ModelEditingScope ModelEditingScope ModelEditingScope ModelEditingScope Class

定義

編集ストアに対する変更グループを表します。Represents a group of changes to the editing store. 変更グループはトランザクションです。Change groups are transactional. 編集スコープで加えられた変更は、1 つの単位としてコミットまたは中止できます。The changes made under an editing scope can be committed or aborted as a unit.

public ref class ModelEditingScope abstract : IDisposable
public abstract class ModelEditingScope : IDisposable
type ModelEditingScope = class
    interface IDisposable
Public MustInherit Class ModelEditingScope
Implements IDisposable
継承
ModelEditingScopeModelEditingScopeModelEditingScopeModelEditingScope
派生
実装

注釈

編集スコープがコミットされると、編集ストアは発生したすべての変更を受け入れ、モデルに適用します。When an editing scope is committed, the editing store takes all changes that occurred within it and applies them to the model. 場合、編集スコープのRevertメソッドが呼び出されると、または前に、の編集スコープが破棄されるCompleteが呼び出されると、編集スコープ代わりに、編集ストアから状態を再適用する、基になるオブジェクトに加えられた変更を元に戻します。If the editing scope's Revert method is called, or the editing scope is disposed of before Complete is called, the editing scope will instead reverse the changes made to the underlying objects, reapplying state from the editing store. これにより、取り消しメカニズムが強固になります。This provides a solid basis for an undo mechanism.

コンストラクター

ModelEditingScope() ModelEditingScope() ModelEditingScope() ModelEditingScope()

新しい ModelEditingScope を作成します。Creates a new ModelEditingScope.

プロパティ

Description Description Description Description

変更のグループについて説明します。Describes the group of changes. 変更がコミットされる前であればいつでも変更可能です。It can be changed anytime before the changes are committed.

メソッド

CanComplete() CanComplete() CanComplete() CanComplete()

OnComplete() を呼び出すかどうか、または、変更を元に戻す必要があるかどうかを判断します。Determines whether OnComplete() should be called, or whether the change should instead be reverted. 変更を元に戻す理由としては、変更のためにソース管理システムからファイルをチェックアウトすることができないといったことが含まれます。Reasons for reverting might include a file cannot be checked out of a source control system for modification.

Complete() Complete() Complete() Complete()

OnComplete() メソッドを呼び出すことで編集スコープを完了します。Completes the editing scope by calling the OnComplete() method.

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

編集スコープが既に完了しているか、元に戻されていない限り、変更を中断することでこのオブジェクトを破棄します。Disposes of this object by aborting changes unless the editing scope has already been completed or reverted.

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

変更を中止して、このオブジェクトを破棄します。Disposes of this object by aborting changes.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
OnComplete() OnComplete() OnComplete() OnComplete()

編集スコープを実際に完了する処理を実行します。Performs the actual complete of the editing scope.

OnException(Exception) OnException(Exception) OnException(Exception) OnException(Exception)

例外を処理します。Handles an exception.

OnRevert(Boolean) OnRevert(Boolean) OnRevert(Boolean) OnRevert(Boolean)

編集スコープを実際に元に戻す処理を実行します。Performs the actual revert of the editing scope.

Revert() Revert() Revert() Revert()

編集スコープで加えられた変更を破棄します。Abandons the changes made during the editing scope.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象