Microsoft.Build.Utilities Namespace

Microsoft.Build.Utilities 名前空間には、独自の MSBuild ロガーおよびタスクを作成するために使用できるヘルパー クラスが用意されています。 The Microsoft.Build.Utilities namespace provides helper classes that you can use to create your own MSBuild loggers and tasks. 詳細については、「MSBuild」をご覧ください。 For information, see MSBuild.

クラス

AppDomainIsolatedTask

Task と同じ機能を提供しますが、MarshalByRefObject からも派生できるので、それ自身のアプリ ドメインでインスタンス化できます。Provides the same functionality as Task, but also derives from MarshalByRefObject so that it can be instantiated in its own app domain.

AssemblyFoldersExInfo

AssemblyFoldersEx レジストリ キーのエントリに関する情報が含まれます。Contains information about entries in the AssemblyFoldersEx registry keys.

CanonicalTrackedInputFiles

このクラスは .read.This class is the filetracking log interpreter for .read. トラッキング ログの filetracking ログのインタープリターで、標準形式、または正規化するためにルート (^) とされていますtracking logs in canonical form or those that have been rooted (^) to make them canonical

CanonicalTrackedOutputFiles

入力と出力が関連付けられる必要があるため、このクラスは、.write.This class is the file tracking log interpreter for .write. トラッキングのファイル追跡ログのインタープリターで、標準形式の Canonical .write.tracking logs in canonical form Canonical .write. ログをルートとする必要があります。logs need to be rooted, since the outputs need to be associated with an input.

CommandLineBuilder

コマンド ラインを構築するためのユーティリティ メソッドを構成します。Comprises utility methods for constructing a command line.

FileTracker

このクラスには、Tracker の起動とログをカプセル化するユーティリティ関数が含まれています。This class contains utility functions to encapsulate launching and logging for the Tracker

FlatTrackingData

このクラスは、ビルド中にファイルの依存関係を追跡するために使用されます。This class is used to track file dependencies during a build.

Logger

派生フォームでオーバーライドされると、MSBuild エンジンで発生するイベントを処理するロガーに機能を提供します。When overridden in a derived form, provides functionality for loggers that handle events raised by the MSBuild engine.

MuxLogger

多重化ロガーを表します。Represents a multiplexing logger. このロガーの目的は、ビルド時に、複数のロガーを登録および登録解除することです。The purpose of this logger is to register and unregister multiple loggers during the build. 各プロジェクト システムのビルド要求に対してロガーが登録および登録解除される Visual Studio IDE シナリオをサポートします。Supports the Visual Studio IDE scenario in which loggers are registered and unregistered for each project system's build request. 1 つの物理的なビルドが、それぞれ独自のロガー セットを含む複数の論理ビルドを持つことができます。One physical build can have multiple logical builds, each with its own set of loggers.

MuxLogger は、標準中央 /l 形式ロガーとしてビルド マネージャーに登録します。The MuxLogger registers itself with the build manager as a regular central /l style logger. ビルド マネージャーからメッセージを受信し、メッセージの元の論理ビルドに基づいてメッセージを正しいロガーにルーティングします。It receives messages from the build manager and routes them to the correct logger, based on the logical build that the message came from.

ProcessorArchitecture

現在のシステムのプロセッサ アーキテクチャに基づいて、MSBuild で使用するツールセット内の正しいツールを決定します。Determines the correct tool in the Toolset that MSBuild should use, based on the current system's processor architecture.

TargetPlatformSDK

ターゲット プラットフォーム SDK を表します。Represents a target platform SDK.

Task

派生フォームでオーバーライドされると、タスクに機能を提供します。When overridden in a derived form, provides functionality for tasks.

TaskItem

タスクに渡されるプロジェクトの単一の項目を定義します。Defines a single item of the project as it is passed into a task.

TaskLoggingHelper

タスクで使用するヘルパー ログ メソッドを提供します。Provides helper logging methods used by tasks.

ToolLocationHelper

.NET Framework および .NET Framework SDK のファイルとディレクトリを検索するためのユーティリティ メソッドを提供します。Provides utility methods for locating .NET Framework and .NET Framework SDK files and directories.

ToolTask

派生フォームでオーバーライドされると、コマンド ライン ツールをラップするタスクに機能を提供します。When overridden in a derived form, provides functionality for a task that wraps a command line tool.

TrackedDependencies

このクラスには、依存関係の追跡を支援するユーティリティ関数が含まれています。This class contains utility functions to assist with tracking dependencies

列挙型

DotNetFrameworkArchitecture

ToolLocationHelper の一部のメソッドの対象となる .NET Framework のビットを指定するために使用されます。Used to specify the targeted bitness of the .NET Framework for some methods of ToolLocationHelper

ExecutableType

Tracker.exe によってラップされる実行可能ファイルの型を表す列挙体。Enumeration to express the type of executable being wrapped by Tracker.exe

HostObjectInitializationStatus

ホスト オブジェクトの初期化を試行した後の ToolTask の次のアクションを定義します。Defines the next action for ToolTask after an attempt to initialize the host object.

TargetDotNetFrameworkVersion

ToolLocationHelper のメソッドと共に使用する .NET Framework のバージョンを指定します。Specifies the version of the .NET Framework to use with the methods in ToolLocationHelper.

UpToDateCheckType

最新かどうかを確認するためにサポートされているチェックの種類。The possible types of up to date check that we can support

VisualStudioVersion

ToolLocationHelper の一部のメソッドの関連ツールを選択する Visual Studio のバージョンを指定するために使用しますUsed to specify the version of Visual Studio from which to select associated tools for some methods of ToolLocationHelper

代理人

DependencyFilter

依存関係フィルターのデリゲート。Dependency filter delegate. TLog を保存するときに、書き込まれるグラフからタスクで選択的に依存関係を削除するために使用されます。Used during TLog saves in order for tasks to selectively remove dependencies from the written graph.