Strings.Len Strings.Len Strings.Len Strings.Len Method

定義

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

オーバーロード

Len(UInt64) Len(UInt64) Len(UInt64) Len(UInt64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(UInt32) Len(UInt32) Len(UInt32) Len(UInt32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(UInt16) Len(UInt16) Len(UInt16) Len(UInt16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(String) Len(String) Len(String) Len(String)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Single) Len(Single) Len(Single) Len(Single)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(SByte) Len(SByte) Len(SByte) Len(SByte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Object) Len(Object) Len(Object) Len(Object)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Int64) Len(Int64) Len(Int64) Len(Int64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Int16) Len(Int16) Len(Int16) Len(Int16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Double) Len(Double) Len(Double) Len(Double)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Decimal) Len(Decimal) Len(Decimal) Len(Decimal)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(DateTime) Len(DateTime) Len(DateTime) Len(DateTime)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Char) Len(Char) Len(Char) Len(Char)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Byte) Len(Byte) Len(Byte) Len(Byte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Boolean) Len(Boolean) Len(Boolean) Len(Boolean)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(Int32) Len(Int32) Len(Int32) Len(Int32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len(UInt64) Len(UInt64) Len(UInt64) Len(UInt64)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
Microsoft.VisualBasic.Strings.Len(Int64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(System::UInt64 Expression);
[System.CLSCompliant(false)]
public static int Len (ulong Expression);
static member Len : uint64 -> int
Public Function Len (Expression As ULong) As Integer

パラメーター

Expression
UInt64 UInt64 UInt64 UInt64

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(UInt32) Len(UInt32) Len(UInt32) Len(UInt32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
Microsoft.VisualBasic.Strings.Len(Int32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(System::UInt32 Expression);
[System.CLSCompliant(false)]
public static int Len (uint Expression);
static member Len : uint32 -> int
Public Function Len (Expression As UInteger) As Integer

パラメーター

Expression
UInt32 UInt32 UInt32 UInt32

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(UInt16) Len(UInt16) Len(UInt16) Len(UInt16)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
Microsoft.VisualBasic.Strings.Len(Int16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(System::UInt16 Expression);
[System.CLSCompliant(false)]
public static int Len (ushort Expression);
static member Len : uint16 -> int
Public Function Len (Expression As UShort) As Integer

パラメーター

Expression
UInt16 UInt16 UInt16 UInt16

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(String) Len(String) Len(String) Len(String)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(System::String ^ Expression);
public static int Len (string Expression);
static member Len : string -> int
Public Function Len (Expression As String) As Integer

パラメーター

Expression
String String String String

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Single) Len(Single) Len(Single) Len(Single)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(float Expression);
public static int Len (float Expression);
static member Len : single -> int
Public Function Len (Expression As Single) As Integer

パラメーター

Expression
Single Single Single Single

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(SByte) Len(SByte) Len(SByte) Len(SByte)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
Microsoft.VisualBasic.Strings.Len(Byte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(System::SByte Expression);
[System.CLSCompliant(false)]
public static int Len (sbyte Expression);
static member Len : sbyte -> int
Public Function Len (Expression As SByte) As Integer

パラメーター

Expression
SByte SByte SByte SByte

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Object) Len(Object) Len(Object) Len(Object)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(System::Object ^ Expression);
public static int Len (object Expression);
static member Len : obj -> int
Public Function Len (Expression As Object) As Integer

パラメーター

Expression
Object Object Object Object

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Int64) Len(Int64) Len(Int64) Len(Int64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(long Expression);
public static int Len (long Expression);
static member Len : int64 -> int
Public Function Len (Expression As Long) As Integer

パラメーター

Expression
Int64 Int64 Int64 Int64

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Int16) Len(Int16) Len(Int16) Len(Int16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(short Expression);
public static int Len (short Expression);
static member Len : int16 -> int
Public Function Len (Expression As Short) As Integer

パラメーター

Expression
Int16 Int16 Int16 Int16

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Double) Len(Double) Len(Double) Len(Double)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(double Expression);
public static int Len (double Expression);
static member Len : double -> int
Public Function Len (Expression As Double) As Integer

パラメーター

Expression
Double Double Double Double

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Decimal) Len(Decimal) Len(Decimal) Len(Decimal)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(System::Decimal Expression);
public static int Len (decimal Expression);
static member Len : decimal -> int
Public Function Len (Expression As Decimal) As Integer

パラメーター

Expression
Decimal Decimal Decimal Decimal

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(DateTime) Len(DateTime) Len(DateTime) Len(DateTime)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(DateTime Expression);
public static int Len (DateTime Expression);
static member Len : DateTime -> int
Public Function Len (Expression As DateTime) As Integer

パラメーター

Expression
DateTime DateTime DateTime DateTime

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Char) Len(Char) Len(Char) Len(Char)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(char Expression);
public static int Len (char Expression);
static member Len : char -> int
Public Function Len (Expression As Char) As Integer

パラメーター

Expression
Char Char Char Char

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Byte) Len(Byte) Len(Byte) Len(Byte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(System::Byte Expression);
public static int Len (byte Expression);
static member Len : byte -> int
Public Function Len (Expression As Byte) As Integer

パラメーター

Expression
Byte Byte Byte Byte

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Boolean) Len(Boolean) Len(Boolean) Len(Boolean)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(bool Expression);
public static int Len (bool Expression);
static member Len : bool -> int
Public Function Len (Expression As Boolean) As Integer

パラメーター

Expression
Boolean Boolean Boolean Boolean

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

Len(Int32) Len(Int32) Len(Int32) Len(Int32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

public:
 static int Len(int Expression);
public static int Len (int Expression);
static member Len : int -> int
Public Function Len (Expression As Integer) As Integer

パラメーター

Expression
Int32 Int32 Int32 Int32

任意の有効な String 型の式または変数名。Any valid String expression or variable name. Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。If Expression is of type Object, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function.

戻り値

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。Returns an integer containing either the number of characters in a string or the nominal number of bytes required to store a variable.

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。This example uses Len to return the number of characters in a string.

' Initializes variable.
Dim TestString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim TestLen As Integer = Len(TestString)

注釈

ユーザー定義型とObject、変数、Len関数は、によってファイルに書き込まれるときにサイズを返します、FilePut関数。With user-defined types and Object variables, the Len function returns the size as it will be written to the file by the FilePut function. 場合、Objectが含まれています、String文字列の長さが返されます。If an Object contains a String, it will return the length of the string. 場合、 Object 、他の種類を含むによってファイルに書き込まれるときは、オブジェクトのサイズを返します、FilePut関数。If an Object contains any other type, it will return the size of the object as it will be written to the file by the FilePut function.

VBFixedString書き込まれるときに、(バイト単位)、文字列のサイズを指定するオブジェクトの文字列フィールドに属性を適用できるディスクにします。The VBFixedString attribute can be applied to string fields in objects to indicate the size of the string, in bytes, when written to disk. Len関数は、VBFixedString属性は、可能な場合のサイズを決定するときにObject変数。The Len function uses the VBFixedString attribute, if available, when determining the size of Object variables.

注意

Len関数は、実際のユーザー定義データ型の可変長の文字列で使用する場合に必要なストレージのバイト数を決定できない場合があります。The Len function may not be able to determine the actual number of storage bytes required when used with variable-length strings in user-defined data types.

注意

LenB以前のバージョンの Visual Basic の関数が文字ではなく文字列内のバイト数を返します。The LenB function in earlier versions of Visual Basic returns the number of bytes in a string rather than characters. 2 バイト文字セット (DBCS) のアプリケーションで文字列に変換するためには、主に使用されます。It is used primarily for converting strings in double-byte character set (DBCS) applications. 現在 Visual Basic のすべての文字列が Unicode では、LenB現在サポートされていません。All current Visual Basic strings are in Unicode, and LenB is no longer supported.

スマート デバイスの開発者向け注意事項Smart Device Developer Notes

Len関数だけを受け入れるStringObject変数をパラメーターとして。The Len function accepts only String and Object variables as parameters. 場合、Objectが含まれています、Stringの長さが返されます、Stringします。If an Object contains a String, it will return the length of the String. パラメーターが NULL の場合Object参照、関数は 0 を返します。If a parameter is a NULL Object reference, the function returns zero. 場合、 Object 、他の種類を含む、例外がスローされます。If an Object contains any other type, an exception is thrown.

こちらもご覧ください

適用対象