TypeConverter.ConvertTo メソッド

定義

指定した値オブジェクトを、指定した型に変換します。Converts the given value object to the specified type.

オーバーロード

ConvertTo(Object, Type)

引数を使用して、指定した値オブジェクトを、指定した型に変換します。Converts the given value object to the specified type, using the arguments.

ConvertTo(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object, Type)

指定したコンテキストとカルチャ情報を使用して、指定した値オブジェクトを、指定した型に変換します。Converts the given value object to the specified type, using the specified context and culture information.

ConvertTo(Object, Type)

引数を使用して、指定した値オブジェクトを、指定した型に変換します。Converts the given value object to the specified type, using the arguments.

public:
 System::Object ^ ConvertTo(System::Object ^ value, Type ^ destinationType);
public object ConvertTo (object value, Type destinationType);
member this.ConvertTo : obj * Type -> obj
Public Function ConvertTo (value As Object, destinationType As Type) As Object

パラメーター

value
Object

変換対象の ObjectThe Object to convert.

destinationType
Type

value パラメーターの変換後の TypeThe Type to convert the value parameter to.

戻り値

変換後の値を表す ObjectAn Object that represents the converted value.

例外

destinationType パラメーターが null です。The destinationType parameter is null.

変換を実行できません。The conversion cannot be performed.

注釈

との間で変換を行う最も一般的な型は文字列オブジェクトです。The most common type to convert to and from is a string object. この実装でToStringは、オブジェクトが有効で、変換先の型が文字列である場合、オブジェクトに対してを呼び出します。This implementation calls ToString on the object, if the object is valid and if the destination type is a string.

ConvertTo(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object, Type)

指定したコンテキストとカルチャ情報を使用して、指定した値オブジェクトを、指定した型に変換します。Converts the given value object to the specified type, using the specified context and culture information.

public:
 virtual System::Object ^ ConvertTo(System::ComponentModel::ITypeDescriptorContext ^ context, System::Globalization::CultureInfo ^ culture, System::Object ^ value, Type ^ destinationType);
public virtual object ConvertTo (System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext context, System.Globalization.CultureInfo culture, object value, Type destinationType);
abstract member ConvertTo : System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext * System.Globalization.CultureInfo * obj * Type -> obj
override this.ConvertTo : System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext * System.Globalization.CultureInfo * obj * Type -> obj
Public Overridable Function ConvertTo (context As ITypeDescriptorContext, culture As CultureInfo, value As Object, destinationType As Type) As Object

パラメーター

context
ITypeDescriptorContext

書式指定コンテキストを提供する ITypeDescriptorContextAn ITypeDescriptorContext that provides a format context.

culture
CultureInfo

CultureInfoA CultureInfo. null を渡すと、現在のカルチャが使用されます。If null is passed, the current culture is assumed.

value
Object

変換対象の ObjectThe Object to convert.

destinationType
Type

value パラメーターの変換後の TypeThe Type to convert the value parameter to.

戻り値

変換後の値を表す ObjectAn Object that represents the converted value.

例外

destinationType パラメーターが null です。The destinationType parameter is null.

変換を実行できません。The conversion cannot be performed.

注釈

変換前後の型として最もよく使用されるのは文字列オブジェクトです。The most common types to convert are to and from a string object. この実装でToStringは、オブジェクトが有効で、変換先の型が文字列である場合、オブジェクトに対してを呼び出します。This implementation calls ToString on the object if the object is valid and if the destination type is a string.

コンバーターが呼び出される環境に関する追加情報を抽出するには、context パラメーターを使用します。Use the context parameter to extract additional information about the environment from which this converter is invoked. このパラメーターはにnullすることができるため、常に確認してください。This parameter can be null, so always check it. また、コンテキスト オブジェクトのプロパティも null を返す場合があります。Also, properties on the context object can return null.

XAML の型変換動作をサポートするカスタム型の作成者は、通常TypeConverter 、文字列からConvertFromの動作をサポートするクラスを実装します。Custom type authors that intend to support a type conversion behavior for XAML typically implement a TypeConverter class that supports ConvertFrom behavior from a string. これらの型コンバーターは、 ConvertTo XAML へのシリアル化をサポートするためにを実装する場合もあります。These type converters might also implement ConvertTo to support serialization back to XAML.

XAML シリアル化のシナリオによってはTypeConverter 、単独では適切に対処できない場合があります。Some XAML serialization scenarios cannot be adequately addressed with TypeConverter alone. このような場合は、によってValueSerializer ConvertTo処理される可能性があるシリアル化ケースを処理するを定義することが必要になる場合があります。In these cases, it may be necessary to also define a ValueSerializer that handles the serialization cases that would otherwise be handled by ConvertTo. 詳細については、「ValueSerializer」を参照してください。For more information, see ValueSerializer.

注意 (継承者)

独自の変換要件を指定するには、このメソッドをオーバーライドします。Override this method to provide your own conversion requirements.

XAML およびカスタム型のサポートに使用される型コンバーターの実装パターンについては、「 xaml の型コンバーターの概要」を参照してください。For implementation patterns for type converters that are used to support XAML and custom types, see Type Converters for XAML Overview.

こちらもご覧ください

適用対象