az mysql flexible-server replica

読み取りレプリカを管理します。

コマンド

az mysql flexible-server replica create

サーバーの読み取りレプリカを作成します。

az mysql flexible-server replica list

特定のサーバーのすべての読み取りレプリカを一覧表示します。

az mysql flexible-server replica stop-replication

読み取りレプリカへのレプリケーションを停止し、読み取り/書き込みサーバーにします。

az mysql flexible-server replica create

サーバーの読み取りレプリカを作成します。

az mysql flexible-server replica create --replica-name
                                        --resource-group
                                        --source-server
                                        [--no-wait]
                                        [--zone]

使用可能な場合は、指定したゾーンに 'testserver' の読み取りレプリカ 'testReplicaServer' を作成します。

az mysql flexible-server replica create --replica-name testReplicaServer -g testGroup --source-server testserver --zone 3

必須のパラメーター

--replica-name

復元先のサーバーの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--source-server

復元元のソース サーバーの名前またはリソース ID。

省略可能のパラメーター

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--zone -z

リソースをプロビジョニングする可用性ゾーン。

az mysql flexible-server replica list

特定のサーバーのすべての読み取りレプリカを一覧表示します。

az mysql flexible-server replica list --name
                                      --resource-group

マスター サーバー 'testserver' のすべての読み取りレプリカを一覧表示します。

az mysql flexible-server replica list -g testGroup -n primaryservername

必須のパラメーター

--name -n

ソース サーバーの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az mysql flexible-server replica stop-replication

読み取りレプリカへのレプリケーションを停止し、読み取り/書き込みサーバーにします。

az mysql flexible-server replica stop-replication [--ids]
                                                  [--name]
                                                  [--resource-group]
                                                  [--yes]

'testReplicaServer' へのレプリケーションを停止し、読み取り/書き込みサーバーにします。

az mysql flexible-server replica stop-replication -g testGroup -n testReplicaServer

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

サーバーの名前。 名前には、小文字、数字、ハイフン (-) 文字のみを含めることができます。 最小 3 文字、最大 63 文字。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。