Azure における IP アドレスの種類と割り当て方法IP address types and allocation methods in Azure

Azure リソースには、他の Azure リソース、オンプレミス ネットワーク、およびインターネットと通信するために IP アドレスを割り当てることができます。You can assign IP addresses to Azure resources to communicate with other Azure resources, your on-premises network, and the Internet. Azure で使用できる IP アドレスには、次の 2 種類があります。There are two types of IP addresses you can use in Azure:

  • パブリック IP アドレス:Azure の公開されたサービスを含め、インターネットとの通信に使用します。Public IP addresses: Used for communication with the Internet, including Azure public-facing services.
  • プライベート IP アドレス:VPN ゲートウェイまたは ExpressRoute 回線を使用してネットワークを Azure に拡張するときに、Azure 仮想ネットワーク (VNet)、およびオンプレミスのネットワーク内での通信に使用します。Private IP addresses: Used for communication within an Azure virtual network (VNet), and your on-premises network, when you use a VPN gateway or ExpressRoute circuit to extend your network to Azure.

パブリック IP プレフィックスから静的パブリック IP アドレスの連続する範囲を作成することもできます。You can also create a contiguous range of static public IP addresses through a public IP prefix. パブリック IP プレフィックスについて確認してください。Learn about a public IP prefix.

注意

Azure には、リソースの作成と操作に関して、2 種類のデプロイ モデルがあります。Resource Manager とクラシックです。Azure has two different deployment models for creating and working with resources: Resource Manager and classic. この記事では、Resource Manager デプロイ モデルの使用方法について取り上げていますが、最新のデプロイでは、クラシック デプロイ モデルではなくこのモデルをお勧めします。This article covers using the Resource Manager deployment model, which Microsoft recommends for most new deployments instead of the classic deployment model.

クラシック デプロイ モデルの知識がある場合は、クラシックと Resource Manager での IP アドレス指定の相違点に関するページを確認してください。If you are familiar with the classic deployment model, check the differences in IP addressing between classic and Resource Manager.

パブリック IP アドレスPublic IP addresses

インターネット リソースから Azure リソースに入ってくる通信には、パブリック IP アドレスが使用されます。Public IP addresses allow Internet resources to communicate inbound to Azure resources. また、Azure リソースからインターネットに出て行く通信や、Azure リソースから公開 Azure サービス (リソースに IP アドレスが割り当てられている Azure サービス) に出て行く通信にも、パブリック IP アドレスが使用されます。Public IP addresses also enable Azure resources to communicate outbound to Internet and public-facing Azure services with an IP address assigned to the resource. このアドレスは、特定のリソース専用に確保され、明示的に割り当てが解除されない限り維持されます。The address is dedicated to the resource, until it is unassigned by you. パブリック IP アドレスが割り当てられていなくても、リソースはインターネットに向けて通信することはできます。ただしその場合、そのリソース専用ではない空いている IP アドレスが Azure によって動的に割り当てられます。If a public IP address is not assigned to a resource, the resource can still communicate outbound to the Internet, but Azure dynamically assigns an available IP address that is not dedicated to the resource. Azure での送信接続の詳細については、送信用接続の詳細に関するページを参照してください。For more information about outbound connections in Azure, see Understand outbound connections.

Azure リソース マネージャーで、 パブリック IP アドレスは、独自のプロパティを持つリソースです。In Azure Resource Manager, a public IP address is a resource that has its own properties. パブリック IP アドレスのリソースは、次のリソースのいずれかと関連付けることができます。Some of the resources you can associate a public IP address resource with are:

  • 仮想マシン ネットワーク インターフェイスVirtual machine network interfaces
  • インターネットに接続するロード バランサーInternet-facing load balancers
  • VPN ゲートウェイVPN gateways
  • アプリケーション ゲートウェイApplication gateways

IP アドレスのバージョンIP address version

パブリック IP アドレスは、IPv4 または IPv6 アドレスを使用して作成されます。Public IP addresses are created with an IPv4 or IPv6 address. パブリックの IPv6 アドレスは、インターネットに接続するロード バランサーにのみ割り当てることができます。Public IPv6 addresses can only be assigned to Internet-facing load balancers.

SKUSKU

パブリック IP アドレスは、次の SKU のいずれかを使用して作成されます。Public IP addresses are created with one of the following SKUs:

重要

ロード バランサー リソースとパブリック IP リソースには一致する SKU を使用する必要があります。Matching SKUs must be used for load balancer and public IP resources. Basic SKU リソースと Standard SKU リソースを組み合わせることはできません。You can't have a mixture of basic SKU resources and standard SKU resources. スタンドアロン仮想マシン、可用性セット リソース内の仮想マシン、または仮想マシン スケール セット リソースを、両方の SKU に同時にアタッチすることはできません。You can't attach standalone virtual machines, virtual machines in an availability set resource, or a virtual machine scale set resources to both SKUs simultaneously. 新しい設計では、Standard SKU リソースの使用を検討する必要があります。New designs should consider using Standard SKU resources. 詳しくは、Standard ロード バランサーに関するページをご覧ください。Please review Standard Load Balancer for details.

BasicBasic

SKU の導入前に作成されたすべてのパブリック IP アドレスは、Basic SKU のパブリック IP アドレスです。All public IP addresses created before the introduction of SKUs are Basic SKU public IP addresses. SKU を導入すると、どの SKU をパブリック IP アドレスにするかを設定できます。With the introduction of SKUs, you have the option to specify which SKU you would like the public IP address to be. Basic SKU のアドレスは次のとおりです。Basic SKU addresses are:

  • 静的または動的な割り当て方法を使用して割り当てられます。Assigned with the static or dynamic allocation method.
  • インバウンドから発生するフローの調整可能なアイドル タイムアウトとして4分から30 分 (既定値は 4 分) が、またアウトバウンドから発生するフローの固定アイドル タイムアウトとして 4 分が割り当てられます。Have an adjustable inbound originated flow idle timeout of 4-30 minutes, with a default of 4 minutes, and fixed outbound originated flow idle timeout of 4 minutes.
  • 既定で開いています。Are open by default. ネットワーク セキュリティ グループは推奨されますが、受信または送信トラフィックを制限する場合は省略可能です。Network security groups are recommended but optional for restricting inbound or outbound traffic.
  • ネットワーク インターフェイス、VPN ゲートウェイ、アプリケーション ゲートウェイ、およびインターネットに接続するロード バランサーなどのパブリック IP アドレスを割り当てることができる Azure のリソースに割り当てられます。Assigned to any Azure resource that can be assigned a public IP address, such as network interfaces, VPN Gateways, Application Gateways, and Internet-facing load balancers.
  • 可用性ゾーンのシナリオはサポートしません。Do not support Availability Zone scenarios. 可用性ゾーンのシナリオには、Standard SKU のパブリック IP を使用する必要があります。You need to use Standard SKU public IP for Availability Zone scenarios. 可用性ゾーンに関する詳細については、可用性ゾーンの概要に関するページと「Standard Load Balancer と可用性ゾーン」を参照してください。To learn more about availability zones, see Availability zones overview and Standard Load Balancer and Availability Zones.

StandardStandard

Standard SKU のパブリック IP アドレスは次のとおりです。Standard SKU public IP addresses are:

  • 必ず静的割り当て方法を使用してください。Always use static allocation method.
  • インバウンドから発生するフローの調整可能なアイドル タイムアウトとして4分から30 分 (既定値は 4 分) が、またアウトバウンドから発生するフローの固定アイドル タイムアウトとして 4 分が割り当てられます。Have an adjustable inbound originated flow idle timeout of 4-30 minutes, with a default of 4 minutes, and fixed outbound originated flow idle timeout of 4 minutes.
  • 既定でセキュリティ保護され、受信トラフィックに対して閉じられています。Are secure by default and closed to inbound traffic. ネットワーク セキュリティ グループで、許可された受信トラフィックを明示的なホワイト リストに登録する必要があります。You must explicit whitelist allowed inbound traffic with a network security group.
  • ネットワーク インターフェイス、Standard パブリック ロード バランサー、アプリケーション ゲートウェイ、VPN ゲートウェイに割り当てられます。Assigned to network interfaces, Standard public Load Balancers, Application Gateways, or VPN Gateways. Standard Load Balancer の詳細については、Azure Standard Load Balancer に関するページを参照してください。For more information about Standard Load Balancer, see Azure Standard Load Balancer.
  • 既定ではゾーン冗長ですが、必要に応じてゾーンのパブリック IP にすることができます (ゾーンのパブリック IP アドレスとして作成でき、特定の可用性ゾーンで保証できます)。Zone redundant by default and optionally zonal (can be created zonal and guaranteed in a specific availability zone). 可用性ゾーンに関する詳細については、可用性ゾーンの概要に関するページと「Standard Load Balancer と可用性ゾーン」を参照してください。To learn more about availability zones, see Availability zones overview and Standard Load Balancer and Availability Zones.

注意

ネットワーク セキュリティ グループを作成して関連付け、目的のインバウンド トラフィックを明示的に許可するまで、Standard SKU リソースとのインバウンド通信は失敗します。Inbound communication with a Standard SKU resource fails until you create and associate a network security group and explicitly allow the desired inbound traffic.

注意

インスタンス メタデータ サービス (IMDS) を使用している場合は、Basic SKU のパブリック IP アドレスのみを使用できます。Only Public IP addresses with basic SKU are available when using instance metadata service IMDS. Standard SKU はサポートされていません。Standard SKU is not supported.

割り当て方法Allocation method

Basic と Standard の両方の SKU のパブリック IP アドレスでは 静的割り当て方法をサポートしています。Both basic and standard SKU public IP addresses support the static allocation method. リソースの作成時にリソースに IP アドレスが割り当てられ、リソースの削除時に IP アドレスが解放されます。The resource is assigned an IP address at the time it is created and the IP address is released when the resource is deleted.

Basic SKU のパブリック IP アドレスは、動的割り当て方法もサポートしており、この方法は、割り当て方法が指定されていない場合の既定です。Basic SKU public IP addresses also support a dynamic allocation method, which is the default if allocation method is not specified. Basic パブリック IP アドレス リソースに動的割り当て方法を選択することは、IP アドレスがリソースの作成時に割り当てられないことを意味します。Selecting dynamic allocation method for a basic public IP address resource means the IP address is not allocated at the time of the resource creation. パブリック IP アドレスを仮想マシンに関連付けたとき、または基本ロード バランサーのバックエンド プールに、最初の仮想マシン インスタンスを配置したときに、パブリック IP アドレスが割り当てられます。The public IP address is allocated when you associate the public IP address with a virtual machine or when you place the first virtual machine instance into the backend pool of a basic load balancer. IP アドレスは、リソースを停止 (または削除) すると解放されます。The IP address is released when you stop (or delete) the resource. たとえば、リソース A から解放された IP アドレスは別のリソースに関連付けられます。After being released from resource A, for example, the IP address can be assigned to a different resource. リソース A が停止している間に別のリソースに IP アドレスが割り当てられた場合、リソース A を再起動したときに、別の IP アドレスが割り当てられます。If the IP address is assigned to a different resource while resource A is stopped, when you restart resource A, a different IP address is assigned. 基本パブリック IP アドレス リソースの割り当て方法を静的から動的に変更すると、アドレスが解放されます。If you change the allocation method of a basic public IP address resource from static to dynamic, the address is released. 関連付けられたリソースの IP アドレスが変わらないようにするため、割り当て方法を明示的に 静的に設定できます。To ensure the IP address for the associated resource remains the same, you can set the allocation method explicitly to static. この場合、静的 IP アドレスが即座に割り当てられます。A static IP address is assigned immediately.

注意

割り当て方法を静的に設定しても、パブリック IP アドレス リソースに割り当てられる実際の IP アドレスは指定できません。Even when you set the allocation method to static, you cannot specify the actual IP address assigned to the public IP address resource. リソースが作成される Azureの場所で使用可能な IP アドレスのプールから IP アドレスが割り当てられます。Azure assigns the IP address from a pool of available IP addresses in the Azure location the resource is created in.

次のようなシナリオでは、静的なパブリック IP アドレスが一般的に使用されます。Static public IP addresses are commonly used in the following scenarios:

  • Azure リソースと通信するためにファイアウォール規則を更新する必要がある。When you must update firewall rules to communicate with your Azure resources.
  • DNS 名の解決で、IP アドレスの変更によりレコードを更新する必要がある。DNS name resolution, where a change in IP address would require updating A records.
  • Azure のリソースが、IP アドレス ベースのセキュリティ モデルを使用する他のアプリまたはサービスと通信する。Your Azure resources communicate with other apps or services that use an IP address-based security model.
  • IP アドレスにリンクされている SSL 証明書を使用する。You use SSL certificates linked to an IP address.

注意

Azure では、各 Azure クラウドの各リージョンに一意の範囲からパブリック IP アドレスが割り当てられます。Azure allocates public IP addresses from a range unique to each region in each Azure cloud. Azure PublicUS GovernmentChina、および Germany クラウドの範囲 (プレフィックス) の一覧をダウンロードできます。You can download the list of ranges (prefixes) for the Azure Public, US government, China, and Germany clouds.

DNS ホスト名の解決DNS hostname resolution

パブリック IP リソースに DNS ドメイン名ラベルを指定して、Azure で管理される DNS サーバーのパブリック IP アドレスに対する domainnamelabel.location.cloudapp.azure.com のマッピングを作成できます。You can specify a DNS domain name label for a public IP resource, which creates a mapping for domainnamelabel.location.cloudapp.azure.com to the public IP address in the Azure-managed DNS servers. たとえば、Azure の locationWest US で、domainnamelabelcontoso のパブリック IP リソースを作成した場合、完全修飾ドメイン名 (FQDN) contoso.westus.cloudapp.azure.com がリソースのパブリック IP アドレスに解決されます。For instance, if you create a public IP resource with contoso as a domainnamelabel in the West US Azure location, the fully qualified domain name (FQDN) contoso.westus.cloudapp.azure.com resolves to the public IP address of the resource.

重要

作成された各ドメイン名ラベルは、Azure の location 内で一意である必要があります。Each domain name label created must be unique within its Azure location.

DNS のベスト プラクティスDNS Best Practices

別のリージョンへの移行が必要になった場合、パブリック IP アドレスの FQDN を移行することはできません。If you ever need to migrate to a different region, you cannot migrate the FQDN of your public IP Address. ベスト プラクティスとしては、FQDN を使用して、Azure 内のパブリック IP アドレスをポイントするカスタム ドメイン CNAME レコードを作成できます。As a best practice, you can use the FQDN to create a custom domain CNAME record pointing to the public IP address in Azure. 別のパブリック IP に移動する必要がある場合は、FQDN を新しいアドレスに手動で更新するのではなく、CNAME レコードを更新する必要があります。If you need to move to a different public IP, it will require an update to the CNAME record instead of having to manually update the FQDN to the new address. DNS レコードには Azure DNS または外部の DNS プロバイダーを使用できます。You can use Azure DNS or an external DNS provider for your DNS Record.

仮想マシンVirtual machines

パブリック IP アドレスは、そのネットワーク インターフェイスに割り当てることで、Windows または Linux 仮想マシンに関連付けることができます。You can associate a public IP address with a Windows or Linux virtual machine by assigning it to its network interface. 仮想マシンには、動的または静的のどちらかのパブリック IP アドレスを割り当てることができます。You can assign either a dynamic or a static public IP address to a virtual machine. IP アドレスをネットワーク インターフェイスに割り当てる方法を参照してください。Learn more about assigning IP addresses to network interfaces.

インターネットに接続するロード バランサーInternet-facing load balancers

パブリック IP アドレスをロード バランサーの フロントエンド構成に割り当てることで、パブリック IP アドレスと SKU あるいは Azure Load Balancer を関連付けることができます。You can associate a public IP address created with either SKU with an Azure Load Balancer, by assigning it to the load balancer frontend configuration. このパブリック IP アドレスは、負荷分散された仮想 IP アドレス (VIP) として機能します。The public IP address serves as a load-balanced virtual IP address (VIP). ロード バランサーのフロント エンドには、動的または静的のどちらかのパブリック IP アドレスを割り当てることができます。You can assign either a dynamic or a static public IP address to a load balancer front-end. 複数のパブリック IP アドレスをロード バランサーのフロント エンドに割り当てて、SSL ベースの Web サイトを含むマルチテナント環境のような マルチ VIP シナリオを有効にすることもできます。You can also assign multiple public IP addresses to a load balancer front-end, which enables multi-VIP scenarios like a multi-tenant environment with SSL-based websites. Azure Load Balancer SKU の詳細については、「Azure Load Balancer の Standard SKU」を参照してください。For more information about Azure load balancer SKUs, see Azure load balancer standard SKU.

VPN ゲートウェイVPN gateways

Azure VPN Gateway は、Azure 仮想ネットワーク を他の Azure 仮想ネットワークまたはオンプレミスのネットワークに接続します。An Azure VPN Gateway connects an Azure virtual network to other Azure virtual networks, or to an on-premises network. パブリック IP アドレスは、リモート ネットワークとの通信を有効にするために VPN Gateway に割り当てられます。A public IP address is assigned to the VPN Gateway to enable it to communicate with the remote network. VPN ゲートウェイに割り当てることができるのは、動的基本パブリック IP アドレスのみです。You can only assign a dynamic basic public IP address to a VPN gateway.

アプリケーション ゲートウェイApplication gateways

パブリック IP アドレスをゲートウェイの フロント エンド構成に割り当てることで、Azure Application Gateway に関連付けることができます。You can associate a public IP address with an Azure Application Gateway, by assigning it to the gateway's frontend configuration. このパブリック IP アドレスは、負荷分散された VIP として機能します。This public IP address serves as a load-balanced VIP. アプリケーション ゲートウェイ V1 フロントエンド構成に割り当てることができるのは "動的" Basic パブリック IP アドレスのみであり、V2 フロントエンド構成には "静的" または Standard SKU アドレスのみです。You can only assign a dynamic basic public IP address to an application gateway V1 front-end configuration, and only a static standard SKU address to a V2 front-end configuration.

早見表At-a-glance

下の表は、パブリック IP アドレスを最上位リソースに関連付けることができる特定のプロパティと、使用できる割り当て方法 (動的または静的) を示しています。The following table shows the specific property through which a public IP address can be associated to a top-level resource, and the possible allocation methods (dynamic or static) that can be used.

最上位リソースTop-level resource IP アドレスの関連付けIP Address association 動的Dynamic 静的Static
仮想マシンVirtual machine LinuxNetwork interface はいYes はいYes
インターネットに接続するロード バランサーInternet-facing Load balancer フロント エンド構成Front-end configuration はいYes はいYes
VPN GatewayVPN gateway ゲートウェイ IP の構成Gateway IP configuration はいYes いいえNo
Application gatewayApplication gateway フロント エンド構成Front-end configuration はい (V1 のみ)Yes (V1 only) はい (V2 のみ)Yes (V2 only)

プライベート IP アドレスPrivate IP addresses

プライベート IP アドレスを使用すると、Azure リソースは、インターネットが到達可能な IP アドレスを使用せずに、 仮想ネットワーク の他のリソース、あるいはオンプレミスのネットワーク (VPN ゲートウェイまたは ExpressRoute 回線経由) と通信することができます。Private IP addresses allow Azure resources to communicate with other resources in a virtual network or an on-premises network through a VPN gateway or ExpressRoute circuit, without using an Internet-reachable IP address.

Azure Resource Manager デプロイ モデルでは、プライベート IP アドレスは次の種類の Azure リソースに関連付けられます。In the Azure Resource Manager deployment model, a private IP address is associated to the following types of Azure resources:

  • 仮想マシン ネットワーク インターフェイスVirtual machine network interfaces
  • 内部ロード バランサー (ILB)Internal load balancers (ILBs)
  • アプリケーション ゲートウェイApplication gateways

IP アドレスのバージョンIP address version

プライベート IP アドレスは、IPv4 または IPv6 アドレスで作成されます。Private IP addresses are created with an IPv4 or IPv6 address. プライベート IPv6 アドレスは、動的な割り当て方法を使用してのみ割り当てることができます。Private IPv6 addresses can only be assigned with the dynamic allocation method. 仮想ネットワーク上のプライベート IPv6 アドレス間で通信することはできません。You cannot communicate between private IPv6 addresses on a virtual network. インターネットに接続するロード バランサーを経由すると、インターネットからプライベート IPv6 アドレスへ受信通信できます。You can communicate inbound to a private IPv6 address from the Internet, through an Internet-facing load balancer. 詳細については、IPv6 を使用してインターネットに接続するロード バランサーを作成するを参照してください。See Create an Internet-facing load balancer with IPv6 for details.

割り当て方法Allocation method

プライベート IP アドレスは、リソースのデプロイ先となる仮想ネットワーク サブネットのアドレス範囲から割り当てられます。A private IP address is allocated from the address range of the virtual network subnet a resource is deployed in. 各サブネット アドレス範囲の先頭から 4 つのアドレスは Azure によって予約されており、それらのアドレスがリソースに割り当てられることはありません。Azure reserves the first four addresses in each subnet address range, so the addresses cannot be assigned to resources. たとえばサブネットのアドレス範囲が 10.0.0.0/16 である場合、10.0.0.0 ~ 10.0.0.3 のアドレスをリソースに割り当てることはできません。For example, if the subnet's address range is 10.0.0.0/16, addresses 10.0.0.0-10.0.0.3 cannot be assigned to resources. サブネットのアドレス範囲内の IP アドレスを割り当てることのできるリソースは一度に 1 つだけです。IP addresses within the subnet's address range can only be assigned to one resource at a time.

プライベート IP アドレスを割り当てる方法は 2 種類あります。There are two methods in which a private IP address is allocated:

  • 動的:サブネットのアドレス範囲内で、次に利用可能な (まだ割り当ても予約もされていない) アドレスが Azure により割り当てられます。Dynamic: Azure assigns the next available unassigned or unreserved IP address in the subnet's address range. たとえばアドレス 10.0.0.4 ~ 10.0.0.9 が既に他のリソースに割り当てられている場合、10.0.0.10 が新しいリソースに割り当てられます。For example, Azure assigns 10.0.0.10 to a new resource, if addresses 10.0.0.4-10.0.0.9 are already assigned to other resources. 動的割り当てが既定の割り当て方法となります。Dynamic is the default allocation method. いったん割り当てられた動的 IP アドレスが解放されるのは、ネットワーク インターフェイスが削除されるか、同じ仮想ネットワーク内の別のサブネットに割り当てられた場合、または割り当て方法が "静的" に変更された際に異なる IP アドレスが指定された場合に限られます。Once assigned, dynamic IP addresses are only released if a network interface is deleted, assigned to a different subnet within the same virtual network, or the allocation method is changed to static, and a different IP address is specified. 既定では、割り当て方法を "動的" から"静的" に変更すると、動的に割り当てられていた以前のアドレスが Azure によって静的アドレスとして割り当てられます。By default, Azure assigns the previous dynamically assigned address as the static address when you change the allocation method from dynamic to static.
  • 静的:サブネットのアドレス範囲内で、まだ割り当ても予約もされていない IP アドレスを自分で選んで割り当てます。Static: You select and assign any unassigned or unreserved IP address in the subnet's address range. たとえば、サブネットのアドレス範囲が 10.0.0.0/16 で、アドレス 10.0.0.4 ~ 10.0.0.9 が既に他のリソースに割り当てられている場合、10.0.0.10 ~ 10.0.255.254 の任意のアドレスを割り当てることができます。For example, if a subnet's address range is 10.0.0.0/16 and addresses 10.0.0.4-10.0.0.9 are already assigned to other resources, you can assign any address between 10.0.0.10 - 10.0.255.254. 静的アドレスが解放されるのは、ネットワーク インターフェイスが削除された場合だけです。Static addresses are only released if a network interface is deleted. 割り当て方法を "動的" に変更した場合、サブネット アドレス範囲の先頭から空いている順に割り当てられるのではなく、それまで割り当てられていた静的 IP アドレスが動的アドレスとして Azure によって割り当てられます。If you change the allocation method to dynamic, Azure dynamically assigns the previously assigned static IP address as the dynamic address, even if the address isn't the next available address in the subnet's address range. 同じ仮想ネットワーク内の異なるサブネットにネットワーク インターフェイスを割り当てた場合にも、アドレスは変化します。ただし、ネットワーク インターフェイスを別のサブネットに割り当てるためには、最初に割り当て方法を "静的" から "動的" に変更しておく必要があります。The address also changes if the network interface is assigned to a different subnet within the same virtual network, but to assign the network interface to a different subnet, you must first change the allocation method from static to dynamic. ネットワーク インターフェイスを別のサブネットに割り当てた後、割り当て方法を "静的" に変更し、新しいサブネットのアドレス範囲から IP アドレスを割り当てることができます。Once you've assigned the network interface to a different subnet, you can change the allocation method back to static, and assign an IP address from the new subnet's address range.

仮想マシンVirtual machines

Windows 仮想マシンまたは Linux 仮想マシンにはネットワーク インターフェイスが複数存在する場合があり、プライベート IP アドレスも複数割り当てられることがあります。One or more private IP addresses are assigned to one or more network interfaces of a Windows or Linux virtual machine. それぞれのプライベート IP アドレスについて、動的または静的のどちらかの割り当て方法を指定できます。You can specify the allocation method as either dynamic or static for each private IP address.

内部 DNS ホスト名の解決 (仮想マシンの場合)Internal DNS hostname resolution (for virtual machines)

カスタムの DNS サーバーを明示的に構成しない限り、既定ではすべての Azure 仮想マシンが Azure で管理される DNS サーバー で構成されます。All Azure virtual machines are configured with Azure-managed DNS servers by default, unless you explicitly configure custom DNS servers. これらの DNS サーバーは、同じ仮想ネットワーク内に存在する仮想マシンの内部名前解決を可能にします。These DNS servers provide internal name resolution for virtual machines that reside within the same virtual network.

仮想マシンを作成すると、そのプライベート IP アドレスへのホスト名のマッピングが、Azure で管理される DNS サーバーに追加されます。When you create a virtual machine, a mapping for the hostname to its private IP address is added to the Azure-managed DNS servers. 1 つの仮想マシンに複数のネットワーク インターフェイスが備わっている場合、または 1 つのネットワーク インターフェイスに対して複数の IP が構成されている場合、ホスト名は、プライマリ ネットワーク インターフェイスのプライマリ IP 構成のプライベート IP アドレスにマップされます。If a virtual machine has multiple network interfaces, or multiple IP configurations for a network interface the hostname is mapped to the private IP address of the primary IP configuration of the primary network interface.

Azure で管理される DNS サーバーで構成されている仮想マシンは、同じ仮想ネットワーク内のすべての仮想マシンのホスト名をプライベート IP アドレスに解決することができます。Virtual machines configured with Azure-managed DNS servers are able to resolve the hostnames of all virtual machines within the same virtual network to their private IP addresses. 接続されている仮想ネットワーク内の仮想マシンのホスト名を解決するには、カスタム DNS サーバーを使用する必要があります。To resolve host names of virtual machines in connected virtual networks, you must use a custom DNS server.

内部ロード バランサー (ILB) と Application GatewayInternal load balancers (ILB) & Application gateways

Azure 内部ロード バランサー (ILB) または Azure Application Gatewayフロントエンド構成にプライベート IP アドレスを割り当てることができます。You can assign a private IP address to the front-end configuration of an Azure Internal Load Balancer (ILB) or an Azure Application Gateway. このプライベート IP アドレスは内部エンドポイントとして機能し、同じ仮想ネットワーク内のリソースおよび仮想ネットワークに接続されたリモート ネットワークからのみアクセスできます。This private IP address serves as an internal endpoint, accessible only to the resources within its virtual network and the remote networks connected to the virtual network. フロント エンド構成には、動的または静的のどちらかのプライベート IP アドレスを割り当てることができます。You can assign either a dynamic or static private IP address to the front-end configuration.

早見表At-a-glance

下の表は、プライベート IP アドレスを最上位リソースに関連付けることができる特定のプロパティと、使用できる割り当て方法 (動的または静的) を示しています。The following table shows the specific property through which a private IP address can be associated to a top-level resource, and the possible allocation methods (dynamic or static) that can be used.

最上位リソースTop-level resource IP アドレスの関連付けIP address association 動的Dynamic 静的Static
仮想マシンVirtual machine LinuxNetwork interface はいYes はいYes
Load BalancerLoad balancer フロント エンド構成Front-end configuration はいYes はいYes
Application gatewayApplication gateway フロント エンド構成Front-end configuration はいYes はいYes

制限Limits

IP アドレス指定に対する制限は、Azure のネットワークの制限の完全なセットに示されています。The limits imposed on IP addressing are indicated in the full set of limits for networking in Azure. この制限は、リージョンとサブスクリプションごとに存在します。The limits are per region and per subscription. ビジネス上のニーズに基づいて既定の制限を上限まで引き上げるには、 サポートにお問い合わせくださいYou can contact support to increase the default limits up to the maximum limits based on your business needs.

価格Pricing

パブリック IP アドレスには、わずかな費用がかかることがあります。Public IP addresses may have a nominal charge. Azure での IP アドレスの料金の詳細については、「IP アドレスの料金」ページをご覧ください。To learn more about IP address pricing in Azure, review the IP address pricing page.

次の手順Next steps