フォームでのデータの表示と操作Displaying and Manipulating Data in a Form

多くのデータアクセスアプリケーションでは、データが選択され、フォームのフィールドに表示されます。Many data-access applications select data and display it in fields in a form. データベースクラス CRecordView は、レコードセットオブジェクトに直接接続された CFormView オブジェクトを提供します。The database class CRecordView gives you a CFormView object directly connected to a recordset object. レコードビューは、 ダイアログデータエクスチェンジ (DDX) を使用して、現在のレコードのフィールドの値をレコードセットからフォーム上のコントロールに移動し、更新された情報をレコードセットに戻します。The record view uses dialog data exchange (DDX) to move the values of the fields of the current record from the recordset to the controls on the form and to move updated information back to the recordset. レコードセットは、レコードフィールドエクスチェンジ (RFX) を使用して、フィールドデータメンバーと、データソース上のテーブル内の対応する列との間でデータを移動します。The recordset, in turn, uses record field exchange (RFX) to move data between its field data members and the corresponding columns in a table on the data source.

MFC アプリケーションウィザードを使用するか、「 MFC ODBC コンシューマーの追加」で説明されているように クラスを追加 すると、ビュークラスとそれに関連するレコードセットクラスを組み合わせて作成できます。You can use the MFC Application Wizard or Add Class (as described in Adding an MFC ODBC Consumer) to create the view class and its associated recordset class in conjunction.

レコードビューとそのレコードセットは、ドキュメントを閉じると破棄されます。The record view and its recordset are destroyed when you close the document. レコードビューの詳細については、「 レコードビュー」を参照してください。For more information about record views, see Record Views. RFX の詳細については、「 レコードフィールドエクスチェンジ (rfx)」を参照してください。For more information about RFX, see Record Field Exchange (RFX).

関連項目See also

ODBC と MFCODBC and MFC