UriSection.Idn UriSection.Idn UriSection.Idn UriSection.Idn Property

定義

IdnElement クラスで処理する国際化ドメイン名 (IDN) の構成設定を格納する Uri オブジェクトを取得します。Gets an IdnElement object that contains the configuration setting for International Domain Name (IDN) processing in the Uri class.

public:
 property System::Configuration::IdnElement ^ Idn { System::Configuration::IdnElement ^ get(); };
[System.Configuration.ConfigurationProperty("idn")]
public System.Configuration.IdnElement Idn { get; }
member this.Idn : System.Configuration.IdnElement
Public ReadOnly Property Idn As IdnElement

プロパティ値

Uri クラスで処理する国際化ドメイン名 (IDN) の構成設定。The configuration setting for International Domain Name (IDN) processing in the Uri class.

注釈

既存System.Uriのクラスは、国際リソース識別子 (IRI) と国際化ドメイン名をサポートするように拡張されています。The existing System.Uri class has been extended to provide support for International Resource Identifiers (IRI) and Internationalized Domain Names. 現在のユーザーには、IRI と IDN を明示的に有効にしない限り、.NET Framework 2.0 の動作からの変更は表示されません。Current users will not see any change from the .NET Framework 2.0 behavior unless they specifically enable IRI and IDN. これにより、.NET Framework の以前のバージョンとのアプリケーションの互換性を保証します。This ensures application compatibility with prior versions of the .NET Framework.

IRI と IDN の構成設定は、 UriSectionクラスを使用して取得できます。The configuration settings for IRI and IDN can be retrieved using the UriSection class. プロパティIdnは、 System.Uriクラスの IDN 処理の構成設定を返します。The Idn property returns the configuration setting for IDN processing in the System.Uri class.

IDN 処理を可能にするためには、IRI 処理を有効にする必要があります。IRI processing must be enabled for IDN processing to be possible. IRI 処理が無効になっている場合、IDN 処理は既定の設定に設定されます。既定の設定では、互換性のために .NET Framework 2.0 の動作が使用され、IDN 名は使用されません。If IRI processing is disabled, then IDN processing will be set to the default setting where the .NET Framework 2.0 behavior is used for compatibility and IDN names are not used.

国際化ドメイン名 (IDN) 属性は IDN 処理のみを制御します。The Internationalized Domain Name (IDN) attribute only controls IDN processing. その他のすべての IRI 処理 (文字の正規化など) は、既定で実行されます。All other IRI processing (character normalization, for example) is performed by default.

IdnElement 最初System.Uriのクラスが構築されると、の構成設定が1回読み取られます。The configuration setting for the IdnElement will be read once when the first System.Uri class is constructed. それ以降の構成設定の変更は無視されます。Changes to configuration settings after that time are ignored.

IRI サポートの詳細については、 System.Uriクラスの「解説」を参照してください。For more information on IRI support, see the Remarks section for the System.Uri class.

適用対象

こちらもご覧ください