IEnumerator インターフェイス

定義

非ジェネリック コレクションに対する単純な反復処理をサポートします。

public interface class IEnumerator
public interface IEnumerator
[System.Runtime.InteropServices.Guid("496B0ABF-CDEE-11d3-88E8-00902754C43A")]
public interface IEnumerator
[System.Runtime.InteropServices.Guid("496B0ABF-CDEE-11d3-88E8-00902754C43A")]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public interface IEnumerator
type IEnumerator = interface
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("496B0ABF-CDEE-11d3-88E8-00902754C43A")>]
type IEnumerator = interface
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("496B0ABF-CDEE-11d3-88E8-00902754C43A")>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type IEnumerator = interface
Public Interface IEnumerator
派生
属性

次のコード例は、 IEnumerable カスタムコレクションのインターフェイスとインターフェイスの実装を示して IEnumerator います。 この例では、これらのインターフェイスのメンバーは明示的に呼び出されませんが、コレクションを foreach for each 反復処理するための (Visual Basic) の使用をサポートするように実装されています。

using System;
using System.Collections;

// Simple business object.
public class Person
{
    public Person(string fName, string lName)
    {
        this.firstName = fName;
        this.lastName = lName;
    }

    public string firstName;
    public string lastName;
}

// Collection of Person objects. This class
// implements IEnumerable so that it can be used
// with ForEach syntax.
public class People : IEnumerable
{
    private Person[] _people;
    public People(Person[] pArray)
    {
        _people = new Person[pArray.Length];

        for (int i = 0; i < pArray.Length; i++)
        {
            _people[i] = pArray[i];
        }
    }

// Implementation for the GetEnumerator method.
    IEnumerator IEnumerable.GetEnumerator()
    {
       return (IEnumerator) GetEnumerator();
    }

    public PeopleEnum GetEnumerator()
    {
        return new PeopleEnum(_people);
    }
}

// When you implement IEnumerable, you must also implement IEnumerator.
public class PeopleEnum : IEnumerator
{
    public Person[] _people;

    // Enumerators are positioned before the first element
    // until the first MoveNext() call.
    int position = -1;

    public PeopleEnum(Person[] list)
    {
        _people = list;
    }

    public bool MoveNext()
    {
        position++;
        return (position < _people.Length);
    }

    public void Reset()
    {
        position = -1;
    }

    object IEnumerator.Current
    {
        get
        {
            return Current;
        }
    }

    public Person Current
    {
        get
        {
            try
            {
                return _people[position];
            }
            catch (IndexOutOfRangeException)
            {
                throw new InvalidOperationException();
            }
        }
    }
}

class App
{
    static void Main()
    {
        Person[] peopleArray = new Person[3]
        {
            new Person("John", "Smith"),
            new Person("Jim", "Johnson"),
            new Person("Sue", "Rabon"),
        };

        People peopleList = new People(peopleArray);
        foreach (Person p in peopleList)
            Console.WriteLine(p.firstName + " " + p.lastName);
    }
}

/* This code produces output similar to the following:
 *
 * John Smith
 * Jim Johnson
 * Sue Rabon
 *
 */
Imports System.Collections

' Simple business object.
Public Class Person

    Public Sub New(ByVal fName As String, ByVal lName As String)
        Me.firstName = fName
        Me.lastName = lName
    End Sub


    Public firstName As String
    Public lastName As String
End Class

' Collection of Person objects, which implements IEnumerable so that
' it can be used with ForEach syntax.
Public Class People
    Implements IEnumerable

    Private _people() As Person

    Public Sub New(ByVal pArray() As Person)
        _people = New Person(pArray.Length - 1) {}

        Dim i As Integer
        For i = 0 To pArray.Length - 1
            _people(i) = pArray(i)
        Next i
    End Sub

    ' Implementation of GetEnumerator.
    Public Function GetEnumerator() As IEnumerator _
      Implements IEnumerable.GetEnumerator

        Return New PeopleEnum(_people)
    End Function

End Class

' When you implement IEnumerable, you must also implement IEnumerator.
Public Class PeopleEnum
    Implements IEnumerator

    Public _people() As Person

    ' Enumerators are positioned before the first element
    ' until the first MoveNext() call.
    Dim position As Integer = -1

    Public Sub New(ByVal list() As Person)
        _people = list
    End Sub

    Public Function MoveNext() As Boolean Implements IEnumerator.MoveNext
        position = position + 1
        Return (position < _people.Length)
    End Function

    Public Sub Reset() Implements IEnumerator.Reset
        position = -1
    End Sub

    Public ReadOnly Property Current() As Object Implements IEnumerator.Current
        Get
            Try
                Return _people(position)
            Catch ex As IndexOutOfRangeException
                Throw New InvalidOperationException()
            End Try
        End Get
    End Property
End Class

Class App
    Shared Sub Main()
        Dim peopleArray() As Person = { _
            New Person("John", "Smith"), _
            New Person("Jim", "Johnson"), _
            New Person("Sue", "Rabon")}

        Dim peopleList As New People(peopleArray)
        Dim p As Person
        For Each p In peopleList
            Console.WriteLine(p.firstName + " " + p.lastName)
        Next

    End Sub
End Class

' This code produces output similar to the following:
' 
' John Smith
' Jim Johnson
' Sue Rabon

注釈

IEnumerator は、すべての非ジェネリック列挙子の基本インターフェイスです。 これと同等のものが System.Collections.Generic.IEnumerator<T> インターフェイスです。

C# 言語の foreach ステートメント (Visual Basic の場合は for each) を使用することで列挙子の複雑さを回避できます。 そのため、 foreach 列挙子を直接操作するのではなく、を使用することをお勧めします。

列挙子を使用すると、コレクション内のデータを読み取ることができますが、基になるコレクションを変更することはできません。

Resetメソッドは COM 相互運用性のために用意されているため、完全に実装する必要はありません。代わりに、実装者がをスローでき NotSupportedException ます。

最初、列挙子はコレクションの先頭の要素の前に位置付けられます。 の値を読み取る前に、メソッドを呼び出して、 MoveNext 列挙子をコレクションの最初の要素に進める必要があります。 Current それ以外の場合、 Current は定義されません。

Current は、MoveNext または Reset が呼び出されるまでは同じオブジェクトを返します。 MoveNext は、Current を次の要素に進めます。

MoveNext がコレクションの末尾を通過した場合、列挙子がコレクション内の最後の要素の後に配置され、MoveNextfalse を返します。 列挙子がこの位置にある場合、後続の MoveNext 呼び出しも false を返します。 の最後の呼び出しが返された場合 MoveNext falseCurrent が未定義になります。

Currentコレクションの最初の要素を再びに設定するには、を呼び出すことができ Reset ます (実装されている場合)。その後にが続き MoveNext ます。 Resetが実装されていない場合は、コレクションの最初の要素に戻るために新しい列挙子インスタンスを作成する必要があります。

要素の追加、変更、削除などの変更がコレクションに対して行われた場合、列挙子の動作は未定義になります。

列挙子はコレクションに排他アクセスできないため、コレクションの列挙処理は本質的にスレッド セーフな処理ではありません。 コレクションが同期されていても、他のスレッドがコレクションを変更する場合があり、このときは列挙子から例外がスローされます。 列挙処理を確実にスレッド セーフに行うには、列挙中にコレクションをロックするか、他のスレッドによって行われた変更によってスローされる例外をキャッチします。

プロパティ

Current

列挙子の現在位置にあるコレクション内の要素を取得します。

メソッド

MoveNext()

列挙子をコレクションの次の要素に進めます。

Reset()

列挙子を初期位置、つまりコレクションの最初の要素の前に設定します。

適用対象

こちらもご覧ください