Storage Explorer の概要Get started with Storage Explorer

概要Overview

Microsoft Azure Storage Explorer は、Windows、macOS、Linux での Azure Storage データの操作を容易にするスタンドアロン アプリです。Microsoft Azure Storage Explorer is a standalone app that makes it easy to work with Azure Storage data on Windows, macOS, and Linux. この記事では、Azure Storage アカウントへの接続と管理に関するさまざまな方法を紹介します。In this article, you'll learn several ways of connecting to and managing your Azure storage accounts.

Microsoft Azure ストレージ エクスプローラー

前提条件Prerequisites

Storage Explorer は次のバージョンの Windows でサポートされています。Storage Explorer is supported on the following versions of Windows:

  • Windows 10 (推奨)Windows 10 (recommended)
  • Windows 8Windows 8
  • Windows 7Windows 7

すべてのバージョンの Windows で、.NET Framework 4.6.2 以降が必要です。For all versions of Windows, .NET Framework 4.6.2 or later is required.

ダウンロードとインストールDownload and install

Storage Explorer をダウンロードしてインストールするDownload and install Storage Explorer

ストレージ アカウントまたはサービスに接続するConnect to a storage account or service

Storage Explorer には、ストレージ アカウントに対する接続方法がいくつか用意されています。Storage Explorer provides several ways to connect to storage accounts. 一般的に次のいずれかを実行できます。In general you can either:

Azure へのサインインSign in to Azure

注意

サインインした後にリソースにフルにアクセスするには、Storage Explorer で管理 (Azure Resource Manager) とデータ レイヤーの両方のアクセス許可が必要です。To fully access resources after you sign in, Storage Explorer requires both management (Azure Resource Manager) and data layer permissions. つまり、ストレージ アカウント、アカウント内のコンテナー、およびコンテナー内のデータへのアクセスを提供する Azure Active Directory (Azure AD) のアクセス許可が必要です。This means that you need Azure Active Directory (Azure AD) permissions, which give you access to your storage account, the containers in the account, and the data in the containers. データ レイヤーのみのアクセス許可がある場合は、Azure AD を使用してリソースを追加することを検討してください。If you have permissions only at the data layer, consider adding a resource through Azure AD. Storage Explorer に必要な特定のアクセス許可の詳細については、トラブルシューティング ガイドを参照してください。For more information about the specific permissions Storage Explorer requires, see the troubleshooting guide.

  1. Storage Explorer で、 [アカウントの管理] を選択して [アカウント管理] パネルに移動します。In Storage Explorer, select Manage Accounts to go to the Account Management panel.

    アカウントの管理

  2. 左側のウィンドウに、サインインしている Azure アカウントがすべて表示されます。The left pane now displays all the Azure accounts you've signed in to. 別のアカウントに接続するには、 [アカウントの追加] を選択します。To connect to another account, select Add an account.

  3. 国内クラウドまたは Azure Stack にサインインする場合は、 [Azure 環境] ドロップダウン リストを選択して、使用する Azure クラウドを選択します。If you want to sign in to a national cloud or an Azure Stack, select the Azure environment drop-down list to choose the Azure cloud you want to use. 環境を選択したら、 [サインイン] ボタンを選択します。After you've chosen your environment, select the Sign-in button. 詳細については、Azure Stack サブスクリプションへの Storage Explorer の接続に関する記事を参照してください。For more information, see Connect Storage Explorer to an Azure Stack subscription.

    サインイン オプション

  4. Azure アカウントでのサインインに成功すると、そのアカウントおよびそのアカウントに関連付けられている Azure サブスクリプションが左側のウィンドウに追加されます。After you successfully sign in with an Azure account, the account and the Azure subscriptions associated with that account are added to the left pane. 操作する Azure サブスクリプションを選択してから、 [適用] を選択しますSelect the Azure subscriptions that you want to work with, and then select Apply. ( [すべてのサブスクリプション] チェック ボックスをオンまたはオフにすることで、一覧の Azure サブスクリプションがすべて選択された状態と、1 つも選択されていない状態を切り替えることができます)。(Selecting All subscriptions toggles your selection between all or none of the listed Azure subscriptions.)

    Azure サブスクリプションの選択

    左側のウィンドウに、選択した Azure サブスクリプションに関連付けられているストレージ アカウントが表示されます。The left pane displays the storage accounts associated with the selected Azure subscriptions.

    選択された Azure サブスクリプション

特定のリソースをアタッチするAttach a specific resource

Storage Explorer でリソースにアタッチする方法は複数あります。There are multiple ways to attach to a resource in Storage Explorer:

Azure AD 経由でリソースを追加するAdd a resource via Azure AD

  1. 左側の垂直ツールバーにある [接続] ボタンを選択して、 [接続] ダイアログ ボックスを開きます。Open the Connect dialog box by selecting the Connect button on the vertical toolbar on the left:

    Connect to Azure storage option

  2. リソースへのアクセス権を持つ Azure アカウントにまだサインインしていない場合は、 [Add an Azure Account](Azure アカウントを追加する) オプションを使用してサインインします。If you haven't already done so, use the Add an Azure Account option to sign in to the Azure account that has access to the resource. サインイン後、 [接続] ダイアログ ボックスに戻ります。After you sign in, return to the Connect dialog box.

  3. [Add a resource via Azure Active Directory (Azure AD)](Azure Active Directory (Azure AD) を使用してリソースを追加する) を選択し、 [次へ] を選択します。Select Add a resource via Azure Active Directory (Azure AD), and then select Next.

  4. アタッチ先のストレージ リソースにアクセスできる Azure アカウントとテナントを選択します。Select the Azure account and tenant that have access to the Storage resource you want to attach to. [次へ] を選択します。Select Next.

  5. アタッチするリソースの種類を選択し、接続に必要な情報を入力します。Choose the resource type you want to attach, and then enter the information needed to connect. このページで入力する情報は、追加するリソースの種類によって異なります。The information you enter on this page depends on what type of resource you're adding. 適切なリソースの種類を選択してください。Make sure to choose the correct type of resource. 必要な情報を入力したら、 [次へ] を選択します。After you've entered the required information, select Next.

  6. 接続の概要を確認し、すべての情報が正しいことを確認します。Review the connection summary and make sure all the information is correct. 正しい場合は、 [接続] を選択します。If it is, select Connect. 正しくない場合は、 [戻る] ボタンを使用して前のページに戻り、間違った情報を修正します。Otherwise, use the Back button to return to the previous pages to fix any incorrect information.

接続が正常に追加されると、接続を表すノードにリソース ツリーが自動的に移動します。After the connection is successfully added, the resource tree automatically goes to the node that represents the connection. そのノードに移動しない場合は、Local & Attached(ローカルで接続済み) > ストレージ アカウント > (アタッチされたコンテナー) > BLOB コンテナー を確認してください。If it doesn't go to that node, look under Local & Attached > Storage Accounts > (Attached Containers) > Blob Containers. Storage Explorer で接続を追加できなかった場合、または接続を正常に追加した後に自分のデータにアクセスできない場合は、トラブルシューティング ガイドを参照してください。If Storage Explorer couldn't add your connection, or if you can't access your data after successfully adding the connection, see the troubleshooting guide.

接続文字列を使用するUse a connection string

  1. 左側の垂直ツールバーにある [接続] ボタンを選択して、 [接続] ダイアログ ボックスを開きます。Open the Connect dialog box by selecting the Connect button on the vertical toolbar on the left:

    Connect to Azure storage option

  2. [Use a connection string](接続文字列を使用する) を選択し、 [次へ] を選択します。Select Use a connection string, and then select Next.

  3. 接続の表示名を選択し、接続文字列を入力します。Choose a display name for your connection and enter your connection string. 次に、 [次へ] を選択します。Then, select Next.

  4. 接続の概要を確認し、すべての情報が正しいことを確認します。Review the connection summary and make sure all the information is correct. 正しい場合は、 [接続] を選択します。If it is, select Connect. 正しくない場合は、 [戻る] ボタンを使用して前のページに戻り、間違った情報を修正します。Otherwise, use the Back button to return to the previous pages to fix any incorrect information.

接続が正常に追加されると、接続を表すノードにリソース ツリーが自動的に移動します。After the connection is successfully added, the resource tree automatically goes to the node that represents the connection. そのノードに移動しない場合は、 [Local & Attached](ローカルで接続済み) > [ストレージ アカウント] を確認してください。If it doesn't go to that node, look under Local & Attached > Storage Accounts. Storage Explorer で接続を追加できなかった場合、または接続を正常に追加した後に自分のデータにアクセスできない場合は、トラブルシューティング ガイドを参照してください。If Storage Explorer couldn't add your connection, or if you can't access your data after successfully adding the connection, see the troubleshooting guide.

SAS URI を使用するUse a SAS URI

  1. 左側の垂直ツールバーにある [接続] ボタンを選択して、 [接続] ダイアログ ボックスを開きます。Open the Connect dialog box by selecting the Connect button on the vertical toolbar on the left:

    Connect to Azure storage option

  2. [Use a shared access signature (SAS) URI](Shared Access Signature (SAS) URI を使用する) を選択し、 [次へ] を選択します。Select Use a shared access signature (SAS) URI, and then select Next.

  3. 接続の表示名を選択し、SAS URI を入力します。Choose a display name for your connection and enter your SAS URI. アタッチするリソースの種類のサービス エンドポイントは、自動入力されます。The service endpoint for the type of resource you're attaching should autofill. カスタム エンドポイントを使用している場合は、そうならない可能性もあります。If you're using a custom endpoint, it's possible it might not. [次へ] を選択します。Select Next.

  4. 接続の概要を確認し、すべての情報が正しいことを確認します。Review the connection summary and make sure all the information is correct. 正しい場合は、 [接続] を選択します。If it is, select Connect. 正しくない場合は、 [戻る] ボタンを使用して前のページに戻り、間違った情報を修正します。Otherwise, use the Back button to return to the previous pages to fix any incorrect information.

接続が正常に追加されると、接続を表すノードにリソース ツリーが自動的に移動します。After the connection is successfully added, the resource tree automatically goes to the node that represents the connection. そのノードに移動しない場合は、 [Local & Attached](ローカルで接続済み) > [ストレージ アカウント] > (アタッチされたコンテナー) > アタッチしたコンテナーの種類のサービス ノードを確認してください。If it doesn't go to that node, look under Local & Attached > Storage Accounts > (Attached Containers) > the service node for the type of container you attached. Storage Explorer で接続を追加できなかった場合、または接続を正常に追加した後に自分のデータにアクセスできない場合は、トラブルシューティング ガイドを参照してください。If Storage Explorer couldn't add your connection, or if you can't access your data after successfully adding the connection, see the troubleshooting guide.

名前とキーを使用するUse a name and key

  1. 左側の垂直ツールバーにある [接続] ボタンを選択して、 [接続] ダイアログ ボックスを開きます。Open the Connect dialog box by selecting the Connect button on the vertical toolbar on the left:

    Connect to Azure storage option

  2. [Use a storage account name and key](ストレージ アカウント名とキーを使用する) を選択して、 [次へ] を選択します。Select Use a storage account name and key, and then select Next.

  3. 接続の表示名を選択します。Choose a display name for your connection.

  4. ストレージ アカウント名とそのいずれかのアクセス キーを入力します。Enter your storage account name and either of its access keys.

  5. 使用するストレージ ドメインを選択して、 [次へ] を選択します。Choose the Storage domain to use and then select Next.

  6. 接続の概要を確認し、すべての情報が正しいことを確認します。Review the connection summary and make sure all the information is correct. 正しい場合は、 [接続] を選択します。If it is, select Connect. 正しくない場合は、 [戻る] ボタンを使用して前のページに戻り、間違った情報を修正します。Otherwise, use the Back button to return to the previous pages to fix any incorrect information.

接続が正常に追加されると、接続を表すノードにリソース ツリーが自動的に移動します。After the connection is successfully added, the resource tree automatically goes to the node that represents the connection. そのノードに移動しない場合は、 [Local & Attached](ローカルで接続済み) > [ストレージ アカウント] を確認してください。If it doesn't go to that node, look under Local & Attached > Storage Accounts. Storage Explorer で接続を追加できなかった場合、または接続を正常に追加した後に自分のデータにアクセスできない場合は、トラブルシューティング ガイドを参照してください。If Storage Explorer couldn't add your connection, or if you can't access your data after successfully adding the connection, see the troubleshooting guide.

ローカル エミュレーターにアタッチするAttach to a local emulator

現在、Storage Explorer は次の 2 つの公式ストレージ エミュレーターをサポートしています。Storage Explorer currently supports two official Storage emulators:

エミュレーターが既定のポートでリッスンしている場合は、エミュレーター - 既定のポート ノード ( [Local & Attached](ローカルで接続済み) > [ストレージ アカウント] にある) を使用して、エミュレーターにすばやくアクセスできます。If your emulator is listening on the default ports, you can use the Emulator - Default Ports node (found under Local & Attached > Storage Accounts) to quickly access your emulator.

接続に別の名前を使用する場合、またはエミュレーターが既定のポートで実行されていない場合は、次の手順に従います。If you want to use a different name for your connection, or if your emulator isn't running on the default ports, follow these steps:

  1. エミュレーターを起動します。Start your emulator. このときに、エミュレーターがリッスンしているポートをサービスの種類ごとにメモします。When you do, make a note of the ports the emulator is listening on for each service type.

    重要

    Storage Explorer はエミュレーターを自動的に起動しません。Storage Explorer doesn't automatically start your emulator. 手動で起動する必要があります。You must start it manually.

  2. 左側の垂直ツールバーにある [接続] ボタンを選択して、 [接続] ダイアログ ボックスを開きます。Open the Connect dialog box by selecting the Connect button on the vertical toolbar on the left:

    Connect to Azure storage option

  3. [Attach to a local emulator](ローカル エミュレーターにアタッチする) を選択し、 [次へ] を選択します。Select Attach to a local emulator, and then select Next.

  4. 接続の表示名を選択し、エミュレーターがリッスンしているポートをサービスの種類ごとに入力します。Choose a display name for your connection and enter the ports your emulator is listening on for each service type. テキスト ボックスは、ほとんどのエミュレーターの既定ポート値で開始されます。The text boxes will start with the default port values for most emulators. どちらの公式エミュレーターも Files サービスを現在サポートしていないため、Files ポートは空白のままです。The Files port box is left blank, because neither of the official emulators currently support the Files service. 使用しているエミュレーターで Files がサポートされている場合は、使用されているポートを入力できます。If the emulator you're using does support Files, you can enter the port that's being used. 次に、 [次へ] を選択します。Then, select Next.

  5. 接続の概要を確認し、すべての情報が正しいことを確認します。Review the connection summary and make sure all the information is correct. 正しい場合は、 [接続] を選択します。If it is, select Connect. 正しくない場合は、 [戻る] ボタンを使用して前のページに戻り、間違った情報を修正します。Otherwise, use the Back button to return to the previous pages to fix any incorrect information.

接続が正常に追加されると、接続を表すノードにリソース ツリーが自動的に移動します。After the connection is successfully added, the resource tree automatically goes to the node that represents the connection. そのノードに移動しない場合は、 [Local & Attached](ローカルで接続済み) > [ストレージ アカウント] を確認してください。If it doesn't go to that node, look under Local & Attached > Storage Accounts. Storage Explorer で接続を追加できなかった場合、または接続を正常に追加した後に自分のデータにアクセスできない場合は、トラブルシューティング ガイドを参照してください。If Storage Explorer couldn't add your connection, or if you can't access your data after successfully adding the connection, see the troubleshooting guide.

接続文字列を使って Azure Cosmos DB アカウントに接続するConnect to an Azure Cosmos DB account by using a connection string

Azure サブスクリプションを使って Azure Cosmos DB アカウントを管理する代わりに、接続文字列を使って Azure Cosmos DB に接続することもできます。As an alternative to managing Azure Cosmos DB accounts through an Azure subscription, you can also connect to Azure Cosmos DB by using a connection string. そのためには、次の手順に従います。To do this, follow these steps:

  1. リソース ツリーの左側で、 [Local and Attached](ローカルで接続済み) を展開し、 [Azure Cosmos DB アカウント] を右クリックし、 [Connect to Azure Cosmos DB](Azure Cosmos DB に接続) を選択します。On the left side of the resource tree, expand Local and Attached, right-click Azure Cosmos DB Accounts, and select Connect to Azure Cosmos DB.

    接続文字列によって Azure Cosmos DB に接続する

  2. Azure Cosmos DB API を選択し、接続文字列のデータを入力し、 [OK] を選択して、Azure Cosmos DB アカウントに接続します。Select the Azure Cosmos DB API, enter your Connection String data, and then select OK to connect the Azure Cosmos DB account. 接続文字列を取得する方法については、接続文字列の取得に関する記事を参照してください。For information about how to retrieve the connection string, see Get the connection string.

    接続文字列

Azure Data Lake Store に URI で接続するConnect to Azure Data Lake Store by URI

サブスクリプションに含まれていないリソースにアクセスする場合は、そのリソースにアクセスできるユーザーに、リソース URI を提供してもらう必要があります。If you want to access a resource that's not in your subscription, you'll need someone who can access that resource to give you the resource URI. サインイン後、その URI を使って Data Lake Store に接続できます。After you sign in, you can connect to Data Lake Store by using the URI. そのためには、次の手順に従います。To do this, follow these steps:

  1. ストレージ エクスプローラーを開きます。Open Storage Explorer.

  2. 左側のウィンドウで [Local and Attached](ローカルで接続済み) を展開します。In the left pane, expand Local and Attached.

  3. [Data Lake Store] を右クリックします。Right-click Data Lake Store. ショートカット メニューから、 [Connect to Data Lake Store](Data Lake Store に接続する) を選択します。From the shortcut menu, select Connect to Data Lake Store.

    [Connect to Data Lake Store](Data Lake Store に接続する) コンテキスト メニュー

  4. URI を入力します。Enter the URI. 入力した URL の場所にツールが移動します。The tool goes to the location of the URL that you just entered.

    [Connect to Data Lake Store](Data Lake Store に接続する) コンテキスト ダイアログ ボックス

    [Connect to Data Lake Store](Data Lake Store に接続する) の結果

Storage Explorer で SAS を生成するGenerate a SAS in Storage Explorer

アカウント レベル SASAccount level SAS

  1. 共有するストレージ アカウントを右クリックし、 [Get Shared Access Signature](Shared Access Signature の取得) を選択します。Right-click the storage account you want share, and then select Get Shared Access Signature.

    Get SAS context menu option

  2. [Generate Shared Access Signature](Shared Access Signature の生成) ダイアログ ボックスで、アカウントの期間とアクセス許可を指定し、 [作成] を選択します。In the Generate Shared Access Signature dialog box, specify the time frame and permissions you want for the account, and then select Create.

    SAS の取得ダイアログ ボックス

  3. 接続文字列または生クエリ文字列をクリップボードにコピーできるようになりました。You can now copy either the Connection string or the raw Query string to your clipboard.

サービス レベル SASService level SAS

Storage Explorer で BLOB コンテナーの SAS を取得する方法How to get a SAS for a blob container in Storage Explorer

ストレージ アカウントを検索するSearch for storage accounts

ストレージ リソースを見つける必要があるが、その場所がわからない場合は、左側のウィンドウの上部にある検索ボックスを使用してリソースを検索できます。If you need to find a storage resource and don't know where it is, you can use the search box at the top of the left pane to search for the resource.

検索ボックスへの入力中、左側のウィンドウには、その時点で入力してある検索の値に一致するすべてのリソースが表示されます。As you type in the search box, the left pane displays all resources that match the search value you've entered up to that point. たとえば次のスクリーンショットは、endpoints を検索するようすを示しています。For example, a search for endpoints is shown in the following screenshot:

Storage account search

注意

検索時間を短縮するには、[アカウント管理] パネルを使用して、検索対象の項目が含まれていないサブスクリプションを選択解除します。To speed up your search, use the Account Management panel to deselect any subscriptions that don't contain the item you're searching for. また、ノードを右クリックし、 [ここから検索] を選択することで、特定のノードから検索を開始することもできます。You can also right-click a node and select Search From Here to start searching from a specific node.

次の手順Next steps