Renderer クラス

定義

Blazor フレームワーク以外では、AspNetCore の型を使用することはお勧めできません。 これらの型は、将来のリリースで変更される予定です。

public ref class Renderer abstract : IDisposable
public ref class Renderer abstract : IAsyncDisposable, IDisposable
public abstract class Renderer : IDisposable
public abstract class Renderer : IAsyncDisposable, IDisposable
type Renderer = class
    interface IDisposable
type Renderer = class
    interface IDisposable
    interface IAsyncDisposable
Public MustInherit Class Renderer
Implements IDisposable
Public MustInherit Class Renderer
Implements IAsyncDisposable, IDisposable
継承
Renderer
派生
実装

コンストラクター

Renderer(IServiceProvider, ILoggerFactory)

のインスタンスを構築 Renderer します。

Renderer(IServiceProvider, ILoggerFactory, IComponentActivator)

のインスタンスを構築 Renderer します。

プロパティ

Dispatcher

この Dispatcher に関連付けられている Renderer を取得します。

ElementReferenceContext

ElementReferenceContextこのに関連付けられて Renderer いる (存在する場合) を取得または設定します。

メソッド

AssignRootComponentId(IComponent)

をに関連付け IComponent Renderer 、のスコープ内で一意の識別子を割り当て Renderer ます。

DispatchEventAsync(UInt64, EventFieldInfo, EventArgs)

イベントが発生したことをレンダラーに通知します。

Dispose()

このインスタンスによって現在使用されているすべてのリソースを解放 Renderer します。

Dispose(Boolean)

このインスタンスによって現在使用されているすべてのリソースを解放 Renderer します。

DisposeAsync()

Performs application-defined tasks associated with freeing, releasing, or resetting unmanaged resources asynchronously.

GetCurrentRenderTreeFrames(Int32)

指定されたコンポーネントの現在のレンダリングツリーを取得します。

GetEventArgsType(UInt64)

指定したイベントハンドラーのイベント引数の型を取得します。

HandleException(Exception)

描画中に派生型が例外を処理できるようにします。 既定では、元の例外が再スローされます。

InstantiateComponent(Type)

指定した型の新しいコンポーネントを構築します。

ProcessPendingRender()

保留中のプロセスは、コンポーネントからの要求を表示します (存在する場合)。

RemoveRootComponent(Int32)

指定したコンポーネントをレンダラーから削除し、コンポーネントとその子孫を破棄します。

RenderRootComponentAsync(Int32)

ルートコンポーネントに対して最初のレンダリングを実行し、このコンポーネントとすべての子コンポーネントのレンダリングが完了するのを待機します。これは、いずれかのコンポーネントによって非同期処理が行われている場合に発生します。 その後、ルートコンポーネントは再描画するタイミングについて独自の決定を行います。そのため、これを複数回呼び出す必要はありません。

RenderRootComponentAsync(Int32, ParameterView)

ルートコンポーネントのパラメーターを提供します。通常、これはレンダリングの原因となります。 これは、ルートコンポーネントの最初のレンダリングをトリガーしたり、パラメーターを更新して後続のレンダリングをトリガーしたりするために使用できます。 コンポーネントは再描画のタイミングについて独自の決定を行い、いつでも再レンダリングできることに注意してください。

Task非同期処理が実行されている場合は、このコンポーネントとすべての子孫コンポーネントのレンダリングが終了するまでの待機が返されます。

UpdateDisplayAsync(RenderBatch)

表示されている UI を更新します。

イベント

UnhandledSynchronizationException

呼び出し元が、使用可能な場合に SynchronizationContext からの例外を処理できるようにします。

適用対象