FileSystem.DeleteDirectory メソッド

定義

ディレクトリを削除します。

オーバーロード

DeleteDirectory(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption)

ディレクトリを削除します。

DeleteDirectory(String, UIOption, RecycleOption)

ディレクトリを削除します。

DeleteDirectory(String, DeleteDirectoryOption)

ディレクトリを削除します。

DeleteDirectory(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption)

ディレクトリを削除します。

public:
 static void DeleteDirectory(System::String ^ directory, Microsoft::VisualBasic::FileIO::UIOption showUI, Microsoft::VisualBasic::FileIO::RecycleOption recycle, Microsoft::VisualBasic::FileIO::UICancelOption onUserCancel);
public static void DeleteDirectory (string directory, Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption showUI, Microsoft.VisualBasic.FileIO.RecycleOption recycle, Microsoft.VisualBasic.FileIO.UICancelOption onUserCancel);
static member DeleteDirectory : string * Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption * Microsoft.VisualBasic.FileIO.RecycleOption * Microsoft.VisualBasic.FileIO.UICancelOption -> unit
Public Shared Sub DeleteDirectory (directory As String, showUI As UIOption, recycle As RecycleOption, onUserCancel As UICancelOption)

パラメーター

directory
String

削除するディレクトリ。

showUI
UIOption

操作の進行状況を視覚的に追跡するかどうかを指定します。 既定値は UIOption.OnlyErrorDialogs です。

recycle
RecycleOption

削除したファイルを [ごみ箱] に送るかどうかを指定します。 既定値は RecycleOption.DeletePermanently です。

onUserCancel
UICancelOption

ユーザーが [キャンセル] をクリックした場合に例外をスローするかどうかを指定します。

例外

パスが長さ 0 の文字列であるか、形式に誤りがあるか、空白だけが含まれているか、または無効な文字 (ワイルドカード文字を含む) が含まれています。 パスがデバイス パスです (\\.\ で始まる)。

directoryNothing または空の文字列です。

ディレクトリが存在しないか、ファイルが指定されています。

ディレクトリまたはサブディレクトリ内のファイルが使用中です。

ディレクトリ名にコロン (:) が含まれています。

パスがシステム定義の最大長を超えています。

ユーザーに必要なアクセス許可がありません。

ユーザーが操作を取り消したか、ディレクトリを削除できませんでした。

この例では、空の場合にのみディレクトリを削除します OldDirectory

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
  "C:\OldDirectory",
  FileIO.DeleteDirectoryOption.ThrowIfDirectoryNonEmpty)

次の使用例は、ディレクトリとそのすべての内容を削除します OldDirectory

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
  "C:\OldDirectory",
  FileIO.DeleteDirectoryOption.DeleteAllContents)

次の使用例は、ディレクトリ OldDirectory とそのすべての内容を削除し、削除の確認をユーザーに求めますが、 ごみ箱 にはコンテンツを送信しません。

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
  "C:\OldDirectory",
  FileIO.UIOption.AllDialogs,
  FileIO.RecycleOption.DeletePermanently,
  FileIO.UICancelOption.ThrowException)

次の使用例は、ディレクトリ OldDirectory とそのすべての内容を削除して ごみ箱 に送信しますが、操作の進行状況は表示されません。

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
 "C:\OldDirectory",
 FileIO.UIOption.AllDialogs,
 FileIO.RecycleOption.SendToRecycleBin,
 FileIO.UICancelOption.ThrowException)

注釈

recycleパラメーターshowUI、およびonUserCancelパラメーターは、Windows サービスなど、ユーザー対話型ではないアプリケーションではサポートされていません。

こちらもご覧ください

適用対象

DeleteDirectory(String, UIOption, RecycleOption)

ディレクトリを削除します。

public:
 static void DeleteDirectory(System::String ^ directory, Microsoft::VisualBasic::FileIO::UIOption showUI, Microsoft::VisualBasic::FileIO::RecycleOption recycle);
public static void DeleteDirectory (string directory, Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption showUI, Microsoft.VisualBasic.FileIO.RecycleOption recycle);
static member DeleteDirectory : string * Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption * Microsoft.VisualBasic.FileIO.RecycleOption -> unit
Public Shared Sub DeleteDirectory (directory As String, showUI As UIOption, recycle As RecycleOption)

パラメーター

directory
String

削除するディレクトリ。

showUI
UIOption

操作の進行状況を視覚的に追跡するかどうかを指定します。 既定値は UIOption.OnlyErrorDialogs です。

recycle
RecycleOption

削除したファイルを [ごみ箱] に送るかどうかを指定します。 既定値は RecycleOption.DeletePermanently です。

例外

パスが長さ 0 の文字列であるか、形式に誤りがあるか、空白だけが含まれているか、または無効な文字 (ワイルドカード文字を含む) が含まれています。 パスがデバイス パスです (\\.\ で始まる)。

directoryNothing または空の文字列です。

ディレクトリが存在しないか、ファイルが指定されています。

ディレクトリまたはサブディレクトリ内のファイルが使用中です。

ディレクトリ名にコロン (:) が含まれています。

パスがシステム定義の最大長を超えています。

ユーザーに必要なアクセス許可がありません。

ユーザーが操作を取り消したか、ディレクトリを削除できませんでした。

この例では、空の場合にのみディレクトリを削除します OldDirectory

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
  "C:\OldDirectory",
  FileIO.DeleteDirectoryOption.ThrowIfDirectoryNonEmpty)

次の使用例は、ディレクトリとそのすべての内容を削除します OldDirectory

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
  "C:\OldDirectory",
  FileIO.DeleteDirectoryOption.DeleteAllContents)

次の使用例は、ディレクトリ OldDirectory とそのすべての内容を削除し、削除の確認をユーザーに求めますが、 ごみ箱 にはコンテンツを送信しません。

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
  "C:\OldDirectory",
  FileIO.UIOption.AllDialogs,
  FileIO.RecycleOption.DeletePermanently,
  FileIO.UICancelOption.ThrowException)

次の使用例は、ディレクトリ OldDirectory とそのすべての内容を削除して ごみ箱 に送信しますが、操作の進行状況は表示されません。

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
 "C:\OldDirectory",
 FileIO.UIOption.AllDialogs,
 FileIO.RecycleOption.SendToRecycleBin,
 FileIO.UICancelOption.ThrowException)

注釈

showUI Windows サービスなど、ユーザー対話型でないアプリケーションでは、パラメーターとrecycleパラメーターはサポートされていません。

こちらもご覧ください

適用対象

DeleteDirectory(String, DeleteDirectoryOption)

ディレクトリを削除します。

public:
 static void DeleteDirectory(System::String ^ directory, Microsoft::VisualBasic::FileIO::DeleteDirectoryOption onDirectoryNotEmpty);
public static void DeleteDirectory (string directory, Microsoft.VisualBasic.FileIO.DeleteDirectoryOption onDirectoryNotEmpty);
static member DeleteDirectory : string * Microsoft.VisualBasic.FileIO.DeleteDirectoryOption -> unit
Public Shared Sub DeleteDirectory (directory As String, onDirectoryNotEmpty As DeleteDirectoryOption)

パラメーター

directory
String

削除するディレクトリ。

onDirectoryNotEmpty
DeleteDirectoryOption

削除するディレクトリにファイルまたはディレクトリが含まれている場合に実行する操作を指定します。 既定値は DeleteDirectoryOption.DeleteAllContents です。

例外

パスが長さ 0 の文字列であるか、形式に誤りがあるか、空白だけが含まれているか、または無効な文字 (ワイルドカード文字を含む) が含まれています。 パスがデバイス パスです (\\.\ で始まる)。

directoryNothing または空の文字列です。

ディレクトリが存在しないか、ファイルが指定されています。

ディレクトリまたはサブディレクトリ内のファイルが使用中です。

ディレクトリ名にコロン (:) が含まれています。

パスがシステム定義の最大長を超えています。

ユーザーに必要なアクセス許可がありません。

ユーザーが操作を取り消したか、ディレクトリを削除できませんでした。

この例では、空の場合にのみディレクトリを削除します OldDirectory

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
  "C:\OldDirectory",
  FileIO.DeleteDirectoryOption.ThrowIfDirectoryNonEmpty)

次の使用例は、ディレクトリとそのすべての内容を削除します OldDirectory

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
  "C:\OldDirectory",
  FileIO.DeleteDirectoryOption.DeleteAllContents)

次の使用例は、ディレクトリ OldDirectory とそのすべての内容を削除し、削除の確認をユーザーに求めますが、 ごみ箱 にはコンテンツを送信しません。

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
  "C:\OldDirectory",
  FileIO.UIOption.AllDialogs,
  FileIO.RecycleOption.DeletePermanently,
  FileIO.UICancelOption.ThrowException)

次の使用例は、ディレクトリ OldDirectory とそのすべての内容を削除して ごみ箱 に送信しますが、操作の進行状況は表示されません。

My.Computer.FileSystem.DeleteDirectory(
 "C:\OldDirectory",
 FileIO.UIOption.AllDialogs,
 FileIO.RecycleOption.SendToRecycleBin,
 FileIO.UICancelOption.ThrowException)

こちらもご覧ください

適用対象