GeneratedCodeAttribute クラス

定義

ツールによって生成されるコードを識別します。 このクラスは継承できません。

public ref class GeneratedCodeAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.All, AllowMultiple=false, Inherited=false)]
public sealed class GeneratedCodeAttribute : Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.All, AllowMultiple=false, Inherited=false)>]
type GeneratedCodeAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class GeneratedCodeAttribute
Inherits Attribute
継承
GeneratedCodeAttribute
属性

クラスを使用して GeneratedCodeAttribute コンピューターが生成したコードを識別するコード例を次に示します。

#using <System.dll>
#using <System.Xml.dll>

using namespace System;
using namespace System::CodeDom;
using namespace System::CodeDom::Compiler;

int main()
{
    // Declare a new type called Class1.
    CodeTypeDeclaration^ class1 = gcnew CodeTypeDeclaration("Class1");

    // Declare a new generated code attribute
    GeneratedCodeAttribute^ generatedCodeAttribute =
        gcnew GeneratedCodeAttribute("SampleCodeGenerator", "2.0.0.0");

    // Use the generated code attribute members in the attribute declaration
    CodeAttributeDeclaration^ codeAttrDecl =
        gcnew CodeAttributeDeclaration(generatedCodeAttribute->GetType()->Name,
            gcnew CodeAttributeArgument(
                gcnew CodePrimitiveExpression(generatedCodeAttribute->Tool)),
            gcnew CodeAttributeArgument(
                gcnew CodePrimitiveExpression(generatedCodeAttribute->Version)));
    class1->CustomAttributes->Add(codeAttrDecl);

    // Create a C# code provider
    CodeDomProvider^ provider = CodeDomProvider::CreateProvider("CSharp");

    // Generate code and send the output to the console
    provider->GenerateCodeFromType(class1, Console::Out, gcnew CodeGeneratorOptions());
}

// The CPP code generator produces the following source code for the preceeding example code:
//
// [GeneratedCodeAttribute("SampleCodeGenerator", "2.0.0.0")]
// public class Class1 {
// }
using System;
using System.CodeDom;
using System.CodeDom.Compiler;

public class CodeGenExample
{
    static void Main()
    {
        // Declare a new type called Class1.
        CodeTypeDeclaration class1 = new CodeTypeDeclaration("Class1");

        // Declare a new generated code attribute
        GeneratedCodeAttribute generatedCodeAttribute =
            new GeneratedCodeAttribute("SampleCodeGenerator", "2.0.0.0");

        // Use the generated code attribute members in the attribute declaration
        CodeAttributeDeclaration codeAttrDecl =
            new CodeAttributeDeclaration(generatedCodeAttribute.GetType().Name,
                new CodeAttributeArgument(
                    new CodePrimitiveExpression(generatedCodeAttribute.Tool)),
                new CodeAttributeArgument(
                    new CodePrimitiveExpression(generatedCodeAttribute.Version)));
        class1.CustomAttributes.Add(codeAttrDecl);

        // Create a C# code provider
        CodeDomProvider provider = CodeDomProvider.CreateProvider("CSharp");

        // Generate code and send the output to the console
        provider.GenerateCodeFromType(class1, Console.Out, new CodeGeneratorOptions());
    }
}

// The C# code generator produces the following source code for the preceeding example code:
//
// [GeneratedCodeAttribute("SampleCodeGenerator", "2.0.0.0")]
// public class Class1 {
// }
Imports System.CodeDom
Imports System.CodeDom.Compiler

Public Class CodeGenExample

    Shared Sub Main
        ' Declare a new type called Class1.
        Dim class1 as New CodeTypeDeclaration("Class1")

        ' Declare a new generated code attribute
        Dim generatedCodeAttribute As _
            New GeneratedCodeAttribute("SampleCodeGenerator", "2.0.0.0")

        ' Use the generated code attribute members in the attribute declaration
        Dim  codeAttrDecl As _
            New CodeAttributeDeclaration(generatedCodeAttribute.GetType().Name,
                New CodeAttributeArgument(
                    New CodePrimitiveExpression(generatedCodeAttribute.Tool)),
                New CodeAttributeArgument(
                    New CodePrimitiveExpression(generatedCodeAttribute.Version)))
        class1.CustomAttributes.Add(codeAttrDecl)

        ' Create a Visual Basic code provider
        Dim provider As CodeDomProvider = CodeDomProvider.CreateProvider("VisualBasic")

        ' Generate code and send the output to the console
        provider.GenerateCodeFromType(class1, Console.Out, New CodeGeneratorOptions())
    End Sub

End Class

' The Visual Basic code generator produces the following source code for the preceeding example code:
'
' <GeneratedCodeAttribute("SampleCodeGenerator", "2.0.0.0")>  _
' Public Class Class1
' End Class

注釈

クラスは、 GeneratedCodeAttribute コンピューターによって生成されたコードを識別するためにコード分析ツールによって使用され、ツールおよびコードを生成したツールのバージョンに基づいて分析を提供するために使用できます。

コンストラクター

GeneratedCodeAttribute(String, String)

コードを生成したツールの名前とバージョンを指定して、GeneratedCodeAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Tool

コードを生成したツールの名前を取得します。

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)
Version

コードを生成したツールのバージョンを取得します。

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象