Storage Explorer の概要Get started with Storage Explorer

概要Overview

Azure Storage Explorer は、Windows、macOS、および Linux で Azure Storage のデータを簡単に操作できるスタンドアロン アプリです。Azure Storage Explorer is a standalone app that enables you to easily work with Azure Storage data on Windows, macOS, and Linux. この記事では、Azure Storage アカウントへの接続と管理に関するさまざまな方法を紹介します。In this article, you learn several ways of connecting to and managing your Azure storage accounts.

Microsoft Azure ストレージ エクスプローラー

前提条件Prerequisites

Azure Storage Explorer は次のバージョンの Windows でサポートされています。Azure Storage Explorer is supported on the following versions of Windows:

  • Windows 10 (推奨)Windows 10 (recommended)
  • Windows 8Windows 8
  • Windows 7Windows 7

すべてのバージョンの Windows で、.NET Framework 4.6.2 以降が必要です。For all versions of Windows, .NET Framework 4.6.2 or greater is required.

Storage Explorer をダウンロードしてインストールするDownload and install Storage Explorer

ストレージ アカウントまたはサービスに接続するConnect to a storage account or service

Storage Explorer には、ストレージ アカウントに対する接続方法がいくつか用意されています。Storage Explorer provides several ways to connect to storage accounts. たとえば、次のようなことができます。For example, you can:

  • 自分の Azure サブスクリプションに関連付けられているストレージ アカウントに接続する。Connect to storage accounts associated with your Azure subscriptions.
  • 他の Azure サブスクリプションから共有されているストレージ アカウントとサービスに接続する。Connect to storage accounts and services that are shared from other Azure subscriptions.
  • Azure ストレージ エミュレーターを使ってローカル ストレージに接続し、そのローカル ストレージを管理する。Connect to and manage local storage by using the Azure Storage Emulator.

さらに、国内外の Azure のストレージ アカウントを使用できます。In addition, you can work with storage accounts in global and national Azure:

Azure サブスクリプションに接続するConnect to an Azure subscription

注意

Azure アカウントを持っていない場合は、無料試用版にサインアップするか、Visual Studio サブスクライバー特典を有効にしてください。If you don't have an Azure account, you can sign up for a free trial or activate your Visual Studio subscriber benefits.

  1. Storage Explorer で、[アカウントの管理] を選択して [アカウント管理] パネルに移動します。In Storage Explorer, select Manage Accounts to go to the Account Management Panel.

    アカウントの管理

  2. 左側のウィンドウに、サインインしている Azure アカウントがすべて表示されます。The left pane now displays all the Azure accounts you've signed in to. 別のアカウントに接続するには、[アカウントの追加] を選択します。To connect to another account, select Add an account

  3. 国内クラウドまたは Azure Stack にサインインする場合は、[Azure 環境] ドロップダウンをクリックして、使用する Azure クラウドを選択します。If you want to sign into a national cloud or an Azure Stack, click on the Azure environment dropdown to select which Azure cloud you want to use. 環境を選択したら、[サインイン] ボタンをクリックします。Once you have chosen your environment, click the Sign in... button. Azure Stack にサインインする場合は、「Azure Stack サブスクリプションに Microsoft Azure Storage Explorer を接続する」を参照してください。If you are signing in to Azure Stack, see Connect Storage Explorer to an Azure Stack subscription for more information.

    サインイン オプション

  4. Azure アカウントでのサインインに成功すると、そのアカウントおよびそのアカウントに関連付けられている Azure サブスクリプションが左側のウィンドウに追加されます。After you successfully sign in with an Azure account, the account and the Azure subscriptions associated with that account are added to the left pane. 操作する Azure サブスクリプションを選択してから、[適用] を選択します ([すべてのサブスクリプション] チェック ボックスをオンまたはオフにすることで、一覧の Azure サブスクリプションがすべて選択された状態と、1 つも選択されていない状態を切り替えることができます)。Select the Azure subscriptions that you want to work with, and then select Apply (Selecting All subscriptions: toggles selecting all or none of the listed Azure subscriptions).

    Azure サブスクリプションの選択

    左側のウィンドウに、選択した Azure サブスクリプションに関連付けられているストレージ アカウントが表示されます。The left pane displays the storage accounts associated with the selected Azure subscriptions.

    Selected Azure subscriptions

ローカル開発ストレージを操作するWork with local development storage

Storage Explorer では、エミュレーターを使用してローカル ストレージを操作できます。With Storage Explorer, you can work with local storage by using an emulator. この方法を使えば、Azure にデプロイされたストレージ アカウントがなくても、Azure Storage の操作をシミュレートすることができます。This approach lets you simulate working with Azure Storage without necessarily having a storage account deployed on Azure.

バージョン 1.1.0 以降、ローカル ストレージ エミュレーターは、すべてのプラットフォームでサポートされます。Starting with version 1.1.0, local storage emulator is supported on all platforms. Storage Explorer は、その既定のローカル ストレージ エンドポイントをリッスンしている任意のエミュレートされたサービスに接続できます。Storage Explorer can connect to any emulated service listening to its default local storage endpoints.

注意

ストレージ サービスと機能のサポートは、選択したエミュレーターによって大きく異なる可能性があります。Support for storage services and features may vary widely depending on your choice of emulator. 目的のサービスと機能をエミュレーターがサポートしていることを確認してください。Make sure your emulator supports the services and features you intend to work with.

  1. 選択したエミュレーターのサービスを、未使用のポートをリッスンするように構成します。Configure the services of your emulator of choice to listen to an unused port.

    エミュレートされたサービスEmulated Service 既定のエンドポイントDefault Endpoint
    BLOBBlobs http://127.0.0.1:10000
    キューQueues http://127.0.0.1:10001
    テーブルTables http://127.0.0.1:10002
  2. エミュレーターを起動します。Start the emulator.

    重要

    Storage Explorer はエミュレーターを自動的に起動しません。Storage Explorer does not automatically start your emulator. エミュレーターは自分で起動する必要があります。You must start it yourself.

  3. Storage Explorer で、[アカウントの追加] ボタンをクリックします。In Storage Explorer, click the Add Account button. [Attach to a local emulator](ローカル エミュレーターにアタッチ) を選択し、[次へ] をクリックします。Select Attach to a local emulator and click Next.

  4. 前の手順で構成したサービスのポート番号を入力します (そのサービスを使用しない場合は空白のままにします)。Enter the port numbers for the services you configured above (leave blank if you don't intend to use that service). [次へ] をクリックして [接続] をクリックし、接続を作成します。Click Next then Connect to create the connection.

  5. [Local & Attached](ローカルおよびアタッチ済み) > [ストレージ アカウント] > ノードの順に展開し、エミュレーターの接続に対応するノードの下にあるサービス ノードを展開します。Expand the Local & Attached > Storage Accounts > nodes, then expand the service nodes underneath the node corresponding to your emulator connection.

    このノードを使用して、ローカル BLOB、キュー、およびテーブルを作成して操作できます。You can use this node to create and work with local blobs, queues, and tables. それぞれの種類のストレージ アカウントを操作する方法については、次のガイドを参照してください。To learn how to work with each storage account type, refer to the following guides:

外部ストレージ アカウントをアタッチまたはデタッチするAttach or detach an external storage account

Storage Explorer には、ストレージ アカウントを簡単に共有できるように、外部ストレージ アカウントにアタッチする機能が用意されています。With Storage Explorer, you can attach to external storage accounts so that storage accounts can be easily shared. このセクションでは、外部ストレージ アカウントにアタッチ (または外部ストレージ アカウントからデタッチ) する方法について説明します。This section explains how to attach to (and detach from) external storage accounts.

ストレージ アカウントの資格情報を取得するGet the storage account credentials

外部ストレージ アカウントを共有するには、まずそのアカウントの所有者がアカウントの資格情報 (アカウント名とキー) を取得し、その情報を、そのアカウントへのアタッチを望んでいるユーザーと共有する必要があります。To share an external storage account, the owner of that account must first get the credentials (account name and key) for the account and then share that information with the person who wants to attach to said account. Azure Portal からストレージ アカウントの資格情報を取得する手順は、以下のとおりです。You can obtain the storage account credentials via the Azure portal by doing the following steps:

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. [参照] を選択します。Select Browse.

  3. [ストレージ アカウント] を選択します。Select Storage Accounts.

  4. [ストレージ アカウント] の一覧で目的のストレージ アカウントを選択します。In the list of Storage Accounts, select the desired storage account.

  5. [設定][アクセス キー] を選択します。Under Settings, select Access keys.

    Access Keys option

  6. [ストレージ アカウント名][Key1] をコピーします。Copy the Storage account name and key1.

    [アクセス キー]

外部ストレージ アカウントにアタッチするAttach to an external storage account

外部ストレージ アカウントにアタッチするには、アカウントの名前とキーが必要になります。To attach to an external storage account, you need the account's name and key. 「ストレージ アカウントの資格情報を取得する」セクションでは、Azure Portal からこれらの値を取得する方法を説明しました。The "Get the storage account credentials" section explains how to obtain these values from the Azure portal. ただし、ポータルでは、アカウント キーが key1 という名前になっています。However, in the portal, the account key is called key1. このため、Storage Explorer でアカウント キーの入力が必要な局面があれば、key1 の値を入力してください。So, when Storage Explorer asks for an account key, you enter the key1 value.

  1. Storage Explorer で、接続ダイアログを開きます。In Storage Explorer, open the Connect Dialog.

    Connect to Azure storage option

  2. 接続ダイアログで [Use a storage account name and key](ストレージ アカウントの名前とキーを使用する) を選択します。In the Connect Dialog, choose Use a storage account name and key

    名前とキーを使用して追加するオプション

  3. [アカウント名] ボックスにアカウント名を、[アカウント キー] ボックスにアカウント キー (Azure Portal から得た key1 の値) をそれぞれ貼り付けて、[次へ] を選択します。Paste your account name in the Account name text box, and paste your account key (the key1 value from the Azure portal) into the Account key text box, and then select Next.

    名前とキーのページ

    注意

    国内クラウドからの名前とキーを使用するには、[ストレージ エンドポイントのドメイン] ボックスの一覧から適切なエンドポイント ドメインを選択してください。To use a name and key from a national cloud, use the Storage endpoints domain: dropdown to select the appropriate endpoints domain:

  4. [接続の概要] ダイアログ ボックスで、情報を確認します。In the Connection Summary dialog box, verify the information. 設定を変更する場合は、[戻る] を選択し、必要な設定をもう一度入力します。If you want to change anything, select Back and reenter the desired settings.

  5. [接続] を選択します。Select Connect.

  6. ストレージ アカウントが正常にアタッチされると、そのストレージ アカウントが、名前の後に "(外部)" を伴って表示されます。After the storage account has successfully been attached, the storage account is displayed with (External) appended to its name.

    Result of connecting to an external storage account

外部ストレージ アカウントからデタッチするDetach from an external storage account

  1. デタッチする外部ストレージ アカウントを右クリックし、[デタッチ] を選択します。Right-click the external storage account that you want to detach, and then select Detach.

    Detach from storage option

  2. 確認メッセージで [はい] を選択して、外部ストレージ アカウントからのデタッチを確定します。In the confirmation message, select Yes to confirm the detachment from the external storage account.

Shared Access Signature (SAS) を使用してストレージ アカウントをアタッチするAttach a storage account by using a Shared Access Signature (SAS)

Shared Access Signature (SAS) を使うと、Azure サブスクリプションの管理者が Azure サブスクリプションの資格情報を提供しなくても、ストレージ アカウントへのアクセスを一時的に許可できるようになります。A Shared Access Signature, or SAS, lets the admin of an Azure subscription grant temporary access to a storage account without having to provide Azure subscription credentials.

このシナリオをわかりやすく説明するために、Azure サブスクリプションの管理者である UserA が UserB に特定のアクセス許可を付与し、一時的にストレージ アカウントへのアクセスを許可する場面を考えてみます。To illustrate this scenario, let's say that UserA is an admin of an Azure subscription, and UserA wants to allow UserB to access a storage account for a limited time with certain permissions:

  1. UserA は、目的のアクセス許可と一定の期間が設定された SAS 接続文字列を生成します。UserA generates a SAS connection string for a specific time period and with the desired permissions.

  2. UserA は、ストレージ アカウントへのアクセスを希望しているユーザー (この例では UserB) と SAS を共有します。UserA shares the SAS with the person (UserB, in this example) who wants access to the storage account.

  3. UserB は Storage Explorer からその SAS を使用し、UserA に属するアカウントにアタッチします。UserB uses Storage Explorer to attach to the account that belongs to UserA by using the supplied SAS.

共有するアカウントの SAS 接続文字列を生成するGenerate a SAS connection string for the account you want to share

  1. Storage Explorer で、共有するストレージ アカウントを右クリックし、[Get Shared Access Signature](Shared Access Signature の取得) を選択します。In Storage Explorer, right-click the storage account you want share, and then select Get Shared Access Signature....

    Get SAS context menu option

  2. [Generate Shared Access Signature](Shared Access Signature の生成) ダイアログ ボックスで、アカウントに対して期間とアクセス許可を指定し、[作成] をクリックします。In the Generate Shared Access Signature dialog box, specify the time frame and permissions that you want for the account, and then click the Create button.

    SAS の取得ダイアログ ボックス

  3. [接続文字列] ボックスの横にある [コピー] を選択してクリップボードにコピーし、[閉じる] をクリックします。Next to the Connection String text box, select Copy to copy it to your clipboard, and then click Close.

SAS 接続文字列を使用してストレージ アカウントにアタッチするAttach to a storage account by using a SAS Connection String

  1. Storage Explorer で、接続ダイアログを開きます。In Storage Explorer, open the Connect Dialog.

    Connect to Azure storage option

  2. 接続ダイアログで [Use a connection string or shared access signature URI](接続文字列または Shared Access Signature URI を使用する) を選択し、[次へ] をクリックします。In the Connect Dialog dialog, choose Use a connection string or shared access signature URI and then click Next.

    [Azure Storage へ接続] ダイアログ

  3. [Use a connection string](接続文字列を使用する) を選択し、実際の接続文字列を [接続文字列] フィールドに貼り付けます。Choose Use a connection string and paste your connection string into the Connection string: field. [次へ] をクリックします。Click the Next button.

    [Azure Storage へ接続] ダイアログ

  4. [接続の概要] ダイアログ ボックスで、情報を確認します。In the Connection Summary dialog box, verify the information. 変更する場合は、[戻る] を選択して、必要な設定を入力します。To make changes, select Back, and then enter the settings you want.

  5. [接続] を選択します。Select Connect.

  6. ストレージ アカウントが正常にアタッチされると、そのストレージ アカウントが、名前の後に "(SAS)" を伴って表示されます。After the storage account has successfully been attached, the storage account is displayed with (SAS) appended to its name.

    SAS を使ってアカウントをアタッチした結果

Shared Access Signature (SAS) を使用してサービスをアタッチするAttach a service by using a Shared Access Signature (SAS)

「SAS を使ってストレージ アカウントをアタッチする」セクションでは、Azure サブスクリプションの管理者がストレージ アカウントの SAS を生成および共有し、ストレージ アカウントへの一時的なアクセスを許可する方法を説明しました。The "Attach a storage account by using a SAS" section explains how an Azure subscription admin can grant temporary access to a storage account by generating and sharing a SAS for the storage account. 同様に、SAS は、ストレージ アカウント内の特定のサービス (BLOB コンテナー、キュー、テーブル、またはファイル共有) に対して生成できます。Similarly, a SAS can be generated for a specific service (blob container, queue, table, or file share) within a storage account.

共有するサービスの SAS を生成するGenerate an SAS for the service that you want to share

この場合のサービスは、BLOB、コンテナー、キュー、テーブル、またはファイル共有です。In this context, a service can be a blob container, queue, table, or file share. 表示されているサービスの SAS を生成するには、以下のいずれかを参照してください。To generate the SAS for a listed service, see:

SAS URI を使って共有アカウント サービスにアタッチするAttach to the shared account service by using a SAS URI

  1. Storage Explorer で、接続ダイアログを開きます。In Storage Explorer, open the Connect Dialog.

    Connect to Azure storage option

  2. 接続ダイアログ ボックスで [Use a connection string or shared access signature URI](接続文字列または Shared Access Signature URI を使用する) を選択し、[次へ] をクリックします。In the Connect Dialog dialog box, choose Use a connection string or shared access signature URI and then click Next.

    [Azure Storage へ接続] ダイアログ

  3. [Use a SAS URI](SAS URI を使用する) を選択し、実際の URI を [URI] フィールドに貼り付けます。Choose Use a SAS URI and paste your URI into the URI: field. [次へ] をクリックします。Click the Next button.

    [Azure Storage へ接続] ダイアログ

  4. [接続の概要] ダイアログ ボックスで、情報を確認します。In the Connection Summary dialog box, verify the information. 変更する場合は、[戻る] を選択して、必要な設定を入力します。To make changes, select Back, and then enter the settings you want.

  5. [接続] を選択します。Select Connect.

  6. サービスが正常にアタッチされると、そのサービスが [(SAS-Attached Services)]((SAS アタッチ サービス)) ノードに表示されます。After the service is successfully attached, the service is displayed under the (SAS-Attached Services) node.

    SAS を使って共有サービスをアタッチした結果

接続文字列を使って Azure Cosmos DB アカウントに接続するConnect to an Azure Cosmos DB account by using a connection string

Azure サブスクリプションを使って Azure Cosmos DB アカウントを管理する以外に、接続文字列を使って Azure Cosmos DB に接続することもできます。Besides manage Azure Cosmos DB accounts through Azure subscription, an alternative way of connecting to an Azure Cosmos DB is to use a connection string. 接続文字列を使用して接続するには、次の手順を使用します。Use the following steps to connect using a connection string.

  1. 左側のツリーで [Local and Attached](ローカルで接続済み) を見つけ、[Azure Cosmos DB アカウント] を右クリックし、[Azure Cosmos DB に接続...] を選択します。Find Local and Attached in the left tree, right-click Azure Cosmos DB Accounts, choose Connect to Azure Cosmos DB...

    接続文字列によって Azure Cosmos DB に接続する

  2. Azure Cosmos DB API を選び、接続文字列を貼り付けた後、[OK] をクリックして Azure Cosmos DB アカウントに接続します。Choose Azure Cosmos DB API, paste your Connection String, and then click OK to connect Azure Cosmos DB account. 接続文字列の取得については、「接続文字列を取得する」を参照してください。For information on retrieving the connection string, see Get the connection string.

    connection-string

Azure Data Lake Store に URI で接続するConnect to Azure Data Lake Store by URI

リソースにアクセスしたいのですが、このリソースがサブスクリプションに存在しません。If you want to get access to the resources, which do not exist in your subscription. ただし、他のユーザーはそのリソースの URI の取得を許可しています。But others grant you to get the Uri for the resources. この場合、サインイン後に URI を使用して Data Lake Store に接続できます。In this case, you can connect to Data Lake Store using the Uri after you have signed in. 以下の手順を参照してください。Refer to following steps.

  1. ストレージ エクスプローラーを開きます。Open Storage Explorer.
  2. 左側のウィンドウで [Local and Attached](ローカルで接続済み) を展開します。In the left pane, expand Local and Attached.
  3. [Data Lake Store] を右クリックし、コンテキスト メニューから [Connect to Data Lake Store](Data Lake Store に接続する) を選択します。Right-click Data Lake Store, and - from the context menu - select Connect to Data Lake Store....

    Data Lake Store への接続のコンテキスト メニュー

  4. URI を入力すると、ツールが、入力した URL の場所に移動します。Enter the Uri, then the tool navigates to the location of the URL you just entered.

    Data Lake Store への接続のダイアログ

    Data Lake Store への接続の結果

ストレージ アカウントを検索するSearch for storage accounts

ストレージ リソースを見つける必要があるとき、その場所がわからない場合は、左側のウィンドウの上部にある検索ボックスを使用してリソースを検索することができます。If you need to find a storage resource and do not know where it is, you can use the search box at the top of the left pane to search for the resource.

検索ボックスへの入力中、左側のウィンドウには、その時点で入力してある検索の値に一致するすべてのリソースが表示されます。As you type in the search box, the left pane displays all resources that match the search value you've entered up to that point. たとえば次のスクリーンショットは、endpoints を検索するようすを示しています。For example, a search for endpoints is shown in the following screenshot:

Storage account search

注意

検索の実行時間を短縮するため、探している項目を含んでいないサブスクリプションは、[Account Management Panel](アカウント管理パネル) を使用して選択を解除してください。Use the Account Management Panel to deselect any subscriptions that do not contain the item you are searching for to improve the execution time of your search. また、ノードを右クリックし、[Search From Here](ここから検索) を選択することで、特定のノードから検索を開始することもできます。You can also right-click on a node and choose Search From Here to start searching from a specific node.

次の手順Next steps