Office 展開ツールを使用して Project 2016 および Visio 2016 のボリューム ライセンス バージョンをインストールするUse the Office Deployment Tool to install volume licensed versions of Project 2016 and Visio 2016

通常、Windows インストーラー (MSI) インストール テクノロジを使用して、ボリューム ライセンス版の Project 2016 および Visio 2016 を展開します。ただし、ボリューム ライセンス版の Project 2016 および Visio 2016 を Office 365 ProPlus と同じコンピューターにインストールする場合、これは機能しません。これは、Office 365 ProPlus がインストール テクノロジとしてクイック実行を使用しているためです。この場合、同じコンピュータに MSI とクイック実行のインストールはサポートされません。Usually you deploy volume licensed versions of Project 2016 and Visio 2016 by using the Windows Installer (MSI) installation technology. But that won't work if you're trying to install volume licensed versions of Project 2016 and Visio 2016 on the same computer as Office 365 ProPlus. That's because Office 365 ProPlus uses Click-to-Run as its installation technology, and in this case, having MSI and Click-to-Run installations on the same computer isn't supported.

Office 365 ProPlus と同じコンピューターに ボリューム ライセンス版の Project 2016 と Visio 2016 を展開することを手助けすために、代替インストール方法を提供しています。Office 展開ツールを使用して Project と Visio をインストールすることができます。Office 展開ツールは、Windows インストーラー (MSI) の代わりに、クイック実行を使用してインストールします。ただし、Project と Visio は、キー管理サービス (KMS)、またはマルチ ライセンス認証キー (MAK)などのボリューム ライセンス認証方式でもライセンス認証されます。To help you deploy volume licensed versions of Project 2016 and Visio 2016 on the same computer as Office 365 ProPlus, we've provided an alternative installation method: you can use the Office Deployment Tool to do the installation of Project and Visio. The Office Deployment Tool uses Click-to-Run to do the installation, instead of using Windows Installer (MSI). But, Project and Visio are still activated by volume activation methods, such as Key Management Service (KMS) or Multiple Activation Key (MAK).

重要

  • Windows インストーラー (MSI) による Project と Visio のインストールに使用する MAK キーは、Office 展開ツールでは機能しません。ボリューム ライセンス版の Project と Visio を Office 展開ツールで展開するには、別の MAK キーが必要です。MAK キーを取得するには、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) にログインして、C2R-P for use with the Office Deployment Tool (Office 展開ツールで使用する C2R-P) にあるキーを使用します。MAK keys that you use for Windows Installer (MSI) installations of Project and Visio won't work with the Office Deployment Tool. You need a different MAK key to deploy volume licensed versions of Project and Visio with the Office Deployment Tool. To get that MAK key, log into the Volume Licensing Service Center (VLSC) and use the key listed under "C2R-P for use with the Office Deployment Tool."
  • これらの手順は、ボリューム ライセンス版の Project 2019 および Visio 2019 には適用されません。ボリューム ライセンス版の Project 2019 および Visio 2019 の展開の詳細については、Office 2019 を展開するを参照してください。These steps don't apply to volume licensed versions of Project 2019 and Visio 2019. For more information about deploying volume licensed versions of Project 2019 and Visio 2019, see Deploy Office 2019.

最初に、Microsoft ダウンロード センターから、Office 展開ツールの最新バージョンをダウンロードします。次に、次のテーブルの適切な ID を使用して、configuration.xml ファイルの Product 要素を編集します。KMS とボリューム ライセンス認証の汎用ボリューム ライセンス キー (GVLK) を使用するには、PIDKEY 属性のテーブル内の適切な値を使用します。To begin, download the most current version of the Office Deployment Tool from the Microsoft Download Center. Then, edit the Product element in the configuration.xml file, using the appropriate ID from the following table. To use a Generic Volume License Key (GVLK) for volume activation with KMS, use the appropriate value in the table for the PIDKEY attribute.

ProductProduct IDID PIDKEYPIDKEY
Project Standard 2016Project Standard 2016
ProjectStdXVolumeProjectStdXVolume
D8NRQ-JTYM3-7J2DX-646CT-6836MD8NRQ-JTYM3-7J2DX-646CT-6836M
Project Professional 2016Project Professional 2016
ProjectProXVolumeProjectProXVolume
WGT24-HCNMF-FQ7XH-6M8K7-DRTW9WGT24-HCNMF-FQ7XH-6M8K7-DRTW9
Visio Standard 2016Visio Standard 2016
VisioStdXVolumeVisioStdXVolume
NY48V-PPYYH-3F4PX-XJRKJ-W4423NY48V-PPYYH-3F4PX-XJRKJ-W4423
Visio Professional 2016Visio Professional 2016
VisioProXVolumeVisioProXVolume
69WXN-MBYV6-22PQG-3WGHK-RM6XC69WXN-MBYV6-22PQG-3WGHK-RM6XC

Project または Visio のインストールの更新方法を決定するために、configuration.xml ファイルの Updates 要素を編集することもできます。たとえば、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) (既定) またはローカル ネットワークのファイル共有から更新プログラムが自動的にインストールされるように構成することができます。You can also edit the Updates element in the configuration.xml file to determine how the installation of Project or Visio is updated. For example, you can configure it so that updates are automatically installed from the Office Content Delivery Network (CDN) on the Internet, which is the default, or from a file share on your local network.

Office 展開ツールに慣れていない場合、通常、Office 365 ProPlus などの Office 製品のクイック実行バージョンの展開をカスタマイズするために使用します。詳細については、「Office 展開ツールの概要」を参照してください。If you're not familiar with the Office Deployment Tool, it's usually used to customize deployments of Click-to-Run versions of Office products, such as Office 365 ProPlus. For more information, see Overview of the Office Deployment Tool.

GVLK を使用して Office CDN から英語で Visio Professional 2016 の 64 ビット版をインストールするために使用できる configuration.xml ファイルの例を示します。Here's an example of a configuration.xml file that can be used to install a 64-bit version of Visio Professional 2016 in English from the Office CDN using a GVLK.

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" >
    <Product ID="VisioProXVolume" PIDKEY="69WXN-MBYV6-22PQG-3WGHK-RM6XC">
        <Language ID="en-us" />
     </Product>
   </Add>  
</Configuration>

その他の設定の詳細については、「Office 展開ツールのオプションの構成」を参照してください。For information about other settings, see Configuration options for the Office Deployment Tool.

次に、Office 展開ツールを使用して Project または Visio をダウンロードしてインストールします。Then, use the Office Deployment Tool to download and install Project or Visio.