RedirectContext クラス

定義

IdentityProvider にリダイレクトする前に通知されるようにユーザーが構成 WsFederationHandler すると、 RedirectContext インスタンスが 'RedirectToAuthenticationEndpoint' または 'RedirectToEndSessionEndpoint' イベントに渡されます。

public ref class RedirectContext : Microsoft::AspNetCore::Authentication::PropertiesContext<Microsoft::AspNetCore::Authentication::WsFederation::WsFederationOptions ^>
public class RedirectContext : Microsoft.AspNetCore.Authentication.PropertiesContext<Microsoft.AspNetCore.Authentication.WsFederation.WsFederationOptions>
type RedirectContext = class
    inherit PropertiesContext<WsFederationOptions>
Public Class RedirectContext
Inherits PropertiesContext(Of WsFederationOptions)
継承

コンストラクター

RedirectContext(HttpContext, AuthenticationScheme, WsFederationOptions, AuthenticationProperties)

新しいコンテキスト オブジェクトを作成します。

プロパティ

Handled

true の場合、このリダイレクトの既定のロジックはスキップされます。

HttpContext

コンテキスト。

(継承元 BaseContext<TOptions>)
Options

スキームに関連付けられている認証オプションを取得します。

(継承元 BaseContext<TOptions>)
Properties

AuthenticationProperties を取得または設定します。

(継承元 PropertiesContext<TOptions>)
ProtocolMessage

WsFederationMessageリダイレクトの作成に使用されます。

Request

要求。

(継承元 BaseContext<TOptions>)
Response

応答。

(継承元 BaseContext<TOptions>)
Scheme

認証スキームです。

(継承元 BaseContext<TOptions>)

メソッド

HandleResponse()

このリダイレクトの既定のロジックをスキップします。

適用対象