DataParameter クラス

定義

データソースコマンドから派生したデータパラメーター、またはコマンドを使用してデータソースに渡されるデータパラメーターを表します。

public ref class DataParameter abstract
public abstract class DataParameter
type DataParameter = class
Public MustInherit Class DataParameter
継承
DataParameter
派生

コンストラクター

DataParameter()

クラスコンストラクター。 クラスの nonparameterized インスタンスを初期化 DataParameter します。

DataParameter(Boolean)

クラスコンストラクター。 DataParameterインスタンスがメソッドを使用して派生したかどうかを示すと共に、クラスのパラメーター化されたインスタンスを初期化し DeriveParameters(String, Int32, Int32) ます。

プロパティ

DefaultPrecision

現在のパラメーターの型の既定の有効桁数を指定するバイト値を取得します。

DefaultScale

現在のパラメーターの型の既定の小数点以下桁数を指定するバイト値を取得します。

DefaultSize

現在のパラメーターの型の既定のサイズを指定する整数値を取得します。

Direction

DataParameterDirectionパラメーターの方向を指定するオブジェクトを取得または設定します。

IsDerived

このパラメーターがデータソースから派生したかどうかを示すブール値を取得します。

IsFixedPrecision

現在のパラメーターの型の有効桁数が固定されているかどうかを示すブール値を取得します。

IsFixedScale

現在のパラメーターの型の小数点以下桁数が固定されているかどうかを示すブール値を取得します。

IsFixedSize

現在のパラメーターの型のサイズが固定されているかどうかを示すブール値を取得します。

IsNullable

このパラメーターが null 値を持つことができるかどうかを示すブール値を取得します。

IsOptional

このパラメーターが派生パラメーターである場合に、このパラメーターが省略可能かどうかを示すブール値を取得します。

Name

パラメーターの文字列リテラル名を取得または設定します。

Precision

パラメーターの有効桁数を指定するバイト値を取得または設定します。

Scale

パラメーターの小数点以下桁数を指定するバイト値を取得または設定します。

Size

パラメーターのサイズを指定する整数値を取得または設定します。

Type

パラメーターのデータソース固有の型を取得または設定します。

Value

パラメーターの値を取得または設定します。

メソッド

GetDirectionImpl()

パラメーターの方向を取得します。

GetIsNullableImpl()

このパラメーターを null にできるかどうかを示すブール値を取得します。

GetIsOptionalImpl()

このパラメーターが省略可能かどうかを示すブール値を取得します。

GetNameImpl()

パラメーターの名前を取得します。

GetPrecisionImpl()

パラメーターの有効桁数を指定するバイト値を取得します。

GetScaleImpl()

パラメーターの小数点以下桁数を指定するバイト値を取得します。

GetSizeImpl()

パラメーターのサイズを指定する整数値を取得します。

GetTypeFrom(Object)

パラメーター値から、データソース固有のパラメーターの型を推論します。

GetTypeImpl()

パラメーターのデータソース固有の型を取得します。

GetValueImpl()

指定したパラメーターの値を取得します。

IsSupportedDirection(DataParameterDirection)

指定されたパラメーターの方向がサポートされているかどうかを示すブール値を取得します。

IsValidType(String)

指定したデータソース固有の型が有効な型であるかどうかを示すブール値を取得します。

OnDirectionChanged()

パラメーターの方向が変更されたこと Direction を通知するためにプロパティが変更されたときに呼び出されます。

OnDirectionChanging(DataParameterDirection)

プロパティが変更されようとしているときに呼び出され Direction ます。

OnNameChanged()

Name プロパティが変更されたときに呼び出されます。

OnNameChanging(String)

プロパティが変更されようとしているときに呼び出され Name ます。

OnPrecisionChanged()

Precision プロパティが変更されたときに呼び出されます。

OnPrecisionChanging(Byte)

プロパティが変更されようとしているときに呼び出され Precision ます。

OnScaleChanged()

Scale プロパティが変更されたときに呼び出されます。

OnScaleChanging(Byte)

プロパティが変更されようとしているときに呼び出され Scale ます。

OnSizeChanged()

Size プロパティが変更されたときに呼び出されます。

OnSizeChanging(Int32)

プロパティが変更されようとしているときに呼び出され Size ます。

OnTypeChanged()

Type プロパティが変更されたときに呼び出されます。

OnTypeChanging(String)

プロパティが変更されようとしているときに呼び出され Type ます。

OnValueChanged()

Value プロパティが変更されたときに呼び出されます。

OnValueChanging(Object)

プロパティが変更されようとしているときに呼び出され Value ます。

Parse(String)

パラメーター値を文字列形式で逆アセンブルし、値を正しい型に変換します。

SetDirectionImpl(DataParameterDirection)

列挙体を使用して、パラメーターの方向を設定し DataParameterDirection ます。

SetNameImpl(String)

パラメーターの名前を設定します。

SetPrecisionImpl(Byte)

パラメーターの有効桁数を指定するバイト値を設定します。

SetScaleImpl(Byte)

パラメーターの小数点以下桁数を指定するバイト値を設定します。

SetSizeImpl(Int32)

このパラメーターのサイズを指定する整数値を設定します。

SetTypeImpl(String)

このパラメーターのデータ型を設定します。

SetValueImpl(Object)

このパラメーターの値を設定します。

ToString()

このパラメーターの値の文字列形式を取得します。

TryConvertValue(Object, String)

指定した値から指定した型への変換を試みます。

適用対象