高速ネットワークを使った Windows 仮想マシンの作成Create a Windows virtual machine with Accelerated Networking

このチュートリアルでは、高速ネットワークを使った Windows 仮想マシン (VM) の作成方法について説明します。In this tutorial, you learn how to create a Windows virtual machine (VM) with Accelerated Networking. 高速ネットワークを使って Linux VM を作成する場合は、「高速ネットワークを使った Linux 仮想マシンの作成」をご覧ください。To create a Linux VM with Accelerated Networking, see Create a Linux VM with Accelerated Networking. 高速ネットワークによって、VM との間でシングル ルート I/O 仮想化 (SR-IOV) が可能になり、ネットワークのパフォーマンスが大幅に向上します。Accelerated networking enables single root I/O virtualization (SR-IOV) to a VM, greatly improving its networking performance. この高パフォーマンスのパスによってデータパスからホストがバイパスされ、サポートされる VM タイプの最も要件の厳しいネットワーク ワークロードで使用した場合でも、待ち時間、ジッター、CPU 使用率が軽減されます。This high-performance path bypasses the host from the datapath, reducing latency, jitter, and CPU utilization, for use with the most demanding network workloads on supported VM types. 次の図は、2 台の VM 間の通信を、高速ネットワークを使う場合と使わない場合とで比較したものです。The following picture shows communication between two VMs with and without accelerated networking:

比較

高速ネットワークを使用しない場合は、VM に出入りするすべてのネットワーク トラフィックがホストと仮想スイッチをスキャンする必要があります。Without accelerated networking, all networking traffic in and out of the VM must traverse the host and the virtual switch. 仮想スイッチでは、ネットワーク セキュリティ グループ、アクセス制御リスト、分離、その他のネットワーク仮想化サービスなど、すべてのポリシーが適用されます。The virtual switch provides all policy enforcement, such as network security groups, access control lists, isolation, and other network virtualized services to network traffic. 仮想スイッチの詳細については、Hyper-V ネットワーク仮想化と仮想スイッチに関する記事を参照してください。To learn more about virtual switches, see Hyper-V network virtualization and virtual switch.

高速ネットワークを使用した場合、ネットワーク トラフィックは、VM のネットワーク インターフェイス (NIC) に到達した後、VM に転送されます。With accelerated networking, network traffic arrives at the VM's network interface (NIC), and is then forwarded to the VM. 仮想スイッチによって適用されるすべてのネットワーク ポリシーはオフロードされ、ハードウェアで適用されるようになりました。All network policies that the virtual switch applies are now offloaded and applied in hardware. ハードウェアにポリシーを適用することによって、ホストに適用されるポリシーをすべて維持したまま、ホストや仮想スイッチをバイパスして、NIC からネットワーク トラフィックを直接 VM に転送できます。Applying policy in hardware enables the NIC to forward network traffic directly to the VM, bypassing the host and the virtual switch, while maintaining all the policy it applied in the host.

高速ネットワークのメリットが得られるのは、高速ネットワークが有効になっている VM だけです。The benefits of accelerated networking only apply to the VM that it is enabled on. 最適な結果を得るには、同じ Azure 仮想ネットワーク (VNet) に接続された 2 台以上の VM でこの機能を有効にしておくことをお勧めします。For the best results, it is ideal to enable this feature on at least two VMs connected to the same Azure Virtual Network (VNet). VNet の境界を越えて通信するときや、オンプレミスで接続する場合、全体的な待ち時間に対してこの機能がもたらす効果は限定的です。When communicating across VNets or connecting on-premises, this feature has minimal impact to overall latency.

メリットBenefits

  • 待機時間の短縮/1 秒あたりのパケット数 (pps) の向上: データパスから仮想スイッチを削除することで、ホストにおけるパケットのポリシー処理に必要な時間がなくなるため、VM 内で処理できるパケット数が増加します。Lower Latency / Higher packets per second (pps): Removing the virtual switch from the datapath removes the time packets spend in the host for policy processing and increases the number of packets that can be processed inside the VM.
  • ジッターの削減: 仮想スイッチの処理は、適用するポリシーの量と、処理を行う CPU のワークロードによって異なります。Reduced jitter: Virtual switch processing depends on the amount of policy that needs to be applied and the workload of the CPU that is doing the processing. ハードウェアへのポリシーの適用をオフロードすると、パケットが直接 VM に配信され、ホストと VM 間の通信とソフトウェアによる干渉やコンテキスト スイッチがなくなるため、そのばらつきはなくなります。Offloading the policy enforcement to the hardware removes that variability by delivering packets directly to the VM, removing the host to VM communication and all software interrupts and context switches.
  • CPU 使用率の削減: ホストの仮想スイッチをバイパスすることによって、ネットワーク トラフィックを処理するための CPU 使用率を削減できます。Decreased CPU utilization: Bypassing the virtual switch in the host leads to less CPU utilization for processing network traffic.

制限と制約Limitations and Constraints

サポートされているオペレーティング システムSupported operating systems

Azure ギャラリーでは次のディストリビューションが既定でサポートされています。The following distributions are supported out of the box from the Azure Gallery:

  • Windows Server 2016 DatacenterWindows Server 2016 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 Datacenter

サポートされている VM インスタンスSupported VM instances

高速ネットワークは、2 つ以上の vCPU を持つ、コンピューティングに最適化された多くの汎用のインスタンス サイズでサポートされています。Accelerated Networking is supported on most general purpose and compute-optimized instance sizes with 2 or more vCPUs. サポートされているシリーズは、D/DSv2 と F/Fs です。These supported series are: D/DSv2 and F/Fs

ハイパースレッディングをサポートするインスタンスでは、4 以上の vCPU を持つ VM インスタンスで高速ネットワークがサポートされています。On instances that support hyperthreading, Accelerated Networking is supported on VM instances with 4 or more vCPUs. サポートされている系列は、D/Dsv3、E/Esv3、Fsv2、Lsv2、Ms/Mms、および Ms/Mmsv2。Supported series are: D/Dsv3, E/Esv3, Fsv2, Lsv2, Ms/Mms and Ms/Mmsv2.

VM インスタンスの詳細については、Windows VM のサイズに関するページを参照してください。For more information on VM instances, see Windows VM sizes.

リージョンRegions

すべてのパブリック Azure リージョンと Azure Government クラウドで使用できます。Available in all public Azure regions and Azure Government Cloud.

実行中の VM で高速ネットワークを有効にするEnabling Accelerated Networking on a running VM

サポートされる VM サイズで、高速ネットワークが有効になっていない場合は、VM が停止され割り当てを解除されているときにだけ機能を有効にできます。A supported VM size without accelerated networking enabled can only have the feature enabled when it is stopped and deallocated.

Azure Resource Manager によるデプロイDeployment through Azure Resource Manager

仮想マシン (クラシック) は、高速ネットワークを使用したデプロイはできません。Virtual machines (classic) cannot be deployed with Accelerated Networking.

Azure 高速ネットワークが有効な Windows VM を作成するCreate a Windows VM with Azure Accelerated Networking

ポータルの作成Portal creation

この記事では、高速ネットワークを使用した仮想マシンを、Azure PowerShell を使って作成する手順について説明しますが、高速ネットワークを使用した仮想マシンは、Azure portal を使って作成することもできますThough this article provides steps to create a virtual machine with accelerated networking using Azure Powershell, you can also create a virtual machine with accelerated networking using the Azure portal. portal で仮想マシンを作成するときは、 [仮想マシンの作成] ブレードで [ネットワーク] タブを選択します。このタブには、 [高速ネットワーク] のオプションがあります。When creating a virtual machine in the portal, in the Create a virtual machine blade, choose the Networking tab. In this tab, there is an option for Accelerated networking. サポートされるオペレーティングシステムVM サイズを選択している場合、このオプションは自動的に [オン] になります。If you have chosen a supported operating system and VM size, this option will automatically populate to "On." そうでない場合は、高速ネットワークに対して [オフ] オプションが選択され、有効にならない理由がユーザーに示されます。If not, it will populate the "Off" option for Accelerated Networking and give the user a reason why it is not be enabled.

  • 注: ポータルからは、サポートされているオペレーティング システムのみを有効にできます。Note: Only supported operating systems can be enabled through the portal. カスタム イメージを使用していて、そのイメージで高速ネットワークがサポートされている場合は、CLI または Powershell を使用して VM を作成してください。If you are using a custom image, and your image supports Accelerated Networking, please create your VM using CLI or Powershell.

仮想マシンが作成されたら、「高速ネットワークが有効化されていることを確認する」の手順に従って、高速ネットワークが有効であることを確認できます。After the virtual machine is created, you can confirm Accelerated Networking is enabled by following the instructions in the Confirm that accelerated networking is enabled.

PowerShell の作成Powershell creation

仮想ネットワークの作成Create a virtual network

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

Azure PowerShell バージョン 1.0.0 以降をインストールします。Install Azure PowerShell version 1.0.0 or later. 現在インストールされているバージョンを見つけるには、Get-Module -ListAvailable Az を実行します。To find your currently installed version, run Get-Module -ListAvailable Az. インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、PowerShell ギャラリーから最新バージョンの Az モジュールをインストールします。If you need to install or upgrade, install the latest version of the Az module from the PowerShell Gallery. PowerShell セッションで、Connect-AzAccount を使用して Azure アカウントにログインします。In a PowerShell session, log in to an Azure account using Connect-AzAccount.

次の例では、パラメーター名を独自の値を置き換えます。In the following examples, replace example parameter names with your own values. たとえば、myResourceGroupmyNicmyVM といったパラメーター名にします。Example parameter names included myResourceGroup, myNic, and myVM.

New-AzResourceGroup を使用して Azure リソース グループを作成します。Create a resource group with New-AzResourceGroup. 次の例では、myResourceGroup という名前のリソース グループを場所 centralus に作成します。The following example creates a resource group named myResourceGroup in the centralus location:

New-AzResourceGroup -Name "myResourceGroup" -Location "centralus"

まず、New-AzVirtualNetworkSubnetConfig を使用してサブネット構成を作成します。First, create a subnet configuration with New-AzVirtualNetworkSubnetConfig. 次の例では、mySubnet という名前のサブネットを作成します。The following example creates a subnet named mySubnet:

$subnet = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig `
    -Name "mySubnet" `
    -AddressPrefix "192.168.1.0/24"

New-AzuVirtualNetwork を使用して、mySubnet サブネットを持つ仮想ネットワークを作成します。Create a virtual network with New-AzVirtualNetwork, with the mySubnet subnet.

$vnet = New-AzVirtualNetwork -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -Location "centralus" `
    -Name "myVnet" `
    -AddressPrefix "192.168.0.0/16" `
    -Subnet $Subnet

ネットワーク セキュリティ グループの作成Create a network security group

最初に、New-AzNetworkSecurityRuleConfig を使用して、ネットワーク セキュリティ グループの規則を作成します。First, create a network security group rule with New-AzNetworkSecurityRuleConfig.

$rdp = New-AzNetworkSecurityRuleConfig `
    -Name 'Allow-RDP-All' `
    -Description 'Allow RDP' `
    -Access Allow `
    -Protocol Tcp `
    -Direction Inbound `
    -Priority 100 `
    -SourceAddressPrefix * `
    -SourcePortRange * `
    -DestinationAddressPrefix * `
    -DestinationPortRange 3389

New-AzNetworkSecurityGroup を使用してネットワーク セキュリティ グループを作成し、Allow-RDP-All セキュリティ規則を割り当てます。Create a network security group with New-AzNetworkSecurityGroup and assign the Allow-RDP-All security rule to it. Allow-RDP-All 規則に加え、ネットワーク セキュリティ グループには複数の既定の規則が含まれています。In addition to the Allow-RDP-All rule, the network security group contains several default rules. ある既定の規則は、インターネットからのすべての着信アクセスを無効にします。そのため、仮想マシンが作成されたら、リモートでその仮想マシンに接続できるように、Allow-RDP-All 規則をネットワーク セキュリティ グループに割り当てます。One default rule disables all inbound access from the Internet, which is why the Allow-RDP-All rule is assigned to the network security group so that you can remotely connect to the virtual machine, once it's created.

$nsg = New-AzNetworkSecurityGroup `
    -ResourceGroupName myResourceGroup `
    -Location centralus `
    -Name "myNsg" `
    -SecurityRules $rdp

Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig を使用して、ネットワーク セキュリティ グループを mySubnet サブネットに関連付けます。Associate the network security group to the mySubnet subnet with Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig. ネットワーク セキュリティ グループ内の規則は、サブネットにデプロイされているすべてのリソースに対して有効です。The rule in the network security group is effective for all resources deployed in the subnet.

Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig `
    -VirtualNetwork $vnet `
    -Name 'mySubnet' `
    -AddressPrefix "192.168.1.0/24" `
    -NetworkSecurityGroup $nsg

高速ネットワークを使ったネットワーク インターフェイスの作成Create a network interface with accelerated networking

New-AzPublicIpAddress を使用してパブリック IP アドレスを作成します。Create a public IP address with New-AzPublicIpAddress. インターネットから仮想マシンにアクセスする計画がない場合、パブリック IP アドレスは不要ですが、この記事の手順を完了するには必要です。A public IP address isn't required if you don't plan to access the virtual machine from the Internet, but to complete the steps in this article, it is required.

$publicIp = New-AzPublicIpAddress `
    -ResourceGroupName myResourceGroup `
    -Name 'myPublicIp' `
    -location centralus `
    -AllocationMethod Dynamic

高速ネットワークを有効にし、New-AzNetworkInterface を使用してネットワーク インターフェイスを作成し、パブリック IP アドレスをこのネットワーク インターフェイスに割り当てます。Create a network interface with New-AzNetworkInterface with accelerated networking enabled and assign the public IP address to the network interface. 次の例では、myVnet 仮想ネットワークの mySubnet サブネット内に myNic という名前のネットワーク インターフェイスを作成し、myPublicIp パブリック IP アドレスを割り当てます。The following example creates a network interface named myNic in the mySubnet subnet of the myVnet virtual network and assigns the myPublicIp public IP address to it:

$nic = New-AzNetworkInterface `
    -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -Name "myNic" `
    -Location "centralus" `
    -SubnetId $vnet.Subnets[0].Id `
    -PublicIpAddressId $publicIp.Id `
    -EnableAcceleratedNetworking

仮想マシンの作成Create the virtual machine

Get-Credential を使用して、VM の資格情報を変数 $cred に設定します。Set your VM credentials to the $cred variable using Get-Credential:

$cred = Get-Credential

最初に、New-AzVMConfig を使用して VM を定義します。First, define your VM with New-AzVMConfig. 次の例では、高速ネットワークをサポートする VM サイズ (Standard_DS4_v2) を使用して、myVM という VM を定義します。The following example defines a VM named myVM with a VM size that supports Accelerated Networking (Standard_DS4_v2):

$vmConfig = New-AzVMConfig -VMName "myVm" -VMSize "Standard_DS4_v2"

すべての VM のサイズと特性の一覧は、Windows VM のサイズに関するページを参照してください。For a list of all VM sizes and characteristics, see Windows VM sizes.

Set-AzVMOperatingSystemSet-AzVMSourceImage を使用して、残りの VM 構成を作成します。Create the rest of your VM configuration with Set-AzVMOperatingSystem and Set-AzVMSourceImage. 次の例では、Windows Server 2016 の VM を作成します。The following example creates a Windows Server 2016 VM:

$vmConfig = Set-AzVMOperatingSystem -VM $vmConfig `
    -Windows `
    -ComputerName "myVM" `
    -Credential $cred `
    -ProvisionVMAgent `
    -EnableAutoUpdate
$vmConfig = Set-AzVMSourceImage -VM $vmConfig `
    -PublisherName "MicrosoftWindowsServer" `
    -Offer "WindowsServer" `
    -Skus "2016-Datacenter" `
    -Version "latest"

以前に作成したネットワーク インターフェイスを Add-AzVMNetworkInterface にアタッチします。Attach the network interface that you previously created with Add-AzVMNetworkInterface:

$vmConfig = Add-AzVMNetworkInterface -VM $vmConfig -Id $nic.Id

最後に、New-AzVM を使用して VM を作成します。Finally, create your VM with New-AzVM:

New-AzVM -VM $vmConfig -ResourceGroupName "myResourceGroup" -Location "centralus"

オペレーティング システムでドライバーがインストールされていることを確認するConfirm the driver is installed in the operating system

Azure で VM を作成したら、VM に接続して、Windows でドライバーがインストールされていることを確認します。Once you create the VM in Azure, connect to the VM and confirm that the driver is installed in Windows.

  1. インターネット ブラウザーから Azure Portal を開いて、自分の Azure アカウントでサインインします。From an Internet browser, open the Azure portal and sign in with your Azure account.

  2. Azure Portal の上部に "リソースの検索" というテキストが表示されたボックスがあります。そこに「myVm」と入力します。In the box that contains the text Search resources at the top of the Azure portal, type myVm. 検索結果に myVm が表示されたら、それをクリックします。When myVm appears in the search results, click it. [接続] ボタンの下に [作成中] と表示されている場合、Azure による VM の作成がまだ完了していません。If Creating is visible under the Connect button, Azure has not yet finished creating the VM. 概要の左上隅にある [接続] は必ず、 [接続] ボタンの下の [作成中] が見えなくなってからクリックしてください。Click Connect in the top left corner of the overview only after you no longer see Creating under the Connect button.

  3. 仮想マシンの作成」で入力したユーザー名とパスワードを入力します。Enter the username and password you entered in Create the virtual machine. Azure で Windows VM に接続したことがない場合は、「仮想マシンへの接続」を参照してください。If you've never connected to a Windows VM in Azure, see Connect to virtual machine.

  4. Windows の [スタート] ボタンを右クリックし、 [デバイス マネージャー] をクリックします。Right-click the Windows Start button and click Device Manager. [ネットワーク アダプター] ノードを展開します。Expand the Network adapters node. [Mellanox ConnectX-3 Virtual Function Ethernet Adapter] が表示されていることを確認します (下図参照)。Confirm that the Mellanox ConnectX-3 Virtual Function Ethernet Adapter appears, as shown in the following picture:

    [デバイス マネージャー]

VM の高速ネットワークが有効になりました。Accelerated Networking is now enabled for your VM.

既存の VM 上で高速ネットワークを有効にするEnable Accelerated Networking on existing VMs

高速ネットワークを有効にしないで VM を作成した場合は、既存の VM に対してこの機能を有効にすることができます。If you have created a VM without Accelerated Networking, it is possible to enable this feature on an existing VM. VM は、上記で説明した次の前提条件を満たすことによって、高速ネットワークをサポートしている必要があります。The VM must support Accelerated Networking by meeting the following prerequisites that are also outlined above:

  • VM は高速ネットワークがサポートされるサイズである必要がありますThe VM must be a supported size for Accelerated Networking
  • VM はサポートされる Azure ギャラリー イメージ (および Linux のカーネル バージョン) である必要がありますThe VM must be a supported Azure Gallery image (and kernel version for Linux)
  • 可用性セット内または VMSS 内のすべての VM は、NIC 上で高速ネットワークを有効にする前に、停止/割り当てを解除しておく必要がありますAll VMs in an availability set or VMSS must be stopped/deallocated before enabling Accelerated Networking on any NIC

個別の VM および可用性セット内の VMIndividual VMs & VMs in an availability set

最初に、VM (可用性セットの場合は、セット内のすべての VM) を停止/割り当てを解除します。First stop/deallocate the VM or, if an Availability Set, all the VMs in the Set:

Stop-AzureRmVM -ResourceGroup "myResourceGroup" `
    -Name "myVM"

可用性セットを使用しないで個別に作成した VM の場合、高速ネットワークを有効にするには、個別の VM を停止/割り当てを解除することだけが必要です。Important, please note, if your VM was created individually, without an availability set, you only need to stop/deallocate the individual VM to enable Accelerated Networking. 可用性セットを使用して作成された VM の場合は、いずれかの NIC 上で高速ネットワークを有効にする前に、可用性セットに含まれるすべての VM を停止/割り当てを解除する必要があります。If your VM was created with an availability set, all VMs contained in the availability set will need to be stopped/deallocated before enabling Accelerated Networking on any of the NICs.

停止した後、VM の NIC 上で高速ネットワークを有効にします。Once stopped, enable Accelerated Networking on the NIC of your VM:

$nic = Get-AzureRMNetworkInterface -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -Name "myNic"

$nic.EnableAcceleratedNetworking = $true

$nic | Set-AzureRMNetworkInterface

VM (可用性セットの場合はセット内のすべての VM) を再起動し、高速ネットワークが有効になっていることを確認します。Restart your VM or, if in an availability set, all the VMs in the set, and confirm that Accelerated Networking is enabled:

Start-AzureRmVM -ResourceGroup "myResourceGroup" `
    -Name "myVM"

VMSSVMSS

VMSS は若干異なりますが、同じワークフローに従います。VMSS is slightly different but follows the same workflow. 最初に、VM を停止します。First, stop the VMs:

Stop-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -VMScaleSetName "myScaleSet"

VM が停止した後、ネットワーク インターフェイスにおいて高速ネットワークのプロパティを更新します。Once the VMs are stopped, update the Accelerated Networking property under the network interface:

$vmss = Get-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -VMScaleSetName "myScaleSet"

$vmss.VirtualMachineProfile.NetworkProfile.NetworkInterfaceConfigurations[0].EnableAcceleratedNetworking = $true

Update-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -VMScaleSetName "myScaleSet" `
    -VirtualMachineScaleSet $vmss

VMSS には、3 つの異なる設定 (自動、ローリング、手動) を使用して更新を適用する VM のアップグレードがあります。Please note, a VMSS has VM upgrades that apply updates using three different settings, automatic, rolling and manual. この手順では、再起動後すぐに VMSS がポリシーを選択するように、ポリシーを自動に設定します。In these instructions the policy is set to automatic so that the VMSS will pick up the changes immediately after restarting. 変更がすぐに選択されるように自動に設定するには、次のようにします。To set it to automatic so that the changes are immediately picked up:

$vmss.UpgradePolicy.AutomaticOSUpgrade = $true

Update-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -VMScaleSetName "myScaleSet" `
    -VirtualMachineScaleSet $vmss

最後に、VMSS を再起動します。Finally, restart the VMSS:

Start-AzVmss -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -VMScaleSetName "myScaleSet"

再起動した後、アップグレードが完了するまで待ちます。完了すると、VM 内に VF が表示されます。Once you restart, wait for the upgrades to finish but once completed, the VF will appear inside the VM. (サポートされる OS と VM サイズを使用していることを確認してください)(Please make sure you are using a supported OS and VM size)

高速ネットワークが有効な既存の VM のサイズを変更するResizing existing VMs with Accelerated Networking

高速ネットワークが有効になっている VM のサイズは、高速ネットワークをサポートする VM にのみ変更できます。VMs with Accelerated Networking enabled can only be resized to VMs that support Accelerated Networking.

高速ネットワークが有効になっている VM のサイズを、高速ネットワークをサポートしていない VM インスタンスに、サイズ変更操作を使って変更することはできません。A VM with Accelerated Networking enabled cannot be resized to a VM instance that does not support Accelerated Networking using the resize operation. このような VM のサイズを変更するには、次のようにします。Instead, to resize one of these VMs:

  • VM を停止/割り当てを解除します。可用性セット/VMSS の場合は、セット/VMSS 内のすべての VM を停止/割り当てを解除します。Stop/Deallocate the VM or if in an availability set/VMSS, stop/deallocate all the VMs in the set/VMSS.
  • VM の NIC 上で、高速ネットワークを無効にする必要があります。可用性セット/VMSS の場合は、セット/VMSS 内のすべての VM において無効にします。Accelerated Networking must be disabled on the NIC of the VM or if in an availability set/VMSS, all VMs in the set/VMSS.
  • 高速ネットワークが無効になったら、高速ネットワークをサポートしていない新しいサイズに VM/可用性セット/VMSS を移動して、再起動します。Once Accelerated Networking is disabled, the VM/availability set/VMSS can be moved to a new size that does not support Accelerated Networking and restarted.