DataObjectChangedEventArgs クラス

定義

イベントのイベントデータをカプセル化 ObjectChanged します。

public ref class DataObjectChangedEventArgs : Microsoft::VisualStudio::Data::Services::DataObjectEventArgs
public class DataObjectChangedEventArgs : Microsoft.VisualStudio.Data.Services.DataObjectEventArgs
type DataObjectChangedEventArgs = class
    inherit DataObjectEventArgs
Public Class DataObjectChangedEventArgs
Inherits DataObjectEventArgs
継承
DataObjectChangedEventArgs

コンストラクター

DataObjectChangedEventArgs(String, Object[])

DataObjectChangedEventArgsオブジェクト型名と、データオブジェクトを表す識別子部分の配列を指定して、クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataObjectChangedEventArgs(String, Object[], IDictionary<String,Object>, IDictionary<String,Object>)

DataObjectChangedEventArgsオブジェクト型名、データオブジェクトを表す識別子部分の配列、プロパティ名と値の名前と値のペアのコレクション、および新しいプロパティ名と値の名前と値のペアの別のコレクションを指定して、クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataObjectChangedEventArgs(String, Object[], IDictionary<String,Object>, Object[], IDictionary<String,Object>)

DataObjectChangedEventArgsオブジェクト型名、データオブジェクトを表す識別子部分の配列、プロパティ名と値の名前と値のペアのコレクション、データオブジェクトを表す新しい識別子部分の配列、および新しいプロパティ名と値の名前と値のペアの別のコレクションを指定して、クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataObjectChangedEventArgs(String, Object[], Object[])

DataObjectChangedEventArgsオブジェクト型名、識別子部分の配列、およびこのデータオブジェクトを表す新しい識別子部分の別の配列を指定して、クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Identifier

データオブジェクトの識別子部分の一覧を取得します。

(継承元 DataObjectEventArgs)
NewIdentifier

データオブジェクトを表すすべての新しい識別子部分の一覧を取得します。

NewPropertyValues

新しいプロパティ名と値を含む名前と値のペアのコレクションを取得します。

PropertyValues

既存のプロパティ名と値を含む名前と値のペアのコレクションを取得します。

TypeName

データオブジェクト型の名前を取得します。

(継承元 DataObjectEventArgs)

適用対象