Azure CLI 更新する方法

パッケージ マネージャーを使用して、Windows、macOS、Linux 環境での Azure CLI のローカル インストールを更新することができます (各プラットフォーム固有のインストール手順については、「Update」セクションを参照してください)。 CLI には、手動または自動でアップグレードするためのツール内コマンドも用意されています。

手動更新

CLI には、最新バージョンに更新するためのツール内コマンドが用意されています。

az upgrade

注意

az upgrade コマンドはバージョン 2.11.0 で追加されたもので、2.11.0 より前のバージョンでは動作しません。 以前のバージョンは、「Azure CLI のインストール」の説明に従って再インストールすることによって更新できます。

このコマンドを使用すると、インストールされているすべての拡張機能も既定で更新されます。 az upgrade オプションの詳細については、コマンド リファレンス ページを参照してください。

az upgrade は、インストールがサポートされている限り、Windows、macOS、および一部の Linux ディストリビューションでサポートされています。 最新バージョンへのアップグレードのみがサポートされます。 Azure Cloud Shell を使用して Azure CLI を実行している場合は、最新の Azure CLI インストールを既に使用している可能性が高いです。 マイナー バグ修正バージョンのアドホック リリースのような理由でそうではない場合は、Azure Cloud Shell で az upgrade がサポートされていないため、Azure Cloud Shell の次のビルドを待つ必要があります。

azure-cli が既に最新バージョンである場合、az upgrade を実行すると、インストールされているすべての拡張機能がチェックされ、更新されます。

自動更新

既定では、Azure CLI の自動アップグレードは無効になっています。 最新バージョンを維持するために、構成を使用して自動アップグレードを有効にすることができます。

az config set auto-upgrade.enable=yes

Azure CLI により、新しいバージョンが定期的にチェックされ、更新プログラムが利用可能になった後でコマンドの実行が完了すると、アップグレードするようにダイアログが表示されます。

アップグレード中のプロンプト メッセージと出力メッセージは、何らかの変数に割り当てられていたり、自動化されたフローの場合に、コマンドの結果を中断する可能性があります。 中断を回避するために、次の構成を使用して、更新が確認なしに自動的に行われるようにし、アップグレード中に警告とエラーのみを表示するようにできます。

az config set auto-upgrade.prompt=no

既定では、インストールされているすべての拡張機能も更新されます。 拡張機能の更新は、構成を使用して無効にすることができます。

az config set auto-upgrade.all=no

注意

次の一連のコマンドに進む前に az upgrade が完了するまで待機してください。そうしないと、新しいバージョンの CLI (および拡張機能) に破壊的変更が加えられる可能性があります。

コマンド スクリプトの実行を安定させたい場合などに、自動更新機能を使用しないことにした場合は、構成を使用して無効にすることができます。

az config set auto-upgrade.enable=no