Strings.StrDup メソッド

定義

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

オーバーロード

StrDup(Int32, Char)

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

StrDup(Int32, Object)

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

StrDup(Int32, String)

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

StrDup(Int32, Char)

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

public:
 static System::String ^ StrDup(int Number, char Character);
public static string StrDup (int Number, char Character);
static member StrDup : int * char -> string
Public Function StrDup (Number As Integer, Character As Char) As String

パラメーター

Number
Int32

必須です。 Integer 式。 取得する文字列の長さ。

Character
Char

必須です。 有効な Char 型、String 型、または Object 型の式。 式の最初の文字だけが使用されます。 文字の型が Object である場合は、Char 値または String 値を含む必要があります。

戻り値

String

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値です。

例外

Number が 0 以下の数字、または Character の型が無効。

CharacterNothingです。

この例では、関数を StrDup 使用して、重複する文字の文字列を返します。

Dim aString As String = "Wow! What a string!"
Dim aObject As New Object
Dim testString As String
aObject = "This is a String contained within an Object"
' Returns "PPPPP"
testString = StrDup(5, "P")
' Returns "WWWWWWWWWW"
testString = StrDup(10, aString)
' Returns "TTTTTT"
testString = CStr(StrDup(6, aObject))

注釈

この関数は、 String 繰り返し文字で構成される文字を返します。 文字列を構成する文字は引数の Character 最初の文字であり、重複する Number 回数です。

こちらもご覧ください

適用対象

StrDup(Int32, Object)

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

public:
 static System::Object ^ StrDup(int Number, System::Object ^ Character);
public static object StrDup (int Number, object Character);
static member StrDup : int * obj -> obj
Public Function StrDup (Number As Integer, Character As Object) As Object

パラメーター

Number
Int32

必須です。 Integer 式。 取得する文字列の長さ。

Character
Object

必須です。 有効な Char 型、String 型、または Object 型の式。 式の最初の文字だけが使用されます。 文字の型が Object である場合は、Char 値または String 値を含む必要があります。

戻り値

Object

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値です。

例外

Number が 0 以下の数字、または Character の型が無効。

CharacterNothingです。

この例では、関数を StrDup 使用して、重複する文字の文字列を返します。

Dim aString As String = "Wow! What a string!"
Dim aObject As New Object
Dim testString As String
aObject = "This is a String contained within an Object"
' Returns "PPPPP"
testString = StrDup(5, "P")
' Returns "WWWWWWWWWW"
testString = StrDup(10, aString)
' Returns "TTTTTT"
testString = CStr(StrDup(6, aObject))

注釈

この関数は、 String 繰り返し文字で構成される文字を返します。 文字列を構成する文字は引数の Character 最初の文字であり、重複する Number 回数です。

こちらもご覧ください

適用対象

StrDup(Int32, String)

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

public:
 static System::String ^ StrDup(int Number, System::String ^ Character);
public static string StrDup (int Number, string Character);
static member StrDup : int * string -> string
Public Function StrDup (Number As Integer, Character As String) As String

パラメーター

Number
Int32

必須です。 Integer 式。 取得する文字列の長さ。

Character
String

必須です。 有効な Char 型、String 型、または Object 型の式。 式の最初の文字だけが使用されます。 文字の型が Object である場合は、Char 値または String 値を含む必要があります。

戻り値

String

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値です。

例外

Number が 0 以下の数字、または Character の型が無効。

CharacterNothingです。

この例では、この関数を StrDup 使用して、重複する文字の文字列を返します。

Dim aString As String = "Wow! What a string!"
Dim aObject As New Object
Dim testString As String
aObject = "This is a String contained within an Object"
' Returns "PPPPP"
testString = StrDup(5, "P")
' Returns "WWWWWWWWWW"
testString = StrDup(10, aString)
' Returns "TTTTTT"
testString = CStr(StrDup(6, aObject))

注釈

この関数は、 String 繰り返しの文字で構成される値を返します。 文字列を構成する文字は引数の最初の文字であり Character 、重複する Number 回数です。

こちらもご覧ください

適用対象