ObjectContext.ExecuteStoreCommandAsync メソッド

定義

オーバーロード

ExecuteStoreCommandAsync(String, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreCommandAsync(TransactionalBehavior, String, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreCommandAsync(String, CancellationToken, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreCommandAsync(TransactionalBehavior, String, CancellationToken, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreCommandAsync(String, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

public System.Threading.Tasks.Task<int> ExecuteStoreCommandAsync (string commandText, params object[] parameters);
member this.ExecuteStoreCommandAsync : string * obj[] -> System.Threading.Tasks.Task<int>
Public Function ExecuteStoreCommandAsync (commandText As String, ParamArray parameters As Object()) As Task(Of Integer)

パラメーター

commandText
String

サーバーのネイティブクエリ言語で指定されたコマンド。

parameters
Object[]

クエリに使用するパラメーター値。

戻り値

Task<Int32>

非同期操作を表すタスク。 タスクの結果には、影響を受けた行数が含まれます。

注釈

同じコンテキストインスタンスに対する複数のアクティブな操作はサポートされていません。 このコンテキストで別のメソッドを呼び出す前に、すべての非同期操作が完了したことを確認するには、' await ' を使用します。

既存のローカルトランザクションがない場合は、コマンドの実行に新しいトランザクションが使用されます。

適用対象

ExecuteStoreCommandAsync(TransactionalBehavior, String, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

public System.Threading.Tasks.Task<int> ExecuteStoreCommandAsync (System.Data.Entity.TransactionalBehavior transactionalBehavior, string commandText, params object[] parameters);
member this.ExecuteStoreCommandAsync : System.Data.Entity.TransactionalBehavior * string * obj[] -> System.Threading.Tasks.Task<int>

パラメーター

transactionalBehavior
TransactionalBehavior

このコマンドのトランザクションの作成を制御します。

commandText
String

サーバーのネイティブクエリ言語で指定されたコマンド。

parameters
Object[]

クエリに使用するパラメーター値。

戻り値

Task<Int32>

非同期操作を表すタスク。 タスクの結果には、影響を受けた行数が含まれます。

注釈

同じコンテキストインスタンスに対する複数のアクティブな操作はサポートされていません。 このコンテキストで別のメソッドを呼び出す前に、すべての非同期操作が完了したことを確認するには、' await ' を使用します。

適用対象

ExecuteStoreCommandAsync(String, CancellationToken, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

public virtual System.Threading.Tasks.Task<int> ExecuteStoreCommandAsync (string commandText, System.Threading.CancellationToken cancellationToken, params object[] parameters);
abstract member ExecuteStoreCommandAsync : string * System.Threading.CancellationToken * obj[] -> System.Threading.Tasks.Task<int>
override this.ExecuteStoreCommandAsync : string * System.Threading.CancellationToken * obj[] -> System.Threading.Tasks.Task<int>

パラメーター

commandText
String

サーバーのネイティブクエリ言語で指定されたコマンド。

cancellationToken
CancellationToken

CancellationTokenタスクの完了を待機しているときに観察する。

parameters
Object[]

クエリに使用するパラメーター値。

戻り値

Task<Int32>

非同期操作を表すタスク。 タスクの結果には、影響を受けた行数が含まれます。

注釈

同じコンテキストインスタンスに対する複数のアクティブな操作はサポートされていません。 このコンテキストで別のメソッドを呼び出す前に、すべての非同期操作が完了したことを確認するには、' await ' を使用します。

既存のローカルトランザクションがない場合は、コマンドの実行に新しいトランザクションが使用されます。

適用対象

ExecuteStoreCommandAsync(TransactionalBehavior, String, CancellationToken, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

public virtual System.Threading.Tasks.Task<int> ExecuteStoreCommandAsync (System.Data.Entity.TransactionalBehavior transactionalBehavior, string commandText, System.Threading.CancellationToken cancellationToken, params object[] parameters);
abstract member ExecuteStoreCommandAsync : System.Data.Entity.TransactionalBehavior * string * System.Threading.CancellationToken * obj[] -> System.Threading.Tasks.Task<int>
override this.ExecuteStoreCommandAsync : System.Data.Entity.TransactionalBehavior * string * System.Threading.CancellationToken * obj[] -> System.Threading.Tasks.Task<int>

パラメーター

transactionalBehavior
TransactionalBehavior

このコマンドのトランザクションの作成を制御します。

commandText
String

サーバーのネイティブクエリ言語で指定されたコマンド。

cancellationToken
CancellationToken

CancellationTokenタスクの完了を待機しているときに観察する。

parameters
Object[]

クエリに使用するパラメーター値。

戻り値

Task<Int32>

非同期操作を表すタスク。 タスクの結果には、影響を受けた行数が含まれます。

注釈

同じコンテキストインスタンスに対する複数のアクティブな操作はサポートされていません。 このコンテキストで別のメソッドを呼び出す前に、すべての非同期操作が完了したことを確認するには、' await ' を使用します。

適用対象