NewLateBinding.LateSet メソッド

定義

遅延バインディング プロパティの設定またはフィールド書き込みの呼び出しを実行します。Executes a late-bound property set or field write call. このヘルパー メソッドは、コードから直接呼び出すためのものではありません。This helper method is not meant to be called directly from your code.

オーバーロード

LateSet(Object, Type, String, Object[], String[], Type[])

遅延バインディング プロパティの設定またはフィールド書き込みの呼び出しを実行します。Executes a late-bound property set or field write call. このヘルパー メソッドは、コードから直接呼び出すためのものではありません。This helper method is not meant to be called directly from your code.

LateSet(Object, Type, String, Object[], String[], Type[], Boolean, Boolean, CallType)

遅延バインディング プロパティの設定またはフィールド書き込みの呼び出しを実行します。Executes a late-bound property set or field write call. このヘルパー メソッドは、コードから直接呼び出すためのものではありません。This helper method is not meant to be called directly from your code.

LateSet(Object, Type, String, Object[], String[], Type[])

遅延バインディング プロパティの設定またはフィールド書き込みの呼び出しを実行します。Executes a late-bound property set or field write call. このヘルパー メソッドは、コードから直接呼び出すためのものではありません。This helper method is not meant to be called directly from your code.

public:
 static void LateSet(System::Object ^ Instance, Type ^ Type, System::String ^ MemberName, cli::array <System::Object ^> ^ Arguments, cli::array <System::String ^> ^ ArgumentNames, cli::array <Type ^> ^ TypeArguments);
public static void LateSet (object Instance, Type Type, string MemberName, object[] Arguments, string[] ArgumentNames, Type[] TypeArguments);
static member LateSet : obj * Type * string * obj[] * string[] * Type[] -> unit

パラメーター

Instance
Object

プロパティまたはメソッドを公開する通知オブジェクトのインスタンス。An instance of the call object exposing the property or method.

Type
Type

通知オブジェクトの型。The type of the call object.

MemberName
String

通知オブジェクトのプロパティまたはメソッドの名前。The name of the property or method on the call object.

Arguments
Object[]

呼び出されるプロパティまたはメソッドに渡す引数を格納する配列。An array containing the arguments to be passed to the property or method being called.

ArgumentNames
String[]

引数名の配列。An array of argument names.

TypeArguments
Type[]

引数型の配列。引数型を渡す汎用呼び出しにのみ使用します。An array of argument types; used only for generic calls to pass argument types.

LateSet(Object, Type, String, Object[], String[], Type[], Boolean, Boolean, CallType)

遅延バインディング プロパティの設定またはフィールド書き込みの呼び出しを実行します。Executes a late-bound property set or field write call. このヘルパー メソッドは、コードから直接呼び出すためのものではありません。This helper method is not meant to be called directly from your code.

public:
 static void LateSet(System::Object ^ Instance, Type ^ Type, System::String ^ MemberName, cli::array <System::Object ^> ^ Arguments, cli::array <System::String ^> ^ ArgumentNames, cli::array <Type ^> ^ TypeArguments, bool OptimisticSet, bool RValueBase, Microsoft::VisualBasic::CallType CallType);
public static void LateSet (object Instance, Type Type, string MemberName, object[] Arguments, string[] ArgumentNames, Type[] TypeArguments, bool OptimisticSet, bool RValueBase, Microsoft.VisualBasic.CallType CallType);
static member LateSet : obj * Type * string * obj[] * string[] * Type[] * bool * bool * Microsoft.VisualBasic.CallType -> unit

パラメーター

Instance
Object

プロパティまたはメソッドを公開する通知オブジェクトのインスタンス。An instance of the call object exposing the property or method.

Type
Type

通知オブジェクトの型。The type of the call object.

MemberName
String

通知オブジェクトのプロパティまたはメソッドの名前。The name of the property or method on the call object.

Arguments
Object[]

呼び出されるプロパティまたはメソッドに渡す引数を格納する配列。An array containing the arguments to be passed to the property or method being called.

ArgumentNames
String[]

引数名の配列。An array of argument names.

TypeArguments
Type[]

引数型の配列。引数型を渡す汎用呼び出しにのみ使用します。An array of argument types; used only for generic calls to pass argument types.

OptimisticSet
Boolean

設定操作を有効にするかどうかを決定するために使用する Boolean 値。A Boolean value used to determine whether the set operation will work. プロパティまたはフィールドに中間の値が設定されている場合は True を設定します。それ以外の場合は False を設定します。Set to True when you believe that an intermediate value has been set in the property or field; otherwise False.

RValueBase
Boolean

遅延参照の基本参照を Boolean にするかどうかを指定する RValue 値。A Boolean value that specifies when the base reference of the late reference is an RValue. 遅延参照の基本参照を True にする場合は RValue に設定します。これにより、値型の RValues のフィールドに対して遅延割り当てを実行すると、実行時例外を生成できます。Set to True when the base reference of the late reference is an RValue; this allows you to generate a run-time exception for late assignments to fields of RValues of value types. それ以外の場合は False に設定します。Otherwise, set to False.

CallType
CallType

呼び出されるプロシージャの型を表す、CallType 型の列挙体のメンバーです。An enumeration member of type CallType representing the type of procedure being called. CallType の値は、MethodGetSet のいずれかになります。The value of CallType can be Method, Get, or Set. Set のみ使用します。Only Set is used.

注釈

設定操作がByRefパラメーターとして渡された遅延バインディング式のコピーである場合は、 OptimisticSetを使用して、設定操作が機能するかどうかを判断します。これは、バインドされた式が読み取り専用のプロパティまたはメソッドになる可能性があるためです。If the set operation is the copy-back of a late-bound expression being passed as a ByRef parameter, OptimisticSet is used to determine whether the set operation will work, as the latebound expression may result in a read-only property or a method. 詳細については、「」のLateCallcopyback パラメーターを参照してください。For more information see the CopyBack parameter of LateCall.

適用対象