ProtectedBrowserStorage.GetAsync メソッド

定義

オーバーロード

GetAsync<TValue>(String)

指定されたデータを非同期に取得します。

このオーバーロードではデータ保護の目的が指定されていないため、目的は key とストアの名前から派生します。 これは、コンパイル時に既知の固定セットからキーを取得する場合に使用するのが適切な既定の目的です。

GetAsync<TValue>(String, String)

指定されたデータを非同期に取得します。

GetAsync<TValue>(String)

指定されたデータを非同期に取得します。

このオーバーロードではデータ保護の目的が指定されていないため、目的は key とストアの名前から派生します。 これは、コンパイル時に既知の固定セットからキーを取得する場合に使用するのが適切な既定の目的です。

public:
generic <typename TValue>
 System::Threading::Tasks::ValueTask<Microsoft::AspNetCore::Components::Server::ProtectedBrowserStorage::ProtectedBrowserStorageResult<TValue>> GetAsync(System::String ^ key);
public System.Threading.Tasks.ValueTask<Microsoft.AspNetCore.Components.Server.ProtectedBrowserStorage.ProtectedBrowserStorageResult<TValue>> GetAsync<TValue> (string key);
member this.GetAsync : string -> System.Threading.Tasks.ValueTask<Microsoft.AspNetCore.Components.Server.ProtectedBrowserStorage.ProtectedBrowserStorageResult<'Value>>
Public Function GetAsync(Of TValue) (key As String) As ValueTask(Of ProtectedBrowserStorageResult(Of TValue))

型パラメーター

TValue

パラメーター

key
String

String使用するストレージスロットの名前を指定する値。

戻り値

ValueTask<ProtectedBrowserStorageResult<TValue>>

ValueTask操作の完了を表す。

適用対象

GetAsync<TValue>(String, String)

指定されたデータを非同期に取得します。

public:
generic <typename TValue>
 System::Threading::Tasks::ValueTask<Microsoft::AspNetCore::Components::Server::ProtectedBrowserStorage::ProtectedBrowserStorageResult<TValue>> GetAsync(System::String ^ purpose, System::String ^ key);
public System.Threading.Tasks.ValueTask<Microsoft.AspNetCore.Components.Server.ProtectedBrowserStorage.ProtectedBrowserStorageResult<TValue>> GetAsync<TValue> (string purpose, string key);
member this.GetAsync : string * string -> System.Threading.Tasks.ValueTask<Microsoft.AspNetCore.Components.Server.ProtectedBrowserStorage.ProtectedBrowserStorageResult<'Value>>
Public Function GetAsync(Of TValue) (purpose As String, key As String) As ValueTask(Of ProtectedBrowserStorageResult(Of TValue))

型パラメーター

TValue

パラメーター

purpose
String

データ保護のスコープを定義する文字列。 保護されたデータを保護できるのは、同じ目的が以前にを呼び出したときに指定されている場合のみ SetAsync(String, String, Object) です。

key
String

String使用するストレージスロットの名前を指定する値。

戻り値

ValueTask<ProtectedBrowserStorageResult<TValue>>

ValueTask操作の完了を表す。

適用対象