PathTooLongException クラス

定義

パス名または完全修飾ファイル名がシステム定義の最大長を超えている場合にスローされる例外。

public ref class PathTooLongException : System::IO::IOException
public class PathTooLongException : System.IO.IOException
[System.Serializable]
public class PathTooLongException : System.IO.IOException
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class PathTooLongException : System.IO.IOException
type PathTooLongException = class
    inherit IOException
[<System.Serializable>]
type PathTooLongException = class
    inherit IOException
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type PathTooLongException = class
    inherit IOException
Public Class PathTooLongException
Inherits IOException
継承
PathTooLongException
継承
属性

注釈

.NET Framework 4.6.2 より前のバージョンの.NET Frameworkで実行されるアプリでは、Windows オペレーティング システムとの互換性を維持するために、完全なパスが 260 文字を超えないようにする必要があります。 260 文字を超えるパスは、自動的に .PathTooLongException この制限の詳細については、BCL チームブログ の 「.NET の長いパス 」のエントリを参照してください。

注意

この例外は、Windows ストア アプリやポータブル クラス ライブラリの .NET には含まれませんが、一部のメンバーによってスローされます。 その場合に例外をキャッチするには、代わりに処理するステートメントをIOException記述catchします。

.NET Framework 4.6.2 で実行されているアプリ以降、.NET Frameworkでは 260 文字を超える長いパスがMAX_PATHサポートされます。 例外がスローされるPathTooLongException条件は、アプリが対象とする.NET Frameworkのバージョンによって異なります。

.NET Framework 4.6.2 以降のバージョンを対象とするアプリ
長いパスは既定でサポートされています。 ランタイムは、次の条件の下で a PathTooLongException をスローします。

  • オペレーティング システムが COR_E_PATHTOOLONG またはそれと同等のものを返す。

  • パスの長さが (32,767) 文字を超 Int16.MaxValue えています。

.NET Framework 4.6.1 以前のバージョンを対象とするアプリ
長いパスは既定で無効になり、従来の動作は維持されます。 ランタイムは、 PathTooLongException パスが 260 文字を超えるたびに a をスローします。

これが望ましくない場合、.NET Framework 4.6.1 以前を対象とするが、.NET Framework 4.6.2 で実行されるアプリでは、アプリケーション構成ファイルの要素に次の設定<runtime>を含めることで、長いパスのサポートを有効にすることができます。

<runtime>   
   <AppContextSwitchOverrides value="Switch.System.IO.UseLegacyPathHandling=false" />   
</runtime>  

PathTooLongException は、0x800700CE値を持つ HRESULT COR_E_PATHTOOLONGを使用します。

コンストラクター

PathTooLongException()

HRESULT を COR_E_PATHTOOLONG に設定して、PathTooLongException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PathTooLongException(SerializationInfo, StreamingContext)

指定したシリアル化とコンテキスト情報を使用して、PathTooLongException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PathTooLongException(String)

メッセージ文字列を message に設定し、HRESULT を COR_E_PATHTOOLONG に設定して、PathTooLongException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PathTooLongException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、PathTooLongException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キーと値のペアのコレクションを取得します。

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。

(継承元 Exception)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の根本原因である Exception を返します。

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。

(継承元 Exception)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState
互換性のために残されています。

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。

(継承元 Exception)

適用対象

こちらもご覧ください