TaskItem TaskItem TaskItem TaskItem Class

定義

タスクに渡されるプロジェクトの単一の項目を定義します。Defines a single item of the project as it is passed into a task.

public ref class TaskItem sealed : MarshalByRefObject, Microsoft::Build::Framework::ITaskItem2
public sealed class TaskItem : MarshalByRefObject, Microsoft.Build.Framework.ITaskItem2
type TaskItem = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface ITaskItem
    interface ITaskItem2
Public NotInheritable Class TaskItem
Inherits MarshalByRefObject
Implements ITaskItem2
継承
実装

注釈

TaskItem オブジェクトは、プロジェクト ファイル内の項目要素に対応して一致しません。TaskItem objects do not exactly correspond to item elements in project files. 起きている場合は、タスクは明示的に渡されなかったタスクにプロジェクト ファイルからデータへのアクセスがあります。If they did, then tasks would have access to data that was not explicitly passed into the task through the project file. これはなくセキュリティの問題では、プロジェクト ファイルの明瞭さと透過性の問題ではなくなります。This is not a security issue, but rather an issue with project file clarity and transparency.

このクラスでは、シールするビルド エンジンには、この種類の独自のコピーがインスタンス化します。This class has to be sealed since the build engine instantiates its own copy of this type. サード パーティの場合は、ビルド エンジンが好ましくない動作を生成し、このクラスを拡張するでした。If a third party were to extend this class, then the build engine will yield an undesired behavior.

コンストラクター

TaskItem() TaskItem() TaskItem() TaskItem()

TaskItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TaskItem class.

TaskItem(ITaskItem) TaskItem(ITaskItem) TaskItem(ITaskItem) TaskItem(ITaskItem)

ソース TaskItem を指定して、ITaskItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TaskItem class using the specified source ITaskItem.

TaskItem(String) TaskItem(String) TaskItem(String) TaskItem(String)

指定した項目指定文字列を使用して、TaskItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TaskItem class using the specified item-specification string.

TaskItem(String, IDictionary) TaskItem(String, IDictionary) TaskItem(String, IDictionary) TaskItem(String, IDictionary)

指定した項目指定文字列およびメタデータを使用して、TaskItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TaskItem class using the specified item-specification string and its metadata.

プロパティ

ItemSpec ItemSpec ItemSpec ItemSpec

項目指定を取得または設定します。Gets or sets the item specification.

MetadataCount MetadataCount MetadataCount MetadataCount

項目のメタデータ セットの数を取得します。Gets the number of metadata set on the item.

MetadataNames MetadataNames MetadataNames MetadataNames

項目のすべてのメタデータの名前を取得します。Gets the names of all the metadata on the item.

メソッド

CloneCustomMetadata() CloneCustomMetadata() CloneCustomMetadata() CloneCustomMetadata()

項目の指定のカスタム メタデータのコレクションを複製します。Clones the collection of custom metadata for the item specification.

CopyMetadataTo(ITaskItem) CopyMetadataTo(ITaskItem) CopyMetadataTo(ITaskItem) CopyMetadataTo(ITaskItem)

項目指定のメタデータを、指定されたコピー先のタスク項目にコピーします。Copies the item-specification metadata to the specified destination task item.

CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
GetMetadata(String) GetMetadata(String) GetMetadata(String) GetMetadata(String)

項目の指定したメタデータを取得します。Retrieves the specified metadata on the item.

GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService()

派生クラスでオーバーライドされると、タスク項目に無期限のリース時間を指定します。When overridden in a derived class, gives task items infinite lease time.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
RemoveMetadata(String) RemoveMetadata(String) RemoveMetadata(String) RemoveMetadata(String)

項目の指定したメタデータを削除します。Removes the specified metadata on the item.

SetMetadata(String, String) SetMetadata(String, String) SetMetadata(String, String) SetMetadata(String, String)

項目の指定したメタデータの値を設定または変更します。Sets or modifies the value of the specified metadata on the item.

ToString() ToString() ToString() ToString()

項目の指定を取得します。Gets the item specification.

演算子

Explicit(TaskItem to String) Explicit(TaskItem to String) Explicit(TaskItem to String) Explicit(TaskItem to String)

TaskItem から String への明示的な型キャストを可能にし、その項目の ItemSpec を返します。Allows an explicit type cast from a TaskItem to a String, and returns the ItemSpec for that item.

明示的なインターフェイスの実装

ITaskItem2.CloneCustomMetadataEscaped() ITaskItem2.CloneCustomMetadataEscaped() ITaskItem2.CloneCustomMetadataEscaped() ITaskItem2.CloneCustomMetadataEscaped()

このオブジェクトのメタデータの複製を返す ITaskItem2 の実装。ITaskItem2 implementation which returns a clone of the metadata on this object. 返される値は、その値の元のエスケープされた形式になります。Values returned are in their original escaped form.

ITaskItem2.EvaluatedIncludeEscaped ITaskItem2.EvaluatedIncludeEscaped ITaskItem2.EvaluatedIncludeEscaped ITaskItem2.EvaluatedIncludeEscaped

項目のインクルード値を取得または設定する ITaskItem2 の実装。ITaskItem2 implementation which gets or sets the item include value. ディスク上の項目では、この値はファイル パスになります。For disk-based items this would be the file path.

ITaskItem2.GetMetadataValueEscaped(String) ITaskItem2.GetMetadataValueEscaped(String) ITaskItem2.GetMetadataValueEscaped(String) ITaskItem2.GetMetadataValueEscaped(String)

項目のメタデータの値を照会できるようにする ITaskItem2 の実装。ITaskItem2 implementation which allows the values of metadata on the item to be queried.

ITaskItem2.SetMetadataValueLiteral(String, String) ITaskItem2.SetMetadataValueLiteral(String, String) ITaskItem2.SetMetadataValueLiteral(String, String) ITaskItem2.SetMetadataValueLiteral(String, String)

項目にカスタム メタデータを設定できるようにする ITaskItem2 の実装。ITaskItem2 implementation which allows a piece of custom metadata to be set on the item. 渡された値はエスケープされていないものとして扱われ、その値を維持するために必要に応じてエスケープされます。Assumes that the value passed in is unescaped, and escapes the value as necessary in order to maintain its value.

適用対象