GeometryShapeSerializer.TryCreateInstance(SerializationContext, XmlReader, Partition) メソッド

定義

このメソッドは、リーダーによって現在ポイントされているタグに基づいて、GeometryShape の正しいインスタンスを作成します。 リーダーがシリアル化された GeometryShape に配置されている場合は、指定されたパーティションに新しい GeometryShape インスタンスが作成されます。それ以外の場合は、null が返されます。

public:
 override Microsoft::VisualStudio::Modeling::ModelElement ^ TryCreateInstance(Microsoft::VisualStudio::Modeling::SerializationContext ^ serializationContext, System::Xml::XmlReader ^ reader, Microsoft::VisualStudio::Modeling::Partition ^ partition);
public override Microsoft.VisualStudio.Modeling.ModelElement TryCreateInstance (Microsoft.VisualStudio.Modeling.SerializationContext serializationContext, System.Xml.XmlReader reader, Microsoft.VisualStudio.Modeling.Partition partition);
override this.TryCreateInstance : Microsoft.VisualStudio.Modeling.SerializationContext * System.Xml.XmlReader * Microsoft.VisualStudio.Modeling.Partition -> Microsoft.VisualStudio.Modeling.ModelElement
Public Overrides Function TryCreateInstance (serializationContext As SerializationContext, reader As XmlReader, partition As Partition) As ModelElement

パラメーター

serializationContext
SerializationContext

シリアル化コンテキスト。

reader
XmlReader

シリアル化されたデータの読み取り元の XmlReader。

partition
Partition

新しい要素を作成するパーティション。

戻り値

ModelElement

GeometryShape インスタンスが作成されました。リーダーがシリアル化された GeometryShape インスタンスを指していない場合は null です。

注釈

呼び出し元は、読み取り中の次の要素の開いている XML タグにリーダーが配置されることを保証します。 このメソッドは、リーダーを移動しません。リーダーは、このメソッドから制御が戻ったときと同じ位置に留まる必要があります。

適用対象