az network express-route gateway connection

ExpressRoute ゲートウェイ接続を管理します。

コマンド

az network express-route gateway connection create

ExpressRoute ゲートウェイ接続を作成します。

az network express-route gateway connection delete

ExpressRoute ゲートウェイ接続を削除します。

az network express-route gateway connection list

ExpressRoute ゲートウェイ接続を一覧表示します。

az network express-route gateway connection show

ExpressRoute ゲートウェイ接続の詳細を取得します。

az network express-route gateway connection update

ExpressRoute ゲートウェイ接続を更新します。

az network express-route gateway connection create

ExpressRoute ゲートウェイ接続を作成します。

az network express-route gateway connection create --gateway-name
                                                   --name
                                                   --peering
                                                   --resource-group
                                                   [--associated]
                                                   [--authorization-key]
                                                   [--circuit-name]
                                                   [--internet-security {false, true}]
                                                   [--labels]
                                                   [--propagated]
                                                   [--routing-weight]

ExpressRoute ゲートウェイ接続を作成します。

az network express-route gateway connection create --gateway-name MyGateway -n MyExpressRouteConnection -g MyResourceGroup --peering /subscriptions/MySub/resourceGroups/MyResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/MyCircuit/peerings/AzurePrivatePeering --associated-route-table /MySub/resourceGroups/MyResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualHubs/MyHub/hubRouteTables/MyRouteTable1 --propagated-route-tables /MySub/resourceGroups/MyResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualHubs/MyHub/hubRouteTables/MyRouteTable1 /MySub/resourceGroups/MyResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualHubs/MyHub/hubRouteTables/MyRouteTable2 --labels label1 label2

ExpressRoute ゲートウェイ接続を作成します。 (自動生成)

az network express-route gateway connection create --gateway-name MyGateway --name MyExpressRouteConnection --peering /subscriptions/MySub/resourceGroups/MyResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/MyCircuit/peerings/AzurePrivatePeering --resource-group MyResourceGroup

必須のパラメーター

--gateway-name

ExpressRoute ゲートウェイ名。

--name -n

ExpressRoute 接続名。

--peering

ExpressRoute ピアリングの名前または ID。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--associated --associated-route-table

このルーティング構成に関連付けられているルート テーブルのリソース ID。

--authorization-key

接続を確立するための承認キー。

--circuit-name

ExpressRoute 回線名。

--internet-security

インターネット セキュリティを有効にします。 仮想ハブは、学習した既定のルートをこの ExpressRoute 接続に伝達する機能を持つことができます。 この参照 https://review.docs.microsoft.com/en-us/azure/virtual-wan/effective-routes-virtual-hub?branch=pr-en-us-91866#aboutdefaultroute は役に立つ場合があります。

承認された値: false, true
--labels

伝達されたルート テーブルのラベルのスペース区切りの一覧。

--propagated --propagated-route-tables

伝達されたルート テーブルのリソース ID のスペース区切りの一覧。

--routing-weight

接続に関連付けられているルーティングの重み。

az network express-route gateway connection delete

ExpressRoute ゲートウェイ接続を削除します。

az network express-route gateway connection delete [--gateway-name]
                                                   [--ids]
                                                   [--name]
                                                   [--resource-group]

ExpressRoute ゲートウェイ接続を削除します。 (自動生成)

az network express-route gateway connection delete --gateway-name MyGateway --name MyExpressRouteConnection --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--gateway-name

ExpressRoute ゲートウェイ名。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

ExpressRoute 接続名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route gateway connection list

ExpressRoute ゲートウェイ接続を一覧表示します。

az network express-route gateway connection list --gateway-name
                                                 --resource-group

ExpressRoute ゲートウェイ接続を一覧表示します。 (自動生成)

az network express-route gateway connection list --gateway-name MyGateway --resource-group MyResourceGroup

必須のパラメーター

--gateway-name

ExpressRoute ゲートウェイ名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route gateway connection show

ExpressRoute ゲートウェイ接続の詳細を取得します。

az network express-route gateway connection show [--gateway-name]
                                                 [--ids]
                                                 [--name]
                                                 [--resource-group]

ExpressRoute ゲートウェイ接続の詳細を取得します。 (自動生成)

az network express-route gateway connection show --gateway-name MyGateway --name MyExpressRouteConnection --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--gateway-name

ExpressRoute ゲートウェイ名。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

ExpressRoute 接続名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route gateway connection update

ExpressRoute ゲートウェイ接続を更新します。

az network express-route gateway connection update [--add]
                                                   [--associated]
                                                   [--authorization-key]
                                                   [--circuit-name]
                                                   [--force-string]
                                                   [--gateway-name]
                                                   [--ids]
                                                   [--internet-security {false, true}]
                                                   [--labels]
                                                   [--name]
                                                   [--peering]
                                                   [--propagated]
                                                   [--remove]
                                                   [--resource-group]
                                                   [--routing-weight]
                                                   [--set]

ExpressRoute ゲートウェイ接続を更新します。

az network express-route gateway connection update --gateway-name MyGateway -n MyExpressRouteConnection -g MyResourceGroup --peering /subscriptions/MySub/resourceGroups/MyResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/MyCircuit/peerings/AzurePrivatePeering --associated-route-table /MySub/resourceGroups/MyResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualHubs/MyHub/hubRouteTables/MyRouteTable1 --propagated-route-tables /MySub/resourceGroups/MyResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualHubs/MyHub/hubRouteTables/MyRouteTable1 /MySub/resourceGroups/MyResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualHubs/MyHub/hubRouteTables/MyRouteTable2 --labels label1 label2

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value、string、または JSON 文字列>。

--associated --associated-route-table

このルーティング構成に関連付けられているルート テーブルのリソース ID。

--authorization-key

接続を確立するための承認キー。

--circuit-name

ExpressRoute 回線名。

--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON に変換するのではなく、文字列リテラルを保持します。

--gateway-name

ExpressRoute ゲートウェイ名。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--internet-security

インターネット セキュリティを有効にします。 仮想ハブは、学習した既定のルートをこの ExpressRoute 接続に伝達する機能を持つことができます。 この参照 https://review.docs.microsoft.com/en-us/azure/virtual-wan/effective-routes-virtual-hub?branch=pr-en-us-91866#aboutdefaultroute は役に立つ場合があります。

承認された値: false, true
--labels

伝達されたルート テーブルのラベルのスペース区切りの一覧。

--name -n

ExpressRoute 接続名。

--peering

ExpressRoute ピアリングの名前または ID。

--propagated --propagated-route-tables

伝達されたルート テーブルのリソース ID のスペース区切りの一覧。

--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list OR --remove propertyToRemove。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--routing-weight

接続に関連付けられているルーティングの重み。

--set

設定するプロパティ パスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=.