AuthenticationHttpContextExtensions クラス

定義

HttpContext で認証を公開する拡張メソッド。

public ref class AuthenticationHttpContextExtensions abstract sealed
public static class AuthenticationHttpContextExtensions
type AuthenticationHttpContextExtensions = class
Public Module AuthenticationHttpContextExtensions
継承
AuthenticationHttpContextExtensions

メソッド

AuthenticateAsync(HttpContext)

既定の認証スキームを使用して現在の要求を認証します。 既定の認証方式は、を使用して構成でき DefaultAuthenticateScheme ます。

AuthenticateAsync(HttpContext, String)

指定されたスキームを使用して現在の要求を認証します。

ChallengeAsync(HttpContext)

既定のチャレンジスキームを使用して現在の要求をチャレンジします。 認証チャレンジは、認証されていないユーザーが認証を必要とするエンドポイントを要求したときに発行できます。 既定のチャレンジスキームは、を使用して構成でき DefaultChallengeScheme ます。

ChallengeAsync(HttpContext, AuthenticationProperties)

既定のチャレンジスキームを使用して現在の要求をチャレンジします。 認証チャレンジは、認証されていないユーザーが認証を必要とするエンドポイントを要求したときに発行できます。 既定のチャレンジスキームは、を使用して構成でき DefaultChallengeScheme ます。

ChallengeAsync(HttpContext, String)

指定されたスキームを使用して現在の要求をチャレンジします。 認証チャレンジは、認証されていないユーザーが認証を必要とするエンドポイントを要求したときに発行できます。

ChallengeAsync(HttpContext, String, AuthenticationProperties)

指定されたスキームを使用して現在の要求をチャレンジします。 認証チャレンジは、認証されていないユーザーが認証を必要とするエンドポイントを要求したときに発行できます。

ForbidAsync(HttpContext)

既定の禁止スキームを使用して現在の要求を禁止します。 禁止は、認証されたユーザーがアクセスを許可されていないリソースにアクセスしようとしたときに使用されます。 既定の禁止スキームは、を使用して構成でき DefaultForbidScheme ます。

ForbidAsync(HttpContext, AuthenticationProperties)

既定の禁止スキームを使用して現在の要求を禁止します。 禁止は、認証されたユーザーがアクセスを許可されていないリソースにアクセスしようとしたときに使用されます。 既定の禁止スキームは、を使用して構成でき DefaultForbidScheme ます。

ForbidAsync(HttpContext, String)

指定されたスキームを使用して現在の要求を禁止します。 禁止は、認証されたユーザーがアクセスを許可されていないリソースにアクセスしようとしたときに使用されます。

ForbidAsync(HttpContext, String, AuthenticationProperties)

指定されたスキームを使用して現在の要求を禁止します。 禁止は、認証されたユーザーがアクセスを許可されていないリソースにアクセスしようとしたときに使用されます。

GetTokenAsync(HttpContext, String)

既定の認証スキームを使用して要求を認証し、トークンの値を返します。 既定の認証方式は、を使用して構成でき DefaultAuthenticateScheme ます。

GetTokenAsync(HttpContext, String, String)

指定されたスキームを使用して要求を認証し、トークンの値を返します。

SignInAsync(HttpContext, ClaimsPrincipal)

既定の認証スキームのプリンシパルをサインインします。 サインインの既定のスキームは、を使用して構成でき DefaultSignInScheme ます。

SignInAsync(HttpContext, ClaimsPrincipal, AuthenticationProperties)

既定の認証スキームのプリンシパルをサインインします。 サインインの既定のスキームは、を使用して構成でき DefaultForbidScheme ます。

SignInAsync(HttpContext, String, ClaimsPrincipal)

指定されたスキームのプリンシパルをサインインします。

SignInAsync(HttpContext, String, ClaimsPrincipal, AuthenticationProperties)

指定されたスキームのプリンシパルをサインインします。

SignOutAsync(HttpContext)

既定の認証スキームのプリンシパルをサインアウトします。 サインアウトの既定のスキームは、を使用して構成でき DefaultSignOutScheme ます。

SignOutAsync(HttpContext, AuthenticationProperties)

既定の認証スキームのプリンシパルをサインアウトします。 サインアウトの既定のスキームは、を使用して構成でき DefaultSignOutScheme ます。

SignOutAsync(HttpContext, String)

指定されたスキームのプリンシパルをサインアウトします。

SignOutAsync(HttpContext, String, AuthenticationProperties)

指定したスキームのプリンシパルをサインアウトします。

適用対象