Ping クラス

定義

リモート コンピューターにネットワーク経由でアクセスできるかどうかをアプリケーションで確認できるようにします。

public ref class Ping : System::ComponentModel::Component
public ref class Ping : IDisposable
public ref class Ping : System::ComponentModel::Component, IDisposable
public class Ping : System.ComponentModel.Component
public class Ping : IDisposable
public class Ping : System.ComponentModel.Component, IDisposable
type Ping = class
    inherit Component
type Ping = class
    interface IDisposable
type Ping = class
    inherit Component
    interface IDisposable
Public Class Ping
Inherits Component
Public Class Ping
Implements IDisposable
Public Class Ping
Inherits Component
Implements IDisposable
継承
継承
Ping
実装

クラスを同期的に使用する方法を次のコード例に示し Ping ます。

#using <System.dll>

using namespace System;
using namespace System::Net;
using namespace System::Net::NetworkInformation;
using namespace System::Text;

// args[1] can be an IPaddress or host name.
int main()
{
   array<String^>^args = Environment::GetCommandLineArgs();
   
   Ping ^ pingSender = gcnew Ping;
   PingOptions ^ options = gcnew PingOptions;
   
   // Use the default Ttl value which is 128,
   // but change the fragmentation behavior.
   options->DontFragment = true;
   
   // Create a buffer of 32 bytes of data to be transmitted.
   String^ data = "aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa";
   array<Byte>^buffer = Encoding::ASCII->GetBytes( data );
   int timeout = 120;
   PingReply ^ reply = pingSender->Send( args[ 1 ], timeout, buffer, options );
   
   if ( reply->Status == IPStatus::Success )
   {
      Console::WriteLine( "Address: {0}", reply->Address->ToString() );
      Console::WriteLine( "RoundTrip time: {0}", reply->RoundtripTime );
      Console::WriteLine( "Time to live: {0}", reply->Options->Ttl );
      Console::WriteLine( "Don't fragment: {0}", reply->Options->DontFragment );
      Console::WriteLine( "Buffer size: {0}", reply->Buffer->Length );
   }

   
}
using System;
using System.Net;
using System.Net.NetworkInformation;
using System.Text;

namespace Examples.System.Net.NetworkInformation.PingTest
{
    public class PingExample
    {
        // args[0] can be an IPaddress or host name.
        public static void Main (string[] args)
        {
            Ping pingSender = new Ping ();
            PingOptions options = new PingOptions ();

            // Use the default Ttl value which is 128,
            // but change the fragmentation behavior.
            options.DontFragment = true;

            // Create a buffer of 32 bytes of data to be transmitted.
            string data = "aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa";
            byte[] buffer = Encoding.ASCII.GetBytes (data);
            int timeout = 120;
            PingReply reply = pingSender.Send (args[0], timeout, buffer, options);
            if (reply.Status == IPStatus.Success)
            {
                Console.WriteLine ("Address: {0}", reply.Address.ToString ());
                Console.WriteLine ("RoundTrip time: {0}", reply.RoundtripTime);
                Console.WriteLine ("Time to live: {0}", reply.Options.Ttl);
                Console.WriteLine ("Don't fragment: {0}", reply.Options.DontFragment);
                Console.WriteLine ("Buffer size: {0}", reply.Buffer.Length);
            }
        }
    }
}

クラスを非同期的に使用する方法を次のコード例に示します Ping

#using <System.dll>

using namespace System;
using namespace System::Text;
using namespace System::Net;
using namespace System::Net::NetworkInformation;
using namespace System::ComponentModel;
using namespace System::Threading;
void PingCompletedCallback( Object^ sender, PingCompletedEventArgs^ e );
void DisplayReply( PingReply^ reply );
int main()
{
   array<String^>^args = Environment::GetCommandLineArgs();
   if ( args->Length == 1 )
      throw gcnew ArgumentException( "Ping needs a host or IP Address." );

   String^ who = args[ 1 ];
   AutoResetEvent^ waiter = gcnew AutoResetEvent( false );
   
   Ping ^ pingSender = gcnew Ping;
   
   // When the PingCompleted event is raised,
   // the PingCompletedCallback method is called.
   pingSender->PingCompleted += gcnew PingCompletedEventHandler( PingCompletedCallback );
   
   // Create a buffer of 32 bytes of data to be transmitted.
   String^ data = "aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa";
   array<Byte>^buffer = Encoding::ASCII->GetBytes( data );
   
   // Wait 12 seconds for a reply.
   int timeout = 12000;
   
   // Set options for transmission:
   // The data can go through 64 gateways or routers
   // before it is destroyed, and the data packet
   // cannot be fragmented.
   PingOptions ^ options = gcnew PingOptions( 64,true );
   Console::WriteLine( "Time to live: {0}", options->Ttl );
   Console::WriteLine( "Don't fragment: {0}", options->DontFragment );
   
   // Send the ping asynchronously.
   // Use the waiter as the user token.
   // When the callback completes, it can wake up this thread.
   pingSender->SendAsync( who, timeout, buffer, options, waiter );
   
   // Prevent this example application from ending.
   // A real application should do something useful
   // when possible.
   waiter->WaitOne();
   Console::WriteLine( "Ping example completed." );
}


void PingCompletedCallback( Object^ /*sender*/, PingCompletedEventArgs^ e )
{
   
   // If the operation was canceled, display a message to the user.
   if ( e->Cancelled )
   {
      Console::WriteLine( "Ping canceled." );
      
      // Let the main thread resume. 
      // UserToken is the AutoResetEvent object that the main thread 
      // is waiting for.
      (dynamic_cast<AutoResetEvent^>(e->UserState))->Set();
   }

   
   // If an error occurred, display the exception to the user.
   if ( e->Error != nullptr )
   {
      Console::WriteLine( "Ping failed:" );
      Console::WriteLine( e->Error->ToString() );
      
      // Let the main thread resume. 
      (dynamic_cast<AutoResetEvent^>(e->UserState))->Set();
   }

   PingReply ^ reply = e->Reply;
   DisplayReply( reply );
   
   // Let the main thread resume.
   (dynamic_cast<AutoResetEvent^>(e->UserState))->Set();
}


void DisplayReply( PingReply ^ reply )
{
   if ( reply == nullptr )
      return;

   Console::WriteLine( "ping status: {0}", reply->Status );
   if ( reply->Status == IPStatus::Success )
   {
      Console::WriteLine( "Address: {0}", reply->Address->ToString() );
      Console::WriteLine( "RoundTrip time: {0}", reply->RoundtripTime );
      Console::WriteLine( "Time to live: {0}", reply->Options->Ttl );
      Console::WriteLine( "Don't fragment: {0}", reply->Options->DontFragment );
      Console::WriteLine( "Buffer size: {0}", reply->Buffer->Length );
   }
}
using System;
using System.Text;
using System.Net;
using System.Net.NetworkInformation;
using System.ComponentModel;
using System.Threading;

namespace Examples.System.Net.NetworkInformation.PingTest
{
    public class PingExample
    {
        public static void Main (string[] args)
        {
            if (args.Length == 0)
                throw new ArgumentException ("Ping needs a host or IP Address.");

            string who = args[0];
            AutoResetEvent waiter = new AutoResetEvent (false);

            Ping pingSender = new Ping ();

            // When the PingCompleted event is raised,
            // the PingCompletedCallback method is called.
            pingSender.PingCompleted += new PingCompletedEventHandler (PingCompletedCallback);

            // Create a buffer of 32 bytes of data to be transmitted.
            string data = "aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa";
            byte[] buffer = Encoding.ASCII.GetBytes (data);

            // Wait 12 seconds for a reply.
            int timeout = 12000;

            // Set options for transmission:
            // The data can go through 64 gateways or routers
            // before it is destroyed, and the data packet
            // cannot be fragmented.
            PingOptions options = new PingOptions (64, true);

            Console.WriteLine ("Time to live: {0}", options.Ttl);
            Console.WriteLine ("Don't fragment: {0}", options.DontFragment);

            // Send the ping asynchronously.
            // Use the waiter as the user token.
            // When the callback completes, it can wake up this thread.
            pingSender.SendAsync(who, timeout, buffer, options, waiter);

            // Prevent this example application from ending.
            // A real application should do something useful
            // when possible.
            waiter.WaitOne ();
            Console.WriteLine ("Ping example completed.");
        }

        private static void PingCompletedCallback (object sender, PingCompletedEventArgs e)
        {
            // If the operation was canceled, display a message to the user.
            if (e.Cancelled)
            {
                Console.WriteLine ("Ping canceled.");

                // Let the main thread resume.
                // UserToken is the AutoResetEvent object that the main thread
                // is waiting for.
                ((AutoResetEvent)e.UserState).Set ();
            }

            // If an error occurred, display the exception to the user.
            if (e.Error != null)
            {
                Console.WriteLine ("Ping failed:");
                Console.WriteLine (e.Error.ToString ());

                // Let the main thread resume.
                ((AutoResetEvent)e.UserState).Set();
            }

            PingReply reply = e.Reply;

            DisplayReply (reply);

            // Let the main thread resume.
            ((AutoResetEvent)e.UserState).Set();
        }

        public static void DisplayReply (PingReply reply)
        {
            if (reply == null)
                return;

            Console.WriteLine ("ping status: {0}", reply.Status);
            if (reply.Status == IPStatus.Success)
            {
                Console.WriteLine ("Address: {0}", reply.Address.ToString ());
                Console.WriteLine ("RoundTrip time: {0}", reply.RoundtripTime);
                Console.WriteLine ("Time to live: {0}", reply.Options.Ttl);
                Console.WriteLine ("Don't fragment: {0}", reply.Options.DontFragment);
                Console.WriteLine ("Buffer size: {0}", reply.Buffer.Length);
            }
        }
    }
}

注釈

アプリケーションでは、クラスを使用して、 Ping リモートコンピューターにアクセスできるかどうかを検出します。

ネットワークトポロジ Ping では、がリモートホストに正常に接続できるかどうかを判断できます。 プロキシ、ネットワークアドレス変換 (NAT) 機器、またはファイアウォールの存在と構成によって、が成功するのを防ぐことができ Ping ます。 が成功した場合は、 Ping ネットワーク上でリモートホストに到達できることを示します。リモートホスト上の上位レベルのサービス (Web サーバーなど) の存在は保証されません。

このクラスは、Ping.exe コマンドラインツールと同様の機能を提供します。 Sendメソッドと SendAsync メソッドは、インターネット制御メッセージプロトコル (ICMP) エコー要求メッセージをリモートコンピューターに送信し、そのコンピューターからの icmp エコー応答メッセージを待機します。 ICMP メッセージの詳細については、「RFC 792 ()」を参照してください https://www.ietf.org

クラスでは、次の型が使用され Ping ます。詳細については、以下で説明します。

型名 説明
IPStatus ICMP エコー要求メッセージの結果を記述するステータスコードを定義します。
PingOptions では、要求パケットの転送回数 ( Ttl ) と、それをフラグメント化できるかどうか () を制御する設定を構成または取得でき DontFragment ます。
PingReply ICMP エコー要求の結果を格納します。
PingException 回復不可能なエラーが発生した場合にスローされます。
PingCompletedEventArgs PingCompleted呼び出しが完了するか取り消されたときに発生するイベントに関連付けられたデータを格納します SendAsync
PingCompletedEventHandler 呼び出しが完了したとき、 SendAsync またはキャンセルされたときに呼び出されるコールバックメソッドを提供するデリゲート。

Sendメソッドと SendAsync メソッドは、オブジェクト内の応答を返し PingReply ます。 プロパティは、 PingReply.Status IPStatus 要求の結果を示す値を返します。

要求を送信するときに、リモートコンピューターを指定する必要があります。 これを行うには、ホスト名文字列、文字列形式の IP アドレス、またはオブジェクトを指定し IPAddress ます。

次のいずれかの種類の情報を指定することもできます。

  • 要求に付随するデータ。 を指定すると、 buffer リモートホストとの間で特定のサイズのパケットが行き来するのに必要な時間と、ネットワークパスの最大転送単位を調べることができます。 ( Send パラメーターを受け取るまたはのオーバーロードを参照してください SendAsync buffer )。

  • ICMP エコーパケットを転送中にフラグメント化できるかどうかを指定します。 ( DontFragment プロパティと、パラメーターを Send 受け取るまたはオーバーロードを参照してください SendAsync options )。

  • ルーターやゲートウェイなどのルーティングノードが、対象のコンピューターに到達するか破棄される前にパケットを転送できる回数。 ( Ttl および、パラメーターを受け取るまたはのオーバーロードを参照してください Send SendAsync options )。

  • 応答を受信する必要がある制限時間。 ( Send パラメーターを受け取るまたはのオーバーロードを参照してください SendAsync timeout

クラスには、 Ping 要求を送信するための同期メソッドと非同期メソッドの両方が用意されています。 応答の待機中にアプリケーションがブロックする必要がある場合は、メソッドを使用します。 Send これらのメソッドは同期です。 アプリケーションでブロックしない場合は、非同期メソッドを使用し SendAsync ます。 の呼び出しは、 SendAsync スレッドプールから自動的に割り当てられる独自のスレッドで実行されます。 非同期操作が完了すると、イベントが発生し PingCompleted ます。 アプリケーションでは、デリゲートを使用して PingCompletedEventHandler 、イベントに対して呼び出されるメソッドを指定し PingCompleted ます。 を PingCompletedEventHandler 呼び出す前に、イベントにデリゲートを追加する必要があり SendAsync ます。 デリゲートのメソッドは、 PingCompletedEventArgs PingReply 呼び出しの結果を記述するオブジェクトを含むオブジェクトを受け取り SendAsync ます。

クラスの同じインスタンスを使用して、 Ping 複数の同時 ICMP エコー要求を生成することはできません。 Send SendAsync 呼び出しが進行中であるか、 SendAsync 以前のすべての呼び出しが完了するまで複数回呼び出したときにを呼び出すと、が発生 InvalidOperationException します。

コンストラクター

Ping()

Ping クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CanRaiseEvents

コンポーネントがイベントを発生させることがきるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Component)
Container

IContainer を含む Component を取得します。

(継承元 Component)
DesignMode

Component が現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Component)
Events

Component に結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。

(継承元 Component)
Site

ComponentISite を取得または設定します。

(継承元 Component)

メソッド

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

Ping が使用しているアンマネージド リソースを解放し、マネージド リソースを破棄します。

Dispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 Component)
Dispose(Boolean)

Ping オブジェクトによって使用されているアンマネージド リソースを解放します。オプションとして、マネージド リソースを破棄することもできます。

Dispose(Boolean)

Component によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 Component)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetService(Type)

Component またはその Container で提供されるサービスを表すオブジェクトを返します。

(継承元 Component)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
OnPingCompleted(PingCompletedEventArgs)

PingCompleted イベントを発生させます。

Send(IPAddress)

指定した IPAddress を持つコンピューターに ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。

Send(IPAddress, Int32)

指定された IPAddress を持つコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このメソッドを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

Send(IPAddress, Int32, Byte[])

指定された IPAddress を持つコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

Send(IPAddress, Int32, Byte[], PingOptions)

指定された IPAddress を持つコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定し、ICMP エコー メッセージ パケットのフラグメンテーションと有効期間 (TTL: time-to-live) の値を制御できます。

Send(String)

ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを指定されたコンピューターに送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。

Send(String, Int32)

ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを指定されたコンピューターに送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このメソッドを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

Send(String, Int32, Byte[])

指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを指定されたコンピューターに送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

Send(String, Int32, Byte[], PingOptions)

指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを指定されたコンピューターに送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定し、ICMP パケットのフラグメンテーションと有効期間 (TTL: time-to-live) 値を制御できます。

SendAsync(IPAddress, Int32, Byte[], Object)

指定された IPAddress を持つコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを非同期的に送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

SendAsync(IPAddress, Int32, Byte[], PingOptions, Object)

指定された IPAddress を持つコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを非同期的に送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定し、ICMP エコー メッセージ パケットのフラグメンテーションと有効期間 (TTL: time-to-live) の値を制御できます。

SendAsync(IPAddress, Int32, Object)

指定された IPAddress を持つコンピューターに、非同期的に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

SendAsync(IPAddress, Object)

指定された IPAddress を持つコンピューターに、非同期的に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。

SendAsync(String, Int32, Byte[], Object)

指定されたコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを非同期的に送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

SendAsync(String, Int32, Byte[], PingOptions, Object)

指定されたコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを非同期的に送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定し、ICMP パケットのフラグメンテーションと有効期間 (TTL: time-to-live) 値を制御できます。

SendAsync(String, Int32, Object)

指定されたコンピューターに、非同期的に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

SendAsync(String, Object)

指定されたコンピューターに、非同期的に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。

SendAsyncCancel()

ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージの送信と対応する ICMP エコー応答メッセージの受信を行う、保留中のすべての非同期要求をキャンセルします。

SendPingAsync(IPAddress)

非同期操作として、指定された IPAddress を持つコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。

SendPingAsync(IPAddress, Int32)

非同期操作として、指定された IPAddress を持つコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

SendPingAsync(IPAddress, Int32, Byte[])

非同期操作として、指定された IPAddress を持つコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードによって、操作にタイムアウト値を指定し、送信と受信に使用するバッファーを指定することができます。

SendPingAsync(IPAddress, Int32, Byte[], PingOptions)

非同期操作として、指定された IPAddress を持つコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値と送受信に使用するバッファーを指定し、ICMP エコー メッセージ パケットのフラグメンテーションと有効期間 (TTL: time-to-live) の値を制御できます。

SendPingAsync(String)

非同期操作として、指定されたコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。

SendPingAsync(String, Int32)

非同期操作として、指定されたコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値を指定できます。

SendPingAsync(String, Int32, Byte[])

非同期操作として、指定されたコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードによって、操作にタイムアウト値を指定し、送信と受信に使用するバッファーを指定することができます。

SendPingAsync(String, Int32, Byte[], PingOptions)

非同期操作として、指定されたコンピューターに、指定されたデータ バッファーと共に ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、そのコンピューターから対応する ICMP エコー応答メッセージを受信します。 このオーバーロードを使用して、操作のタイムアウト値と送受信に使用するバッファーを指定し、ICMP エコー メッセージ パケットのフラグメンテーションと有効期間 (TTL: time-to-live) の値を制御できます。

ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。 このメソッドはオーバーライドできません。

(継承元 Component)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

イベント

Disposed

Dispose() メソッドの呼び出しによってコンポーネントが破棄されるときに発生します。

(継承元 Component)
PingCompleted

非同期の操作が ICMP (インターネット制御メッセージ プロトコル) エコー メッセージを送信し、対応する ICMP エコー応答メッセージの受信を完了するか、またはキャンセルされたときに発生します。

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

Ping クラスのインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

適用対象

こちらもご覧ください