Component クラス

定義

IComponent インターフェイスの基本実装を提供し、アプリケーション間でオブジェクトを共有できるようにします。

public ref class Component : MarshalByRefObject, IDisposable, System::ComponentModel::IComponent
public ref class Component : MarshalByRefObject, System::ComponentModel::IComponent
public class Component : MarshalByRefObject, IDisposable, System.ComponentModel.IComponent
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.AutoDispatch)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class Component : MarshalByRefObject, IDisposable, System.ComponentModel.IComponent
public class Component : MarshalByRefObject, System.ComponentModel.IComponent
type Component = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IComponent
    interface IDisposable
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.AutoDispatch)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type Component = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IComponent
    interface IDisposable
Public Class Component
Inherits MarshalByRefObject
Implements IComponent, IDisposable
Public Class Component
Inherits MarshalByRefObject
Implements IComponent
継承
派生
属性
実装

注釈

Component は、参照によってマーシャリングする共通言語ランタイム内のすべてのコンポーネントの基本クラスです。 Component はリモート処理可能であり、クラスから MarshalByRefObject 派生します。 Component はインターフェイスの実装を IComponent 提供します。 これは MarshalByValueComponentIComponent 値によってマーシャリングする実装を提供します。

インターフェイスを実装IContainerする任意のオブジェクトでホストComponentでき、コンテナーからサービスのクエリと取得を行うことができます。 コンテナーは、コンテナーに ISite 含まれるそれぞれに Component 対して作成します。 コンテナーは、サイトを使用してコンテナーとの通信を Component 管理し、そのコンテナーと通信するために使用 Component されます。

メソッド Component の暗黙的な呼び出しによる自動メモリ管理を待たずに、メソッドの Dispose 呼び出しによってリソースを明示的に解放する Finalize 必要があります。 a Container が破棄されると、その中 Container のすべてのコンポーネントも破棄されます。

コンストラクター

Component()

Component クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CanRaiseEvents

コンポーネントがイベントを発生させることがきるかどうかを示す値を取得します。

Container

IContainer を含む Component を取得します。

DesignMode

Component が現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。

Events

Component に結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。

Site

ComponentISite を取得または設定します。

メソッド

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。

Dispose(Boolean)

Component によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Finalize()

Component がガベージ コレクションによってクリアされる前に、アンマネージ リソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetService(Type)

Component またはその Container で提供されるサービスを表すオブジェクトを返します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。 このメソッドはオーバーライドできません。

イベント

Disposed

Dispose() メソッドの呼び出しによってコンポーネントが破棄されるときに発生します。

適用対象

こちらもご覧ください