IDictionary.Add(Object, Object) メソッド

定義

指定したキーおよび値を持つ要素を IDictionary オブジェクトに追加します。

public:
 void Add(System::Object ^ key, System::Object ^ value);
public void Add (object key, object value);
public void Add (object key, object? value);
abstract member Add : obj * obj -> unit
Public Sub Add (key As Object, value As Object)

パラメーター

key
Object

追加する要素のキーとして使用する Object

value
Object

追加する要素の値として使用する Object

例外

keynullです。

同じキーを持つ要素が、IDictionary オブジェクトに既に存在します。

IDictionary は読み取り専用です。

メソッドを実装する方法を次のコード例に示 Add します。 このコード例は、IDictionary クラスのために提供されている大規模な例の一部です。

public:
    virtual void Add(Object^ key, Object^ value)
    {
        // Add the new key/value pair even if this key already exists
        // in the dictionary.
        if (itemsInUse == items->Length)
        {
            throw gcnew InvalidOperationException
                ("The dictionary cannot hold any more items.");
        }
        items[itemsInUse++] = gcnew DictionaryEntry(key, value);
    }
public void Add(object key, object value)
{
    // Add the new key/value pair even if this key already exists in the dictionary.
    if (ItemsInUse == items.Length)
        throw new InvalidOperationException("The dictionary cannot hold any more items.");
    items[ItemsInUse++] = new DictionaryEntry(key, value);
}
Public Sub Add(ByVal key As Object, ByVal value As Object) Implements IDictionary.Add

    ' Add the new key/value pair even if this key already exists in the dictionary.
    If ItemsInUse = items.Length Then
        Throw New InvalidOperationException("The dictionary cannot hold any more items.")
    End If
    items(ItemsInUse) = New DictionaryEntry(key, value)
    ItemsInUse = ItemsInUse + 1
End Sub

注釈

ディクショナリに存在しないキーの値を設定することで、 プロパティを使用して新しい要素 Item[] を追加することもできます (例: myCollection["myNonexistentKey"] = myValue )。 ただし、指定したキーがディクショナリに既に存在する場合は、 プロパティを設定すると Item[] 、古い値が上書きされます。 これに対し、 Add メソッドは既存の要素を変更します。

実装は、キーを にできるかどうかによって異なる場合があります null

適用対象

こちらもご覧ください