WebClass クラス

定義

警告

この API は現在使われていません。

アップグレードした Visual Basic 6.0 の WebClass プロジェクトを ASP.NET で実行できるようにします。Enables upgraded Visual Basic 6.0 WebClass projects to run in ASP.NET.

public ref class WebClass
public class WebClass
[System.Obsolete("Microsoft.VisualBasic.Compatibility.* classes are obsolete and supported within 32 bit processes only. https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=160862")]
public class WebClass
type WebClass = class
Public Class WebClass
継承
WebClass
属性

注釈

Visual Basic 6.0 WebClass プロジェクトを Visual Basic にアップグレードすると、ASP.NETASP.NET の Web サイトプロジェクトに変換されます。When a Visual Basic 6.0 WebClass project is upgraded to Visual Basic, it is converted to an ASP.NETASP.NET Web-site project.

宣言は、プロジェクトに追加されます。1つは WebClass 用で、もう1つは WebClass プロジェクト内の WebItemTemplate です。Declarations are added to your project: one for the WebClass and one for each WebItem and Template in the WebClass project. Page_Load イベントプロシージャがプロジェクトに追加されます。A Page_Load event procedure is added to the project. これにより、最初に WebClass オブジェクトが作成され、Visual Basic 6.0 WebClass プロジェクトに関連付けられている各 WebItem および Template のオブジェクトが WebItem されます。This creates first a WebClass object and then WebItem objects for each WebItem and Template associated with the Visual Basic 6.0 WebClass project. 最後に、Page_Load イベントプロシージャに、WebClass Compatibility runtime: ProcessEventsの呼び出しが表示されます。Finally, in the Page_Load event procedure, you will see a call to the WebClass Compatibility runtime: ProcessEvents. これにより、ランタイムは要求 URL で指定された WebItem をレンダリングできます。This enables the runtime to render the WebItem specified in the Request URL. このコードは、アップグレードされたプロジェクトに追加された唯一の新しいコードであり、Visual Basic 6.0 WebClass ランタイムの基になる動作をエミュレートするためだけに使用されます。This code is the only new code added to your upgraded project and serves only to emulate the underlying behavior of the Visual Basic 6.0 WebClass runtime.

注意

Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 名前空間の関数とオブジェクトは、Visual Basic 6.0 から Visual Basic 2008 へのアップグレード ツールで使用するために用意されています。Functions and objects in the Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 namespace are provided for use by the tools for upgrading from Visual Basic 6.0 to Visual Basic 2008. ほとんどの場合、これらの関数とオブジェクトは、.NET Framework の他の名前空間にある機能と重複しています。In most cases, these functions and objects duplicate functionality that you can find in other namespaces in the .NET Framework. これらが必要になるのは、Visual Basic 6.0 のコード モデルが .NET Framework の実装と大きく異なる場合だけです。They are necessary only when the Visual Basic 6.0 code model differs significantly from the .NET Framework implementation.

コンストラクター

WebClass(String, String, Object)

WebClass クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebClass class.

プロパティ

Name

WebClass オブジェクトを特定するためにコードで使用される名前を取得します。Gets the name that is used in code to identify a WebClass object.

NextItem

現在の WebItem オブジェクトのその他の WebClass オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets another WebItem object in the current WebClass object.

UrlData

URLFor メソッドを使用して生成された URL の末尾に追加されるパラメーターを取得または設定します。Gets or sets a parameter that is appended to the end of any URL that is generated by using the URLFor method.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ProcessEvents(HttpRequest)

WebItemWebClass を表示します。Renders a WebItem in a WebClass.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
URLFor(String, String)

ブラウザーで WebClassWebItem を参照するためにシステムで必要な URL を指定します。Specifies the URL that the system must have to reference a WebClassWebItem in the browser.

URLFor(WebItem, String)

ブラウザーで WebClassWebItem を参照するためにシステムで必要な URL を指定します。Specifies the URL that the system must have to reference a WebClassWebItem in the browser.

適用対象