Office 展開ツールのオプションの構成Configuration options for the Office Deployment Tool

重要

  • 現在、Microsoft 365 Apps の更新プログラム チャネルに、新しい更新プログラム チャネル (月次エンタープライズ チャネル) の追加や既存の更新プログラム チャネル名の変更など、いくつかの変更を進めています。We’re making some changes to the update channels for Microsoft 365 Apps, including adding a new update channel (Monthly Enterprise Channel) and changing the names of the existing update channels. 詳細については、こちらの記事を参照してください。To learn more, read this article.
  • バージョン 2004 以降の Office 365 ProPlus は Microsoft 365 Apps for enterprise に名前が変更されています。Office 365 ProPlus is being renamed to Microsoft 365 Apps for enterprise, starting with Version 2004. 詳細については、こちらの記事を参照してください。To learn more, read this article. Microsoft のドキュメントでは通常、Microsoft 365 Apps として言及します。In our documentation, we'll usually just refer to it as Microsoft 365 Apps.

Office 展開ツール (ODT) を使用して、クライアント コンピューターに Microsoft 365 Apps をダウンロード、展開することができます。With the Office Deployment Tool (ODT), you can download and deploy Microsoft 365 Apps to your client computers. ODT により、Office のインストールが詳細に制御できるようになります。つまり、インストールする製品や言語の種類、それらの製品の更新方法、インストール操作をユーザーに表示するかどうかを制御できます。The ODT gives you more control over an Office installation: you can define which products and languages are installed, how those products should be updated, and whether or not to display the install experience to your users. この記事では、このツールで使用可能なすべてのオプションについて説明します。This article covers all the available options in the tool. ツール自体を使用する方法は、「Office 展開ツールの概要」をご覧ください。To learn how to use the tool itself, see Overview of the Office Deployment Tool.

注意

ベスト プラクティス: この記事のオプションで、構成ファイルに含まれる XML 要素と属性を説明します。Best practice: The options in this article show the XML elements and attributes in the configuration file. テキスト エディターで構成ファイルを作成し続けることもできますが、Office カスタマイズ ツールを使用することをお勧めします。You can continue to create the configuration file in a text editor, but we recommend using the Office Customization Tool instead. Office カスタマイズ ツールを使用すると、Web ベースのインターフェイスで構成ファイルを簡単に作成および変更できます。With the Office Customization Tool, you can easily create and modify configuration files in a web-based interface. 詳細については、「Office 展開ツールの概要」を参照してください。For more details, see Overview of the Office Customization Tool.

標準的な構成ファイルの例Example of a standard configuration file

ODT は setup.exe と configuration.xml の 2 つのファイルで構成されています。このツールを使用するには、まず、構成ファイルを編集することで必要なオプションを定義して、コマンド ラインから setup.exe を実行します。たとえば、Office の 32 ビット英語版をダウンロードするように構成ファイルを編集することも、Publisher なしで EULA を自動的に受諾する Office の 32 ビット英語版をインストールするようにファイルを編集することもできます。The ODT consists of two files: setup.exe and configuration.xml. To work with the tool, you edit the configuration file to define what options you want, and then run setup.exe from the command line. For example, you can edit the configuration file to download the 32-bit English edition of Office, or you can edit the file to install the 32-bit English edition of Office with the EULA automatically accepted and without Publisher.

構成ファイルを作成するときには、サンプル ファイルから始めて、目的の環境に応じた適切なオプションでサンプル ファイルを更新するようにお勧めします。まず、次に示すサンプルをコピーしてテキスト ファイルに貼り付けてから、そのファイルに任意の名前を付けて保存してください。このファイルを使用して、XML 要素と属性を変更します。各要素と属性の詳細については、この記事の後半を参照してください。When creating the configuration file, we recommend starting with an example file and updating it with the appropriate options for your environment. You can start by copying and pasting the example below into a text file and saving it with a name of your choosing. Use the file to modify the XML elements and attributes and use the rest of this article to learn more details about each of the elements and attributes.

この構成ファイルは、通常使用される要素と属性を含んでおり、クライアント コンピューターに Office をダウンロードおよびインストールするために使用できます。 This configuration file includes the most-commonly used elements and attributes, and can be used to download and install Office on a client computer

<Configuration>
  <Add SourcePath="\\Server\Share" 
       OfficeClientEdition="32"
       Channel="Broad" >
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="en-us" />
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
    <Product ID="VisioProRetail">
      <Language ID="en-us" />
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>
  <Updates Enabled="TRUE" 
           UpdatePath="\\Server\Share" />
   <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />  
  <Logging Level="Standard" Path="%temp%" /> 
</Configuration>
Value 説明Description
Add SourcePath="\\Server\Share"Add SourcePath="\\Server\Share"
Office はネットワーク上の "\\server\share" にダウンロードされ、その場所のインストール ファイルを使用して展開されるようになります。Office will be downloaded to "\\server\share" on your network and deployed using installation files at that location.
Add OfficeClientEdition="32"Add OfficeClientEdition="32"
Office の 32 ビット版をダウンロードしてインストールします。Downloads and installs the 32-bit edition of Office
Add Channel="Broad"Add Channel="Broad"
Office は半期チャネルを使用してインストールされます。Office will be installed using the Semi-Annual Channel.
Product ID="O365ProPlusRetail"Product ID="O365ProPlusRetail"
Microsoft 365 Apps for enterprise をダウンロード、インストールします。Downloads and installs Microsoft 365 Apps for enterprise.
Language ID="en-us"Language ID="en-us"
Language ID="ja-jp"Language ID="ja-jp"
Office の英語版と日本語版をダウンロードしてインストールします。Downloads and installs English and Japanese versions of Office.
Updates Enabled="TRUE"Updates Enabled="TRUE"
Office は更新プログラムをチェックします。Office will check for updates.
Updates UpdatePath="\\Server\Share"Updates UpdatePath="\\Server\Share"
Office はネットワーク上の "\server\share" で更新プログラムをチェックします。Office checks for updates at "\server\share" on your network.
Display Level="None" AcceptEULA="TRUE"Display Level="None" AcceptEULA="TRUE"
Office のインストール時に、ユーザー インターフェイスが表示されなくなります。When installing Office, no user interface is displayed.
Logging Level="Standard" Path="%temp%"Logging Level="Standard" Path="%temp%"
ログ ファイルは、%temp% フォルダーに保存されます。Log files are stored in the %temp% folder.

Add 要素Add element

ダウンロードまたはインストールする製品と言語を定義します。Defines the products and languages to download or install

Example

<Add SourcePath="\\Server\Share" 
     OfficeClientEdition="32"
     Channel="Broad" 
     Version="16.0.8201.2193" >
  <Product ID="O365ProPlusRetail">
    <Language ID="en-us" />
    <Language ID="ja-jp" />
  </Product>
  <Product ID="VisioProRetail">
      <Language ID="en-us" />
      <Language ID="ja-jp" />
  </Product>
</Add>  

SourcePath 属性 (Add 要素の一部)SourcePath attribute (part of Add element)

オプション。Optional.

Office インストール ファイルの場所を定義します。Defines the location of the Office installation files. ODT がダウンロード モードで実行している場合は、ファイルを保存する場所になります。If the ODT is run in download mode, defines where to save the files. 省略すると、ODT は、このツールと同じ場所にあるインストール ファイルを検索してから Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用するようになります。If not included, the ODT will look for installation files in the same folder as the tool, and then use the Office Content Delivery Network (CDN). 省略したときに ODT がダウンロード モードで実行している場合は、このツールと同じ場所に Office インストール ファイルがダウンロードされます。If not included and the ODT is run in download mode, the Office installation files are downloaded to the same folder as the tool.

なお、ODT は、ダウンロード先のフォルダーに同じバージョンの Office が既にある場合、不足分のファイルのみをダウンロードすることにより、お客様のネットワークの帯域使用の軽減をはかります。たとえば、ODT を使って英語版の Office が既に含まれているフォルダーに英語とドイツ語版の Office をダウンロードする場合、ドイツ語の言語パックのみがダウンロードされます。Note that when you download Office to a folder that already contains that version of Office, the ODT will conserve your network bandwidth by downloading only the missing files. For example, if you use the ODT to download Office in English and German to a folder that already contains Office in English, only the German language pack will be downloaded.

値の例:Example values:

  • SourcePath="\\server\share"SourcePath="\\server\share"
  • SourcePath ="c:\preload\office"SourcePath="c:\preload\office"

Version 属性 (Add 要素の一部)Version attribute (part of Add element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は利用可能な最新バージョンです。Defaults to the latest version available if not specified.

Version 属性を使用する場合は、Channel 属性も含めることをお勧めします。When you use the Version attribute, we recommend including the Channel attribute as well. Channel 属性を含めない場合は、既定のチャネルが使用されます。これは指定したバージョンと一致しない可能性があります。If you don't include the Channel attribute, the default channel will be used, which might not match the specified version.

Microsoft 365 Apps が既にデバイスにインストールされている場合、新しいバージョンが利用可能であっても、Version = "MatchInstalled" を使用することで同じバージョンの Office をインストールできます。If Microsoft 365 Apps is already installed on a device, you can use Version="MatchInstalled" to install the same version of Office, even if a newer version is available. この設定により、Office を新しいバージョンに更新しなくても、言語パックまたは Visio と Project を簡単に追加できます。This setting can make it easier to add language packs or Visio and Project without updating Office to a newer version.

値の例:Example values:

  • Version="16.0.8201.2193"Version="16.0.8201.2193"
  • Version="MatchInstalled"Version="MatchInstalled"

OfficeClientEdition 属性 (Add 要素の一部)OfficeClientEdition attribute (part of Add element)

省略可能です。Optional.

32 ビット版と 64 ビット版どちらの Microsoft 365 Apps をダウンロードまたはインストールするかを指定します。Defines whether the 32-bit or 64-bit edition of Microsoft 365 Apps is downloaded or installed. Office がデバイスにインストールされておらず、OfficeClientEdition が指定されていない場合、デバイスに Windows の 32 ビット エディションがインストールされているか、RAM 容量が 4GB 未満の場合を除き、ODT はデフォルトで 64 ビット エディションになります。If Office is not installed on the device and OfficeClientEdition is not specified, the ODT will default to the 64-bit edition, unless the device is running a 32-bit edition of Windows or has less than 4 GB RAM. Office がインストールされ、OfficeClientEdition が指定されていない場合、ODT は Office の既存インストールのアーキテクチャと一致します。If Office is installed and OfficeClientEdition not specified, the ODT will match the architecture of the existing installation of Office. Office がインストールされ、OfficeClientEdition が指定されている場合、既にインストールされているアーキテクチャと一致している必要があります。If Office is installed and OfficeClientEdition is specified, then it must match the already installed architecture. そうではない場合、混合アーキテクチャはサポートされていないため、インストールは失敗します。If it doesn't, the installation will fail, since mixed architectures are not supported.

使用できる値:Allowed values:

  • OfficeClientEdition="64"OfficeClientEdition="64"
  • OfficeClientEdition="32"OfficeClientEdition="32"

Channel 属性 (Add 要素の一部)Channel attribute (part of Add element)

重要

現在、Microsoft 365 Apps の更新プログラム チャネルに、新しい更新プログラム チャネル (月次エンタープライズ チャネル) の追加や既存の更新プログラム チャネル名の変更など、いくつかの変更を進めています。We’re making some changes to the update channels for Microsoft 365 Apps, including adding a new update channel (Monthly Enterprise Channel) and changing the names of the existing update channels. 詳細については、こちらの記事を参照してください。To learn more, read this article.

オプション。Optional.

Office のインストールに使用するチャネルを定義します。Defines which channel to use for installing Office. Office がデバイスにインストールされていない場合、Microsoft 365 Apps for enterprise のチャネル属性の既定の設定は Broad です。If Office is not installed on the device, the default setting for the Channel attribute is Broad for Microsoft 365 Apps for enterprise. Office がデバイスにインストールされており、チャネル属性が指定されていない場合、ODT は既存インストールのチャネルと一致します。If Office is installed on the device and the channel attribute is not specified, the ODT will match the channel of the existing installation.

この値は、 セクションまたはグループ ポリシー設定でオプションで指定した更新チャネルに関係なく、インストールするチャネルを決定します。This value determines the channel to be installed, regardless of an optionally specified update channel in the section or via Group Policy Setting. 別の更新チャネルでこのような設定がある場合は、次の更新サイクルでのインストール後にチャネルの切り替えが行われます。If there is such setting with a different update channel, the channel switch is performed after the installation during the next update cycle. 詳細は、「Microsoft 365 Apps 更新プログラム チャネルを変更する」をご覧ください。See Change the Microsoft 365 Apps update channel for additional details.

サブスクリプテョン版の Project と Visio のデスクトップアプリを Microsoft 365 Apps for enterprise と一緒にインストールした場合、既定の設定はBroadです。If the subscription versions of the Project and Visio desktop apps are installed along with Microsoft 365 Apps for enterprise, the default setting is Broad. Microsoft 365 Apps がない状態でサブスクリプション版の Project と Visio のデスクトップアプリを展開した場合、デフォルトの設定は Monthly です。If the subscription versions of the Project and Visio desktop apps are deployed without Microsoft 365 Apps, the default setting is Monthly.

更新プログラム チャネルの詳細は、「Microsoft 365 Apps の更新プログラム チャネルの概要」をご覧ください。For more information about update channels, see Overview of update channels for Microsoft 365 Apps.

使用できる値:Allowed values:

  • Channel="Monthly"Channel="Monthly"
  • Channel="MonthlyEnterprise"Channel="MonthlyEnterprise"
  • Channel="Broad"Channel="Broad"
  • チャネル="Targeted"Channel="Targeted"

半期チャネルの場合は "広範"、半期チャネル (対象指定) の場合は "対象指定" を使用します。Use "Broad" for Semi-Annual Channel and "Targeted" for Semi-Annual Channel (Targeted).

ボリューム ライセンス バージョンの Office の Office Professional Plus 2019 を展開する場合は、別の更新プログラム チャネルを使用する必要があります (PerpetualVL2019)。詳細については、「Office 2019 用の更新プログラム チャネル」を参照してください。If you're deploying Office Professional Plus 2019, which is a volume licensed version of Office, there is a different update channel you need to use: PerpetualVL2019. For more information, see Update channel for Office 2019.

DownloadPath 属性 (Add 要素の一部)DownloadPath attribute (part of Add element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は CDN です。Defaults to the CDN if not specified.

ODT がダウンロード モードで実行している場合は、インストールファイルのダウンロード元を定義します。Defines where the installation files are downloaded from when running ODT in download mode. 通常、ネットワークの中心的な場所から別の場所に特定の Office の言語と製品を配布する際に使用します。Most commonly used to distribute specific languages and products for Office from a central location on your network to another location. DownloadPath を使用するときには、例に示すように、バージョンを指定する必要があります。Note that you must specify a version when using DownloadPath, as shown in the example.

値の例:Example values:

  • DownloadPath="\\servera\share"DownloadPath="\\servera\share"

Example

<Configuration> 
  <Add SourcePath="\\serverb\share" OfficeClientEdition="64" Version="16.0.6741.2056" DownloadPath="\\servera\share"> 
    <Product ID="O365ProPlusRetail" > 
      <Language ID="en-us" />      
    </Product> 
  </Add> 
</Configuration>

AllowCdnFallback 属性 (Add 要素の一部)AllowCdnFallback attribute (part of Add element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は False です。Defaults to False if not specified.

Office CDN を言語パックのバックアップ ソースとして使用するには、次の例に示すように、構成ファイルに "AllowCdnFallback" 属性を指定します。To use the Office CDN as a backup source for language packs, include the "AllowCdnFallback" attribute in the configuration file, as shown in the example.

言語のインストール時、最初に ODT は、SourcePath 属性に指定されている場所でソース ファイルを検索します。その場所で使用可能な言語パックがなく、かつ AllowCdnFallback が TRUE に設定されている場合、ODT は Office CDN のソース ファイルを使用します。When installing languages, the ODT looks first for source files in the location specified in the SourcePath attribute. If the language pack isn't available at that location and the AllowCdnFallback setting is set to True, then the ODT will use source files from the Office CDN.

使用できる値:Allowed values:

  • AllowCdnFallback="True"AllowCdnFallback="True"
  • AllowCdnFallback="False"AllowCdnFallback="False"

Example

<Add SourcePath="\\Server\Share" 
     OfficeClientEdition="32"
     Channel="Broad" 
     AllowCdnFallback="True">
  <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="en-us" />
      <Language ID="ja-jp" />
  </Product>
</Add>  

MigrateArch 属性 (Add 要素の一部)MigrateArch attribute (part of Add element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は False です。Defaults to False if not specified.

TRUEに設定した場合、インストール済みの Microsoft 365 Apps は、OfficeClientEdition 属性で指定されたアーキテクチャ (ビット数とも呼ばれます) に変更されます。If set to TRUE, then your existing installation of Microsoft 365 Apps will be changed to the architecture (sometimes referred to as the bitness) that is specified in the OfficeClientEdition attribute. たとえば、これを使用して、インストール済みの 32ビット版 Microsoft 365 Apps を 64 ビットに変更できます。For example, you can use this to change a 32-bit installation of Microsoft 365 Apps to a 64-bit installation.

MigrateArch の使用方法の詳細は、インストール済みの 32 ビット版 Microsoft 365 Apps を 64 ビットに変更するをご覧ください。For more information about using MigrateArch, see Change a Microsoft 365 Apps installation from 32-bit to 64-bit.

OfficeMgmtCOM 属性 (Add 要素の一部)OfficeMgmtCOM attribute (part of Add element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は False です。Defaults to False if not specified.

Configuration Manager で Microsoft 365 Apps 更新プログラムを管理するには、Office がインストールされているコンピューター上で Office COM オブジェクトを有効化する必要があります。For Configuration Manager to be able to manage Microsoft 365 Apps updates, an Office COM object needs to be enabled on the computer where Office is installed. TRUE に設定されている場合、Office COM オブジェクトは、クライアント更新プログラムをダウンロードしてインストールするように構成マネージャーからコマンドを受け取ります。If set to TRUE, the Office COM object takes commands from Configuration Manager to download and install client updates. Office COM オブジェクトが有効になっている場合、Microsoft 365 Apps の [アカウント] ページの [今すぐ更新] オプションは、クライアント デバイスに対して自動的に無効化されます。When the Office COM object is enabled, the Update Now option on the Account page for Microsoft 365 Apps is automatically disabled for client devices.

詳細は、「Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して Microsoft 365 Apps の更新プログラムを管理する」をご覧ください。For more information, see Manage updates to Microsoft 365 Apps with Microsoft Endpoint Configuration Manager.

使用できる値:Allowed values:

  • OfficeMgmtCOM="True"OfficeMgmtCOM="True"
  • OfficeMgmtCOM="False"OfficeMgmtCOM="False"

Example

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="Monthly" OfficeMgmtCOM="True" >
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="en-us" />
    </Product>
  </Add>  
  <Updates Enabled="True"  /> 
</Configuration>

Product 要素Product element

ダウンロードまたはインストールする製品を定義します。複数の製品を定義すると、それらの製品は構成ファイルでの順序でインストールされます。最初の製品によって、Microsoft Office First Run Experience のコンテキストが決まります。Defines which products to download or install. If you define multiple products, the products are installed in the order in the configuration file. The first product determines the context for the Microsoft Office First Run Experience.

インストール済みの Microsoft 365 Apps に言語パックを追加するには、Product 要素も使用できます。You can also use the Product element to add language packs to existing installations of Microsoft 365 Apps. この方法の詳細と構成ファイルのサンプルは、「インストール済みの Microsoft 365 Apps に言語を展開する」をご覧ください。For more details on how, including an example configuration file, see Deploy languages to existing installations of Microsoft 365 Apps.

Example

<Product ID="O365ProPlusRetail">
  <Language ID="en-us" />
  <Language ID="ja-jp" />
</Product>
<Product ID="VisioProRetail">
  <Language ID="en-us" />
  <Language ID="ja-jp" />
</Product>

ID 属性 (Product 要素の一部)ID attribute (part of Product element)

必須です。Required.

ダウンロードまたはインストールする製品の ID を定義します。Defines the ID of the product to download or install.

値の例:Example values:

  • ID="O365ProPlusRetail"ID="O365ProPlusRetail"
  • ID="VisioProRetail"ID="VisioProRetail"
  • ID="ProjectProRetail"ID="ProjectProRetail"

サポートされているすべての製品 ID のリストについては、「クイック実行用 Office 展開ツールでサポートされる製品 ID」を参照してください。For a list of all supported product IDs, see Product IDs that are supported by the Office Deployment Tool for Click-to-Run

Language 要素Language element

ダウンロードまたはインストールする言語を定義します。複数の言語を定義する場合は、構成ファイル内の最初の言語によって、ショートカット、右クリックのコンテキスト メニュー、ヒントを含むシェル UI カルチャが決まります。初期インストール後にシェル UI 言語を変更する場合は、Office をアンインストールしてから再インストールする必要があります。Defines which languages to download or install. If you define multiple languages, the first language in the configuration file determines the Shell UI culture, including shortcuts, right-click context menus, and tooltips. If you decide that you want to change the Shell UI language after an initial installation, you have to uninstall and reinstall Office.

Example

<Product ID="O365ProPlusRetail">
  <Language ID="en-us" />
  <Language ID="ja-jp" />
</Product>
<Add SourcePath="\\Server\Share" 
     OfficeClientEdition="32"
     Channel="Broad" 
     AllowCdnFallback="True">
  <Product ID="O365ProPlusRetail">
     <Language ID="MatchInstalled" />
     <Language ID="MatchOS" Fallback="en-us" />
  </Product>
</Add>  

ID 属性 (Language 要素の一部)ID attribute (part of Language element)

必須です。Required.

ダウンロードまたはインストールする言語の ID を定義します。Defines the ID of the language to download or install.

値の例Example values

  • ID="en-us"ID="en-us"
  • ID="ja-jp"ID="ja-jp"
  • ID="MatchOS"ID="MatchOS"
  • ID="MatchPreviousMSI"ID="MatchPreviousMSI"
  • ID="MatchInstalled"ID="MatchInstalled"

すべての言語の一覧は、「言語、カルチャ コード、および副校正言語」を参照してください。For a list of all languages, see Languages, culture codes, and companion proofing languages.

MatchPreviousMSI の詳細は、「Microsoft 365 Apps にアップグレードする際に既存の MSI バージョンの Office を削除する」をご覧ください。For more information about MatchPreviousMSI, see Remove existing MSI versions of Office when upgrading to Microsoft 365 Apps.

オペレーティング システムの言語が Office でサポートされていない場合、または ODT がローカル ソース ファイルで正しい言語パックを検出できない場合、MatchOS や MatchInstalled によるオペレーティング システム言語のインストールはできなくなります。Note that MatchOS and MatchInstalled cannot install the operating system languages if Office doesn't support that language or if the ODT cannot find the correct language pack in the local source files. この問題を解決するには、バックアップの言語を指定し、ODT が失われたファイルに対して Office CDN を使用できるようにすることをお勧めします。To help address this issue, we recommend that you specify a backup language and allow the ODT to use the Office CDN for missing files. この指定を行うには、Fallback 属性と AllowCdnFallBack 属性を使用します。To do so, use the Fallback attribute and AllowCdnFallBack attribute.

MatchInstalled は、クイック実行製品が少なくとも1つインストールされている場合にのみ使用できます。MatchInstalled can be used only if there is at least one Click-to-Run product already installed. ODT のダウンロード スイッチと共に使用することはできません。It can't be used with the /download switch for the ODT. MatchInstalled インストールされている詳細については、「の展開に関する の概要 」を参照し、 Microsoft 365 アプリのダイナミック、リーンおよびユニバーサル パッケージをビルドします。For more details on MatchInstalled, see Overview of deploying languages and Build dynamic, lean, and universal packages for Microsoft 365 Apps.

Fallback 属性 (Language 要素の一部)Fallback attribute (part of Language element)

オプション。Optional.

MatchOS を使用していて、一致する言語が Office でサポートされていなかったりローカル ソース ファイル内で見つからない場合は、フォールバック言語を指定することをお勧めします。この指定を行うには、"Fallback" 属性を使用します。詳細については、「オペレーティング システムと同じ言語をインストールする」を参照してください。When using MatchOS, we recommend that you specify a fallback language to install when a matched language isn't supported by Office or can't be found in the local source files. To do so, use the "Fallback" attribute. For more details, see Install the same languages as the operating system.

値の例:Example values:

  • Fallback="en-us"Fallback="en-us"
  • Fallback="ja-jp"Fallback="ja-jp"

TargetProduct 属性 (Language 要素の一部)TargetProduct attribute (part of Language element)

オプション。Optional.

MatchInstalled 使用している場合、既にインストールされている特定の製品または既にインストールされているすべての言語の合計を照合する場合は指定する必要があります。When using MatchInstalled, you have to specify if you want to match a specific already installed product or the sum of all already installed languages. 特定の製品を対象とするには、 サポートされている製品 IDを指定できます。To target a specific product, you can specify any supported product ID. 既にインストールされているすべての言語を使用する場合は、[すべて] を指定できます。If you want to match all already installed languages, you can specify "All". ODT は、TargetProduct で指定したものと同じ言語セットで新しい製品をインストールします。ODT will then install the new product with the same set of languages as the one specified in TargetProduct.

値の例:Example values:

  • <Language ID="MatchInstalled" TargetProduct="O365ProPlusRetail"<Language ID="MatchInstalled" TargetProduct="O365ProPlusRetail"
  • <Language ID="MatchInstalled" TargetProduct="All"<Language ID="MatchInstalled" TargetProduct="All"

Display 要素Display element

Office のインストール時に、ユーザーに表示される内容を定義します。Defines what the user sees when Office is installed.

Example

<Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />  

Level 属性 (Display 要素の一部)Level attribute (part of Display element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は Full です。Default is set to Full if not specified.

LevelNone に設定されていると、Office はユーザー インターフェイスなしでインストールされます。進行状況バー、完了画面、エラー メッセージなどのユーザー インターフェイスは表示されません。If Level is set to None, Office is installed with no user interface: no progress bars, completion screens, error messages, or other user interface are displayed.

LevelFull に設定されていると、Office は通常のインストール操作でインストールされます。If Level is set to Full, Office is installed with the normal installation experience.

使用できる値:Allowed values:

  • Level="None"Level="None"
  • Level="Full"Level="Full"

AcceptEULA 属性 (Display 要素の一部)AcceptEULA attribute (part of Display element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は FALSE です。Defaults to FALSE if not specified.

AcceptEULATRUE に設定されていると、ユーザーにはマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項のダイアログ ボックスが表示されません。If AcceptEULA is set to TRUE, the user does not see a Microsoft Software License Terms dialog box. この属性が FALSE に設定されている場合や、この属性が含まれていない場合は、ユーザーにマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項のダイアログ ボックスが表示されます。If this attribute is set to FALSE or is not included, the user may see a Microsoft Software License Terms dialog box. AcceptEULATRUE に設定することをお勧めします。We recommend that administrators set AcceptEULA to TRUE.

使用できる値:Allowed values:

  • AcceptEULA="TRUE"AcceptEULA="TRUE"
  • AcceptEULA="FALSE"AcceptEULA="FALSE"

注意

バージョン 1803 より前の Office のバージョンを展開するとき、ユーザーのアカウントを使用してインストールする場合のみ、この設定が適用されます。Microsoft Endpoint Configuration Manager、およびインストールに SYSTEM アカウントを使用する他のソフトウェア配布ツールには、この設定は適用されません。If you deploy a version of Office before Version 1803, this setting will be applied only if you install with the user's account. Microsoft Endpoint Configuration Manager and other software distribution tools that use the SYSTEM account for installation will not apply the setting.

ExcludeApp 要素ExcludeApp element

インストールしてはならない Microsoft 365 Apps 製品を指定します。Defines which Microsoft 365 Apps products should not be installed. Microsoft 365 Apps をインストールするか、Word、Excel、PowerPoint、Publisher、Visio、Skype などのアプリケーションを個別にインストールすると、OneDrive も自動的にインストールされます。Note that OneDrive is automatically installed when you install Microsoft 365 Apps or install individual applications, such as Word, Excel, PowerPoint, Publisher, Visio, or Skype. これらのアプリケーションと一緒に OneDrive をインストールしない場合は、ExcludeApp 要素を使用して OneDrive を除外してください。If you don't want OneDrive installed with those applications, use the ExcludeApp element to remove it. 詳細は、Microsoft 365 Apps または他のアプリケーションのインストール時に OneDrive を除外するをご覧ください。For more details, see Exclude OneDrive when installing Microsoft 365 Apps or other applications.

Example

<Add SourcePath="\\Server\Share" 
     OfficeClientEdition="32"
     Channel="Broad" >
  <Product ID="O365ProPlusRetail">
    <Language ID="en-us" />
    <Language ID="ja-jp" />
    <ExcludeApp ID="Publisher" />
  </Product>
</Add>  

ExcludeApp を含む構成ファイルを使用して、Microsoft 365 Apps が既にインストールされているデバイスに Office をインストールする場合、ExcludeApp 設定は言語のリストに基づいて異なる方法で処理されます。If a configuration file with ExcludeApp is used to install Office on a device that already has Microsoft 365 Apps installed, the ExcludeApp setting is treated differently based on the list of languages:

  • 構成ファイルの言語のリストに、インストールされている言語がすべて含まれている場合は、ファイルの ExcludeApp 設定では、デバイス上の既存の ExcludeApp 設定を置き換えます。If the list of languages in the configuration file includes all the installed languages, then the ExcludeApp setting in the file replaces any existing ExcludeApp setting on the device. これは、構成ファイル内の言語のリストに、インストールされているすべての言語および追加の言語の両方が含まれている場合も同様です。This is also true if the list of languages in the configuration file includes both all the installed languages and additional languages.
  • 構成ファイルの言語のリストに、インストールされているすべての言語が含まれていない場合、構成ファイルの ExcludeApp 設定はデバイスの ExcludeApp 設定と結合されます。If the list of languages in the configuration file doesn't include all the installed languages, then the ExcludeApp setting in the configuration file will be combined with the ExcludeApp setting on the device.

ID 属性 (ExcludeApp 要素の一部)ID attribute (part of ExcludeApp element)

必須です。Required.

インストールしない製品の ID を定義します。Defines the ID of the product that should not be installed.

使用できる値:Allowed values:

  • ID="Access"ID="Access"
  • ID="Excel"ID="Excel"
  • ID="Groove"ID="Groove"
  • ID="Lync"ID="Lync"
  • ID="OneDrive"ID="OneDrive"
  • ID="OneNote"ID="OneNote"
  • ID="Outlook"ID="Outlook"
  • ID="PowerPoint"ID="PowerPoint"
  • ID="Publisher"ID="Publisher"
  • ID="Teams"ID="Teams"
  • ID="Word"ID="Word"

OneDrive for Business の場合は Groove を使用します。Skype for Business の場合は Lync を使用します。For OneDrive for Business, use Groove. For Skype for Business, use Lync.

Microsoft Teams の詳細は、「Microsoft 365 Apps を使用して Microsoft Teams を展開する」をご覧ください。For more information about Microsoft Teams, see Deploy Microsoft Teams with Microsoft 365 Apps.

Logging 要素Logging element

ODT ログのオプションを定義します。Defines options for ODT logging.

Example

<Logging Level="Standard" 
         Path="%temp%" />

Level 属性 (Logging 要素の一部)Level attribute (part of Logging element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は Standard です。Default is Standard if not specified.

ログ機能をオンまたはオフにします。Turns logging on or off.

使用できる値:Allowed values:

  • Level="Off"Level="Off"
  • Level="Standard"Level="Standard"

Path 属性 (Logging 要素の一部)Path attribute (part of Logging element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は %temp% です。Default is %temp% if not specified.

ログ ファイルの場所を定義します。Defines the location of the log files.

値の例:Example values:

  • Path="%temp%"Path="%temp%"
  • Path="\\server\share\userlogs"Path="\\server\share\userlogs"

Property 要素Property element

Office の特定の動作とプロパティを定義します。Defines certain Office behaviors and properties.

Example

<Property Name="FORCEAPPSHUTDOWN" Value="FALSE"/>
<Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1"/>
<Property Name="SCLCacheOverride" Value="1" />
<Property Name="DeviceBasedLicensing" Value="1" />
<Property Name="SCLCacheOverrideDirectory" Value="\\server\share\%username%" />
<Property Name="PinIconsToTaskbar" Value="TRUE"/>

Name 属性 (Property 要素の一部)Name attribute (part of Property element)

必須です。Required.

値を設定する特定のプロパティを定義します。Defines the specific property whose value you want to set.

Value 属性 (Property 要素の一部)Value attribute (part of Property element)

名前付きプロパティの値を定義します。Defines the value of the named property.

AUTOACTIVATE プロパティ (Property 要素の一部)AUTOACTIVATE property (part of Property element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は 0 です。Default is 0 if not specified.

Microsoft 365 Apps は、自動的にライセンス認証を実行するように設定されているため、Microsoft 365 Apps 製品ではこのプロパティを設定しないでください。Because Microsoft 365 Apps is set to activate automatically, you should not set this property for Microsoft 365 Apps products. その他の製品では、AUTOACTIVATE1 に設定することで、自動的に製品のライセンス認証を実行できます。For other products, you can set AUTOACTIVATE to 1 to have the product activate automatically.

使用できる値:Allowed values:

  • Property Name="AUTOACTIVATE" Value="0"Property Name="AUTOACTIVATE" Value="0"
  • Property Name="AUTOACTIVATE" Value="1"Property Name="AUTOACTIVATE" Value="1"

FORCEAPPSHUTDOWN プロパティ (Property 要素の一部)FORCEAPPSHUTDOWN property (part of Property element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は FALSE です。Default is FALSE if not specified.

TRUE に設定すると、Office のインストールをブロックしているアプリは強制的にシャット ダウンされます。When set to TRUE, forces any apps that are blocking the install of Office to shut down. データ損失が発生する可能性があります。Data loss may occur.

使用できる値:Allowed values:

  • Property Name="FORCEAPPSHUTDOWN" Value="FALSE"Property Name="FORCEAPPSHUTDOWN" Value="FALSE"
  • Property Name="FORCEAPPSHUTDOWN" Value="TRUE"Property Name="FORCEAPPSHUTDOWN" Value="TRUE"

PACKAGEGUID プロパティ (Property 要素の一部)PACKAGEGUID property (part of Property element)

省略可能です。Optional.

既定では、ODT で作成した複数の App-V パッケージには、同じ App-V パッケージID が割り当てられます。By default, App-V packages created by the ODT share the same App-V Package ID. 管理者は PACKAGEGUID を使用して、別のパッケージ ID を指定できます。Administrators can use PACKAGEGUID to specify a different Package ID. これにより、1 つの App-V 管理サーバーに対して Office の複数の App-V パッケージを提供できます。This allows you to publish multiple App-V packages of Office to an App-V Management Server. ただし、この方法により複数の Office App-V パッケージを 1 台のコンピューターに展開することはできません。But, this doesn't enable you to deploy more than one Office App-V package to a single computer. ODT を使用して Microsoft 365 Apps の App-V パッケージを作成できます。You can use the ODT to create App-V packages for Microsoft 365 Apps. ボリューム ライセンス版の Office Professional Plus または Office Standard のパッケージの作成はサポートされていません。Creating packages for the volume-licensed versions of Office Professional Plus or Office Standard is not supported.

パッケージ ID は、例に示した形式に従う必要があり、0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、A、B、C、D、E、F の文字だけを使用できます。The Package ID must follow the format of the example and can only use these characters: 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, A, B, C, D, E, F

これら以外の文字を使用した場合、App-V パッケージは既定のパッケージ ID で作成されます。If you use any other characters, the App-V package is created with the default Package ID.

値の例:Example values:

  • Property Name="PACKAGEGUID" Value="12345678-ABCD-1234-ABCD-1234567890AB"Property Name="PACKAGEGUID" Value="12345678-ABCD-1234-ABCD-1234567890AB"

SharedComputerLicensing プロパティ (Property 要素の一部)SharedComputerLicensing property (part of Property element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は 0 です。Default value is 0 if not specified.

リモート デスクトップ サービスを使用して、共有コンピューターに Microsoft 365 Apps を展開する場合は、SharedComputerLicensing を 1 に設定します。Set SharedComputerLicensing to 1 if you deploy Microsoft 365 Apps to shared computers by using Remote Desktop Services.

詳細は、「Microsoft 365 Apps に対する共有コンピューターのライセンス認証の概要」をご覧ください。For more information, see Overview of shared computer activation for Microsoft 365 Apps.

使用できる値:Allowed values:

  • Property Name="SharedComputerLicensing" Value="0"Property Name="SharedComputerLicensing" Value="0"
  • Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1"Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1"

SCLCacheOverride プロパティ (Property 要素の一部)SCLCacheOverride property (part of Property element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は 0 です。Default value is 0 if not specified.

共有コンピューターのライセンス認証を使用していて、ライセンスのトークンを移動する場合は、SCLCacheOverride を 1 に設定します。Set SCLCacheOverride to 1 if you're using shared computer activation and you want to roam the licensing token. SCLCacheOverrideDirectory と組み合わせて使用します。Use in conjunction with SCLCacheOverrideDirectory. これは、ライセンスのトークンを既定の場所から移動することを選択した場合にのみ必要です。This is only needed if you choose to move the licensing token from its default location. 詳細は、「Microsoft 365 Apps に対する共有コンピューターのライセンス認証の概要」をご覧ください。For more information, see Overview of shared computer activation for Microsoft 365 Apps.

使用できる値:Allowed values:

  • Property Name="SCLCacheOverride" Value="0"Property Name="SCLCacheOverride" Value="0"
  • Property Name="SCLCacheOverride" Value="1"Property Name="SCLCacheOverride" Value="1"

SCLCacheOverrideDirectory プロパティ (Property 要素の一部)SCLCacheOverrideDirectory property (part of Property element)

オプション。Optional.

共有コンピューターのライセンス認証を使用していて、ライセンスのトークンを移動する場合、SCLCacheOverrideDirectory を設定して、ライセンス トークンのフォルダーの場所を指定します。Set SCLCacheOverrideDirectory to specify a folder location for the licensing token if you're using shared computer activation and you want to roam the licensing token. SCLCacheOverride と組み合わせて使用します。Use in conjunction with SCLCacheOverride. これは、ライセンスのトークンを既定の場所から移動することを選択した場合にのみ必要です。This is only needed if you choose to move the licensing token from its default location.

詳細は、「Microsoft 365 Apps に対する共有コンピューターのライセンス認証の概要」をご覧ください。For more information, see Overview of shared computer activation for Microsoft 365 Apps.

値の例:Example values:

  • Property Name="SCLCacheOverrideDirectory" Value="%appdata%\Microsoft"Property Name="SCLCacheOverrideDirectory" Value="%appdata%\Microsoft"
  • Property Name="SCLCacheOverrideDirectory" Value="\\server\share\%username%"Property Name="SCLCacheOverrideDirectory" Value="\\server\share\%username%"

DeviceBasedLicensing プロパティ (Property 要素の一部)DeviceBasedLicensing property (part of Property element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は 0 です。Default value is 0 if not specified.

デバイスベースのライセンス認証のための Office ライセンス モードを定義します。Defines the Office licensing mode for device-based activation. 詳細は、「Microsoft 365 Apps for enterprise のデバイスベースのライセンス」をご覧ください。For more information, see Device-based licensing for Microsoft 365 Apps for enterprise.

使用できる値:Allowed values:

  • Property Name="DeviceBasedLicensing" Value="1"Property Name="DeviceBasedLicensing" Value="1"
  • Property Name="DeviceBasedLicensing" Value="0"Property Name="DeviceBasedLicensing" Value="0"

PinIconsToTaskBar プロパティ (Property 要素の一部)PinIconsToTaskBar property (part of Property element)

オプション。Optional. 指定のない場合、既定値は True に設定されます。The default value is True if not specified.

Windows 7、および 8.1 の Windows タスク バーに、Office 製品のショートカット アイコンを追加するかどうかを定義します。システム アカウントを使用して Office をインストールする場合は (Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して展開する場合に一般的)、このプロパティが True に設定されていてもアイコンは固定されません。Defines whether shortcut icons for Office products are added to the Windows taskbar in Windows 7 and 8.1. If you install Office using a system account, which is common when deploying with Microsoft Endpoint Configuration Managers, the icons will not be pinned even if this property is set to True.

使用できる値:Allowed values:

  • Property Name="PinIconsToTaskbar" Value="FALSE"Property Name="PinIconsToTaskbar" Value="FALSE"
  • Property Name="PinIconsToTaskbar" Value="TRUE"Property Name="PinIconsToTaskbar" Value="TRUE"

Remove 要素Remove element

前にインストールした Microsoft 365 Apps から削除する製品と言語を設定します。Defines which products and languages to remove from a previous installation of Microsoft 365 Apps. インストール済みの言語を削除するには、例に示すように、製品と言語の両方を指定する必要があります。To remove an installed language, you must provide both the product and the language, as in the example. インストールされているすべての言語を削除するには、言語属性を含めないでください。To remove all the installed languages, do not include the language attribute. その場合、ODT は製品にインストールされているすべての言語を自動的に検出して削除します。In that case, the ODT automatically discovers and removes all installed languages for the product.

詳細については、「Office 展開ツールの概要」を参照してください。For more information, see Overview of the Office Deployment Tool.

Example

<Remove All="FALSE">
  <Product ID="O365ProPlusRetail" >
    <Language ID="es-es" />
  </Product>
</Remove>

All 属性 (Remove 要素の一部)All attribute (part of Remove element)

オプション。Optional. 指定のない場合、既定値は FALSE に設定されます。The default value is FALSE is not specified.

TRUE に設定すると、Project と Visio を含むすべての Microsoft 365 Apps の製品と言語が削除されます。If set to TRUE, all Microsoft 365 Apps products and languages will be removed, including Project and Visio.

使用できる値:Allowed values:

  • All="FALSE"All="FALSE"
  • All="TRUE"All="TRUE"

Updates 要素Updates element

インストール後の Office の更新方法を指定します。Defines how Office is updated after it's installed.

Example

<Updates Enabled="TRUE" 
         UpdatePath="\\Server\Share\"
         Channel="Broad" />

Enabled 属性 (Updates 要素の一部)Enabled attribute (part of Updates element)

オプション。Optional. 指定のない場合、既定値は TRUE に設定されます。The default value is TRUE if not specified.

TRUE に設定すると、Office は更新プログラムをチェックします。FALSE に設定すると、Office は更新プログラムのチェックを行いませんが、ユーザーは [ファイル] > [アカウント] > [更新オプション] > [今すぐ更新] に移動して更新を確認することができます。If set to TRUE, Office will check for updates. If set to FALSE, Office won't check for updates, but the user can check for updates by going to File > Account > Update Options > Update Now.

使用できる値:Allowed values:

  • Enabled="TRUE"Enabled="TRUE"
  • Enabled="FALSE"Enabled="FALSE"

UpdatePath 属性 (Updates 要素の一部)UpdatePath attribute (part of Updates element)

オプション。Optional. 指定されていない場合の既定値は CDN です。Defaults to the CDN if not specified.

Office の更新プログラムの配信元を定義します。Defines where the updates for Office come from. UpdatePath では、Office インストール ファイルの配信元ネットワーク パス、ローカル パス、または HTTP パスを指定できます。UpdatePath can specify a network, local, or HTTP path of a source for Office installation files. ネットワーク パスとローカル パスには環境変数を使用できます。Environment variables can be used for network or local paths.

Office 用管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) と一緒にグループ ポリシーを使用している場合、更新パス ポリシー設定を使用して UpdatePath を設定できます。このポリシー設定は、[コンピューターの構成][ポリシー][管理用テンプレート][Microsoft Office 2016 (マシン)][更新] にあります。If you use Group Policy with the Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office, you can set UpdatePath by using the Update Path policy setting. You can find this policy setting under Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Updates.

値の例:Example values:

TargetVersion 属性 (Updates 要素の一部)TargetVersion attribute (part of Updates element)

オプション。Optional. 既定では、指定された更新パスから最新のバージョンになります。Defaults to the latest version from the specified update path.

Office の更新対象バージョンを定義します。Defines which version Office updates to. TargetVersion が特定のビルド番号に設定されている場合、そのバージョンへの Office の更新が試行されます。If TargetVersion is set to a specific build number, Office attempts to update to that version.

Office 用の管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) と一緒にグループ ポリシーを使用する場合、ターゲット バージョン ポリシー設定を使用して TargetVersion を設定できます。このポリシー設定は、 Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Updates にあります。If you use Group Policy with the Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office, you can set TargetVersion by using the Target Version policy setting. You can find this policy setting under Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Updates.

値の例:Example values:

  • TargetVersion="15.1.2.3"TargetVersion="15.1.2.3"
  • TargetVersion=""TargetVersion=""

Deadline 属性 (Updates 要素の一部)Deadline attribute (part of Updates element)

オプション。Optional.

更新プログラムを適用する期間を指定します。期限は協定世界時 (UTC) で指定されます。DeadlineTarget Version と一緒に使用すると、特定の日時までに Office を特定のバージョンに更新することができます。期限は少なくとも 1 週間前には設定して、ユーザーに更新プログラムをインストールする時間を与えることをお勧めします。Defines a deadline by which updates must be applied. The deadline is specified in Coordinated Universal Time (UTC). You can use Deadline with Target Version to make sure that Office is updated to a particular version by a particular date. We recommend that you set the deadline at least a week in the future to allow users time to install the updates.

期限の前に、更新プログラムをインストールするようにユーザーに数回通知が送信されます。期限までに Office が更新されない場合、更新プログラムが 15 分後に適用されるという通知がユーザーに表示されます。この通知は作業中の Office ドキュメントを保存し、開いている Office プログラムをすべて閉じる機会をユーザーに与えます。ユーザーが Office プログラムを終了しない場合、15 分経過するとプログラムが自動的に終了し、データが失われる可能性があります。Prior to the deadline, users receive multiple reminders to install the updates. If Office isn't updated by the deadline, users see a notification that the updates will be applied in 15 minutes. This gives users the opportunity to save the Office documents that they are working on and to close any Office programs that are open. If users don't close the Office programs,the programs are closed automatically when the 15 minutes are up, which might result in data loss.

Office プログラムが終了すると、更新プログラムが自動的に適用されます。期限は、1 セットの更新プログラムにのみ適用されます。期限を使用して Office を常に最新の状態にしておくには、Office の新しい更新プログラムが利用可能になったときには期限を毎回変更する必要があります。After the Office programs are closed, the updates are applied automatically. The deadline only applies to one set of updates. If you want to use a deadline to make sure that Office is always up-to-date, you must change the deadline every time a new update for Office is available.

この属性を使用するには、Office が Service Pack 1 (バージョン 15.0.4569.1507) 以上で実行されている必要があります。グループ ポリシーと Office 用の管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) を使用すると、更新プログラムの期限ポリシー設定を使用して Deadline を設定できます。このポリシー設定は、Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Updates にあります。To use this attribute, Office must be running at least Service Pack 1 (version 15.0.4569.1507). If you use Group Policy with the Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office, you can set Deadline by using the Update Deadline policy setting. You can find this policy setting under Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Updates.

値の例:Example value:

  • Deadline="05/16/2014 18:30"Deadline="05/16/2014 18:30"

Channel 属性 (Updates 要素の一部)Channel attribute (part of Updates element)

重要

現在、Microsoft 365 Apps の更新プログラム チャネルに、新しい更新プログラム チャネル (月次エンタープライズ チャネル) の追加や既存の更新プログラム チャネル名の変更など、いくつかの変更を進めています。We’re making some changes to the update channels for Microsoft 365 Apps, including adding a new update channel (Monthly Enterprise Channel) and changing the names of the existing update channels. 詳細については、こちらの記事を参照してください。To learn more, read this article.

オプション。Optional. Microsoft 365 Apps for enterprise ではBroadが、サブスクリプション版の Project と Visio のデスクトップアプリではMonthly が既定値です。The default is Broad for Microsoft 365 Apps for enterprise and Monthly for the subscription versions of the Project and Visio desktop apps.

Office のインストール後、Office を更新するために使用するチャネルを定義します。2 つのチャネル属性がある点に注意してください。Add 要素のチャネルは、Office のインストール中の更新チャネルを指定するために使用します。また、Update 要素のチャネルは、既存の Office のインストールのチャネルを変更するために使用します。Defines which channel to use for updating Office after it is installed. Note that there are two channel attributes: the channel for the Add element is used to specify an update channel while installing Office, and the channel for the Update element is used to change the channel for an existing installation of Office.

更新プログラム チャネルの詳細は、「Microsoft 365 Apps の更新プログラム チャネルの概要」をご覧ください。For more information about update channels, see Overview of update channels for Microsoft 365 Apps.

Office 用の管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) と一緒にグループ ポリシーを使用する場合、チャネルの更新ポリシー設定を使用して Channel を設定できます。このポリシー設定は、Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Updates にあります。有効な場合は、このグループ ポリシー設定が Office 展開ツールを使用して設定された Channel 値よりも優先されます。If you use Group Policy with the Administrative Template files (ADMX/ADML) for Office, you can set Channel by using the Update Channel policy setting. You can find this policy setting under Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Updates. If enabled, this Group Policy setting takes precedence over the Channel value set by using the Office Deployment Tool.

使用できる値:Allowed values:

  • Channel="Monthly"Channel="Monthly"
  • Channel="MonthlyEnterprise"Channel="MonthlyEnterprise"
  • Channel="Broad"Channel="Broad"
  • チャネル="Targeted"Channel="Targeted"

半期チャネルの場合は "広範"、半期チャネル (対象指定) の場合は "対象指定" を使用します。Use "Broad" for Semi-Annual Channel and "Targeted" for Semi-Annual Channel (Targeted).

ボリューム ライセンス バージョンの Office の Office Professional Plus 2019 を展開する場合は、別の更新プログラム チャネルを使用する必要があります (PerpetualVL2019)。詳細については、「Office 2019 用の更新プログラム チャネル」を参照してください。If you're deploying Office Professional Plus 2019, which is a volume licensed version of Office, there is a different update channel you need to use: PerpetualVL2019. For more information, see Update channel for Office 2019.

RemoveMSI 要素RemoveMSI element

省略可能です。Optional.

Windows インストーラー (MSI) を使用してインストールした 2010、2013、2016 のいずれかのバージョンの Office、Visio、Project を、指定した製品 (Microsoft 365 Apps など) をインストールする前にコンピューターからアンインストールするかどうかを指定します。Specifies whether any 2010, 2013, or 2016 versions of Office, Visio, and Project that were installed using Windows Installer (MSI) are uninstalled from the computer prior to the installation of the specified product, such as Microsoft 365 Apps.

RemoveMSI の使用法について詳しくは、「Microsoft 365 Apps にアップグレードする際に Office の既存の MSI バージョンを削除する」を参照してください。For more information about using RemoveMSI, see Remove existing MSI versions of Office when upgrading to Microsoft 365 Apps.

IgnoreProduct 属性 (RemoveMSI 要素の一部)IgnoreProduct attribute (part of RemoveMSI element)

オプション。Optional.

ID を指定すると、その Windows インストーラー (MSI) の製品はコンピューターからアンインストールされません。If an ID is specified, that Windows Installer (MSI) product won't be uninstalled from the computer.

値の例:Example values:

  • IgnoreProduct ID="VisPro"IgnoreProduct ID="VisPro"
  • IgnoreProduct ID="PrjPro"IgnoreProduct ID="PrjPro"

AppSettings 要素AppSettings element

省略可能です。Optional.

VBA マクロ通知、既定のファイルの場所、既定のファイル形式など、Microsoft 365 Apps のアプリケーション設定を行います。Defines application preferences for Microsoft 365 Apps, including VBA Macro notifications, default file locations, and default file format. アプリケーション設定を含む構成ファイルの作成には、完全なユーザー インターフェイスを備えた Web アプリケーション、クイック実行用 Office カスタマイズ ツールの使用を推奨します。To create a configuration file with application preferences, we recommend you use the Office Customization Tool for Click-to-Run, a web application with a full user interface. このツールでは、アプリケーション設定の項目の確認もできます。You can also use the tool to learn more about the available application preferences.

アプリケーションの基本設定の詳細については、「アプリケーション設定を適用する」および「Office の既存のインストールにアプリケーション設定を適用する」を参照してください。For more details on application preferences, see Apply application preferences and Apply application preferences to an existing installation of Office.

Example

  <AppSettings>
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\excel\security"
          Name="vbawarnings" 
          Value="3" 
          Type="REG_DWORD" 
          App="excel16" 
          Id="L_VBAWarningsPolicy" />
  </AppSettings>