Microsoft.AspNetCore.Routing 名前空間

ASP.NET Core ルーティングと URL 生成で使用される型が含まれています。 ルーティングミドルウェアは、受信 HTTP 要求を照合し、それらの要求をアプリの実行可能インスタンスにディスパッチする役割を担い Endpoint ます。 URL の生成では、を使用して LinkGenerator 、一連のルート値から url パスを作成します。

クラス

CompositeEndpointDataSource

値が EndpointDataSource インスタンスのコレクションから取得される を EndpointDataSource 表します。

ControllerLinkGeneratorExtensions

を使用して MVC コントローラー LinkGenerator へのリンクを生成する拡張メソッド。

DataTokensMetadata

のデータ トークンを定義するメタデータ Endpoint 。 このメタデータ型は、エンドポイントに関連付けられた の DataTokens データ トークン値を提供します。

DefaultEndpointDataSource

インスタンスのコレクションを Endpoint 提供します。

DefaultInlineConstraintResolver

の既定の実装 IInlineConstraintResolver 。 制約キーと制約引数を解析し、マップを使用して制約の種類を解決し、制約の種類に適切なコンストラクターを呼び出して、制約を解決します。

EndpointDataSource

インスタンスのコレクションを提供 Endpoint します。

EndpointGroupNameAttribute

のエンドポイント グループ名を指定します Metadata

EndpointNameAttribute

のエンドポイント名を指定します Metadata

EndpointNameMetadata

のエンドポイント名を指定し Metadata ます。

EndpointSelectorContext
ExcludeFromDescriptionAttribute

これは、生成された Endpoint API メタデータに含め "ない" 必要がある場合に示します。

HostAttribute

ルーティング中に使用されるホストメタデータを提供するための属性です。

HttpMethodMetadata

ルーティング中に使用される HTTP メソッドのメタデータを表します。

InlineRouteParameterParser

ルート定義から処理制約を解析するメソッドが含まれます。

LinkGenerator

エンドポイント ルーティングに基づいて絶対 URI と関連 URI を生成するコントラクトを定義します。

LinkGeneratorEndpointNameAddressExtensions

とエンドポイント名を使用してを使用するための拡張メソッド LinkGenerator

LinkGeneratorRouteValuesAddressExtensions

で を使用する拡張 LinkGenerator メソッド RouteValuesAddress

LinkOptions

生成された Url のオプションを構成します。

LinkParser

ルーティングからの情報を使用して Uri を解析するコントラクトを定義します。

LinkParserEndpointNameAddressExtensions

エンドポイント名で を使用 LinkParser する拡張メソッド。

MatcherPolicy

URL マッチャーに動作を適用するポリシーを定義します。 MatcherPolicyおよび関連するインターフェイスの実装は、型のシングルトンサービスとして依存関係挿入コンテナーに登録する必要があり MatcherPolicy ます。

PageLinkGeneratorExtensions

を使用してファイルへのリンク LinkGenerator を生成する拡張メソッドRazor Pages。

ParameterPolicyFactory

インライン パラメーター ポリシーを のインスタンスとして解決するための抽象化を定義します IParameterPolicy

RequestDelegateRouteBuilderExtensions

に新しいハンドラーを追加するための拡張メソッドを提供 IRouteBuilder します。

Route

ルートのインスタンスを表します。

RouteBase

の基本クラスの実装 IRouter

RouteBuilder

アプリケーションでルートを指定するサポートを提供します。

RouteCollection

複数のルートのコレクションの管理をサポートします。

RouteConstraintBuilder

を表示するキーのマッピングを確認するビルダー IRouteConstraint

RouteConstraintMatcher

すべてのルート パラメーター値が制約と一致する場合は、 を使用して評価します。

RouteContext

のコンテキスト オブジェクト RouteAsync(RouteContext)

RouteCreationException

無効なルートまたは制約に対してスローされる例外。

RouteData

現在のルーティング パスに関する情報。

RouteEndpoint

EndpointUrl マッチングまたは url 生成で使用できるを表します。

RouteEndpointBuilder

新しい の構築をサポート RouteEndpoint します。

RouteHandler

特定のルートに対して実行されるハンドラーの実装をサポートします。

RouteHandlerOptions

および同様のメソッドの動作 MapGet(IEndpointRouteBuilder, String, Delegate) を制御するためのオプション。

RouteNameMetadata

ルート名を使用して関連付けられているエンドポイントを検索するためにリンクの生成中に使用されるメタデータ。

RouteOptions

ルートの構成可能なオプションを表します。

RouteValueDictionary

ルート IDictionary<TKey,TValue> 値の型。

RouteValueEqualityComparer

IEqualityComparer<T>オブジェクトをルート値文字列として比較する実装。

RouteValuesAddress

ルート名と値のアドレス。

RouteValuesAddressMetadata

ルート値を使用して関連付けられているエンドポイントを検索するために、リンク生成時に使用されるメタデータ。

RoutingFeature

ルーティング機能の機能。

RoutingHttpContextExtensions

HttpContextルーティングに関連するの拡張メソッド。

SuppressLinkGenerationMetadata

リンクの生成時に使用されるメタデータを表します。 SuppressLinkGenerationtrueの場合、関連付けられているエンドポイントはリンクの生成に使用されません。

SuppressMatchingMetadata

URL の一致を防ぐために使用されるメタデータ。 が SuppressMatching true の場合 、関連付けられているエンドポイントは URL 一致と見なされません。

VirtualPathContext

仮想パスの生成操作のコンテキスト。

VirtualPathData

ルーティング ミドルウェアを使用して URL を生成した結果であるルートと仮想パス ASP.NET 表します。

構造体

RouteData.RouteDataSnapshot

インスタンスの状態のスナップショット RouteData

RouteValueDictionary.Enumerator

インターフェイス

IDataTokensMetadata

のデータトークンを定義するメタデータ Endpoint 。 このメタデータ型は DataTokens 、エンドポイントに関連付けられているデータトークンの値を提供します。

IDynamicEndpointMetadata

関連付けられている を照合中に動的に置き換える指定に使用 Endpoint できるメタデータ インターフェイス。

IEndpointAddressScheme<TAddress>

指定されたアドレスに基づいてエンドポイントを検索するコントラクトを定義します。

IEndpointGroupNameMetadata

でエンドポイントグループ名を指定するために使用されるコントラクトを定義 Metadata します。

IEndpointNameMetadata

でエンドポイント名を指定するために使用するコントラクトを定義 Metadata します。

IEndpointRouteBuilder

アプリケーション内のルートビルダーのコントラクトを定義します。 ルートビルダーは、アプリケーションのルートを指定します。

IExcludeFromDescriptionMetadata

このエンドポイントに対して API エクスプローラーデータを出力するかどうかを示します。

IHostMetadata

ルーティング中に使用されるホストメタデータを表します。

IHttpMethodMetadata

ルーティング中に使用される HTTP メソッドのメタデータを表します。

IInlineConstraintResolver

インライン制約をのインスタンスとして解決するための抽象型を定義 IRouteConstraint します。

INamedRouter

名前を持つ IRouter のインターフェイス。

IOutboundParameterTransformer

URI の構築中にルート値を変換するためにクラスが実装する必要があるコントラクトを定義します。

IParameterPolicy

ルートパラメーターに関連付けられている型のマーカーインターフェイス。

IRouteBuilder

アプリケーション内のルートビルダーのコントラクトを定義します。 ルートビルダーは、アプリケーションのルートを指定します。

IRouteCollection

新しいルートの追加をサポートするルーターのインターフェイス。

IRouteConstraint

URL パラメーター値が制約に対して有効かどうかを調べるためにクラスで実装する必要のあるコントラクトを定義します。

IRouteHandler

ルートのハンドラーのコントラクトを定義します。

IRouteNameMetadata

ルート名を使用して関連付けられたエンドポイントを検索するために、リンク生成時に使用されるメタデータを表します。

IRouter

ルーターを実装するためのインターフェイス。

IRouteValuesAddressMetadata

ルート値を使用して関連付けられたエンドポイントを検索するために、リンク生成時に使用されるメタデータを表します。

IRoutingFeature

ルーティング機能用の機能インターフェイス。

ISuppressLinkGenerationMetadata

リンクの生成時に使用されるメタデータを表します。 SuppressLinkGenerationtrueの場合、関連付けられているエンドポイントはリンクの生成に使用されません。

ISuppressMatchingMetadata

URL の一致を防ぐために使用されるメタデータ。 が SuppressMatching true の場合 、関連付けられているエンドポイントは URL 一致と見なされません。

列挙型

RouteDirection

ASP.NET ルーティングが HTTP 要求から url を処理するか、url を生成するかを示します。

注釈

ルーティングの詳細については、「 ASP.NET Core でのルーティング」を参照してください。