SqlNotificationRequest クラス

定義

指定したコマンドに対する通知の要求を表します。Represents a request for notification for a given command.

public ref class SqlNotificationRequest sealed
public sealed class SqlNotificationRequest
type SqlNotificationRequest = class
Public NotInheritable Class SqlNotificationRequest
継承
SqlNotificationRequest

注釈

このクラスは、SQL Server 2005 によって公開されるクエリ通知サービスへの低レベルのアクセスを提供します。This class provides low-level access to the query notification services exposed by SQL Server 2005. ほとんどのアプリケーションでは、SqlDependency クラスにより、クエリ通知を簡単に使用できるようになります。For most applications the SqlDependency class provides a simpler way of using query notifications. ただし、通知が発生したタイミングを詳細に制御する必要がある場合、または通知の一部として返されるメッセージデータをカスタマイズする必要がある場合は、SqlNotificationRequest クラスを使用することをお勧めします。However, if you need fine control over when notifications occur, or you need to customize the message data returned as part of a notification, the SqlNotificationRequest class is the one to use.

コンストラクター

SqlNotificationRequest()

既定値を使用して SqlNotificationRequest クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the SqlNotificationRequest class with default values.

SqlNotificationRequest(String, String, Int32)

特定の通知要求、定義済みの SQL Server 2005 Service Broker のサービス名、および秒単位で計測されるタイムアウト期限を指定するユーザー定義の文字列を使用して、SqlNotificationRequest クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the SqlNotificationRequest class with a user-defined string that identifies a particular notification request, the name of a predefined SQL Server 2005 Service Broker service name, and the time-out period, measured in seconds.

プロパティ

Options

通知メッセージのポストが行われる SQL Server Service Broker のサービス名を取得または設定します。Gets or sets the SQL Server Service Broker service name where notification messages are posted.

Timeout

操作がタイムアウトになるまでにSQL Server が変更の発生を待機する時間を指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that specifies how long SQL Server waits for a change to occur before the operation times out.

UserData

この通知に対するアプリケーション固有の ID を取得または設定します。Gets or sets an application-specific identifier for this notification.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください