Office 365 ProPlus に対する共有コンピューターのライセンス認証の概要Overview of shared computer activation for Office 365 ProPlus

重要

この情報は、管理者と IT プロフェッショナル向けです。This information is intended for administrators and IT Pros. Office の個人用コピーのライセンス認証を行う情報については、「Office のライセンス認証を行う」を参照してください。For information about activating a personal copy of Office, see Activate Office.

共有コンピュータのライセンス認証により、複数のユーザーがアクセスしている組織内のコンピュータに、Office 365 ProPlus を展開することができます。共有コンピュータのライセンス認証を使用するためにサポートされているシナリオの例を以下に示します。Shared computer activation lets you to deploy Office 365 ProPlus to a computer in your organization that is accessed by multiple users. Here are some examples of supported scenarios for using shared computer activation:

  • 工場で 3 人の作業者が、1 台のコンピュータを共有するケース。各作業者は、8 時間シフトの間にそのコンピュータで Office を使用します。Three workers at a factory share a computer, each worker using Office on that computer during their eight-hour shift.
  • 病院で 15 人の看護師が、10 台の異なるコンピューター上で Office を終日使用するケース。Fifteen nurses at a hospital use Office on ten different computers throughout the day.
  • 5 人の従業員が、Office を実行する同じコンピューターにリモートで接続するケース。Five employees connect remotely to the same computer to run Office.
  • 複数の従業員が、会議室または会社内の他の共用スペースに設置されたコンピューターで Office を使用するケース。Multiple employees use Office on a computer that's located in a conference room or some other public space in the company.

共有コンピューターのライセンス認証を使用する最も一般的なシナリオでは、リモート デスクトップ サービス (RDS) を使用して Office 365 ProPlus を共有のコンピューターに展開します。RDS を使用すると、複数のユーザーが同じリモート コンピューターに同時に接続できます。ユーザーは、リモート コンピューター上の Word や Excel などの Office 365 ProPlus プログラムを同時に実行できます。The most common shared computer activation scenario is to deploy Office 365 ProPlus to shared computers by using Remote Desktop Services (RDS). By using RDS, multiple users can connect to the same remote computer at the same time. The users can each run Office 365 ProPlus programs, such as Word or Excel, at the same time on the remote computer.

共有コンピュータのライセンス認証は、複数のユーザーが同じコンピュータを共有し、ユーザーが各自のアカウントにログインしている場合にのみ使われます。ユーザーに個人用のコンピュータを割り当てていて、他のユーザーがこのコンピュータで作業を行わない場合、 Office 365 ProPlus のプロダクト キー ライセンス認証を使用しますShared computer activation is used for situations where multiple users share the same computer and the users are logging in with their own account. If you have users who are assigned individual computers and no other users work on those computers, you use product key activation for Office 365 ProPlus.

通常、ユーザーは Office 365 ProPlus を限られた数のデバイス (PC 5 台など) にのみインストールしてライセンス認証を行うことができます。Normally, users can install and activate Office 365 ProPlus only on a limited number of devices, such as 5 PCs. 共有コンピューターのライセンス認証を有効にして Office 365 ProPlus を使用する場合は、この制限にカウントされません。Using Office 365 ProPlus with shared computer activation enabled doesn't count against that limit.

Office 365 ProPlus に対して共有コンピューターのライセンス認証を有効にする方法How to enable shared computer activation for Office 365 ProPlus

Office 365 ProPlus を含む Office 365 プランを保有している場合は、共有コンピューターのライセンス認証を使用することができます。Office 365 ProPlus のライセンスを各ユーザーに割り当ててあり、ユーザーが各自のユーザー アカウントで共有コンピューターにログオンしていることを確認してください。If you have an Office 365 plan that includes Office 365 ProPlus, you can use shared computer activation. Make sure you assign each user a license for Office 365 ProPlus and that users log on to the shared computer with their own user account.

注意

共有コンピューターのライセンス認証は、次のような場合も可能です。Shared computer activation is also available for the following:

  • Project と Visio のサブスクリプション バージョン。Subscription versions of Project and Visio. たとえば、Project Online Professional プランまたは Visio Online Plan 2がある場合。For example, if you have the Project Online Professional plan or Visio Online Plan 2.
  • Office のバージョンが Office 365 Business の Microsoft 365 Business のサブスクライバー。Microsoft 365 Business subscribers, whose version of Office is Office 365 Business. ただし、Microsoft 365 Business のサブスクライバーは、Office 365 Business グループ ポリシーの使用をサポートしていないので、グループ ポリシーを使用して、共有コンピューターのライセンス認証を有効にすることはできません。But, Microsoft 365 Business subscribers won't be able to use Group Policy to enable shared computer activation, because Office 365 Business doesn't support the use of Group Policy.

Office for Mac では共有コンピューターのライセンス認証は使用できません。Shared computer activation isn't available for Office for Mac.

Office 365 ProPlus を展開するときに共有コンピューターのライセンス認証を有効にするには、Office 展開ツールの現在のバージョンが必要です。これは Microsoft ダウンロード センターから無料で入手できます。To enable shared computer activation when you deploy Office 365 ProPlus, you need the current version of the Office Deployment Tool, which is available for free from the Microsoft Download Center.

Office 展開ツールに単純なテキスト ファイルを組み合わせて使用することにより、共有コンピューターに Office 365 ProPlus をインストールし、そのコンピューターに対して共有コンピューターのライセンス認証を有効にすることができます。そのテキスト ファイルを作成するときに、次の行を追加してください。The Office Deployment Tool, combined with a simple text file, is used to install Office 365 ProPlus on the shared computer, and to enable shared computer activation for that computer. Add the following lines when you create the text file.

<Display Level="None" AcceptEULA="True" /> 
<Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1" />

Office 365 ProPlus をインストールした後、そのコンピューターで共有コンピューターのライセンス認証が有効になったことを確認することができます。After Office 365 ProPlus is installed, you can verify that shared computer activation is enabled on that computer.

注意

すでに Office 365 ProPlus を展開している場合は、レジストリ エディターを使用して、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration で SharedComputerLicensing の文字列値を追加して値を 1 に設定すると、コンピューター上で共有コンピューターのライセンス認証を有効にできます。If you've already deployed Office 365 ProPlus, you can enable shared computer activation on a computer by using Registry Editor to add a string value of SharedComputerLicensing with a setting of 1 under HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration.

Microsoft Application Virtualization (App-V) を使用して Office 365 ProPlus を展開する場合、レジストリの場所は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\Licensing であり、これは DWORD 値になります。If you're using Microsoft Application Virtualization (App-V) to deploy Office 365 ProPlus, the registry location is HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\Licensing and it's a DWORD value.

また、グループ ポリシーを使用して共有コンピューターのライセンス認証を有効にすることもできます。You can also enable shared computer activation by using Group Policy. グループ ポリシーを使用している場合は、最新の Office 用管理テンプレート ファイル (ADMX/ADML) をダウンロードし、[共有コンピューターのライセンス認証を使用] ポリシー設定を有効にします。If you're using Group Policy, download the most current Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office and enable the "Use shared computer activation" policy setting. このポリシー設定は、[コンピューターの構成]\[ポリシー]\[管理用テンプレート]\[Microsoft Office 2016 (マシン)]\[ライセンスの設定] にあります。This policy setting is found under Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Licensing Settings.

共有コンピューターのライセンス認証が Office 365 ProPlus に対して機能するしくみHow shared computer activation works for Office 365 ProPlus

共有コンピューターのライセンス認証が有効にされたコンピューターに Office 365 ProPlus をインストールすると、次のような処理が行われます。Here's what happens after Office 365 ProPlus is installed on a computer that has shared computer activation enabled.

  1. ユーザーが自分のアカウントでコンピューターにログオンします。A user logs on to the computer with her account.

  2. ユーザーが Word など、Office 365 ProPlus のプログラムを起動します。The user starts an Office 365 ProPlus program, such as Word.

  3. Office 365 ProPlus はインターネット上の Office Licensing Service に接続して、そのユーザーのライセンス トークンを取得します。Office 365 ProPlus contacts the Office Licensing Service on the Internet to obtain a licensing token for the user.

    ユーザーが Office 365 ProPlus を使用するライセンスを持っているかどうかを判別するために、Office Licensing Service は Office 365 に対するユーザーのアカウントを知る必要があります。そのため、場合によっては、ユーザーが情報を入力するように Office 365 ProPlus からメッセージが表示されることがあります。たとえば、[Office ライセンス認証] ダイアログ ボックスが表示されます。To determine whether the user is licensed to use Office 365 ProPlus, the Office Licensing Service has to know the user's account for Office 365. In some cases, Office 365 ProPlus prompts the user to provide the information. For example, the user might see the Activate Office dialog box.

    Office を有効にする

    Office 365 とネットワーク ユーザー アカウントが同期するように構成された環境の場合、そのようなメッセージがユーザーに表示されることはありません。そのユーザー アカウントに関する必要な情報は、Office 365 ProPlus が Office 365 から自動的に取得できるはずです。If your environment is configured to synchronize Office 365 and network user accounts, then the user probably won't see any prompts. Office 365 ProPlus should automatically be able to get the necessary information about the user's account in Office 365.

  4. Office 365 ProPlus に対するライセンスがユーザーに付与されている場合は、コンピューター上にあるそのユーザーのプロファイル フォルダーにライセンス トークンが格納され、Office 365 ProPlus がライセンス認証されます。これにより、ユーザーは Office 365 ProPlus を使用できるようになります。If the user is licensed for Office 365 ProPlus, a licensing token is stored on the computer in the user's profile folder, and Office 365 ProPlus is activated. The user can now use Office 365 ProPlus.

これらのステップが、共有のコンピューターにログオンするユーザーごとに繰り返されます。各ユーザーは固有のライセンス トークンを取得します。そのため、コンピューター上で 1 人のユーザーが Office 365 ProPlus のライセンス認証を行うだけで、そのコンピューターにログオンする他のすべてのユーザーに対して Office 365 ProPlus のライセンス認証が行われるわけではありません。These steps are repeated for each user who logs on to the shared computer. Each user gets a unique licensing token. Just because one user activates Office 365 ProPlus on the computer doesn't mean Office 365 ProPlus is activated for all other users who log on to the computer.

共有コンピューターのライセンス認証が有効にされている別のコンピューターを同じユーザーが使用する場合、同じステップが実行されます。ユーザーがログオンするコンピューターごとにライセンス トークンは異なります。If a user goes to another computer that also is enabled for shared computer activation, the same steps occur. There is a different licensing token for each computer that the user logs on to.

共有のコンピューターにユーザーが再度ログオンする場合、以前のライセンス トークンがまだ有効であれば、Office 365 ProPlus はその同じライセンス トークンを使用します。If a user logs on to a shared computer again, Office 365 ProPlus uses the same licensing token, if it is still valid.

Office 365 ProPlus に対する共有コンピューターのライセンス認証に関する追加情報Additional details about shared computer activation for Office 365 ProPlus

ライセンス トークンの更新共有のコンピュータに保存されているライセンス トークンは、30 日間のみ有効です。Licensing token renewal The licensing token that is stored on the shared computer is valid only for 30 days. ライセンス トークンの有効期限が近づいたら、ユーザーがコンピュータにログオンし、Office 365 ProPlus を使用している時に Office 365 ProPlus が自動的にライセンストークンを更新しようとします。As the expiration date for the licensing token nears, Office 365 ProPlus automatically attempts to renew the licensing token when the user is logged on to the computer and using Office 365 ProPlus.

ユーザーが 30 日間、共有のコンピュータにログオンしない場合、ライセンス トークンが期限切れになることがあります。If the user doesn't log on to the shared computer for 30 days, the licensing token can expire. ユーザーが次回 Office 365 ProPlus を使用しようとした際、Office 365 ProPlus はインターネット上で Office Licensing Service に接続して、新しいライセンス トークンを取得します。The next time that the user tries to use Office 365 ProPlus, Office 365 ProPlus contacts the Office Licensing Service on the Internet to get a new licensing token.

インターネット接続: 共有のコンピューターはインターネット上の Office Licensing Service に接続してライセンス トークンを取得または更新する必要があるため、共有のコンピューターからインターネットへの信頼できる接続が必要になります。Internet connectivity Because the shared computer has to contact the Office Licensing Service on the Internet to obtain or renew a licensing token, reliable connectivity between the shared computer and the Internet is necessary.

機能制限モード: ユーザーに Office 365 ProPlus のライセンスが付与されていない場合、またはユーザーが [Office ライセンス認証] ダイアログ ボックスを閉じた場合は、ライセンス トークンが取得されず、Office 365 ProPlus はライセンス認証されません。Office 365 ProPlus は機能制限モードになります。このモードでは、ユーザーは Office 365 ProPlus ドキュメントの表示と印刷は行えますが、ドキュメントの作成または編集は行えません。また、Office 365 ProPlus でほとんどの機能が無効になっているというメッセージがユーザーに表示されます。Reduced functionality mode If the user is not licensed for Office 365 ProPlus, or if the user closed the Activate Office dialog box, no licensing token is obtained and Office 365 ProPlus isn't activated. Office 365 ProPlus is now in reduced functionality mode. This means that the user can view and print Office 365 ProPlus documents, but can't create or edit documents. The user also sees a message in Office 365 ProPlus that most features are turned off.

制限される機能

ライセンス認証の制限: 通常、ユーザーは Office 365 ProPlus を限られた数のデバイス (PC 5 台など) にのみインストールしてライセンス認証を行うことができます。Activation limits Normally, users can install and activate Office 365 ProPlus only on a limited number of devices, such as 5 PCs. 共有コンピューターのライセンス認証を有効にして Office 365 ProPlus を使用する場合は、この制限にカウントされません。Using Office 365 ProPlus with shared computer activation enabled doesn't count against that limit.

Microsoft は、一定の期間内に 1 人のユーザーが Office 365 ProPlus のライセンス認証を実行できる共有コンピューターの数に妥当な制限を設定しています。まれなケースとして、この数を超過した場合、ユーザーにエラー メッセージが表示されます。Microsoft allows a single user to activate Office 365 ProPlus on a reasonable number of shared computers in a given time period. The user gets an error message in the unlikely event the limit is exceeded.

ライセンス認証されたコンピューターが多すぎることを示すメッセージ

シングル サインオン推奨: ライセンス認証のためにサインインするようユーザーに表示されるメッセージの頻度を下げるため、シングル サインオン (SSO) の使用が推奨されています。シングル サインオンが構成されていると、ユーザーに Office 365 ProPlus のライセンスが割り当てられていれば、そのユーザーが Windows にサインインするときに入力するユーザー資格情報を使用して Office がライセンス認証されます。詳細については、「Office 365 ID と Azure Active Directory について」を参照してください。Single sign-on recommended The use of single sign-on (SSO) is recommended to reduce how often users are prompted to sign in for activation. With single sign-on configured, Office is activated using the user credentials that the user provides to sign in to Windows, as long as the user has been assigned a license for Office 365 ProPlus. For more information, see Understanding Office 365 identity and Azure Active Directory.

シングル サインオンを使用しない場合は、ローミング プロファイルの使用を検討し、そのローミング プロファイルの一部として %localappdata%\Microsoft\Office\16.0\Licensing フォルダーを含める必要があります。If you don't use single sign-on, you should consider using roaming profiles and include the %localappdata%\Microsoft\Office\16.0\Licensing folder as part of the roaming profile.

ライセンス トークンのローミング: Office 365 ProPlus のバージョン 1704 以降、ユーザー プロファイルとローミングするように、またはネットワーク上の共有フォルダー上に配置するようにライセンス トークンを構成することができます。これまで、ライセンス トークンは常にローカル コンピューターの特定のフォルダーに保存されており、特定のコンピューターに関連付けられていました。その場合、ユーザーが別のコンピューターにサイン インすると、新しいライセンス トークンを取得するために、そのコンピューター上で Office のライセンス認証が必要でした。ライセンス トークンをローミングする機能は、非永続的な VDI シナリオに特に役立ちます。Licensing token roaming Starting with Version 1704 of Office 365 ProPlus, you can configure the licensing token to roam with the user's profile or be located on a shared folder on the network. Previously, the licensing token was always saved to a specific folder on the local computer and was associated with that specific computer. In those cases, if the user signed in to a different computer, the user would be prompted to activate Office on that computer in order to get a new licensing token. The ability to roam the licensing token is especially helpful for non-persistent VDI scenarios.

ライセンス トークンのローミングを構成するには、Office 展開ツールまたはグループ ポリシーを使用するか、レジストリ エディターを使用してレジストリを編集する必要があります。どちらの方法を選択しても、ユーザーに対して一意のフォルダーの場所を指定する必要があります。フォルダーの場所はユーザーのローミング プロファイルの一部、またはネットワーク上の共有フォルダーのどちらでもかまいません。そのフォルダーの場所には、Office の書き込みが可能である必要があります。ネットワーク上の共有フォルダーを使用している場合は、ネットワーク待ち時間が Office を開くまでの時間に影響を及ぼすことに注意してください。To configure licensing token roaming, you can use either the Office Deployment Tool or Group Policy, or you can use Registry Editor to edit the registry. Whichever method you choose, you need to provide a folder location that is unique to the user. The folder location can either be part of the user's roaming profile or a shared folder on the network. Office needs to be able to write to that folder location. If you're using a shared folder on the network, be aware that network latency problems can adversely impact the time it takes to open Office.

  • グループ ポリシーを使用している場合は、最新の Office 用管理テンプレート ファイル (ADMX/ADML) をダウンロードし、[共有コンピューターのライセンス認証で使用されるライセンス トークンを保存する場所を指定します] ポリシー設定を有効にします。If you're using Group Policy, download the most current Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office and enable the "Specify the location to save the licensing token used by shared computer activation" policy setting. このポリシー設定は、[コンピューターの構成]\[ポリシー]\[管理用テンプレート]\[Microsoft Office 2016 (マシン)]\[ライセンスの設定] にあります。This policy setting is found under Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Licensing Settings.

  • Office 展開ツールを使用している場合は、configuration.xml ファイルの Property 要素に SCLCacheOverride および SCLCacheOverrideDirectory を含めます。詳細については、「Office 展開ツールの構成オプション」を参照してください。If you're using the Office Deployment Tool, include the SCLCacheOverride and SCLCacheOverrideDirectory in the Property element of your configuration.xml file. For more information, see Configuration options for the Office Deployment Tool.

  • レジストリを編集するには、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration に移動し、SCLCacheOverride の文字列値を追加し、値を 1 に設定します。また、SCLCacheOverrideDirectory の文字列値を追加し、その値を、ライセンス トークンを保存するフォルダーのパスに設定します。To edit the registry, go to HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration, add a string value of SCLCacheOverride, and set the value to 1. Also, add a string value of SCLCacheOverrideDirectory and set the value to the path of the folder to save the licensing token.

    注意

    Microsoft Application Virtualization (App-V) を使用して Office 365 ProPlus を展開する場合、レジストリの場所は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\Licensing です。If you're using Microsoft Application Virtualization (App-V) to deploy Office 365 ProPlus, the registry location is HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\Licensing.

リモート デスクトップ サービスを使用して Office 365 ProPlus を展開するDeploy Office 365 ProPlus by using Remote Desktop Services

Office 365 ProPlus に対する共有コンピューターのライセンス認証に関する問題のトラブルシューティングTroubleshoot issues with shared computer activation for Office 365 ProPlus

Office 365 ProPlus のライセンスおよびライセンス認証の概要Overview of licensing and activation in Office 365 ProPlus