Azure PowerShell を使用して高速ネットワークが有効な Windows VM を作成するCreate a Windows VM with accelerated networking using Azure PowerShell

このチュートリアルでは、高速ネットワークを有効にして Windows 仮想マシン (VM) を作成する方法について説明します。In this tutorial, you learn how to create a Windows virtual machine (VM) with accelerated networking.

注意

Linux 仮想マシンで高速ネットワークを使用する場合は、高速ネットワークを利用する Linux 仮想マシンの作成に関するページを参照してください。To use accelerated networking with a Linux virtual machine, see Create a Linux VM with accelerated networking.

高速ネットワークによって、VM との間でシングル ルート I/O 仮想化 (SR-IOV) が可能になり、ネットワークのパフォーマンスが大幅に向上します。Accelerated networking enables single root I/O virtualization (SR-IOV) to a VM, greatly improving its networking performance. この高パフォーマンスのパスによってデータ パスからホストがバイパスされ、サポートされている VM の種類において最も要求の厳しいネットワーク ワークロードで、待ち時間、ジッター、CPU 使用率が低下します。This high-performance path bypasses the host from the data path, which reduces latency, jitter, and CPU utilization for the most demanding network workloads on supported VM types. 次の図は、高速ネットワークを使用した場合と使用しない場合の、2 台の VM 間の通信を比較したものです。The following diagram illustrates how two VMs communicate with and without accelerated networking:

高速ネットワークがある場合とない場合の、Azure 仮想マシン間の通信

高速ネットワークを使用しない場合は、VM に出入りするすべてのネットワーク トラフィックがホストと仮想スイッチをスキャンする必要があります。Without accelerated networking, all networking traffic in and out of the VM must traverse the host and the virtual switch. 仮想スイッチでは、ネットワーク セキュリティ グループ、アクセス制御リスト、分離、その他のネットワーク仮想化サービスなど、すべてのポリシーが適用されます。The virtual switch provides all policy enforcement, such as network security groups, access control lists, isolation, and other network virtualized services to network traffic.

注意

仮想スイッチの詳細については、「Hyper-V 仮想スイッチ」を参照してください。To learn more about virtual switches, see Hyper-V Virtual Switch.

高速ネットワークを使用した場合、ネットワーク トラフィックは、VM のネットワーク インターフェイス (NIC) に到達した後、VM に転送されます。With accelerated networking, network traffic arrives at the VM's network interface (NIC) and is then forwarded to the VM. 仮想スイッチによって適用されるすべてのネットワーク ポリシーはオフロードされ、ハードウェアで適用されるようになりました。All network policies that the virtual switch applies are now offloaded and applied in hardware. ポリシーはハードウェアにおいて適用されるため、NIC でネットワーク トラフィックを VM に直接転送できます。Because policy is applied in hardware, the NIC can forward network traffic directly to the VM. NIC ではホストと仮想スイッチはバイパスされますが、ホストにおいて適用されるすべてのポリシーは保持されます。The NIC bypasses the host and the virtual switch, while it maintains all the policy it applied in the host.

高速ネットワークのメリットが得られるのは、高速ネットワークが有効になっている VM だけです。The benefits of accelerated networking only apply to the VM that it's enabled on. 最適な結果を得るには、同じ Azure 仮想ネットワークに接続されている少なくとも 2 台の VM で、この機能を有効にします。For the best results, enable this feature on at least two VMs connected to the same Azure virtual network. 仮想ネットワークの境界を越えて通信するときや、オンプレミスで接続する場合、全体的な待ち時間に対してこの機能がもたらす影響は最小限です。When communicating across virtual networks or connecting on-premises, this feature has minimal impact to overall latency.

メリットBenefits

  • 待ち時間の短縮/1 秒あたりのパケット数 (pps) の向上:データ パスから仮想スイッチがなくなるので、パケットからホストでポリシー処理に消費される時間がなくなります。Lower Latency / Higher packets per second (pps): Eliminating the virtual switch from the data path removes the time packets spend in the host for policy processing. また、VM 内で処理できるパケットの数も増えます。It also increases the number of packets that can be processed inside the VM.

  • ジッターの削減:仮想スイッチの処理は、適用する必要があるポリシーの量によって異なります。Reduced jitter: Virtual switch processing depends on the amount of policy that needs to be applied. また、処理を行っている CPU のワークロードにも依存します。It also depends on the workload of the CPU that's doing the processing. ポリシーの適用をハードウェアにオフロードすると、パケットが VM に直接配信されるので、その変動が解消されます。Offloading the policy enforcement to the hardware removes that variability by delivering packets directly to the VM. オフロードを行うと、ホストから VM への通信、すべてのソフトウェア割り込み、すべてのコンテキスト切り替えもなくなります。Offloading also removes the host-to-VM communication, all software interrupts, and all context switches.

  • CPU 使用率の削減:ホストの仮想スイッチをバイパスすることによって、ネットワーク トラフィックを処理するための CPU 使用率を削減できます。Decreased CPU utilization: Bypassing the virtual switch in the host leads to less CPU utilization for processing network traffic.

サポートされるオペレーティング システムSupported operating systems

Azure ギャラリーでは次のディストリビューションが直接サポートされています。The following distributions are supported directly from the Azure Gallery:

  • Windows Server 2019 DatacenterWindows Server 2019 Datacenter
  • Windows Server 2016 DatacenterWindows Server 2016 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 Datacenter

制限と制約Limitations and constraints

サポートされている VM インスタンスSupported VM instances

高速ネットワークは、2 つ以上の仮想 CPU (vCPU) を備えた、汎用およびコンピューティング最適化のほとんどのインスタンス サイズでサポートされています。Accelerated networking is supported on most general purpose and compute-optimized instance sizes with two or more virtual CPUs (vCPUs). サポートされているシリーズは、Dv2/DSv2 と F/Fs です。These supported series are: Dv2/DSv2 and F/Fs.

ハイパースレッディングをサポートするインスタンスでは、高速ネットワークは 4 つ以上の vCPU を持つ VM インスタンスでサポートされています。On instances that support hyperthreading, accelerated networking is supported on VM instances with four or more vCPUs. サポートされている系列は、D/Dsv3、D/Dsv4、E/Esv3、Ea/Easv4、Fsv2、Lsv2、Ms/Mms、Ms/Mmsv2 です。Supported series are: D/Dsv3, D/Dsv4, E/Esv3, Ea/Easv4, Fsv2, Lsv2, Ms/Mms, and Ms/Mmsv2.

VM インスタンスの詳細については、「Azure の Windows 仮想マシンのサイズ」を参照してください。For more information on VM instances, see Sizes for Windows virtual machines in Azure.

リージョンRegions

高速ネットワークは、すべてのグローバル Azure リージョンと Azure Government クラウドで利用できます。Accelerated networking is available in all global Azure regions and Azure Government Cloud.

実行中の VM で高速ネットワークを有効にするEnabling accelerated networking on a running VM

サポートされる VM サイズで、高速ネットワークが有効になっていない場合は、VM が停止されて割り当てを解除されるときにだけ、機能を有効にできます。A supported VM size without accelerated networking enabled can only have the feature enabled when it's stopped and deallocated.

Azure Resource Manager によるデプロイDeployment through Azure Resource Manager

仮想マシン (クラシック) は、高速ネットワークを有効にしてデプロイすることはできません。Virtual machines (classic) can't be deployed with accelerated networking.

ポータルを使用した VM の作成VM creation using the portal

この記事では、Azure PowerShell を使用して高速ネットワークが有効な VM を作成する手順について説明しますが、高速ネットワークが有効な仮想マシンを Azure portal で作成することもできます。Though this article provides steps to create a VM with accelerated networking using Azure PowerShell, you can also use the Azure portal to create a virtual machine that enables accelerated networking. ポータルで VM を作成するときに、 [仮想マシンの作成] ページで [ネットワーク] タブを選択します。このタブには、 [高速ネットワーク] のオプションがあります。When you create a VM in the portal, in the Create a virtual machine page, choose the Networking tab. This tab has an option for Accelerated networking. サポートされているオペレーティング システムVM サイズを選択した場合、このオプションは自動的に [オン] に設定されます。If you have chosen a supported operating system and VM size, this option is automatically set to On. それ以外の場合、オプションは [オフ] に設定され、有効にできない理由が表示されます。Otherwise, the option is set to Off, and Azure displays the reason why it can't be enabled.

注意

ポータルからは、サポートされているオペレーティング システムのみを有効にできます。Only supported operating systems can be enabled through the portal. カスタム イメージを使用していて、そのイメージで高速ネットワークがサポートされている場合は、CLI または PowerShell を使用して VM を作成してください。If you are using a custom image, and your image supports accelerated networking, please create your VM using CLI or PowerShell.

VM を作成した後で、高速ネットワークが有効になっているかどうかを確認できます。After you create the VM, you can confirm whether accelerated networking is enabled. 以下の手順に従います。Follow these instructions:

  1. Azure portal に移動して、VM を管理します。Go to the Azure portal to manage your VMs. [仮想マシン] を検索して選択します。Search for and select Virtual machines.

  2. 仮想マシンの一覧で、新しい VM を選択します。In the virtual machine list, choose your new VM.

  3. VM のメニュー バーで、 [ネットワーク] を選択します。In the VM menu bar, choose Networking.

ネットワーク インターフェイスの情報で、 [高速ネットワーク] というラベルの横に、高速ネットワークの状態が [無効][有効] かが表示されます。In the network interface information, next to the Accelerated networking label, the portal displays either Disabled or Enabled for the accelerated networking status.

PowerShell を使用した VM の作成VM creation using PowerShell

先に進む前に、Azure PowerShell バージョン 1.0.0 以降をインストールします。Before you proceed, install Azure PowerShell version 1.0.0 or later. 現在インストールされているバージョンを見つけるには、Get-Module -ListAvailable Az を実行します。To find your currently installed version, run Get-Module -ListAvailable Az. インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、PowerShell ギャラリーから最新バージョンの Az モジュールをインストールします。If you need to install or upgrade, install the latest version of the Az module from the PowerShell Gallery. PowerShell セッションで、Connect-AzAccount を使用して Azure アカウントにサインインします。In a PowerShell session, sign in to an Azure account using Connect-AzAccount.

次の例では、パラメーター名を独自の値を置き換えます。In the following examples, replace example parameter names with your own values. たとえば、myResourceGroupmyNicmyVM といったパラメーター名にします。Example parameter names included myResourceGroup, myNic, and myVM.

仮想ネットワークの作成Create a virtual network

  1. New-AzResourceGroup を使用して Azure リソース グループを作成します。Create a resource group with New-AzResourceGroup. 次のコマンドでは、myResourceGroup という名前のリソース グループが場所 centralus に作成されます。The following command creates a resource group named myResourceGroup in the centralus location:

    New-AzResourceGroup -Name "myResourceGroup" -Location "centralus"
    
  2. New-AzVirtualNetworkSubnetConfig を使用してサブネット構成を作成します。Create a subnet configuration with New-AzVirtualNetworkSubnetConfig. 次のコマンドでは、mySubnet という名前のサブネットが作成されます。The following command creates a subnet named mySubnet:

    $subnet = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig `
        -Name "mySubnet" `
        -AddressPrefix "192.168.1.0/24"
    
  3. New-AzuVirtualNetwork を使用して、mySubnet サブネットを持つ仮想ネットワークを作成します。Create a virtual network with New-AzVirtualNetwork, with the mySubnet subnet.

    $vnet = New-AzVirtualNetwork -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
        -Location "centralus" `
        -Name "myVnet" `
        -AddressPrefix "192.168.0.0/16" `
        -Subnet $Subnet
    

ネットワーク セキュリティ グループの作成Create a network security group

  1. New-AzNetworkSecurityRuleConfig を使用して、ネットワーク セキュリティ グループの規則を作成します。Create a network security group rule with New-AzNetworkSecurityRuleConfig.

    $rdp = New-AzNetworkSecurityRuleConfig `
        -Name 'Allow-RDP-All' `
        -Description 'Allow RDP' `
        -Access Allow `
        -Protocol Tcp `
        -Direction Inbound `
        -Priority 100 `
        -SourceAddressPrefix * `
        -SourcePortRange * `
        -DestinationAddressPrefix * `
        -DestinationPortRange 3389
    
  2. New-AzNetworkSecurityGroup を使用してネットワーク セキュリティ グループを作成し、Allow-RDP-All セキュリティ規則を割り当てます。Create a network security group with New-AzNetworkSecurityGroup and assign the Allow-RDP-All security rule to it. Allow-RDP-All 規則だけでなく、ネットワーク セキュリティ グループには複数の既定の規則が含まれています。Aside from the Allow-RDP-All rule, the network security group contains several default rules. 既定の規則の 1 つでは、インターネットからのすべての受信アクセスが無効にされます。One default rule disables all inbound access from the internet. 作成された Allow-RDP-All 規則はネットワーク セキュリティ グループに割り当てられて、VM にリモート接続できるようになります。Once it's created, the Allow-RDP-All rule is assigned to the network security group so that you can remotely connect to the VM.

    $nsg = New-AzNetworkSecurityGroup `
        -ResourceGroupName myResourceGroup `
        -Location centralus `
        -Name "myNsg" `
        -SecurityRules $rdp
    
  3. Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig を使用して、ネットワーク セキュリティ グループを mySubnet サブネットに関連付けます。Associate the network security group to the mySubnet subnet with Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig. ネットワーク セキュリティ グループ内の規則は、サブネットにデプロイされているすべてのリソースに対して有効です。The rule in the network security group is effective for all resources deployed in the subnet.

    Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig `
        -VirtualNetwork $vnet `
        -Name 'mySubnet' `
        -AddressPrefix "192.168.1.0/24" `
        -NetworkSecurityGroup $nsg
    

高速ネットワークを使ったネットワーク インターフェイスの作成Create a network interface with accelerated networking

  1. New-AzPublicIpAddress を使用してパブリック IP アドレスを作成します。Create a public IP address with New-AzPublicIpAddress. インターネットから VM にアクセスする予定がない場合、パブリック IP アドレスは不要です。A public IP address is unnecessary if you don't plan to access the VM from the internet. ただし、この記事の手順を完了するにはそれが必要です。However, it's required to complete the steps in this article.

    $publicIp = New-AzPublicIpAddress `
        -ResourceGroupName myResourceGroup `
        -Name 'myPublicIp' `
        -location centralus `
        -AllocationMethod Dynamic
    
  2. 高速ネットワークを有効にし、New-AzNetworkInterface を使用してネットワーク インターフェイスを作成し、パブリック IP アドレスをそのネットワーク インターフェイスに割り当てます。Create a network interface with New-AzNetworkInterface with accelerated networking enabled, and assign the public IP address to the network interface. 次の例では、myVnet 仮想ネットワークの mySubnet サブネット内に myNic という名前のネットワーク インターフェイスを作成し、パブリック IP アドレス myPublicIp をそれに割り当てます。The following example creates a network interface named myNic in the mySubnet subnet of the myVnet virtual network, assigning the myPublicIp public IP address to it:

    $nic = New-AzNetworkInterface `
        -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
        -Name "myNic" `
        -Location "centralus" `
        -SubnetId $vnet.Subnets[0].Id `
        -PublicIpAddressId $publicIp.Id `
        -EnableAcceleratedNetworking
    

VM を作成してネットワーク インターフェイスをアタッチするCreate a VM and attach the network interface

  1. Get-Credential を使用して、VM の資格情報を変数 $cred に設定します。このとき、サインインを求めるメッセージが表示されます。Set your VM credentials to the $cred variable using Get-Credential, which prompts you to sign in:

    $cred = Get-Credential
    
  2. New-AzVMConfig を使用して VM を定義します。Define your VM with New-AzVMConfig. 次のコマンドでは、高速ネットワークをサポートする VM サイズ (Standard_DS4_v2) を使用して、myVM という VM を定義します。The following command defines a VM named myVM with a VM size that supports accelerated networking (Standard_DS4_v2):

    $vmConfig = New-AzVMConfig -VMName "myVm" -VMSize "Standard_DS4_v2"
    

    すべての VM のサイズと特性の一覧は、Windows VM のサイズに関するページを参照してください。For a list of all VM sizes and characteristics, see Windows VM sizes.

  3. Set-AzVMOperatingSystemSet-AzVMSourceImage を使用して、残りの VM 構成を作成します。Create the rest of your VM configuration with Set-AzVMOperatingSystem and Set-AzVMSourceImage. 次のコマンドでは、Windows Server 2016 の VM を作成します。The following command creates a Windows Server 2016 VM:

    $vmConfig = Set-AzVMOperatingSystem -VM $vmConfig `
        -Windows `
        -ComputerName "myVM" `
        -Credential $cred `
        -ProvisionVMAgent `
        -EnableAutoUpdate
    $vmConfig = Set-AzVMSourceImage -VM $vmConfig `
        -PublisherName "MicrosoftWindowsServer" `
        -Offer "WindowsServer" `
        -Skus "2016-Datacenter" `
        -Version "latest"
    
  4. 以前に作成したネットワーク インターフェイスを Add-AzVMNetworkInterface にアタッチします。Attach the network interface that you previously created with Add-AzVMNetworkInterface:

    $vmConfig = Add-AzVMNetworkInterface -VM $vmConfig -Id $nic.Id
    
  5. New-AzVM を使用して VM を作成します。Create your VM with New-AzVM.

    New-AzVM -VM $vmConfig -ResourceGroupName "myResourceGroup" -Location "centralus"
    

Windows VM にイーサネット コントローラーがインストールされていることを確認するConfirm the Ethernet controller is installed in the Windows VM

Azure で VM を作成したら、VM に接続し、Windows にイーサネット コントローラーがインストールされていることを確認します。Once you create the VM in Azure, connect to the VM and confirm that the Ethernet controller is installed in Windows.

  1. Azure portal に移動して、VM を管理します。Go to the Azure portal to manage your VMs. [仮想マシン] を検索して選択します。Search for and select Virtual machines.

  2. 仮想マシンの一覧で、新しい VM を選択します。In the virtual machine list, choose your new VM.

  3. VM の概要ページで、VM の一覧に [状態][作成中] と表示されている場合は、Azure で VM の作成が完了するまで待ちます。In the VM overview page, if the Status of the VM is listed as Creating, wait until Azure finishes creating the VM. VM の作成が完了すると、 [状態][実行中] に変わります。The Status will be changed to Running after VM creation is complete.

  4. VM の概要のツール バーで、 [接続] > [RDP] > [RDP ファイルのダウンロード] を選択します。From the VM overview toolbar, select Connect > RDP > Download RDP File.

  5. .rdp ファイルを開き、「VM を作成してネットワーク インターフェイスをアタッチする」セクションで入力した資格情報を使用して VM にサインインします。Open the .rdp file, and then sign in to the VM with the credentials you entered in the Create a VM and attach the network interface section. Azure で Windows VM に接続したことがない場合は、「仮想マシンへの接続」を参照してください。If you've never connected to a Windows VM in Azure, see Connect to virtual machine.

  6. VM のリモート デスクトップ セッションが表示されたら、Windows の [スタート] ボタンを右クリックし、 [デバイス マネージャー] を選択します。After the remote desktop session for your VM appears, right-click the Windows Start button and choose Device Manager.

  7. [デバイス マネージャー] ウィンドウで、 [ネットワーク アダプター] ノードを展開します。In the Device Manager window, expand the Network adapters node.

  8. Mellanox ConnectX-3 Virtual Function Ethernet Adapter が表示されていることを確認します (下図参照)。Confirm that the Mellanox ConnectX-3 Virtual Function Ethernet Adapter appears, as shown in the following image:

    Mellanox ConnectX-3 Virtual Function Ethernet Adapter、高速ネットワーク用の新しいネットワーク アダプター、デバイス マネージャー

これで、高速ネットワークが VM で有効になります。Accelerated networking is now enabled for your VM.

注意

Mellanox アダプターの起動が失敗する場合は、リモート デスクトップ セッションで管理者プロンプトを開き、次のコマンドを入力します。If the Mellanox adapter fails to start, open an administrator prompt in the remote desktop session and enter the following command:

netsh int tcp set global rss = enabled

既存の VM で高速ネットワークを有効にするEnable accelerated networking on existing VMs

高速ネットワークを有効にしないで VM を作成した場合は、既存の VM に対してこの機能を有効にすることができます。If you've created a VM without accelerated networking, you may enable this feature on an existing VM. VM では、上で説明した次の前提条件が満たされ、高速ネットワークがサポートされている必要があります。The VM must support accelerated networking by meeting the following prerequisites, which are also outlined above:

  • VM は高速ネットワークに対してサポートされるサイズである必要があります。The VM must be a supported size for accelerated networking.
  • VM はサポートされる Azure ギャラリー イメージ (および Linux のカーネル バージョン) である必要があります。The VM must be a supported Azure Gallery image (and kernel version for Linux).
  • NIC 上で高速ネットワークを有効にする前に、可用性セットまたは仮想マシン スケール セットのすべての VM を停止するか、割り当てを解除する必要があります。All VMs in an availability set or a virtual machine scale set must be stopped or deallocated before you enable accelerated networking on any NIC.

個別の VM および可用性セット内の VMIndividual VMs and VMs in an availability set

  1. VM (可用性セットの場合は、セット内のすべての VM) を停止するか、割り当てを解除します。Stop or deallocate the VM or, if an availability set, all the VMs in the set:

    Stop-AzVM -ResourceGroup "myResourceGroup" -Name "myVM"
    

    注意

    可用性セットを使用せず、VM を個別に作成する場合、高速ネットワークを有効にするために必要なのは、個別の VM を停止または割り当てを解除することだけです。When you create a VM individually, without an availability set, you only need to stop or deallocate the individual VM to enable accelerated networking. 可用性セットを使用して VM を作成した場合は、高速ネットワークをサポートするクラスターで VM が終了するように、いずれかの NIC で高速ネットワークを有効にする前に、可用性セットに含まれているすべての VM を停止または割り当てを解除する必要があります。If your VM was created with an availability set, you must stop or deallocate all VMs contained in the availability set before enabling accelerated networking on any of the NICs, so that the VMs end up on a cluster that supports accelerated networking. 高速ネットワークを無効にする場合は、高速ネットワークをサポートするクラスターは高速ネットワークを使用しない NIC でも問題なく動作するため、停止または割り当てを解除する必要はありません。The stop or deallocate requirement is unnecessary if you disable accelerated networking, because clusters that support accelerated networking also work fine with NICs that don't use accelerated networking.

  2. VM の NIC 上で高速ネットワークを有効にします。Enable accelerated networking on the NIC of your VM:

    $nic = Get-AzNetworkInterface -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
        -Name "myNic"
    
    $nic.EnableAcceleratedNetworking = $true
    
    $nic | Set-AzNetworkInterface
    
  3. VM (可用性セットの場合はセット内のすべての VM) を再起動し、高速ネットワークが有効になっていることを確認します。Restart your VM or, if in an availability set, all the VMs in the set, and confirm that accelerated networking is enabled:

    Start-AzVM -ResourceGroup "myResourceGroup" `
        -Name "myVM"
    

仮想マシン スケール セットVirtual machine scale set

仮想マシン スケール セットの場合は少し異なりますが、同じワークフローに従います。A virtual machine scale set is slightly different, but it follows the same workflow.

  1. VM を停止します。Stop the VMs:

    Stop-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
        -VMScaleSetName "myScaleSet"
    
  2. ネットワークのインターフェイスで、高速ネットワークのプロパティを更新します。Update the accelerated networking property under the network interface:

    $vmss = Get-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
        -VMScaleSetName "myScaleSet"
    
    $vmss.VirtualMachineProfile.NetworkProfile.NetworkInterfaceConfigurations[0].EnableAcceleratedNetworking = $true
    
    Update-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
        -VMScaleSetName "myScaleSet" `
        -VirtualMachineScaleSet $vmss
    
  3. 変更がすぐに選択されるように、適用された更新を自動に設定します。Set the applied updates to automatic so that the changes are immediately picked up:

    $vmss.UpgradePolicy.AutomaticOSUpgrade = $true
    
    Update-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
        -VMScaleSetName "myScaleSet" `
        -VirtualMachineScaleSet $vmss
    

    注意

    スケール セットには、3 つの異なる設定 (自動、ローリング、手動) を使用して更新を適用する VM のアップグレードがあります。A scale set has VM upgrades that apply updates using three different settings: automatic, rolling, and manual. これらの手順では、再起動後すぐにスケール セットによってポリシーが選択されるように、ポリシーは自動に設定されます。In these instructions, the policy is set to automatic, so the scale set picks up the changes immediately after it restarts.

  4. スケール セットを再起動します。Restart the scale set:

    Start-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
        -VMScaleSetName "myScaleSet"
    

再起動したら、アップグレードが完了するまで待ちます。Once you restart, wait for the upgrades to finish. アップグレードが完了すると、仮想機能 (VF) が VM 内に表示されます。After the upgrades are done, the virtual function (VF) appears inside the VM. サポートされている OS と VM サイズを使用していることを確認します。Make sure you're using a supported OS and VM size.

高速ネットワークが有効な既存の VM のサイズを変更するResizing existing VMs with accelerated networking

VM で高速ネットワークが有効になっている場合は、高速ネットワークをサポートする VM のみにサイズを変更できます。If a VM has accelerated networking enabled, you're only able to resize it to a VM that supports accelerated networking.

高速ネットワークが有効になっている VM のサイズを、高速ネットワークをサポートしていない VM インスタンスに、サイズ変更操作を使用して変更することはできません。A VM with accelerated networking enabled can't be resized to a VM instance that doesn't support accelerated networking using the resize operation. このような VM のサイズを変更するには、次のようにします。Instead, to resize one of these VMs:

  1. VM を停止するか、または割り当てを解除します。Stop or deallocate the VM. 可用性セットまたはスケール セットの場合は、可用性セットまたはスケール セット内のすべての VM を停止または割り当てを解除します。For an availability set or scale set, stop or deallocate all the VMs in the availability set or scale set.

  2. VM の NIC で高速ネットワークを無効にします。Disable accelerated networking on the NIC of the VM. 可用性セットまたはスケール セットの場合は、可用性セットまたはスケール セット内のすべての VM の NIC で高速ネットワークを無効にします。For an availability set or scale set, disable accelerated networking on the NICs of all VMs in the availability set or scale set.

  3. 高速ネットワークを無効にした後、高速ネットワークをサポートしていない新しいサイズに VM、可用性セット、スケール セットを移動してから、それらを再起動します。After you disable accelerated networking, move the VM, availability set, or scale set to a new size that doesn't support accelerated networking, and then restart them.