Extension for SAP は正常に設定されています。If all readiness check results are positive and all relevant performance counters appear OK, Azure Extension for SAP has been set up successfully. この場合、「SAP リソース」に示されている SAP Note に記載された SAP Host Agent のインストールに進むことができます。You can proceed with the installation of SAP Host Agent as described in the SAP Notes in SAP resources. 適合性チェックの結果に、カウンターが見つからないことが示されている場合は、「Azure Extension for SAP の構成の正常性チェック」の説明に従って、Azure Extension for SAP の正常性チェックを実行します。If the readiness check indicates that counters are missing, run the health check for the Azure Extension for SAP, as described in Health check for Azure Extension for SAP configuration. トラブルシューティングのオプションについて詳しくは、「Azure Extension for SAP のトラブルシューティング」をご覧ください。For more troubleshooting options, see Troubleshooting Azure Extension for SAP.

Azure Extension for SAP の適合性チェックReadiness check for the Azure Extension for SAP

注意

VM 拡張機能には 2 つのバージョンがあります。There are two versions of the VM extension. この章では、既定の VM 拡張機能について説明します。This chapter covers the default VM extension. 新しい VM 拡張機能がインストールされている場合は、「新しい Azure Extension for SAP の適合性チェック」の章を参照してください。If you have installed the new VM extension, please see chapter Readiness check for the new Azure Extension for SAP

このチェックでは、SAP アプリケーション内で表示されるすべてのパフォーマンス メトリックが、基になる Azure Extension for SAP によって提供されていることを確認します。This check makes sure that all performance metrics that appear inside your SAP application are provided by the underlying Azure Extension for SAP.

Windows VM での適合性チェックの実行Run the readiness check on a Windows VM

  1. Azure 仮想マシンにサインインします (管理者アカウントを使用する必要はありません)。Sign in to the Azure virtual machine (using an admin account is not necessary).

  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Open a Command Prompt window.

  3. コマンド プロンプトで、Azure Extension for SAP のインストール フォルダー (C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<バージョン>\drop) にディレクトリを変更します。At the command prompt, change the directory to the installation folder of the Azure Extension for SAP: C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<version>\drop

    拡張機能のパスに含まれる "バージョン" は異なる場合があります。The version in the path to the extension might vary. インストール フォルダーに拡張機能の複数のバージョンのフォルダーがある場合は、AzureEnhancedMonitoring Windows サービスの構成を確認し、"実行可能ファイルへのパス" として示されているフォルダーに切り替えます。If you see folders for multiple versions of the extension in the installation folder, check the configuration of the AzureEnhancedMonitoring Windows service, and then switch to the folder indicated as Path to executable.

    Azure Extension for SAP が実行されているサービスのプロパティ

  4. コマンド プロンプトで、パラメーターを指定せずに azperflib.exe を実行します。At the command prompt, run azperflib.exe without any parameters.

    注意

    azperflib.exe はループで実行され、収集したカウンターを 60 秒ごとに更新します。Azperflib.exe runs in a loop and updates the collected counters every 60 seconds. ループを終了するには、コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。To end the loop, close the Command Prompt window.

Azure Extension for SAP がインストールされていない場合、または AzureEnhancedMonitoring サービスが実行されていない場合は、拡張機能が正しく構成されていません。If the Azure Extension for SAP is not installed, or the AzureEnhancedMonitoring service is not running, the extension has not been configured correctly. 拡張機能をデプロイする方法の詳細については、「Azure Extension for SAP のトラブルシューティング」をご覧ください。For detailed information about how to deploy the extension, see Troubleshooting the Azure Extension for SAP.

注意

Azperflib.exe は、独自の目的には使用できないコンポーネントです。The Azperflib.exe is a component that can't be used for own purposes. そのコンポーネントでは、SAP Host Agent 用の VM だけに関連する Azure インフラストラクチャ データが提供されます。It is a component which delivers Azure infrastructure data related to the VM for the SAP Host Agent exclusively.

azperflib.exe の出力の確認Check the output of azperflib.exe

azperflib.exe の出力には、SAP 用に設定されたすべての Azure パフォーマンス カウンターが表示されます。Azperflib.exe output shows all populated Azure performance counters for SAP. 収集されたカウンターのリストの下部に表示される概要と正常性インジケーターでは、Azure Extension for SAP の状態が示されています。At the bottom of the list of collected counters, a summary and health indicator show the status of Azure Extension for SAP.

azperflib.exe の実行による正常性チェックの、問題がないことを示す出力 Output of health check by executing azperflib.exe, which indicates that no problems exist

上記の図に示されている Counters total の返された結果 ("empty" と報告されているもの) と、Health status の返された結果を確認します。Check the result returned for the Counters total output, which is reported as empty, and for Health status, shown in the preceding figure.

結果の値は次のように解釈します。Interpret the resulting values as follows:

azperflib.exe の結果の値Azperflib.exe result values Azure Extension for SAP の正常性状態Azure Extension for SAP health status
API Calls - not available (API 呼び出し - 使用不可)API Calls - not available "not available" であるカウンターは、仮想マシン構成に適用できないか、エラーであると考えられます。Counters that are not available might be either not applicable to the virtual machine configuration, or are errors. Health status」を参照してください。See Health status.
Counters total - emptyCounters total - empty 次の 2 つの Azure Storage カウンターは空の場合があります。The following two Azure storage counters can be empty:
  • Storage Read Op Latency Server msecStorage Read Op Latency Server msec
  • Storage Read Op Latency E2E msecStorage Read Op Latency E2E msec
他のすべてのカウンターには値が含まれている必要があります。All other counters must have values.
Health statusHealth status リターン状態が OK の場合にのみ、"OK" と表示されます。Only OK if return status shows OK.
診断Diagnostics 正常性状態に関する詳細情報。Detailed information about health status.

Health status の値が OK でない場合は、「Azure Extension for SAP の構成の正常性チェック」の手順に従います。If the Health status value is not OK, follow the instructions in Health check for Azure Extension for SAP configuration.

Linux VM での適合性チェックの実行Run the readiness check on a Linux VM

  1. SSH を使用して Azure 仮想マシンに接続します。Connect to the Azure Virtual Machine by using SSH.

  2. Azure Extension for SAP の出力を確認します。Check the output of the Azure Extension for SAP.

    a.a. more /var/lib/AzureEnhancedMonitor/PerfCounters を実行します。Run more /var/lib/AzureEnhancedMonitor/PerfCounters

    予測される結果: パフォーマンス カウンターの一覧を返します。Expected result: Returns list of performance counters. ファイルを空にすることはできません。The file should not be empty.

    b.b. cat /var/lib/AzureEnhancedMonitor/PerfCounters | grep Error を実行します。Run cat /var/lib/AzureEnhancedMonitor/PerfCounters | grep Error

    予測される結果: エラーが none である 1 行 (3;config;Error;;0;0;none;0;1456416792;tst-servercs; など) を返します。Expected result: Returns one line where the error is none, for example, 3;config;Error;;0;0;none;0;1456416792;tst-servercs;

    c.c. more /var/lib/AzureEnhancedMonitor/LatestErrorRecord を実行します。Run more /var/lib/AzureEnhancedMonitor/LatestErrorRecord

    予測される結果: 空または存在しないとして返します。Expected result: Returns as empty or does not exist.

前のチェックが失敗した場合は、次の追加チェックを実行します。If the preceding check was not successful, run these additional checks:

  1. waagent がインストールされ、有効になっていることを確認します。Make sure that the waagent is installed and enabled.

    a.a. sudo ls -al /var/lib/waagent/ を実行します。Run sudo ls -al /var/lib/waagent/

    予測される結果: waagent ディレクトリの内容を一覧表示します。Expected result: Lists the content of the waagent directory.

    b.b. ps -ax | grep waagent を実行します。Run ps -ax | grep waagent

    予測される結果: python /usr/sbin/waagent -daemon のような 1 つのエントリを表示します。Expected result: Displays one entry similar to: python /usr/sbin/waagent -daemon

  2. Azure Extension for SAP がインストールされ、実行されていることを確認します。Make sure that the Azure Extension for SAP is installed and running.

    a.a. sudo sh -c 'ls -al /var/lib/waagent/Microsoft.OSTCExtensions.AzureEnhancedMonitorForLinux-*/' を実行します。Run sudo sh -c 'ls -al /var/lib/waagent/Microsoft.OSTCExtensions.AzureEnhancedMonitorForLinux-*/'

    予測される結果: Azure Extension for SAP ディレクトリの内容が一覧表示されます。Expected result: Lists the content of the Azure Extension for SAP directory.

    b.b. ps -ax | grep AzureEnhanced を実行します。Run ps -ax | grep AzureEnhanced

    予測される結果: python /var/lib/waagent/Microsoft.OSTCExtensions.AzureEnhancedMonitorForLinux-2.0.0.2/handler.py daemon のような 1 つのエントリを表示します。Expected result: Displays one entry similar to: python /var/lib/waagent/Microsoft.OSTCExtensions.AzureEnhancedMonitorForLinux-2.0.0.2/handler.py daemon

  3. SAP Note 1031096 の説明に従って SAP Host Agent をインストールし、saposcol の出力を確認します。Install SAP Host Agent as described in SAP Note 1031096, and check the output of saposcol.

    a.a. /usr/sap/hostctrl/exe/saposcol -d を実行します。Run /usr/sap/hostctrl/exe/saposcol -d

    b.b. dump ccm を実行します。Run dump ccm

    c.c. Virtualization_Configuration\Enhanced Monitoring Access メトリックが true であるかどうかを確認します。Check whether the Virtualization_Configuration\Enhanced Monitoring Access metric is true.

既に SAP NetWeaver ABAP アプリケーション サーバーをインストール済みである場合は、トランザクション ST06 を開き、監視が有効になっているかどうかを確認します。If you already have an SAP NetWeaver ABAP application server installed, open transaction ST06 and check whether monitoring is enabled.

上記のチェックのいずれかが失敗した場合、拡張機能を再デプロイする方法の詳細については、「Azure Extension for SAP のトラブルシューティング」をご覧ください。If any of these checks fail, and for detailed information about how to redeploy the extension, see Troubleshooting the Azure Extension for SAP.

新しい Azure Extension for SAP の適合性チェックReadiness check for the new Azure Extension for SAP

注意

VM 拡張機能には 2 つのバージョンがあります。There are two versions of the VM extension. この章では、新しい VM 拡張機能について説明します。This chapter covers the new VM extension. 既定の VM 拡張機能がインストールされている場合は、「Azure Extension for SAP の適合性チェック」の章を参照してください。If you have installed the default VM extension, please see chapter Readiness check for Azure Extension for SAP.

このチェックでは、SAP アプリケーション内で表示されるすべてのパフォーマンス メトリックが、基になる Azure Extension for SAP によって提供されていることを確認します。This check makes sure that all performance metrics that appear inside your SAP application are provided by the underlying Azure Extension for SAP.

Windows VM での適合性チェックの実行Run the readiness check on a Windows VM

  1. Azure 仮想マシンにサインインします (管理者アカウントを使用する必要はありません)。Sign in to the Azure virtual machine (using an admin account is not necessary).
  2. Web ブラウザーを開き、 http://127.0.0.1:11812/azure4sap/metrics にアクセスしますOpen a web browser and navigate to http://127.0.0.1:11812/azure4sap/metrics
  3. ブラウザーによって、仮想マシンの監視データを含む XML ファイルが表示またはダウンロードされるはずです。The browser should display or download an XML file that contains the monitoring data of your virtual machine. そうでない場合は、Azure Extension for SAP がインストールされていることを確認してください。If that is not the case, make sure that the Azure Extension for SAP is installed.
XML ファイルの内容を確認するCheck the content of the XML file

http://127.0.0.1:11812/azure4sap/metrics でアクセスできる XML ファイルには、SAP 用に設定されたすべての Azure パフォーマンス カウンターが含まれています。The XML file that you can access at http://127.0.0.1:11812/azure4sap/metrics contains all populated Azure performance counters for SAP. また、Azure Extension for SAP の状態の概要と正常性インジケーターも含まれています。It also contains a summary and health indicator of the status of Azure Extension for SAP.

Provider Health Description 要素の値を確認します。Check the value of the Provider Health Description element. その値が OK でない場合は、「新しい Azure Extension for SAP の構成の正常性チェック」の手順に従ってください。If the value is not OK, follow the instructions in Health check for new Azure Extension for SAP configuration.

Linux VM での適合性チェックの実行Run the readiness check on a Linux VM

  1. SSH を使用して Azure 仮想マシンに接続します。Connect to the Azure Virtual Machine by using SSH.

  2. 次のコマンドの出力を確認しますCheck the output of the following command

    curl http://127.0.0.1:11812/azure4sap/metrics
    

    予測される結果: 仮想マシン、そのディスク、およびネットワーク インターフェイスの監視情報を含む XML ドキュメントが返されます。Expected result: Returns an XML document that contains the monitoring information of the virtual machine, its disks and network interfaces.

前のチェックが失敗した場合は、次の追加チェックを実行します。If the preceding check was not successful, run these additional checks:

  1. waagent がインストールされ、有効になっていることを確認します。Make sure that the waagent is installed and enabled.

    a.a. sudo ls -al /var/lib/waagent/ を実行します。Run sudo ls -al /var/lib/waagent/

    予測される結果: waagent ディレクトリの内容を一覧表示します。Expected result: Lists the content of the waagent directory.

    b.b. ps -ax | grep waagent を実行します。Run ps -ax | grep waagent

    予測される結果: python /usr/sbin/waagent -daemon のような 1 つのエントリを表示します。Expected result: Displays one entry similar to: python /usr/sbin/waagent -daemon

  2. Azure Extension for SAP がインストールされ、実行されていることを確認します。Make sure that the Azure Extension for SAP is installed and running.

    a.a. sudo sh -c 'ls -al /var/lib/waagent/Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Linux-*/' を実行します。Run sudo sh -c 'ls -al /var/lib/waagent/Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Linux-*/'

    予測される結果: Azure Extension for SAP ディレクトリの内容が一覧表示されます。Expected result: Lists the content of the Azure Extension for SAP directory.

    b.b. ps -ax | grep AzureEnhanced を実行します。Run ps -ax | grep AzureEnhanced

    予測される結果: /var/lib/waagent/Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Linux-1.0.0.82/AzureEnhancedMonitoring -monitor のような 1 つのエントリを表示します。Expected result: Displays one entry similar to: /var/lib/waagent/Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Linux-1.0.0.82/AzureEnhancedMonitoring -monitor

  3. SAP Note 1031096 の説明に従って SAP Host Agent をインストールし、saposcol の出力を確認します。Install SAP Host Agent as described in SAP Note 1031096, and check the output of saposcol.

    a.a. /usr/sap/hostctrl/exe/saposcol -d を実行します。Run /usr/sap/hostctrl/exe/saposcol -d

    b.b. dump ccm を実行します。Run dump ccm

    c.c. Virtualization_Configuration\Enhanced Monitoring Access メトリックが true であるかどうかを確認します。Check whether the Virtualization_Configuration\Enhanced Monitoring Access metric is true.

既に SAP NetWeaver ABAP アプリケーション サーバーをインストール済みである場合は、トランザクション ST06 を開き、監視が有効になっているかどうかを確認します。If you already have an SAP NetWeaver ABAP application server installed, open transaction ST06 and check whether monitoring is enabled.

上記のチェックのいずれかが失敗した場合、また拡張機能を再デプロイする方法の詳細については、「新しい Azure Extension for SAP のトラブルシューティング」をご覧ください。If any of these checks fail, and for detailed information about how to redeploy the extension, see Troubleshooting the new Azure Extension for SAP.

Azure Extension for SAP の構成の正常性チェックHealth check for the Azure Extension for SAP configuration

注意

VM 拡張機能には 2 つのバージョンがあります。There are two versions of the VM extension. この章では、既定の VM 拡張機能について説明します。This chapter covers the default VM extension. 新しい VM 拡張機能がインストールされている場合は、「新しい Azure Extension for SAP の構成の正常性チェック」の章を参照してください。If you have installed the new VM extension, please see chapter Health check for the new Azure Extension for SAP configuration.

一部のインフラストラクチャ データが、「Azure Extension for SAP の適合性チェック」で説明したテストで示されているように正しく提供されない場合は、Test-AzVMAEMExtension コマンドレットを実行して、Azure インフラストラクチャと Azure Extension for SAP が正しく構成されているかどうかを確認します。If some of the infrastructure data is not delivered correctly as indicated by the test described in Readiness check for Azure Extension for SAP, run the Test-AzVMAEMExtension cmdlet to check whether the Azure infrastructure and the Azure Extension for SAP are configured correctly.

  1. Azure PowerShell コマンドレットのデプロイ」で説明したように、Azure PowerShell コマンドレットの最新バージョンがインストールされていることを確認します。Make sure that you have installed the latest version of the Azure PowerShell cmdlet, as described in Deploying Azure PowerShell cmdlets.

  2. 次の PowerShell コマンドレットを実行します。Run the following PowerShell cmdlet. 使用可能な環境のリストを表示するには、Get-AzEnvironment コマンドレットを実行します。For a list of available environments, run the cmdlet Get-AzEnvironment. グローバル Azure を使う場合は、AzureCloud 環境を選びます。To use global Azure, select the AzureCloud environment. Azure China 21Vianet の場合は、AzureChinaCloud を選択します。For Azure China 21Vianet, select AzureChinaCloud.

    $env = Get-AzEnvironment -Name <name of the environment>
    Connect-AzAccount -Environment $env
    Set-AzContext -SubscriptionName <subscription name>
    Test-AzVMAEMExtension -ResourceGroupName <resource group name> -VMName <virtual machine name>
    
  3. 選択した仮想マシンの構成がスクリプトによってテストされます。The script tests the configuration of the virtual machine you select.

    Azure Extension for SAP のテストが成功した場合の出力

正常性チェックのすべての結果が OK であることを確認します。Make sure that every health check result is OK. 一部のチェックで OK と表示されない場合は、「Azure Extension for SAP を構成する」で説明した更新コマンドレットを実行します。If some checks do not display OK, run the update cmdlet as described in Configure the Azure Extension for SAP. 15 分待ってから、「Azure Extension for SAP の適合性チェック」と「Azure Extension for SAP の構成の正常性チェック」で説明されているチェックをもう一度実行します。Wait 15 minutes, and repeat the checks described in Readiness check for Azure Extension for SAP and Health check for Azure Extension for SAP configuration. チェックで一部またはすべてのカウンターの問題が引き続き見つかった場合は、「Azure Extension for SAP のトラブルシューティング」をご覧ください。If the checks still indicate a problem with some or all counters, see Troubleshooting the Azure Extension for SAP.

注意

Azure Standard Managed Disks を使用している場合、警告が発生する可能性があります。You can experience some warnings in cases where you use Managed Standard Azure Disks. テストから "OK" が返る代わりに、警告が表示されます。Warnings will be displayed instead of the tests returning "OK". これは正常な動作であり、このディスク タイプの場合は意図されたものです。This is normal and intended in case of that disk type. Azure Extension for SAP のトラブルシューティング」も参照してくださいSee also see Troubleshooting the Azure Extension for SAP

新しい Azure Extension for SAP の構成の正常性チェックHealth check for the new Azure Extension for SAP configuration

注意

VM 拡張機能には 2 つのバージョンがあります。There are two versions of the VM extension. この章では、新しい VM 拡張機能について説明します。This chapter covers the new VM extension. 既定の VM 拡張機能がインストールされている場合は、「Azure Extension for SAP の構成の正常性チェック」の章を参照してください。If you have installed the default VM extension, please see chapter Health check for the Azure Extension for SAP configuration.

一部のインフラストラクチャ データが、「Azure Extension for SAP の適合性チェック」で説明したテストで示されているように正しく提供されない場合は、Get-AzVMExtension コマンドレットを実行して、Azure Extension for SAP がインストールされているかどうかを確認します。If some of the infrastructure data is not delivered correctly as indicated by the test described in Readiness check for Azure Extension for SAP, run the Get-AzVMExtension cmdlet to check whether the Azure Extension for SAP is installed. Test-AzVMAEMExtension では、新しい拡張機能はまだサポートされていません。The Test-AzVMAEMExtension does not yet support the new extension. コマンドレットで新しい拡張機能がサポートされたら、この記事は更新されます。Once the cmdlet supports the new extension, we will update this article.

  1. Azure PowerShell コマンドレットのデプロイ」で説明したように、Azure PowerShell コマンドレットの最新バージョンがインストールされていることを確認します。Make sure that you have installed the latest version of the Azure PowerShell cmdlet, as described in Deploying Azure PowerShell cmdlets.

  2. 次の PowerShell コマンドレットを実行します。Run the following PowerShell cmdlet. 使用可能な環境のリストを表示するには、Get-AzEnvironment コマンドレットを実行します。For a list of available environments, run the cmdlet Get-AzEnvironment. グローバル Azure を使う場合は、AzureCloud 環境を選びます。To use global Azure, select the AzureCloud environment. Azure China 21Vianet の場合は、AzureChinaCloud を選択します。For Azure China 21Vianet, select AzureChinaCloud.

    $env = Get-AzEnvironment -Name <name of the environment>
    Connect-AzAccount -Environment $env
    Set-AzContext -SubscriptionName <subscription name>
    Test-AzVMAEMExtension -ResourceGroupName <resource group name> -VMName <virtual machine name>
    
  3. 選択した仮想マシン上の、SAP 用 VM 拡張機能の構成がコマンドレットによってテストされます。The cmdlet tests the configuration of the VM extension for SAP on virtual machine you select.

Azure Extension for SAP のトラブルシューティングTroubleshooting Azure Extension for SAP

注意

VM 拡張機能には 2 つのバージョンがあります。There are two versions of the VM extension. この章では、既定の VM 拡張機能について説明します。This chapter covers the default VM extension. 新しい VM 拡張機能がインストールされている場合は、「新しい Azure Extension for SAP のトラブルシューティング」の章を参照してください。If you have installed the new VM extension, please see chapter Troubleshooting the new Azure Extension for SAP.

Windows ロゴ。 Azure パフォーマンス カウンターまったく表示されないAzure performance counters do not show up at all

Azure のパフォーマンス メトリックは、AzureEnhancedMonitoring Windows サービスによって収集されます。The AzureEnhancedMonitoring Windows service collects performance metrics in Azure. サービスが正しくインストールされていない場合、または VM で実行されていない場合は、パフォーマンス メトリックを収集できません。If the service has not been installed correctly or if it is not running in your VM, no performance metrics can be collected.

Azure Extension for SAP のインストール ディレクトリが空であるThe installation directory of the Azure Extension for SAP is empty
問題Issue

インストール ディレクトリ C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<バージョン>\drop が空です。The installation directory C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<version>\drop is empty.

解決策Solution

拡張機能がインストールされていません。The extension is not installed. これがプロキシの問題 (前述) かどうかを確認します。Determine whether this is a proxy issue (as described earlier). コンピューターを再起動するか、Set-AzVMAEMExtension 構成スクリプトを再実行することが必要な場合があります。You might need to restart the machine or rerun the Set-AzVMAEMExtension configuration script.

Azure Extension for SAP のサービスが存在しないService for Azure Extension for SAP does not exist
問題Issue

AzureEnhancedMonitoring Windows サービスが存在しません。The AzureEnhancedMonitoring Windows service does not exist.

azperflib.exe の出力で次のエラーがスローされます。Azperflib.exe output throws an error:

Azure Extension for SAP のサービスが実行されていないことを示す azperflib.exe の実行 Execution of azperflib.exe indicates that the service of the Azure Extension for SAP is not running

解決策Solution

サービスが存在しない場合、Azure Extension for SAP が正しくインストールされていません。If the service does not exist, the Azure Extension for SAP has not been installed correctly. Azure 上の SAP 用 VM のデプロイ シナリオに関するセクションの該当するデプロイ シナリオの手順に従って、拡張機能を再デプロイします。Redeploy the extension by using the steps described for your deployment scenario in Deployment scenarios of VMs for SAP in Azure.

拡張機能をデプロイしたら、Azure VM 内で Azure パフォーマンス カウンターが提供されているかどうかを 1 時間後にもう一度確認します。After you deploy the extension, after one hour, check again whether the Azure performance counters are provided in the Azure VM.

Azure Extension for SAP のサービスは存在するが、起動に失敗するService for Azure Extension for SAP exists, but fails to start
問題Issue

AzureEnhancedMonitoring Windows サービスが存在し、有効になっていますが、起動に失敗します。The AzureEnhancedMonitoring Windows service exists and is enabled, but fails to start. 詳細については、アプリケーション イベント ログを確認してください。For more information, check the application event log.

解決策Solution

構成が正しくありません。The configuration is incorrect. Azure Extension for SAP を構成する」の説明に従って、VM で Azure Extension for SAP を再起動します。Restart the Azure Extension for SAP in the VM, as described in Configure the Azure Extension for SAP.

Windows ロゴ。 一部の Azure パフォーマンス カウンターが見つからないSome Azure performance counters are missing

Azure のパフォーマンス メトリックは、AzureEnhancedMonitoring Windows サービスによって収集されます。The AzureEnhancedMonitoring Windows service collects performance metrics in Azure. このサービスは、複数のソースからデータを取得します。The service gets data from several sources. 一部の構成データはローカルで収集され、一部のパフォーマンス メトリックは Azure Diagnostics から読み取られます。Some configuration data is collected locally, and some performance metrics are read from Azure Diagnostics. ストレージ カウンターは、ストレージ サブスクリプション レベルでログ記録から使用されます。Storage counters are used from your logging on the storage subscription level.

SAP Note 1999351 を使用したトラブルシューティングで問題が解決しない場合は、Set-AzVMAEMExtension 構成スクリプトを再実行します。If troubleshooting by using SAP Note 1999351 doesn't resolve the issue, rerun the Set-AzVMAEMExtension configuration script. ストレージ分析または診断カウンターは、有効になった直後には作成されないことがあるため、1 時間待たなければならない場合があります。You might have to wait an hour because storage analytics or diagnostics counters might not be created immediately after they are enabled. 問題が解決しない場合は、Windows では BC-OP-NT-AZR コンポーネント、Linux 仮想マシンでは BC-OP-LNX-AZR コンポーネントで、SAP カスタマー サポート メッセージを開きます。If the problem persists, open an SAP customer support message on the component BC-OP-NT-AZR for Windows or BC-OP-LNX-AZR for a Linux virtual machine.

Linux ロゴ。 Azure パフォーマンス カウンターまったく表示されないAzure performance counters do not show up at all

Azure のパフォーマンス メトリックは、デーモンによって収集されます。Performance metrics in Azure are collected by a daemon. デーモンが実行されていない場合、パフォーマンス メトリックを収集できません。If the daemon is not running, no performance metrics can be collected.

Azure Extension for SAP のインストール ディレクトリが空であるThe installation directory of the Azure Extension for SAP is empty
問題Issue

\var\lib\waagent\ ディレクトリに、Azure Extension for SAP のサブディレクトリがありません。The directory \var\lib\waagent\ does not have a subdirectory for the Azure Extension for SAP.

解決策Solution

拡張機能がインストールされていません。The extension is not installed. これがプロキシの問題 (前述) かどうかを確認します。Determine whether this is a proxy issue (as described earlier). コンピューターを再起動するか、Set-AzVMAEMExtension 構成スクリプトを再実行することが必要な場合があります。You might need to restart the machine and/or rerun the Set-AzVMAEMExtension configuration script.

Set-AzVMAEMExtension および Test-AzVMAEMExtension を実行すると、Standard Managed Disks はサポートされていないことを示す警告メッセージが表示されます。The execution of Set-AzVMAEMExtension and Test-AzVMAEMExtension show warning messages stating that Standard Managed Disks are not supported
問題Issue

Set-AzVMAEMExtension または Test-AzVMAEMExtension を実行すると、次のようなメッセージが表示されます。When executing Set-AzVMAEMExtension or Test-AzVMAEMExtension messages like these are shown:


WARNING: [WARN] Standard Managed Disks are not supported. Extension will be installed but no disk metrics will be available.
WARNING: [WARN] Standard Managed Disks are not supported. Extension will be installed but no disk metrics will be available.
WARNING: [WARN] Standard Managed Disks are not supported. Extension will be installed but no disk metrics will be available.

前に説明したように、azperfli.exe を実行すると、非正常状態を示す結果が返る場合があります。Executing azperfli.exe as described earlier you can get a result that is indicating a non-healthy state.

解決策Solution

このメッセージの原因は、Standard Azure ストレージ アカウントの統計情報を確認するために Azure Extension for SAP によって使用される API が、Standard Managed Disks で提供されていないためです。The messages are caused by the fact that Standard Managed Disks are not delivering the APIs used by the SAP Extension for SAP to check on statistics of the Standard Azure Storage Accounts. これは、重要な問題ではありません。This is not a matter of concern. Standard Disk Storage アカウントにデータ収集が導入されたのは、頻繁に発生する入出力を調整するためでした。Reason for introducing the collecting data for Standard Disk Storage accounts was throttling of inputs and outputs that occurred frequently. Managed Disks では、ストレージ アカウント内のディスクの数を制限することによってこのような調整は回避されます。Managed disks will avoid such throttling by limiting the number of disks in a storage account. そのため、その種のデータがなくても重要ではありません。Therefore, not having that type of that data is not critical.

Linux ロゴ。 一部の Azure パフォーマンス カウンターが見つからないSome Azure performance counters are missing

Azure のパフォーマンス メトリックは、デーモンによって収集されます。デーモンは複数のソースからデータを取得します。Performance metrics in Azure are collected by a daemon, which gets data from several sources. 一部の構成データはローカルで収集され、一部のパフォーマンス メトリックは Azure Diagnostics から読み取られます。Some configuration data is collected locally, and some performance metrics are read from Azure Diagnostics. ストレージ カウンターは、ストレージ サブスクリプション レベルでログから使用されます。Storage counters come from the logs in your storage subscription.

既知の問題の最新のリストについては、SAP Note 1999351 を参照してください。この SAP Note には、Azure Extension for SAP に関するその他のトラブルシューティング情報が記載されています。For a complete and up-to-date list of known issues, see SAP Note 1999351, which has additional troubleshooting information for Azure Extension for SAP.

SAP Note 1999351 を使用したトラブルシューティングで問題が解決しない場合は、「Azure Extension for SAP を構成する」の説明に従って、Set-AzVMAEMExtension 構成スクリプトを再実行します。If troubleshooting by using SAP Note 1999351 does not resolve the issue, rerun the Set-AzVMAEMExtension configuration script as described in Configure the Azure Extension for SAP. ストレージ分析または診断カウンターは、有効になった直後には作成されないことがあるため、1 時間待たなければならない場合があります。You might have to wait for an hour because storage analytics or diagnostics counters might not be created immediately after they are enabled. 問題が解決しない場合は、Windows では BC-OP-NT-AZR コンポーネント、Linux 仮想マシンでは BC-OP-LNX-AZR コンポーネントで、SAP カスタマー サポート メッセージを開きます。If the problem persists, open an SAP customer support message on the component BC-OP-NT-AZR for Windows or BC-OP-LNX-AZR for a Linux virtual machine.

新しい Azure Extension for SAP のトラブルシューティングTroubleshooting the new Azure Extension for SAP

注意

VM 拡張機能には 2 つのバージョンがあります。There are two versions of the VM extension. この章では、新しい VM 拡張機能について説明します。This chapter covers the new VM extension. 既定の VM 拡張機能がインストールされている場合は、「Azure Extension for SAP のトラブルシューティング」の章を参照してください。If you have installed the default VM extension, please see chapter Troubleshooting the Azure Extension for SAP.

Windows ロゴ。 Azure パフォーマンス カウンターまったく表示されないAzure performance counters do not show up at all

Azure のパフォーマンス メトリックは、AzureEnhancedMonitoring プロセスによって収集されます。The AzureEnhancedMonitoring process collects performance metrics in Azure. VM でこのプロセスが実行されていない場合、パフォーマンス メトリックを収集することはできません。If the process is not running in your VM, no performance metrics can be collected.

Azure Extension for SAP のインストール ディレクトリが空であるThe installation directory of the Azure Extension for SAP is empty
問題Issue

インストール ディレクトリ C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Windows\<バージョン> が空です。The installation directory C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Windows\<version> is empty.

解決策Solution

拡張機能がインストールされていません。The extension is not installed. これがプロキシの問題 (前述) かどうかを確認します。Determine whether this is a proxy issue (as described earlier). 場合によっては、マシンを再起動するか、VM 拡張機能をもう一度インストールする必要があります。You might need to restart the machine or install the VM extension again.

Windows ロゴ。 一部の Azure パフォーマンス カウンターが見つからないSome Azure performance counters are missing

Azure のパフォーマンス メトリックは、AzureEnhancedMonitoring Windows プロセスによって収集されます。The AzureEnhancedMonitoring Windows process collects performance metrics in Azure. このプロセスでは、複数のソースからデータが取得されます。The process gets data from several sources. 一部の構成データはローカルで収集され、一部のパフォーマンス メトリックは Azure Monitor から読み取られます。Some configuration data is collected locally, and some performance metrics are read from Azure Monitor.

SAP Note 1999351 を使用してトラブルシューティングを行っても問題が解決しない場合は、Windows では BC-OP-NT-AZR コンポーネント、Linux 仮想マシンでは BC-OP-LNX-AZR コンポーネントで、SAP カスタマー サポート メッセージを開きます。If troubleshooting by using SAP Note 1999351 does not resolve the issue, open an SAP customer support message on the component BC-OP-NT-AZR for Windows or BC-OP-LNX-AZR for a Linux virtual machine. ログ ファイル C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Windows\<バージョン>\logapp.txt をインシデントに添付してください。Please attach the log file C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Windows\<version>\logapp.txt to the incident.

Linux ロゴ。 Azure パフォーマンス カウンターまったく表示されないAzure performance counters do not show up at all

Azure のパフォーマンス メトリックは、デーモンによって収集されます。Performance metrics in Azure are collected by a daemon. デーモンが実行されていない場合、パフォーマンス メトリックを収集できません。If the daemon is not running, no performance metrics can be collected.

Azure Extension for SAP のインストール ディレクトリが空であるThe installation directory of the Azure Extension for SAP is empty
問題Issue

\var\lib\waagent\ ディレクトリに、Azure Extension for SAP のサブディレクトリがありません。The directory \var\lib\waagent\ does not have a subdirectory for the Azure Extension for SAP.

解決策Solution

拡張機能がインストールされていません。The extension is not installed. これがプロキシの問題 (前述) かどうかを確認します。Determine whether this is a proxy issue (as described earlier). 場合によっては、マシンを再起動するか、VM 拡張機能をもう一度インストールする必要があります。You might need to restart the machine and/or install the VM extension again.

Linux ロゴ。 一部の Azure パフォーマンス カウンターが見つからないSome Azure performance counters are missing

Azure のパフォーマンス メトリックは、デーモンによって収集されます。デーモンは複数のソースからデータを取得します。Performance metrics in Azure are collected by a daemon, which gets data from several sources. 一部の構成データはローカルで収集され、一部のパフォーマンス メトリックは Azure Monitor から読み取られます。Some configuration data is collected locally, and some performance metrics are read from Azure Monitor.

既知の問題の最新のリストについては、SAP Note 1999351 を参照してください。この SAP Note には、Azure Extension for SAP に関するその他のトラブルシューティング情報が記載されています。For a complete and up-to-date list of known issues, see SAP Note 1999351, which has additional troubleshooting information for Azure Extension for SAP.

SAP Note 1999351 を使用してトラブルシューティングを行っても問題が解決しない場合は、「Azure Extension for SAP を構成する」の説明に従って、拡張機能をもう一度インストールしてください。If troubleshooting by using SAP Note 1999351 does not resolve the issue, install the extension again as described in Configure the Azure Extension for SAP. 問題が解決しない場合は、Windows では BC-OP-NT-AZR コンポーネント、Linux 仮想マシンでは BC-OP-LNX-AZR コンポーネントで、SAP カスタマー サポート メッセージを開きます。If the problem persists, open an SAP customer support message on the component BC-OP-NT-AZR for Windows or BC-OP-LNX-AZR for a Linux virtual machine. ログ ファイル /var/lib/waagent/Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Linux-<バージョン>/logapp.txt をインシデントに添付してください。Please attach the log file /var/lib/waagent/Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.MonitorX64Linux-<version>/logapp.txt to the incident.

Azure 拡張機能のエラー コードAzure Extension Error Codes

エラー IDError ID エラーの説明Error description 解決策Solution
cfg/018cfg/018 アプリの構成が見つかりません。App configuration is missing. セットアップ スクリプトの実行run setup script
cfg/019cfg/019 アプリの構成にデプロイ ID がありません。No deployment ID in app config. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/020cfg/020 アプリの構成に RoleInstanceId がありません。No RoleInstanceId in app config. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/022cfg/022 アプリの構成に RoleInstanceId がありません。No RoleInstanceId in app config. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/031cfg/031 Azure の構成を読み取ることができません。Cannot read Azure configuration. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/021cfg/021 アプリの構成ファイルが見つかりません。App configuration file is missing. セットアップ スクリプトの実行run setup script
cfg/015cfg/015 アプリの構成に VM サイズがありません。No VM size in app config. セットアップ スクリプトの実行run setup script
cfg/016cfg/016 GlobalMemoryStatusEx カウンターが失敗しました。GlobalMemoryStatusEx counter failed. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/023cfg/023 MaxHwFrequency カウンターが失敗しました。MaxHwFrequency counter failed. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/024cfg/024 NIC カウンターが失敗しました。NIC counters failed. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/025cfg/025 ディスク マッピング カウンターが失敗しました。Disk mapping counter failed. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/026cfg/026 プロセッサ名カウンターが失敗しました。Processor name counter failed. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/027cfg/027 ディスク マッピング カウンターが失敗しました。Disk mapping counter failed. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/038cfg/038 拡張機能の構成ファイル config.xml にメトリック 'Disk type' がありません。The metric 'Disk type' is missing in the extension configuration file config.xml. 'Disk type' は、他のいくつかのカウンターと共に、v2.2.0.68 2015/12/16 で導入されました。'Disk type' along with some other counters was introduced in v2.2.0.68 12/16/2015. 2015 年 12 月 16 日より前に拡張機能をデプロイした場合は、古い構成ファイルが使用されます。If you deployed the extension prior to 12/16/2015, it uses the old configuration file. Azure 拡張機能フレームワークによって拡張機能は自動的に新しいバージョンにアップグレードされますが、config.xml は変更されません。The Azure extension framework automatically upgrades the extension to a newer version, but the config.xml remains unchanged. 構成を更新するには、最新の PowerShell セットアップ スクリプトをダウンロードして実行します。To update the configuration, download and execute the latest PowerShell setup script. セットアップ スクリプトの実行run setup script
cfg/039cfg/039 ディスク キャッシュがありません。No disk caching. セットアップ スクリプトの実行run setup script
cfg/036cfg/036 ディスクの SLA スループットがありません。No disk SLA throughput. セットアップ スクリプトの実行run setup script
cfg/037cfg/037 ディスクの SLA IOPS がありません。No disk SLA IOPS. セットアップ スクリプトの実行run setup script
cfg/028cfg/028 ディスク マッピング カウンターが失敗しました。Disk mapping counter failed. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/029cfg/029 最後のハードウェア変更カウンターが失敗しました。Last hardware change counter failed. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/030cfg/030 NIC カウンターが失敗しましたNIC counters failed サポートに問い合わせるcontact support
cfg/017cfg/017 VM の sysprep により、Windows SID が変更されました。Due to sysprep of the VM your Windows SID has changed. sysprep 後に再デプロイするredeploy after sysprep
str/007str/007 Storage Analytics へのアクセスに失敗しました。Access to the storage analytics failed.

新しく作成された VM 上での Storage Analytics データの作成には、最大で 30 分かかる場合があるため、しばらくするとエラーが表示されなくなる可能性があります。As population of storage analytics data on a newly created VM may need up to half an hour, the error might disappear after some time. エラーがまだ表示されている場合は、セットアップ スクリプトを再実行してください。If the error still appears, re-run the setup script.
セットアップ スクリプトの実行run setup script
str/010str/010 Storage Analytics カウンターがありません。No Storage Analytics counters. セットアップ スクリプトの実行run setup script
str/009str/009 Storage Analytics が失敗しました。Storage Analytics failed. セットアップ スクリプトの実行run setup script
wad/004wad/004 WAD 構成が不適切です。Bad WAD configuration. セットアップ スクリプトの実行run setup script
wad/002wad/002 予期しない WAD 形式です。Unexpected WAD format. サポートに問い合わせるcontact support
wad/001wad/001 WAD カウンターが見つかりませんでした。No WAD counters found. セットアップ スクリプトの実行run setup script
wad/040wad/040 古い WAD カウンターが見つかりました。Stale WAD counters found. サポートに問い合わせるcontact support
wad/003wad/003 WAD テーブルを読み取ることができません。Cannot read WAD table. WAD テーブルへの接続がありません。There is no connection to WAD table. これにはいくつかの原因が考えられます。There can be several causes of this:

1) 期限切れの構成1) outdated configuration
2) Azure へのネットワーク接続がない2) no network connection to Azure
3) WAD セットアップに関する問題3) issues with WAD setup
セットアップ スクリプトの実行run setup script
インターネット接続の修正fix internet connection
サポートに問い合わせるcontact support
prf/011prf/011 Perfmon NIC メトリックが失敗しました。Perfmon NIC metrics failed. サポートに問い合わせるcontact support
prf/012prf/012 Perfmon ディスク メトリックが失敗しました。Perfmon disk metrics failed. サポートに問い合わせるcontact support
prf/013prf/013 一部の prefmon メトリックが失敗しました。Some prefmon metrics failed. サポートに問い合わせるcontact support
prf/014prf/014 Perfmon でカウンターを作成できませんでした。Perfmon failed to create a counter. サポートに問い合わせるcontact support
cfg/035cfg/035 メトリック プロバイダーが構成されていません。No metric providers configured. サポートに問い合わせるcontact support
str/006str/006 Storage Analytics 構成が不適切です。Bad Storage Analytics config. セットアップ スクリプトの実行run setup script
str/032str/032 Storage Analytics のメトリックが失敗しました。Storage Analytics metrics failed. セットアップ スクリプトの実行run setup script
cfg/033cfg/033 メトリック プロバイダーの 1 つでエラーが発生しました。One of the metric providers failed. セットアップ スクリプトの実行run setup script
str/034str/034 プロバイダー スレッドが失敗しました。Provider thread failed. サポートに問い合わせるcontact support

指定されたソリューションに関する詳細なガイドラインDetailed Guidelines on Solutions Provided

セットアップ スクリプトを実行するRun the setup script

このガイドの「Azure Extension for SAP を構成する」の章の手順に従って、拡張機能をもう一度インストールします。Follow the steps in chapter Configure the Azure Extension for SAP in this guide to install the extension again. カウンターによっては、プロビジョニングに最大 30 分かかる場合があることに注意してください。Note that some counters might need up to 30 minutes for provisioning.

エラーが解消されない場合は、サポートにお問い合わせくださいIf the errors do not disappear, contact support.

サポートに問い合わせるContact Support

予期しないエラーが発生したか、既知の解決策がありません。Unexpected error or there is no known solution. フォルダー C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<version>\drop (Windows) または /var/log/azure/Microsoft.OSTCExtensions.AzureEnhancedMonitorForLinux (Linux) にある AzureEnhancedMonitoring_service.log ファイルを収集し、SAP サポートに連絡してさらに支援を求めてください。Collect the AzureEnhancedMonitoring_service.log file located in the folder C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<version>\drop (Windows) or /var/log/azure/Microsoft.OSTCExtensions.AzureEnhancedMonitorForLinux (Linux) and contact SAP support for further assistance.

sysprep 後に再デプロイするRedeploy after sysprep

一般化された sysprep 済み OS イメージ (SAP ソフトウェアを含めることが可能です) をビルドする予定の場合は、このイメージに Azure Extension for SAP を含めないことをお勧めします。If you plan to build a generalized sysprepped OS image (which can include SAP software), it is recommended that this image does not include the Azure extension for SAP. 一般化された OS イメージの新しいインスタンスがデプロイされた後に、Azure Extension for SAP をインストールする必要があります。You should install the Azure extension for SAP after the new instance of the generalized OS image has been deployed.

ただし、一般化および sysprep された OS イメージに既に Azure Extension for SAP が含まれている場合は、新しくデプロイされた VM インスタンス上で、次の回避策を適用して拡張機能を再構成することができます。However, if your generalized and sysprepped OS image already contains the Azure Extension for SAP, you can apply the following workaround to reconfigure the extension, on the newly deployed VM instance:

  • 新しくデプロイされた VM インスタンス上で、次のフォルダーの内容を削除します。On the newly deployed VM instance delete the content of the following folders:
    C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<version>\RuntimeSettings C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<version>\StatusC:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<version>\RuntimeSettings C:\Packages\Plugins\Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring.AzureCATExtensionHandler\<version>\Status

  • このガイドの「Azure Extension for SAP を構成する」の章の手順に従って、拡張機能をもう一度インストールします。Follow the steps in chapter Configure the Azure Extension for SAP in this guide to install the extension again.

インターネット接続の修正Fix internet connection

Azure Extension for SAP を実行している Microsoft Azure 仮想マシンには、インターネットへのアクセスが必要です。The Microsoft Azure Virtual Machine running the Azure extension for SAP requires access to the Internet. Azure VM が Azure 仮想ネットワークに属しているか、オンプレミス ドメインにある場合は、関連するプロキシ設定が構成されていることを確認してください。If this Azure VM is part of an Azure Virtual Network or of an on-premises domain, make sure that the relevant proxy settings are set. インターネットにアクセスするには、これらの設定がローカル システム アカウントでも有効である必要があります。These settings must also be valid for the LocalSystem account to access the Internet. このガイドの「プロキシの構成」の章に従ってください。Follow chapter Configure the proxy in this guide.

また、Azure VM の静的 IP アドレスを設定する必要がある場合は、Azure VM 内で手動で設定せず、Azure PowerShellAzure CLIAzure portal を使用して設定してください。In addition, if you need to set a static IP address for your Azure VM, do not set it manually inside the Azure VM, but set it using Azure PowerShell, Azure CLI Azure portal. 静的 IP は、Azure DHCP サービスを介して伝達されます。The static IP is propagated via the Azure DHCP service.

Azure VM 内での静的 IP アドレスの手動による設定はサポートされておらず、Azure Extension for SAP に関する問題が発生する可能性があります。Manually setting a static IP address inside the Azure VM is not supported, and might lead to problems with the Azure extension for SAP.